Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

君の名は。|実写映画化ハリウッドリメイクに新海誠監督の感想は!

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

新海誠監督の大ヒットアニメーション『君の名は。』が、何とハリウッドでの実写映画化を発表!

アメリカのパラマウント・ピクチャーズと映画『スター・ウォーズ』の新シリーズの監督であるJ・J・エイブラムスの立ち上げた制作会社バッド・ロボットが実写映画化権を獲得したそうです。

スポンサーリンク

1.『君の名は。』の実写化は、バッド・ロボット・プロダクションズ


(C)2016「君の名は。」製作委員会

この実写化には、J・J・エイブラムスもプロデューサーの1人として名を連ねているようで、一大プロジェクトへの飛躍を見せたことで、監督を務めた新海誠監督と川村元気プロデューサーの期待も大きいようです。

制作をおこなうバッド・ロボット・プロダクションズは、1988年にJ.J.エイブラムスとブライアン・バークよって設立。

映画では、2011年にパラマウント映画とアンブリン・エンターテインメントと共同製作をした『SUPER 8/スーパーエイト』。

この作品でかつてのスティーブン・スピルバーグ監督作品へのオマージュ的な作品を見せることで話題になりました。

また、ジョージ・ルーカス監督が生み出したスペース・オペラの傑作「スターウォーズシリーズ」では、ルーカスフィルムとの共同製作で『スター・ウォーズ/フォースの覚醒」など監督を務めています。

2.バッド・ロボット・プロダクションズ製作作品リスト

【映画】
ロードキラー Joy Ride』(2001)
ミッション:インポッシブル3 Mission: Impossible III』(2006)
Pursued』(2007)
クローバーフィールド/HAKAISHA Cloverfield』(2008)
スター・トレック Star Trek』(2009)
恋とニュースのつくり方 Morning Glory』(2010)
SUPER8/スーパーエイト Super 8』(2011)
ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル Mission: Impossible – Ghost Protocol』(2011)
スター・トレック イントゥ・ダークネス Star Trek Into Darkness』(2013)
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション Mission: Impossible – Rogue Nation』(2015)
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 Star Wars: The Force Awakens』(2015)
10 クローバーフィールド・レーン 10 Cloverfield Lane』(2016)

*この作品リストに『君の名は。』は名前を連ねます、素晴らしいですね

【テレビシリーズ】
フェリシティの青春 Felicity』(1998-2002)
エイリアス Alias』(2001-2006)
LOST Lost』(2004-2010)
The Catch』(2005) パイロット版のみ
恋するブライアン』What About Brian (2006-2007)
Six Degrees』(2006-2007)
FRINGE/フリンジ Fringe』(2008-2013)
Anatomy of Hope』(2009) パイロット版
アンダーカバー Undercovers』(2010)
PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット Person of Interest』(2011-)
ALCATRAZ/アルカトラズ Alcatraz』(2012)
Shelter (2012)』パイロット版のみ
レボリューション Revolution』(2012-2014)
ALMOST HUMAN/オールモスト・ヒューマン Almost Human』(2013-2014)
BELIEVE/ビリーブ Believe』(2014)
ウエストワールド Westworld』(2016-)

これだけの秀作な映画やドラマシリーズの一角に『君の名は。』が入るのですから、アニメ版を1度見たファンも気になるところではないでしょうか。

『君の名は。』の実写版には、J.J.エイブラムスと同社のリンジー・ウェバーがプロデュースを担当

また、2017年に公開された映画『メッセージ』で、アカデミー賞脚色賞にノミネートされたエリック・ハイセラーが脚本を担当します。

さらには、なんと!オリジナルアニメ版のプロデューサーを務めた川村元気も、この実写版プロジェクトに参加します。

スポンサーリンク

3.新海誠監督と川村元気プロデューサーの実写化への感想は


(C)2016「君の名は。」製作委員会

ハリウッドでの実写化にあたり、アニメ版『君の名は。』の新海誠監督は、次のような感想を語っています。

「『君の名は。』は、日本に暮らす僕たちのローカルな想像力、ドメスティックな技術で組み立てた映画です。そういう作品がハリウッドと交わることで、もしかしたら新しい可能性のようなものを見せてもらえるのかもしれない──そんな期待をしながら、完成を楽しみに待っています」

新海誠監督も語る“新しい可能性”は、きっと、『スター・トレック』や『ミッション:インポッシブル』、また『スターウォーズ』などといった、かつての過去作の魅力を知り尽くし、新たなリメイク版として見せる手腕のあるJ・J・エイブラムス。

間違いなく、新海誠監督や『君の名は。』のファンのあなたに“新たな可能性”を見せてくれるでしょう。

繊細な新海誠監督の細密な光が好きなアニメファンの期待も、違った意味で裏切らないのではないはずです。

一方で、川村元気プロデューサーは実写化にあたり、次のような参加への異様句を示しています。

「これ以上ない、夢のようなチームになりました。JJエイブラムスさんが「君の名は。」をハリウッドで実写化したがっていると聞いたときは信じられない気持ちでした。バッド・ロボットで彼と会って話すまで「これは夢だ、きっと夢に違いない」そう思っていたのですが、どうやらこれは現実のようです。数々の名作を現代的なセンスで生まれ変わらせてきたJJエイブラムスさん。「君の名は。」をハリウッドで実写映画として生まれ変わらせるのにあたりJJエイブラムスさんと彼のチーム以上のクリエーターはいないと思います。また脚本のエリック・ハイセラーさんが書いた「メッセージ」はここ数年で見たSF映画のなかで最も心を動かされたものでした。SFとラブストーリーが融合してクライマックスへと突き進む「君の名は。」を、エリックさんならば最高なかたちで表現してくれると確信しています。JJさん、エリックさんと共に「君の名は。」のハリウッド版実写映画をプロデュースできることを心より誇りに思います」

さすがプロデューサーですね。

川村元気はスタッフとして参加することもあって、脚本家エリック・ハイセラーを認めながらもきになるようですね。

“最高なかたちで表現”と語る川村元気のハリウッドでのスタッフとして活躍を見守りましょう。

まとめ

2016年8月に公開された『君の名は。』は、邦画歴代2位となる250億円の興行収入を突破しました。

また、邦画の公開には狭き門である隣国の中国でも、早期公開といった異例の興行を収めたことでも話題になりました。

田舎に暮らす女子高校生の宮水三葉と、東京で暮らす男子高校生の立花瀧のすれ違いの恋と奇跡を描いた恋愛ドラマ。

この作品が今度どのようにハリウッドで注目されるのか、今後も見守っていきたいですね。

また、新たな情報が入りましたら、当サイトにてご紹介いたします。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『武曲 MUKOKU』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

剣を棄てた男と、剣に出会った少年。運命は2人の人生を交錯させる…。 映画『私の男』の熊切和嘉監督が若手の実力派俳優・綾野剛を主演に迎え、芥川賞作家・藤沢周の小説「武曲」を映画化。 綾野剛が主人公・研吾 …

ヒューマンドラマ映画

映画『団地』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

大阪出身の骨太映画監督・阪本順治が、全く「らしくない」と言われそうなSF分野に進出? 昭和の名残を引きずる大阪の団地。そこで繰り広げられる、まるでお好み焼ソースのように濃い濃い人間模様。 藤山直美のお …

ヒューマンドラマ映画

Netflix映画『パドルトン』ネタバレ感想と考察評価。ラストの意味や“おじさんたちボヤキやボケ”から学ぶ人生の愛おしさ

『パドルトン』に見るおじさんふたりの温かな友情 Netflixオリジナル映画の『パドルトン』は、余命わずかで安楽死を選んだ男性が、親友にその手伝いを頼むという一風変わったストーリー。ロードムービーの味 …

ヒューマンドラマ映画

映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

1973年に行こなわれた、性別を超えたテニスの試合を描いた、映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』は2018年7月6日(金)から全国順次公開された作品です。 若手注目女優エマ・ストーンと、個性派俳優ステ …

ヒューマンドラマ映画

映画『空母いぶき』キャストの秋津竜太役は西島秀俊。演技力とプロフィール紹介

累計400万部を突破する人気コミック作品・かわぐちかいじ原作の『空母いぶき』を実写化した映画が、2019年5月24日より公開されます。 監督は、『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』などで知られる若松節朗。 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP