Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/05/02
Update

映画『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』ネタバレあらすじ評価とラスト結末の感想。キャストが池田暁監督の不条理な世界観を具現化する!

  • Writer :
  • もりのちこ

「きまじめの、ぼんやり」は、「考えない、ふまじめ」なこと。

独自の世界観で唯一無二の作品を作り上げる池田暁監督の長編第4作『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』。個性派俳優たちの集結で、池田ワールド全開です。

『山守クリップ工場の辺り』がロッテルダム国際映画祭とバンクーバー国際映画祭でグランプリを受賞、その後の『うろんなところ』も多くの国際映画祭で上映され、世界から注目を浴び高く評価を受けている池田暁監督。

今作も斬新なアイデアとオリジナリティーで、見るものを異色の世界へと導きます。

舞台は、目的を忘れ、全く知らない相手と毎日戦争をしている町。ある日を境に、何の疑問もなく毎日同じように過ごしていたひとりの兵隊と町民たちに、少しづつ変化が起こり始めます。

「わからないもの」を恐れる人々の暮らしの中にある、戦争と権力、偏見と差別。「わからないもの」へ疑問を持つことは、果たして彼らの暮らしにどんな変化をもたらすのでしょうか。

架空の町の話でありながら、どこか身近に感じる物語『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』の作品情報


(C)2020「きまじめ楽隊のぼんやり戦争」フィルムプロジェクト(VIPO、カルチュア・エンタテインメント、ビターズ・エンド)

【公開】
2021年(日本映画)

【監督】
池田暁

【キャスト】
前原滉、今野浩喜、中島広稀、清水尚弥、木村知貴、友松栄、よこえとも子、熊倉一美、中川光男、黒河内りく、鎌田麻里名、白井美貴、橋本マナミ、竹中直人、矢部太郎、小山弘訓、小野修、ワニ完才、小山更紗、軍司眞人、山内まも留、角田朝雄、長田拓郎、片桐はいり、嶋田久作、きたろう、石橋蓮司

【作品概要】
これまで国際的に高く評価されてきた池田暁監督が、不条理な世界で生きる人間たちをユーモラスかつシニカルに描いた長編第4作。

本作は、若手映画作家を支援する「Nndjc:若手映画作家育成プロジェクト」の一環となる「長編映画の実地研修」として製作され、第21回東京フィルメックスで審査員特別賞を受賞。

主人公の兵隊役に、『あゝ、荒野』の前原滉。さらには、石橋蓮司、竹中直人、嶋田久作、片桐はいり、きたろう等、実力確かな個性派俳優が勢揃いです。

映画『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』のあらすじとネタバレ


(C)2020「きまじめ楽隊のぼんやり戦争」フィルムプロジェクト(VIPO、カルチュア・エンタテインメント、ビターズ・エンド)

明け方の町に、音楽が聞こえてきました。トランペット、トロンボーン、クラリネット、ドラムによる音楽隊が、町中を歩きながら演奏をしています。

津平町に暮らす真面目な兵隊・露木は、いつも楽隊の演奏で目を覚まします。石鹸で顔を洗い、背広の埃をはたき袖を通し、兵舎へと出勤。

ラジオ体操をしながら、町長の話を聞き、朝9時には川岸にスタンバイ。合図とともに向こう岸にある太原町へと鉄砲を撃ち始めます。

何のために、誰に向かって撃っているのか、もはや町の人々は目的も忘れ、こんな戦争をかれこれ何十年も続けてきました。

お昼は、気まぐれなおばさんの定食屋で、同僚の藤間とごはんを食べます。おばさんが言うには、「息子がいる川上の戦いは激しく、太原町の人々はとにかく恐ろしく残酷な奴ららしい」ということです。

「あんたらも、出世できるようにハリキリなね」。おばさんの盛るごはんの量もいつも気まぐれです。

夕方5時、戦争は一旦終了。家路の途中で、物知りなおじさんの煮物屋でおかずを買って帰ります。「藤間君、また明日」。「露木君、また明日」。これが露木の毎日のルーティーンです。

その日の朝、楽隊のラッパの音が途中で乱れました。それでも露木はいつものように兵舎へ出勤します。町では、新部隊と新兵器がやってくると噂が広がっていました。

新しく赴任してきた技術者の仁科、煮物泥棒をした町長の息子はなぜか警官に、一緒に泥棒をした三戸は兵隊になりました。町は少しづつ変わり始めていました。

そして、露木は音楽隊への人事異動を言い渡されます。朝の乱れたトランペットの音色は、演奏者が倒れたことを知らせていました。埃を被っていたトランペットを引っ張り出し、音楽隊の兵舎を探す露木。

その頃、いつものように川岸で銃を撃っていた藤間が、相手の弾に撃たれてしまいました。運ばれた藤間は、右腕を切断、もう兵隊ではいられなくなりました。

新入りの三戸は、すべてのことが疑問で仕方ありません。「なぜ、戦争をしているのですか?」「向こう岸には誰がいるのですか?」「なんで一緒に泥棒をした町長の息子は警官に、自分は兵隊になったのですか?」。三戸の疑問に答えられる人は誰もいませんでした。

二日がかりで音楽隊の兵舎を偶然見つけた露木は、新しいトランペット担当として無事、楽隊の一員になることが出来ました。

楽隊の朝のお勤めにも慣れてきた頃、露木は夕刻の戦争が終了した向こう岸からトランペットの音色が聞こえてくることに気付きます。

優しく心軽やかになる旋律に、次第に惹かれていく露木。自分もトランペットを吹いてみました。答えるように重なる音。共に音楽を奏でていきます。

感じたことのない平和な時間。向こう岸にワンピースを着た女性が姿を現しました。言葉は届かずとも、音楽が心を繋いでくれているようです。

三戸が姿を消し、定食屋のおばさんの息子が川上の戦いで亡くなり、そしていよいよ新兵器のお披露目の時がやってきました。

以下、『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』ネタバレ・結末の記載がございます。『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020「きまじめ楽隊のぼんやり戦争」フィルムプロジェクト(VIPO、カルチュア・エンタテインメント、ビターズ・エンド)

津平町の新兵器が完成。明日から、砲兵隊による攻撃が開始されます。出陣式では、音楽隊が先導し川岸まで行進が行われる予定です。

出陣式を控えた前夜、少しばかり緊張感が漂う露木の元に、姿を消していた三戸がずぶ濡れで訪ねてきました。

聞けば、向こう岸の町・太原町に川を泳いで行って来たとのこと。「太原町も同じでした。太原町の楽隊さんも、無意味だと言っていました」。

そのことを伝えるために露木の元にやってきた三戸は、もう疑問を口にすることはありませんでした。

次の日、露木はトランペットを吹き、川岸まで新兵器を運びます。「砲撃、開始!」。放たれた大砲は、しばしの沈黙の後、盛大に爆発しました。

その威力たるや、向こう岸の町から巨大なキノコ雲が上ります。戦争は終わりを告げます。

兵舎から名前の書かれた出席札を持ち帰る露木。警官に捕まった三戸と出くわします。「太原町は酷いことになりました。あんなもの、どうにかしないと。ちょっと基地まで行ってきます」。

「行ってらっしゃい」。露木は三戸に協力し逃がします。そして、あのトランペットの音色が聞こえていた川原へと向かいます。

露木のトランペットに答えてくれる彼女は、もういません。川中の流木に、主を失くしたトランペットが流れつき、引っ掛かっているのが見えました。

露木は、持っていた名札を川へ投げ捨て、弔いのトランペットを奏でるのでした。その時です。背後で爆発が起こります。自分の町に、太原町と同じキノコ雲が上っていました。

スポンサーリンク

映画『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』の感想と評価


(C)2020「きまじめ楽隊のぼんやり戦争」フィルムプロジェクト(VIPO、カルチュア・エンタテインメント、ビターズ・エンド)

朝9時から夕方5時まで、目的も分からない戦争を何十年も続けている町・津平町を舞台に繰り広げられる喜劇のような、きまじめな物語。

津平町に住む人々は、棒読みのような抑揚のないトーンで会話をし、RPGゲームのようにカクカクと歩き回り、感情のないロボットのように動きます

時に、新しいことへの対応能力が乏しく、いつもと違うことを拒否し、物事に疑問を持ちません。そんなことだから、戦争相手のことを何も知らないし、知ろうともしませんでした。

ただ毎日決められたことを「きまじめ」に繰り返し、思考を停止させ「ぼんやり」と戦争しています。この町には、不条理な事ばかりです

身近にいるこんな人たち


(C)2020「きまじめ楽隊のぼんやり戦争」フィルムプロジェクト(VIPO、カルチュア・エンタテインメント、ビターズ・エンド)

主人公の真面目な兵隊・露木(前原滉)は、突然誰も知らない部署への人事異動を命じられたうえ、勤務先にたどり着くまで二日かかるという滑稽さ。

肝心なことばかり忘れてしまう津平町長・夏目(石橋蓮司)は、泥棒をした息子とその友達・三戸(中島広稀)の処分として、息子は泥棒を捕まえたとし警官に、三戸にすべての罪をかぶせます。

また、息子の嫁・春子(橋本マナミ)が子供が産めないと知ると、即離婚を強制します。まさに、権力をかざしてやりたい放題です。

露木の同僚の藤間(今野浩紀)は、戦争で片腕を失ったとたん任務を外され、職までも失いますが、子供は出来ないと離婚させられた春子との間になんと子供ができ、違う町へと引っ越していきます。

楽隊の27代目指揮者兼自称楽団の頭脳・伊達(きたろう)は、えこ贔屓が過ぎる人物です。伊達に言わせると、クラリネットは楽隊の顔、トロンボーンは楽隊の心臓、そしてドラムは楽隊の盲腸!?であるようです。

それが、心臓と盲腸の結婚が決まると態度をコロッと変えます。この時代は、結婚して子供を産んで兵隊を増やすことが女の大事な務めです。ドラムは一気に楽隊の顔へ。クラリネットは楽隊の親知らず!?となりました。

戦争時において、音楽隊の役割は朝の巡回と新兵器の出陣式の演奏だけというものでしたが、主人公・露木にとって音楽は、人生に大きな影響を与えるものとなりました。

映画の世界の中でも、トランペットの音色は、モノクロな架空世界とカラフルな現実世界との境界線を引くように奏でられます。

ラストシーンで露木が奏でるトランペットの音色は、気持ちの読めない表情と裏腹に、どこか物悲しく聞こえてきます。言葉や感情がトランペットの音色に滲みでているようでした。

その他にも、町にはびこる不条理さに振り回される町人たちに注目です。物知りな煮物屋店主・板橋(嶋田久作)は、町長の息子に売り物を毎度食い逃げされても捕まえることが出来ません。

気まぐれな定食屋店主・城子(片桐はいり)は、自分の息子が何のために戦っているのか最後まで分からないままでした。衰弱していく城子に不謹慎にも笑ってしまいます。

映画の中で不条理なことに気付かず動き回る人々を面白おかしい気持ちで見ていると、ふと気付くのです。「あれ、こんな人身近にいるな」「自分もぼんやりしてたな」と

なんで?という疑問から


(C)2020「きまじめ楽隊のぼんやり戦争」フィルムプロジェクト(VIPO、カルチュア・エンタテインメント、ビターズ・エンド)

物語が動き始めるのは、町長によって兵隊にさせられた三戸が「なんで?」とすべてのことに疑問を持ち出したところからです。

その疑問の数々は、至極当然なものばかりでした。「なんで、戦争してるんですか?」。たどり着いた答えは「新兵器は良くない」。最後に三戸は行動を持って証明します。

すべてに答えがあるわけではありません。それでも疑問を持ち、実際に自分の目で見て判断し、行動に移すことが大事なのだと教えてくれます

世にはびこる悪とされる戦争と権力、偏見と差別の問題をこうも不謹慎に描きながらも、登場人物たちがどこか滑稽で愛おしく見えてしまうのは、まさに池田暁監督ワールド

そして、妖怪大戦争かのようなキャスティングの成せる技なのでしょう。個性豊かな俳優陣が抑揚のない独特な会話の余白に埋め込んだ、不条理の滑稽さにクスッと笑ってしまいます。

まとめ


(C)2020「きまじめ楽隊のぼんやり戦争」フィルムプロジェクト(VIPO、カルチュア・エンタテインメント、ビターズ・エンド)

不条理な世界で生きる人間たちをユーモラスかつシニカルに描いた池田暁監督の長編映画『きまじめ楽隊とぼんやり戦争』を紹介しました。

不条理だらけの一風変わった暮らしの中は、戦争、権力、男女、身体…どこにでもある、人類の絶えない問題で溢れていました。

いつの時代でもない架空の町の小さな社会は、私たちの日常と地続きにあるものでした

あふれる情報を鵜吞みにせず、物事に疑問を持ち、自分の目で見て判断し、行動することが大事だと気付かせてくれます

うっかりすると、「きまじめ」に「ぼんやり」と戦争を続ける人生を送ってしまうところでした


関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『荒野にて』あらすじネタバレ感想。競走馬リーン・オン・ピートと少年チャリーが共に走る理由とは

映画『荒野にて』は、2019年4月12日(金)より、ヒューマントラスト渋谷ほか全国順次公開。 映画『さざなみ』の監督アンドリュー・ヘイが描く、孤独な少年と孤独な馬の逃避行。 現代社会の過剰な情報と物が …

ヒューマンドラマ映画

松本穂香映画『おいしい家族』ネタバレ感想とレビュー評価。ふくだももこ監督が描く新たな家族のカタチ

個性的な出演者たちがつむぎ出す、おかしな家族を描いた佳作! 日本映画学校の卒業制作として、監督・脚本を務めた『グッバイ・マーザー』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭、下北沢映画祭などで入選したふく …

ヒューマンドラマ映画

映画『小さな恋のうた』あらすじネタバレと感想。キャストの演技を越えた生身こそが青春モノの醍醐味!

友達どころじゃない、俺たちはバンドだったんだ。 沖縄出身の人気バンドMONGOL800の名曲にインスパイアされた物語! 沖縄の高校生たちが、バンド活動を通じて仲間や家族、沖縄社会に深く根ざす問題を見つ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ハスラーズ』ネタバレあらすじと感想。実話事件(元ネタ)から見えた階級社会と職業差別の底辺から抗う者たち

ストリッパーたちがウォール街の男たちから大金を奪った、奇想天外な実録ドラマ ジェニファー・ロペスとコンスタンス・ウーがダブル主演する映画『ハスラーズ』が、2020年02月07日(金)より全国公開されま …

ヒューマンドラマ映画

ミッドナイトスワン|エンドロール後の最後に注目!評判の噂「受胎告知」にみる一果の母となるために“求めた色”を解説

映画『ミッドナイトスワン』は2020年9月25日(金)より全国にて絶賛公開中! 俳優・草彅剛を主演に迎え、『下衆の愛』(2016)の内田英治監督が自身の手がけたオリジナル脚本をもとに制作した映画『ミッ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学