Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/06/20
Update

『このまちで暮らせば』あらすじ感想レビュー。“ご当地映画”の傾向と特色を紐解き解説!

  • Writer :
  • 村松健太郎

高橋秀綱監督作品『このまちで暮らせば』

最近、映画の中で土地柄を強く前に出した映画が多い。

フィルムコミッションが定着したこともあるが、下手な宣伝キャンペーンより映画のスクリーンに街並みを写しこむことのPR効果の高さを感じる人が増えているからだろう。

そこで、地方自治体が自発的に映画を誘致して映画を盛り上げることで、結果的に地元を強くPRしようと利用してくる流れもでき始めている。
この辺りの流れは、2013年の映画『県庁おもてなし課』でもよくわかる。

スポンサーリンク

ご当地映画の傾向は

“餃子”でご当地映画


(C)2018「キスできる餃子」製作委員会

例えば、今年2018年6月22日公開の『キスできる餃子』は、宇都宮を舞台にした餃子店を営むシングルマザー(=足立梨花)の物語。

宇都宮といえば餃子の町、その部分を敢えて、前面に打ち出して盛り上げた。

映画は宇都宮で先行公開されたのちに全国公開がされる。

伊坂幸太郎原作のご当地映画


(C)2007 伊坂幸太郎/新潮社 (C)2012「ポテチ」製作委員会

似たような例でいえば、2007年に『アヒルと鴨とコインロッカー』があり、2010年には『ゴールデンスランバー』、そして2012年には『ポテチ』の伊坂幸太郎の仙台サーガの映画化

前二者『ゴールデンスランバー』と『ポテチ』は仙台で先行公開された

『ゴールデンスランバー』は東宝の全国公開映画ということで、流石に先行公開はなかったものの主演の堺雅人&竹内結子が登壇した仙台プレミア上映が行われた

北海道のご当地映画はどうでしょう


(C)2011「探偵はBARにいる」製作委員会

こういったものの究極な例を挙げると大泉洋主演の北海道を舞台にした諸作品。「探偵はBARにいる」シリーズ、『しあわせのパン』(2012)、『ぶどうのなみだ』(2014)など。

北海道ローカル番組『水曜どうでしょう』が全国的に波及していき、全国区になった大泉洋は拠点を東京中心に移しながらも、北海道という土地柄を強く感じさせる稀有な立ち位置の主演級俳優

古くから知っている北海道民からすれば、まさに“おらが郷のスターがおらが郷を舞台にした映画に主演している”ということになるのだから、その思い入れの強さは何倍にもなる

映画『このまちで暮らせば』

2018年7月14日から公開される映画『このまちで暮らせば』も、黒川温泉や小国杉を抱える九州熊本の南小国町を舞台にした親子の物語。

代々植樹と剪定、そして伐採を繰り返して育まれる森と人の成長と親子の繋がりを重ねあわせた物語になっている。

この映画も地元の全面協力で作られた映画で、地元出身のベテラン俳優勝野洋が出演しているところも地元に根をはった映画だということが感じられる。

林業に関わり、自分の在り方を模索する若者二人を若手俳優の注目株の笠松将と芋生悠が演じている。

土地柄と映画をうまく盛り込んだ映画が多いなか、スクリーンに主人公たちの背景に移る日本各地の風景を楽しむのもいい映画の楽しみ方と言っていいだろう。

スポンサーリンク

映画『このまちで暮らせば』のあらすじ

熊本県にある南小国町。ある思いを胸に、一人前の林業作業士を目指している青年、樹。

彼は母親町子と不仲となり、福岡にある実家から家出をしてきました。

師匠の茂に樹は両親はいないと嘘をついて暮らしています。

ある日、樹を訪ねて母親の町子がやって来ました。

師匠の茂に嘘がばれてしまった樹、しかも、東京から逃げて来た茂の孫娘の緑からも責められてしまう始末。

それでも母町子を受け容れようとしない樹は、町子は命に関わる病気であると茂から知らされます…。

まとめ

熊本県阿蘇郡南小国町の全面的な協力を得て、地元出身のベテラン俳優勝野洋も出演し、まさにご当地映画ともいうべき本作は完成42分の短編映画です。

高橋秀綱監督の『このまちで暮らせば』は、2018年7月14日(土)より、新宿K’scinemaにて1週間限定ロードショー

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ブルー・バイユー』あらすじ感想と評価解説。家族と一緒にいたいと願う韓国生まれの青年が陥る移民政策の落とし穴とは?

アメリカの移民政策で生じた“隙間”に落ちた青年の運命 映画『ブルー・バイユー』が、2022年2月11日(金)よりTOHOシネマズシャンテほかにて全国ロードショーとなります。 本作は、移民政策の法律の隙 …

ヒューマンドラマ映画

映画『東京不穏詩』感想レビューと評価。女優・飯島珠奈が全てを捧げて演じる夢と愛に裏切られた女の“魂の叫び”

夢や愛に裏切られ、その時ひとはどうなるのか。人生に溺れた女の物語 映画『東京不穏詩』が2020年1月18日(土)より、シアター・イメージフォーラムほかにて全国順次公開されることが決定しました。 「夢も …

ヒューマンドラマ映画

鬼滅の刃遊郭編名シーン/名言3|堕姫・妓夫太郎感動の名場面を漫画ネタバレで復習【鬼滅の刃全集中の考察10】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第10回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化・映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 前回、前々回記事に引き続き、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『シンク・オア・スイム 』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。逆転劇の実話を孤独な現代人へ贈るヒューマンコメディ

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』は2019年7月12日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー! スウェーデンに実在する、男子シンクロチームをモデルに、駄目な中年男達の逆転劇 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ウエストサイド物語』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

シェイクスピアの有名な「ロミオとジュリエット」を基にしたブロードウェイ・ミュージカルをニューヨークを舞台に映画化。 『サウンド・オブ・ミュージック』や『雨に唄えば』とともに必ず名前が挙がる、ミュージカ …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学