Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『牙狼 GARO 月虹ノ旅人』あらすじネタバレと感想。“オトナの特撮”としてバイオレスやエロスも描く

  • Writer :
  • 村松健太郎

ドラマ、映画、アニメなど様々な形で展開されてきた雨宮慶太監督によるオトナの特撮作品

雨宮慶太監督による特撮アクション「牙狼 GARO」シリーズの劇場版。2014年に放送されたテレビシリーズ「牙狼 GARO 魔戒ノ花」の冴島雷牙の新たな冒険描いています。

映画ならではのダイナミックなアクションと、「牙狼 GARO」シリーズのファースト主人公で、雷牙の父である冴島鋼牙を演じる小西遼生をはじめ、これまでシリーズを彩ってきた渡辺裕之、京本政樹らキャストが集結。新旧レギュラーメンバーの共演も見どころです。

スポンサーリンク

映画『牙狼〈GARO〉―月虹ノ旅人―』の作品情報


(C)2019「月虹ノ旅人」雨宮慶太/東北新社

【公開】
2019年(日本)

【脚本・監督】
原作・監督・脚本 雨宮慶太

【キャスト】
中山麻聖、石橋菜津美、水石亜飛夢、蛍幸次朗、小西遼生、肘井美佳、渡辺裕之、松田悟志、京本政樹

【作品概要】
来年にはシリーズ15周年を迎える人気アクションシリーズの劇場版最新作。

シリーズの原点である2005年のドラマシリーズのメインキャラクターが復活、黄金騎士の鎧と称号を受け継ぐ一族・冴島一族の物語の一つの決着戦が描かれます。

映画『牙狼〈GARO〉―月虹ノ旅人―』のあらすじとネタバレ


(C)2019「月虹ノ旅人」雨宮慶太/東北新社

父の鋼牙、更にその父の大河から、黄金の鎧と牙狼(GARO)の称号を受け継いだ冴島雷牙。

異次元へと旅立った父の帰りを待ちながら、人間に憑依する魔獣ホラーを狩り続ける魔戒騎士である雷牙は、共に戦ったマユリやクロウ、育ての親でもあるゴンザたちともに時を過ごしています。

ある時、死人の邪気を浴びた雷牙は牙狼の鎧の浄化のために英霊の塔に向かいます。

その途中で白い仮面をつけた謎の男・白孔が襲い掛かります。

魔戒騎士の雷牙と互角以上の力をもつ白孔に苦戦する雷牙、気が付くとマユリが何者かに導かれるように謎の列車に乗っていってしまいます。

列車に飛び乗った雷牙はそこで、パデルと名乗る少年に出会い、列車の案内を受けます。

しかし、切符を持っていなかった雷牙は、全身を鎧の様なモノで固めた車掌に捕まり、牢獄に入れられてしまいます。

パデルの協力もあって牢獄から抜け出した雷牙は、パデルの制止を振り切って、先に進みます。

各車両ごとの難関を乗り越えマユリのいた先頭車両にたどり着いた時、それまで雷牙がいた列車は消え、元の場所に戻ります。

雷牙の目の前に父・鋼牙が姿を現し、今の雷牙は邪気を浴びた牙狼の鎧に捕らわれ、死の淵をさまよっていると告げられます。

マユリやクロウ、ゴンザによって、鎧から助け出された雷牙は、英霊の塔にある牙狼の鎧のもとへと走ります。

白孔の狙いは、最初から歴代の牙狼の魂が集まる英霊の塔でした。英霊の塔の力を得た白孔は真の姿を現します。

その正体こそ、冴島一族と因縁深い暗黒騎士バルゴでした。復活したバルゴに対して鋼牙・雷牙の親子が時代を超えてバルゴに挑みます。

以下、『牙狼〈GARO〉―月虹ノ旅人―』ネタバレ・結末の記載がございます。『牙狼〈GARO〉―月虹ノ旅人―』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

圧倒的な力で二人に迫るバルゴ。その前にパデルが現れ真の姿を現します。パデルこそ、魔戒騎士冴島大河の仮の姿でした。

3代の牙狼が揃い、バラゴと最後の闘いに挑みます。

バラゴは英霊の塔の力を使い、最強の魔戒騎士と言われる王牙(オーガ)の鎧を召喚します。

牙狼の鎧を召喚できない3人は苦戦を強いられますが、マユリが育てた花の花弁によってのちらかで鎧を召喚できるようになります。

三人の黄金騎士がかわるがわる王牙に挑みます。巨体で迫るバラゴに対して、黄金騎士は互角以上の闘いを展開します。

押されるバラゴは戸惑いを隠せません、そんなバラゴに対して、牙狼の鎧には今まで共に戦った人々の想いと歴史が込められていると言い、トドメの人たちを浴びせるのでした。

スポンサーリンク

映画『牙狼〈GARO〉―月虹ノ旅人―』の感想と評価


(C)2019「月虹ノ旅人」雨宮慶太/東北新社

今回は冴島雷牙を主役にした2作品目でメインストーリー、メインキャラクターはドラマシリーズの『魔戒の花』から続いていますが、元々の雷牙の父・鋼牙の物語でもあります。

そこで、最初の主演俳優小西遼生を筆頭にヒロインの肘井美佳などが、少し懐かしい顔も出演しています。

その中でも渡辺裕之と京本政樹という。還暦越えのベテランが圧倒的な存在感を見せています。

京本政樹は『翔んで埼玉』でもその若々しさを見せつけていましたが、二人とも実に若々しく、一部スタントもありそうですが、要所要所で実に切れのいい動きを見せています。

時代劇などの経験もあるからだと思いますが、剣劇アクションは実に様になっています。

若手組も中山麻聖は水谷豊監督作品『轢き逃げ』で主演を張るようになりましたし、石橋菜津美も連続ドラマ『ボイス』に出演するなどすっかり売れっ子で、先見の明があったと言えますね。

まとめ


(C)2019「月虹ノ旅人」雨宮慶太/東北新社

2019年で15周年を迎える牙狼シリーズ。

深夜帯やCS、映画やソフトでの展開を前提にしているために、バイオレンスにしても、エロスにしても、一段上の“オトナの特撮”として得意な地位を築いた牙狼

タイアップパチンコが大ヒットしたことから、パチンコ屋さんで見かけたという人もいるのではないでしょうか。

このパチンコのヒットで、資金面で安定したおかげで10年以上続く息の長いシリーズとなりました

これより長く続いている特撮ブランドで言えば仮面ライダー、スーパー戦隊、ウルトラマンくらいで、企画が特撮界の異才雨宮慶太がほぼ独力で作り上げたものであることを考えると、ひときわ異彩を放った作品群と言えると思います。

本作は一番最初のドラマシリーズからの流れを汲んでいるものでした。

2016年からこのファーストシリーズのデジタルリマスター版もテレビ放映がされましたが、今考えれば今回の映画への布石だったのでしょう。


関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』のあらすじとキャスト。山田洋次の作風とは?

山田洋次監督が贈る「家族はつらいよ」シリーズ待望の第三弾、5月25日(金)公開! 3世代の夫婦を描くことで幅広い年齢層から共感を得た『男はつらいよ』に続く山田洋次渾身の「つらいよ」シリーズ。 今回のテ …

ヒューマンドラマ映画

映画『億男』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【佐藤健&高橋一生】

映画『億男』は2018年10月19日(金)よりロードショー! 『世界から猫が消えたなら』で知られる川村元気の小説を『ハゲタカ』『るろうに剣心』の大友啓史監督が映画化。大友監督は『ハゲタカ』以来の“お金 …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ感想】愛しのアイリーン|映画監督吉田恵輔×内田春菊トークショーリポート

閉鎖的な地方の農村に、フィリピン人女性が嫁いだ事で巻き起こる騒動を描く、映画『愛しのアイリーン』。 吉田恵輔監督が現代社会が抱える問題点を、手加減無しで描く本作。 今回は2018年9月23日、渋谷の映 …

ヒューマンドラマ映画

映画『火口のふたり』あらすじネタバレと感想。原作・白石一文の災害と男女と肉体の物語を荒井晴彦が描く

映画『火口のふたり』は2019年8月23日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国公開 直木賞作家・白石一文が東日本大震災の翌年である2012年に発表した同名小説を原作に、往年の名脚本家にして映画監督・荒井晴 …

ヒューマンドラマ映画

映画『修道士は沈黙する』あらすじと感想レビュー。監督ロベルト・アンドーはヒッチの名作からヒントを得た

映画『修道士は沈黙する』は3月17日(土)より、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー。 ドイツの北部にあるハイリゲンダムの空港に、イタリア人の修道士ロベルト・サルスが降り立ちます。彼は …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP