Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/09/14
Update

映画『エイト・ハンドレッド』あらすじ感想と考察評価。実話の日中戦争・四行倉庫の戦いの激闘に光を当てる

  • Writer :
  • 松平光冬

激烈を極めた日中戦争の戦闘「四行倉庫の戦い」を壮大なスケールで描く!

1937年、第二次上海事変における最後の戦闘「四行倉庫の戦い」を描いた映画『エイト・ハンドレッド 戦場の英雄たち』が、近日公開となります。

2020年の世界興行収入で1位を記録するヒットとなった、名もなき兵士たちによる命懸けの戦いを描いた戦争ドラマ。「X-MEN」シリーズ、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのVFXスーパーバイザーが放つ戦闘場面のリアリズムも注目の、本作の見どころをご紹介します。

スポンサーリンク

映画『エイト・ハンドレッド 戦場の英雄たち』の作品情報


(C)2019 HUAYI BROTHERS PICTURES LIMITED THE SEVENTH ART PICTURES(FOSHAN) CO LTD ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
近日公開(中国映画)

【原題】
八佰(英題:The Eight Hundred)

【監督・脚本】
グアン・フー

【製作】
ワン・チョンレイ、リャン・ジン、チュー・ウェンジュ

【撮影】
カオ・ユー

【美術】
リン・ムー

【視覚効果アドバイザー】
ティム・クロスビー

【キャスト】
オウ・ハオ、ジャン・ウー、チャン・イー、ワン・チエンユエン、シドゥ・チュン、リー・チェン、タン・イーシン、中泉英雄

【作品概要】
日中戦争下の上海で、中国軍の守備隊が繰り広げた5日間の激戦「四行倉庫の戦い」の実話をもとに描いた戦争ドラマ。

視覚効果(VFX)スーパーバイザーとして、『マトリックス』(1999)、『ロード・オブ・ザ・リング』(2003)のティム・クロスビーが参加。『ロクさん』(2015)のグアン・フー監督が長年熱望していた企画を、構想10年、総製作費80億円をかけて完成させました。

主要キャストは、『空海 KU-KAI 美しき王妃の謎』(2018)のオウ・ハオ、『1911』(2011)のジャン・ウー、『クライマーズ』(2020)のチャン・イー、『ビッグ・ショット』(2020)のワン・チエンユエン、『黒四角』(2014)の中泉英雄など。

本国中国で30億元(約480億円)を稼ぎ、2020年の世界興行収入で1位を記録するヒットとなりました。

映画『エイト・ハンドレッド 戦場の英雄たち』のあらすじ


(C)2019 HUAYI BROTHERS PICTURES LIMITED THE SEVENTH ART PICTURES(FOSHAN) CO LTD ALL RIGHTS RESERVED

1937年10月、第二次上海事変の上海。

中国軍第88師第524団の兵士たちは、河沿いに建つ巨大な倉庫「四行倉庫」を防衛拠点とし、日本軍との戦いに備えていました。

しかし、銃撃、爆撃などの激しい攻撃に晒され、目の前で次々と仲間が犠牲になっていきます。

それでも決死の覚悟で激戦を耐え抜く兵士たち。

地獄と化した運命の5日間、その勇姿は戦況を見守る多くの同胞の心を突き動かしていきました……。

スポンサーリンク

映画『エイト・ハンドレッド 戦場の英雄たち』の感想と評価

参考動画:『エイト・ハンドレッド 戦場の英雄たち』特別版

天国と地獄の境界線で繰り広げられた戦争

本作『エイト・ハンドレッド 戦場の英雄たち』は、第二次上海事変の上海で繰り広げられた「四行倉庫の戦い」を映画化したものです。

四行倉庫とは、中国の4つの銀行が共同で上海の蘇州河北岸に建設した倉庫のこと。北岸は日本軍の攻撃により、廃墟と化しています。一方、蘇州河を挟んだ南岸には上海公共租界があり、高級クラブや劇場、カジノといった煌びやかな歓楽街が軒を連ねています。

つまり四行倉庫は、まさに天国と地獄の境界線に位置する、一般市民が暮らす租界を守る砦となったのです。

この倉庫は現在では中国20世紀建築遺産に選ばれており、倉庫の守備隊として活動した兵士たちに関する資料を展示する博物館になっているものの、戦史に関心を寄せる中国民は少なく、学校教育でも取り上げられる機会は少なかったのだとか。

監督のグアン・フーは、そうした現状を憂い、忘れ去られていた兵士たちに光を当てたいとして、10年もの準備期間を経て本作製作に着手。

現実と同じ大きさの四行倉庫や北岸や蘇州河といった当時の街並みを撮影セットで復元しつつ、2度のアカデミー賞最優秀視覚効果賞に輝くティム・クロスビーの協力のもと、阿鼻叫喚の戦闘シーンを生みました。

見敵必殺を叩き込まれる兵士たち

参考動画:『エイト・ハンドレッド 戦場の英雄たち』メイキング

四行倉庫に入った中国軍第88師第524団の400名余り(対外的には800名と発表)の「八百壮士」(800名の勇敢なる兵士)は、1937年10月27日から31日までの5日間、租界を守る激戦に臨みます。しかし、その多くは農民で訓練も終えていないゆえ、発砲するのを躊躇したり、怯えてしまう者もいました。

そこで描かれるのは、一市民を兵士にすべく叩き込まれる“見敵必殺”の覚悟です。

自分が殺される前に敵を殺す……それはデヴィッド・エアー監督作『フューリー』(2014)でも描かれていたように、戦地に赴いた全世界の兵士に共通したもの。その覚悟の矛先は、時に他者のみならず自らの命へと向けられることもあります。

それでも上海を守ることは、愛する者を守ることにもつながる。悪化していく戦況の中、彼らは八百壮士として銃を取り、時には身を挺して日本軍に向かっていきます。

まとめ


(C)2019 HUAYI BROTHERS PICTURES LIMITED THE SEVENTH ART PICTURES(FOSHAN) CO LTD ALL RIGHTS RESERVED

最後の砦として倉庫に立て篭もる兵士たちの目的は、“勝つこと”ではなく“守り抜くこと”であり、最後に下された命令も、“生き延びること”でした。

運命に弄ばれながらも、大切なものを守り抜くために、そして自らが生き残るために戦い、命を落としていった兵士たちの悲哀が、迫力ある映像と共にスクリーンに刻まれています。

映画『エイト・ハンドレッド 戦場の英雄たち』は、近日公開予定




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『アイリッシュマン』のあらすじネタバレと感想。マーティンスコセッシ監督とデ・ニーロらキャストで描く極上の演技合戦

暴力と裏切りの支配するアメリカ裏社会の男たちの生き様を描く映画『アイリッシュマン』 映画『アイリッシュマン』は2019年11月27日からNetflixにて配信。 『グッドフェローズ』(1990)『カジ …

ヒューマンドラマ映画

池脇千鶴&三田りりや映画『十年』から「その空気は見えない」感想レビュー【十年 Ten Years Japan】

2018年11月3日(土)テアトル新宿、シネ・リーブル梅田他全国順次公開される、映画『十年 Ten Years Japan』。 是枝裕和監督が才能を認めた、5人の新鋭監督たちが描く、十年後の日本の姿が …

ヒューマンドラマ映画

『映画 少年たち』あらすじネタバレと感想。ロケ地の旧奈良監獄でジャニーズJrのメンバーが躍動する日本語ミュージカル作品

初演から50年の伝説的な舞台を遂に映画化。製作総指揮ジャニー喜多川の『映画 少年たち』は、2019年3月29日(金)全国ロードショー! 同題のジャニーズオリジナルミュージカルを「超高速!参勤交代」シリ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ドヴラートフ』あらすじと感想レビュー。 “表現の制約”を現代の人々に問うレニングラードの作家たち

映画『ドヴラートフ レニングラードの作家たち』は2020年6月20日(土)よりユーロスペースほかでロードショー公開。 ブレジネフ体制下の1971年のレニングラード。多くの作家、詩人たちは抑圧され、それ …

ヒューマンドラマ映画

映画『焼肉ドラゴン』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『焼肉ドラゴン』は、6月22日(金)より全国ロードショー! 岸田國士戯曲賞やキネマ旬報ベスト・テンの脚本賞などに輝く鄭義信が、東京新国立劇場10周年とソウル芸中の殿堂20周年の共同記念公演として上 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学