Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/11/03
Update

『ニート・ニート・ニート』あらすじネタバレと感想。映画ロケ地を北海道にロードムービー秀作

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『ニート・ニート・ニート』の公開日は、勤労感謝の日の11月23日(金・祝)に全国ロードショー!

生きることをサボっていた三人の若者と、一人の少女との不思議な旅を描いた三羽省吾の『ニート・ニート・ニート』を映画化。

メインの三人の若者にはジャニーズJr.の安井謙太郎と森田美勇人、仮面ライダーゴーストや『旅猫リポート』に出演している山本涼介。

三人と旅路を共にする少女月子役に新進女優の灯敦生(トモリアツキ)が抜擢され、彼ら若手キャストを支える役どころで藤本隆宏、石野真子、MEGUMIが出演!

スポンサーリンク

映画『ニート・ニート・ニート』の作品情報


(C)2018 三羽省吾・角川文庫/映画「ニート・ニート・ニート」製作委員会

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
三羽省吾

【脚本・監督】
宮野ケイジ
 
【キャスト】
安井謙太郎、山本涼介、森田美勇人、灯敦生、MEGUMI、松澤一之、相田英瑞、小南光司、山優香、前田倫良、石野真子、藤本隆宏

【主題歌】
「キャリーオン」 9mm Parabellum Bullet

【作品概要】
ジャニーズJr.の安井謙太郎がレンチ役で映画初主演を務め、ほぼ全面的に北海道を舞台としたロードムービー。

2002年『太陽がイッパイいっぱい』で第8回小説新潮長編新人賞を受賞しデビューした三羽省吾が2010年に発表した『ニート・ニート・ニート』を原作に、『夢⼆~愛のとばしり』『殺る女』の宮野ケイジ監督が実写映画化。

タカシ役を『仮面ライダーゴースト』の山本涼介、キノブー役をジャニーズJr.の森田美勇人、月子役には『イタズラなKiss』で知られた灯敦生が務めます。

映画『ニート・ニート・ニート』のキャラクターと配役

レンチ(安井謙太郎
適当な日々を送る青年、嘘も平気で着くタイプなのになぜか人から好かれ続けるタイプ。とあることからヤクザに追われている。

タカシ(山本涼介
レンチやキノブーとは違い大学卒業後、就職していたもののサラリーマン生活に意味を見出せずにいた。

キノブー(森田美勇人
高校時代は肥満体質だったものの、失恋を機に引きこもり生活になり痩せ型の体形となった。今回の旅は引きこもって以来の外出。

月子(灯敦生
レンチと出会い系アプリで知り合った少女。三人を強引に北海道旅行に引っ張り出す。

ゴジさん(藤本隆宏
タカシの叔父で農業や酪農を営み自給自足の生活をしている。かつては一族で浮いた存在で迷惑をかけていた。

ミサコ(MEGUMI
ゴジの妻。肝っ玉母さんタイプでゴジを尻に敷いている。月子には優しく寄り添う。

スポンサーリンク

映画『ニート・ニート・ニート』のあらすじとネタバレ


(C)2018 三羽省吾・角川文庫/映画「ニート・ニート・ニート」製作委員会

サラリーマン生活を送っていたタカシは、ある日、意味を見出せないサラリーマン生活に嫌気がさして、コネで入社したにもかかわらず唐突に辞表を叩きつけます。

そこに押しかけてきたのは腐れ縁の幼馴染のレンチ。

レンチはタカシの上司に一発パンチをお見舞いすると、タカシを連れ出します。

タカシがレンチに連れられてきたのは引きこもり生活を送っているキノブーの家。

キノブーは大学時代に交際していた女性を妊娠させてしまい、自分は責任を取るつもりでしたが、相手には全くその気がなくお金目当てだったことを知らされます。

そのショックから引きこもり生活になったキノブーは、高校時代の肥満体質が嘘のようにやせ型の体形となっていました。

キノブーの母親から半ば強引に旅費を受け取り、レンチはキノブーの家の車に乗り込みそのまま北海道を目指します。

レンチは出会い系で知り合った月子をピックアップしに行きますが、そこにレンチを追いかけてきたやくざの追手が迫ります。

レンチは妊娠したやくざの娘を悪友から押し付けられていました。

さらに娘がお腹の子どもの父親は、レンチと言いだしていたので、追手の目もより一層厳しくなりました。

フェリーで北海道に向かった一行は観光地を巡ります。

その行先は月子が決めていました。

以下、『ニート・ニート・ニート』ネタバレ・結末の記載がございます。『ニート・ニート・ニート』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

他に行く当てのない三人は、月子に従っていきます。

行先にはすべて意味がありました。

それは生き別れになった弟がかつて旅行した行先でした。ゆく先々で弟の存在を月子は感じることができます。

お金もガソリンも底をつきかけてきた一行は、タカシの叔父ゴジが住む家にたどり着きます。

自給自足生活を送るゴジは、働かざるもの喰うべからずの論理で三人にあれやこれやと力仕事をさせます。

月子もゴジの妻子とともに家事を手伝います。

穏やかな時間が過ぎていましたが、レンチを追いかけてきたヤクザが迫ります。

しかし、そこにゴジとその仲間たちが現れます。

農業、酪農、林業、狩猟などで鍛えた逞しい男たちは、三人をかくまったうえで逆にヤクザたちを追い詰めます。

ヤクザたちはあきらめて帰っていきました。

三人は東京に戻り、月子は弟の旅路を追う旅を再開するためにバラバラに別れて旅立ちますが、月子は途中で車を飛び降り、三人の車に乗り込みます。

東京に戻るのか、北海道巡りを続けるのかはまだわかりませんが四人の旅は続きます。

映画『ニート・ニート・ニート』の感想と評価


(C)2018 三羽省吾・角川文庫/映画「ニート・ニート・ニート」製作委員会

意外な拾い物⁈

ジャニーズJr.の二人が主演している作品ということで、アイドル映画だと思ってみたら、これが意外や意外、青春ロードムービーの秀作でした。

現代的な問題を単純化・記号化したキャラクター三人組は、あまりにも定型すぎだとも思いましたが、その一方で現代の合わせ鏡となるのにとても効果的でした。

灯敦生が演じた月子のひたむきさも良かったですし、北海道の雄大さは素晴らしくスクリーン映えします。

そういえばしばらくロードムービーというジャンル自体を見ていなかったのを思い出しました。

非常に純粋でシンプルなロードムービーとして、オススメしたい作品です。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018 三羽省吾・角川文庫/映画「ニート・ニート・ニート」製作委員会

本作『ニート・ニート・ニート』は、代わり映えのない退屈な職場に辞表を提出したタカシ、そしてワケありで、やることなすこと穀潰しのレンチ。

この二人に、車目当てに半ば拉致られた引きこもりのキノブー。そして謎の家出少女の月子のドタバタな様子に青春映画の面白さを感じる作品です。

また、夏の北海道を映画のロケ地に、苫⼩牧市、札幌市、稚内市、阿寒湖のアイヌコタン、留萌市、清⽔町、帯広市、新得町、えりも町…などなど、ロケーション撮影の移動距離3,300kmを超えての撮影隊を敢⾏したそうです。

冒頭のシーンをのぞき、大半が北海道ロケーションで描かれ、その車窓から映る風景も見どころです。

若さあふれるフレッシュな四人が、ぶつかりあいながら北海道を縦横無尽に右往左往するロードムービーの秀作です。

映画『ニート・ニート・ニート』の公開日は、勤労感謝の日の11月23日(金・祝)に全国ロードショー!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『虹色デイズ』あらすじとキャスト紹介。【佐野玲於×中川大志×高杉真宙×横浜流星】

佐野玲於×中川大志×高杉真宙×横浜流星 カルテット主演『虹色デイズ』7月6日(金)全国公開! 別冊マーガレットで連載されていた少女漫画でありながら、男子目線で物語が展開されるという斬新なストーリーが話 …

ヒューマンドラマ映画

映画『沈黙サイレンス』あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価解説【マーティンスコセッシ代表作は信仰の意味を現代に問う】

遠藤周作の小説『沈黙』を『ディパーテッド』『タクシードライバー』のマーティン・スコセッシ監督が映画化。 マーティン・スコセッシ監督が1988年に原作を読んで以来、28年をかけて念願の映画『沈黙-サイレ …

ヒューマンドラマ映画

三野龍一映画『老人ファーム』あらすじと感想レビュー。空気を読みすぎる社会へ警鐘を鳴らす

三野ブラザーズが放つ自由と解放の映画『老人ファーム』 老人ホームで働く介護職員の和彦が、仕事に葛藤しながらも向き合う姿を通して、現代社会の問題点を浮き彫りにさせる映画『老人ファーム』。 2019年4月 …

ヒューマンドラマ映画

映画『空母いぶき』感想評価と解説レビュー。豪華なキャストで“戦争と平和”を真正面から描く

2019年5月24日(金)に公開される映画『空母いぶき』 「空母」が存在する近未来の日本を舞台に、決して絵空事などではない危機を克明に描いた映画『空母いぶき』。 『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』など多 …

ヒューマンドラマ映画

映画『脱脱脱脱17』あらすじとキャスト!松本花奈監督の評価は?

『鈴木先生』の入江沙季役や『恋につきもの「いばらのばら」のいばら役などで知られる女優・松本花奈。 彼女が監督を務め才能を発揮した『脱脱脱脱17』は、MOOSIC LAB 2016で準グランプリなど4部 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学