Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『赤毛のアン 卒業(2018)』あらすじネタバレと感想。16歳の少女の出した決断とは

  • Writer :
  • もりのちこ

世界中で愛される名作児童文学『赤毛のアン』

母国カナダで、新たに実写映画化した3部作の完結編『赤毛のアン 卒業』

想像力豊かでおしゃべり大好きな女の子は、16歳の少女へと成長していきます。

不器用な恋に悩み、将来の夢に胸躍らせるアンに、突然の悲しい別れが訪れます。

いよいよ完結編『赤毛のアン 卒業』アンの16歳の決断とは?

スポンサーリンク

映画『赤毛のアン 卒業』の作品情報


(C)2017 GABLES 23 PRODUCTIONS INC. ALL RIGHITS RESERVED.

【公開】
2018年(カナダ映画)

【原作】
L.M. Montgomery’s Anne of Green Gables: The Good Stars

【監督】
ジョン・ケント・ハリソン

【キャスト】
エラ・バレンタイン、サラ・ポッツフォード、マーティン・シーン、ジュリア・ラロンド、ドゥルー・ヘイタオグルー

【作品概要】
世界中で広く愛され続けているルーシー・モード・モンゴメリーの児童文学『赤毛のアン』を、モンゴメリーの孫娘ケイト・マクドナルド・バトラーが制作総指揮を務めて新たに実写化した『赤毛のアン』シリーズ。全3部作の完結編です。

この3部作で11歳から16歳までのアンを見事に演じたエラ・バレンタインは、カナダ・アカデミー賞、青少年向け作品部門で演技賞を受賞しました。

映画『赤毛のアン 卒業』のあらすじとネタバレ


(C)2017 GABLES 23 PRODUCTIONS INC. ALL RIGHITS RESERVED.
森を散歩するマシュウ。家からは、少女たちの楽しそうな笑い声が聞こえてきます。

想像力豊かなアンは、自作の小説を友達に読み聞かせています。ユーモアとロマンス溢れる小説に、少女たちは夢中です。

彼女たちの笑い声に、マシュウもマリラもつられて笑顔になります。今日もアンのおかげで、グリーンゲイブルズはにぎやかです。

生まれてすぐに両親を失い、孤児院で育った少女アンは、マシュウとマリラ兄妹に引き取られ、グリーンゲイブルズで暮らしていました。

アンの良き理解者マシュウと、しつけに厳しいマリラの愛情で、アンは活発で聡明な少女へと成長していきます。

「大人になるって気が重い」アンは14歳。いつまでも子供ではいられません。進路を決める時です。

夏休みが終わり、アンの学校も新学期がスタートします。久しぶりにクラスメートとおしゃべりを楽しむアン。

でも、初恋の相手ギルバートはアンを無視しています。演劇会で溺れかけたアンを助けたギルバートでしたが、素直にならないアンに、お返しとばかりに無視を決め込んでいました。

お互いを意識しながらも、成績を張り合う2人。想像力豊かなアンも、現実でのロマンスは不器用でした。

新たに赴任してきたステイシー先生は、シャーロットタウンにあるクイーン学院を受験したい生徒たちを集め課外授業をすることにしました。成績優秀なアンにも声がかかります。

一生懸命勉強すれば教師になれると言われ、興奮するアン。

心配なのは、お金の問題でした。将来の夢を語るアンに、マリラは「あなたには良い教育をさせると決めていた」と背中を押してくれます。

教師になるという目標に一直線のアン。しかし、親友のダイアナは「女はお嫁に行くのに学問は必要ない」という両親の方針で、進学コースを外れます。

友と別の道を歩むことになったアンでしたが、夢に向かって勉強を頑張ります。

いよいよクイーン学院の入試の日がやってきました。震えが止まらないアン。それでも頑張った自分を信じて試験に向き合います。

クイーン学院の合否を知らせてくれたのは親友のダイアナでした。

新聞を手に「アンの名前が載っている」と笑顔で訪れたダイアナ。アンはみごとクイーン学院に合格しました。

自慢の娘に育ったアンを、愛おしく思うマシュウとマリラ。

合格したことでシャーロットタウンへ行くアンとは、しばしのお別れです。寂しい思いを胸に、アンを送り出します。

アンの新しい生活のスタートです。

マシュウとマリラと別れ、クイーン学院に通うためシャーロットタウンにある下宿に入ったアン。

始めのうちは、ホームシックで泣いた日もありました。

しかし、トップの成績を収め奨学金を得ることで、マシュウとマリラに恩返ししようと勉学に励みます。

一方、一緒に入学したギルバートとの関係は相変わらずです。常にライバルとしてお互いを高め合う2人でしたが、空回りの連続です。

以下、『赤毛のアン 卒業』ネタバレ・結末の記載がございます。『赤毛のアン 卒業』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2017 GABLES 23 PRODUCTIONS INC. ALL RIGHITS RESERVED.

そして、アンは16歳になりました。

卒業試験でみごとトップの成績を収め、奨学金を手にしたアン。卒業式では、生徒代表で挨拶をします。出席したマシュウとマリラも喜んでくれました。

クイーン学院を卒業したアンは、グリーンゲイブルズに戻り将来の進路を考えます。奨学金を獲得したアンには未来が開けていました。

しかし、アンが成長するにつれ、マシュウとマリラには老いが進んでいました。動くだけで息切れするほど辛そうなマシュウ。視力の低下に悩むマリラ。

ある日、マシュウは新聞でお金を預けていた銀行が倒産したことを知ります。ショックのあまり倒れ込んだマシュウは、そのまま帰らぬ人となりました。

悲しみに暮れるアン。生まれて初めて経験する大切な人の死。ずっと続く胸の痛みにアンは苦しみます。

かけがえのない家族との幸せな暮らしを、マシュウを失くして気付かされたアンは、マリラの側にいることを決意します。

しかし、マリラはアンのことを考え、農地と家を売ろうと考えます。

そんなマリアにアンは「一緒に暮らしこの家と農地を守ろう」と手放すことを拒否します。頑固なアンは、大学進学を辞め、家から通える村の学校の教員になる道を選びます。

それを知ったギルバートは、アンと同じ村の学校の教員になることが決まっていたにも関わらず、アンに職を譲るため、別の学校へと移動します。

偶然、街で会ったアンとギルバート。そのことを知ったアンは、ギルバートの優しさに感謝します。

素直に話をしたのは5年ぶりのアンとギルバート。離れていた時間を埋め合わせるかのように、おしゃべりが止まりません。

「ロマンスを忘れちゃダメだよ」

お墓の中で、マシュウも微笑んでいることでしょう。

スポンサーリンク

映画『赤毛のアン 卒業』の感想と評価


(C)2017 GABLES 23 PRODUCTIONS INC. ALL RIGHITS RESERVED.

完結編にしてアンは、最愛の理解者マシュウの死を経験します。初めて経験する、大切な人との永遠の別れ。悲しむアンの姿に胸が痛みます。

不幸な生い立ちから、家族の愛情を知り、将来の夢に希望を抱き羽ばたこうとするアンに、突然訪れた最愛の人の死。

それでも人生は続いていきます。悲しみや苦しみもあるけれど、人生には幸せや楽しいことがあることをアンは知っています。

悲しみから無理に離れようとせず、ゆっくり寄り添うように過ごすアンの姿に、悲しみから立ち直る術を教えてもらった気がします。

物語から抜け出したようなアン役のエラ・バレンタインと、アンを温かく見守るマシュウ役の名優マーティン・シーンの演技に涙が止まりません。

まとめ


(C)2017 GABLES 23 PRODUCTIONS INC. ALL RIGHITS RESERVED.

世界中で広く愛され続けているルーシー・モード・モンゴメリーの児童文学『赤毛のアン』を実写化した3部作の完結編『赤毛のアン 卒業』を紹介しました。

完結編は、アンの最愛の人を亡くすストーリーで終了となりました。

原作はここからもう少し先があります。出版から110年以上経ってもなお愛され続ける『赤毛のアン』

幸せばかりではない人生で、避けられない悲しみとの向き合い方、そして幸せになる方法を教えてくれる名作『赤毛のアン』を、ぜひ映画でお楽しみ下さい。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『金子文子と朴烈(パクヨル)』あらすじネタバレと感想。チェ・ヒソの女優としての演技力とチャーミングさは必見!

朴と共に死ねるなら、私は満足しようー。 本国の韓国で235万人の観客動員を記録! 大正時代の日本に実在したアナキスト・朴烈と日本人女性、金子文子が、愛と誇りのため、巨大国家と闘う姿を、激しくも痛快に描 …

ヒューマンドラマ映画

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』ネタバレ感想。結末で火葬された宮沢りえ演じる母双葉の演技力とは

家族とは何かを問う物語 2017年開催の日本アカデミー賞を初めとし、さまざまな映画祭で数多くの賞を授かった、映画『湯を沸かすほどの熱い愛』。 難病を扱った本作ですが、それだけでは終わらない、深い感動と …

ヒューマンドラマ映画

映画『マイ・ビューティフル・デイズ』あらすじと感想評価。シャラメの眼差しに高校教師が揺れる

傷つき笑い恋をした、忘れられない週末。 あの時、あなたはたしかに私を見つめていた。 ティモシー・シャラメが出演した『マイ・ビューティフル・デイズ』が2019年11月1日(金)より新宿シネマカリテ、ヒュ …

ヒューマンドラマ映画

映画『シカゴ』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

2003年に公開されたミュージカル映画『シカゴ』は、米アカデミー賞で最多12部門13ノミネートされ、作品賞、助演女優賞ほか最多6部門受賞! 1920年代のシカゴを舞台に、ミュージカルのスターを夢見るロ …

ヒューマンドラマ映画

映画『覆面系ノイズ』中条あやみ主題歌デビュー!CD発売日と歌詞は

映画『覆面系ノイズ』は2017年11月25日(土)より全国公開がされます。 その前に映画の登場するバンドであり、今回映画主題歌を歌うバンド「in NO hurry to shout;(イノハリ)のメジ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP