Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/04/21
Update

映画コンフィデンスマンJP|あらすじネタバレと感想。ロマンス編にてドラマ版からカメオ出演するキャストを見逃すな⁈

  • Writer :
  • 村松健太郎

長澤まさみ×東出昌大×小日向文世共演の映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』2019年5月17日(金)公開!

2018年春に放映された月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』が豪華キャストと共に映画化。

主役のダー子の長澤まさみに加え東出昌大、小日向文世に加えて“何でも屋の五十嵐”でブレイクした小手伸也たちが海を渡って香港で究極の騙し合い(コンゲーム)を繰り広げます。

ゲストに竹内結子、三浦春馬、そしてドラマシリーズ第一話から江口洋介が登場。

さらに過去のゲストキャラのカメオ出演にも注目です。

スポンサーリンク

映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』の作品情報


(C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

【脚本】
古沢良太

【監督】
田中亮

【主題歌】
Official髭男dism「Pretender」

【作品概要】
長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が共演した人気テレビドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版。

テレビドラマでおなじみの出演者が再結集したほか、ラン役を竹内結子が演じ、ジェシー役を三浦春馬が務め、赤星役の江口洋介が脇を固めます。

「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズで脚本家として知られる古沢良太がテレビ版に引き続き脚本を担当しています。

映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』のキャラクターとキャスト


(C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

ダー子(長澤まさみ)
天才的な頭脳と集中力でターゲットに挑む女詐欺師。

ボクちゃん(東出昌大)
ダー子との付き合いの長く振り回されることが多い。

リチャード(小日向文世)
超一流の変装術を持つベテラン詐欺師。

モナコ(織田梨沙)
ダー子に弟子入りした若手詐欺師。

ラン・リウ(竹内結子)
香港マフィアの女帝、通称氷姫。

ジェシー(三浦春馬)
天才結婚際義肢。ラン・リウに近づく。ダー子と過去に因縁が……。

赤星栄介(江口洋介)
公益財団『あかぼし』の代表。日本のゴッドファーザー。

スポンサーリンク

映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』のあらすじとネタバレ


(C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

あの手この手の巧妙な手でターゲットから大金をせしめる信用詐欺師(=コンフィデンスマン)のダー子。

昔なじみのボクちゃん、リチャードを振り回しながらもターゲット(=オサカナ)を吊り上げ続けます。

今回のターゲットは、香港ビジネス界の裏も表も牛耳る“氷姫”ことラン・リウ。


(C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

ダー子、ボクちゃん、リチャードに加えて何でも屋の五十嵐、ダー子に弟子入りしたモナコの五人は海を渡り香港に上陸します。

ほとんど人前に出ない氷姫が、唯一、確実に人前に姿を現すのが自身の馬のデビューする日。

競馬場のVIP席に予言者の姉妹に扮して、氷姫の前に現れるダー子とモナコ。

ところが氷姫の脇に甘い笑顔の男ジェシーがいました。

その顔を見て表情がガラッと変わるダー子。


(C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

天才恋愛詐欺師のジェシーは、かつてダー子と共に暮らしていた過去がありました。

予言者として氷姫に近づこうとしているダー子ですが、その存在のせいか上手くことが進みません。

そんなダー子を見てジェシーは、ボクちゃんたちと別れて、自分ともう1度組まないかと声をかけます。

動揺するダー子を見て周囲は不安な思いを抱きます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『コンフィデンスマンJPロマンス編』ネタバレ・結末の記載がございます。『コンフィデンスマンJPロマンス編』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

ダー子を動揺させて、リードしているように見えるジェシーも、また氷姫の心を開けきれずにいました。

氷姫の心には分かれた元夫の姿があることを感じたダー子は、狙いを変えて二人を復縁させることにしました。

偽の手紙で二人を呼び出し駆け落ちをさせようとします。その手紙で氷姫は一人、屋敷を抜けだしますが、元夫の方は来る気配はありません。

作戦失敗かとその様子を見ていたボクちゃんたち。


(C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

落ち込む氷姫の前にジェシーが現れます。

その笑顔の優しさに突き動かされた氷姫は、ジェシーの腕の中に飛び込みます。

その瞬間、拳銃を構えたダー子が現れ、ジェシーは渡さないと言って引き金を引きます。

庇うように二人の間に飛び込んだジェシー。

腹部に銃弾を受けたジェシーは重傷を負って病院に搬送されます。

自分たちを裏切ってジェシーの側についたダー子に、戸惑いが隠せないボクちゃんたちですが、リチャードはかつてダー子が心奪われた“神”と呼んでいた詐欺師の存在を語ります。

翌朝、病院でジェシーに付き添っていた氷姫が目覚めると、そこはもぬけの殻。そして胸元を飾っていたダイヤはなくなっていました。


(C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

すべてはジェシーとダー子の計画でした。ダイヤを奪われ氷姫は後を追いかけます。

ヘリポートに向かっていることを知ったボクちゃんたちも、また後を追います。

皆に別れを告げてヘリに乗ろうとするダー子。しかしヘリの中にはあの赤星がいました。

ジェシーは赤星と繋がっていて、ダー子たちを罠にかけ、更にダイヤを手土産にしようとしていたのでした。

氷姫に率いられたマフィアや、現地警察に囲まれダー子たちを置いて赤星とジェシーが乗るヘリは飛び立って行きます。


(C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

ダー子たちを出し抜き、ダイヤも手に入れた赤星とジェシー。

ところが鑑定するとダイヤは精巧な偽ものであることが分かります。

氷姫の存在も含めて、実はすべてがダー子たちの仕込んだ大きな嘘でした。

氷姫としていた女性こそ、ダー子が神として崇める憧れの存在で、今回は彼女にも協力を得て自分の協力者を傷つけたジェシーを出し抜き、さらに自分たちに復讐を狙っている赤星も出し抜く、一挙両得の作戦を立てたのでした。

映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』感想と評価


(C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

何処に出てくるドラマシリーズゲスト

毎回、1話完結式テレビドラマで、豪華なゲストが登場することで話題になった「コンフィデンスマンJP」

今回は竹内結子と三浦春馬に加えて、ドラマシリーズ第1話のゲストだった江口洋介が再登場します。

この3人のゲストは、ストーリーにしっかりと絡むのですが、この3人以外にも過去のゲストキャラクターがカメオ出演しています。

何処に出ているかはあえて伏せますが、以下の人が出ています。

『リゾート王編』から吉瀬美智子、『美術商編』から石黒賢、『スポーツ編』から小池徹平、和田聡宏、『家族編』から岡田義徳、桜井ユキ、佐津川愛美、前田敦子

そして、最終回であると同時にエピソードゼロだった『コンフィデンスマン編』から佐藤隆太が登場します。

また、これ以外にもアッと驚く面々がカメオを出演をしています

よっぽど注意していないと、見落としかねないレベルのカメオ出演なので瞬き厳禁です。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

ご存知、天才的な知能を持つものの、いっぽうで詰めの甘いダー子。

そんな彼女に振り回されてしまい、お人よしなボクちゃん。

百戦錬磨のベテラン詐欺師リチャードのも参戦して3人がまたも信用詐欺師(=コンフィデンスマン)として組みます。

香港マフィアの女帝ラン・リウが持つと伝説のパープルダイヤを狙い、香港へ飛びます。

すると、天才詐欺師ジェシーもランを狙っているから作戦は、波乱の展開を見せて…。

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世のトリオ共演の映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』

劇場公開は2019年5月17日(金)より全国ロードショー。ぜひ、テレビドラマ版のファンは必見です!


関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『さらば愛しきアウトロー』ネタバレ感想。ロバートレッドフォードの俳優引退記念に代表作を振り返る

名優ロバート・レッドフォード、最後の出演作品 『明日に向って撃て!』(1969)や『ニュースの真相』(2015)などの作品を発表し、長きにわたり活躍してきたロバート・レッドフォードの俳優引退作『さらば …

ヒューマンドラマ映画

映画『バックドラフト』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。消防士兄弟の絆をロン・ハワード監督が描いた感動作

消防士兄弟の絆を描いた「バックドラフト」シリーズ第1作! ロン・ハワードが監督を務めた、1991年製作のアメリカの大作ドラマ映画『バックドラフト』。 消火作業中に殉職した父の後を引き継ぎ、消防士になっ …

ヒューマンドラマ映画

映画『T2トレインスポッティング』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

世界中を熱狂させた『トレインスポッティング』再び…。 監督のダニー・ボイルや主演のユアン・マクレガーなどキャスト・スタッフ共に再結集した『T2トレインスポッティング』をご紹介します! スポンサーリンク …

ヒューマンドラマ映画

映画『私、アイドル辞めます』あらすじ感想と解説評価。実写化された漫画からアイドルの決断の行方と努力することを問う!

実写版『私、アイドル辞めます』が、2022年2月18日(金)より「アップリンク吉祥寺」「イオンシネマ板橋」にて、1週間限定公開 。 SNSで約40万いいねを記録したWeb漫画『私、アイドル辞めます』を …

ヒューマンドラマ映画

映画『オール・アイズ・オン・ミー』あらすじとキャスト!実話の感想は

1996年9月13日に若干25歳でこの世を去った2PAC。 エミネム、スヌープ・ドッグ、ドクター・ドレーは惜しみないリスペクトを見せ、死してなお、多くのアーティストや音楽ファンを魅了し続けるトゥパック …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学