Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

Entry 2019/07/18
Update

映画『ジョアン・ジルベルトを探して』感想と評価。ボサノヴァの神様と呼ばれた音楽家を探す旅路

  • Writer :
  • 増田健

『ジョアン・ジルベルトを探して』は2019年8月24日(土)より、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー!

「イパネマの娘」「想いあふれて」「デサフィナード」など、誰もが耳にした名曲を世に送りだした、“ボサノヴァの神様”“ボサノヴァの法王”こと、ジョアン・ジルベルト

しかし彼は、2008年8月26日にリオ・デジャネイロで開催されたコンサート出演を最後に、公の場に姿を見せなくなります。

それ以来10年以上も彼は完全に人前に姿を現さない、世捨て人の様な隠遁生活を送っていると、広く世間で信じられています。

そして今、ブラジル音楽を深く愛する1人の映画監督が、彼に会おうと手がかりを求め、ジョアン・ジルベルトゆかりの地や人々を訪ね歩きます。

ボサノヴァの名曲の数々が流れ、イパネマビーチを始とする美しいブラジルの風景を描いた、目にも耳にも心地良い音楽ドキュメンタリー映画

果たして監督は、憧れのジョアン・ジルベルトに出会う事ができたのでしょうか

スポンサーリンク

映画『ジョアン・ジルベルトを探して』


©Gachot Films/Idéale Audience/Neos Film 2018

【日本公開】
2019年8月24日(金)(スイス・ドイツ・フランス合作映画)

【原題】
Where Are You, Joao Gilberto?

【監督・脚本・出演】
ジョルジュ・ガショ

【出演】
ミウシャ、ジョアン・ドナート、ホベルト・メネスカル、マルコス・ヴァーリ

【作品概要】

1950年代後半にボサノヴァというジャンルを創生し、ギター1本と自らの歌声で世界に人々を魅了したジョアン・ジルベルト。

しかし彼は限られた人物とだけ接触する生活を選び、公の場から姿を消しました。それがさらなる憶測や逸話を生み、いつしか彼は謎のベールに包まれた、伝説的な人物へと変貌します。

2010年ドイツ人ジャーナリストのマーク・フィッシャーは、ジョアン・ジルベルトを取材しようと試み、入念な準備を行いブラジルを訪れますが、遂に彼と出会う事は叶いませんでした。彼はこの旅路と自らの思いを、「Ho-ba-la-lá: À Procura de João Gilberto」という本に記します。

その本を手にし、彼の旅に深く共鳴した映画監督のジョルジュ・ガショ。彼はマーク・フィッシャーに代わって、ジョアン・ジルベルトを探す旅へと出発します。

このドキュメンタリー映画の日本公開を前に、2019年7月6日ジョアン・ジルベルトが、リオ・デ・ジャネイロの自宅で逝去したとの報道が、世界を駆け巡りました。

名実共に伝説となった音楽家、ジョアン・ジルベルトの晩年の姿を、奇しくも探求する事になったジョルジュ・ガショ。映画はその姿を描いています。

映画『ジョアン・ジルベルトを探して』のあらすじ


©Gachot Films/Idéale Audience/Neos Film 2018

とあるホテルの一室でドイツ人ジャーナリスト、マーク・フィッシャーが記した本を読むジョルジュ・ガショ。その本にはジョアン・ジルベルトに心を奪われた著者が、世間から姿を消した彼に会うために、リオ・デ・ジャネイロを旅したてん末が記されています。

その本が出版される1週間前に、40歳の若さで自ら命を断ったマーク。ガショは彼の跡を引き継ぎ、敬愛するジョアン・ジルベルトに会おうと決意します。

マークの本と彼の遺した資料、写真やビデオクリップ、Eメールにブログ、facebookに音声データなどあらゆる記録を元に、ガショはマークの足跡をたどります。

マークのアシスタントを務めたハケルと出会い、彼女の助けを借り料理人や理容師といった、ジョアン・ジルベルトに接する人物を訪ねたガショ。しかし彼につながる手がかりは得られません。

助けを求めジョアン・ジルベルトの元妻であり、今も親友である歌手のミウシャに会ったガショ。彼女はジョアンの持つ、人を惹きつけて止まない魅力を聞かされます。

ジョアン・ジルベルトの姿を求め、マークと同じようにジョアンゆかりの人々や土地を訪ね歩くガショ。映画は美しいブラジルの風景を、ボサノヴァの名曲の調べに乗せて紹介します。

果たしてガショは、憧れのジョアン・ジルベルトに出会い、マークが果たせなかった夢を実現する事ができるのだろうか…。

スポンサーリンク

映画『ジョアン・ジルベルトを探して』の感想と評価


©Gachot Films/Idéale Audience/Neos Film 2018

“ボサノヴァの神様”を求める旅

ブラジル音楽の熱烈な信者であり、その専門家として過去にブラジルの歌手、そしてサンバを紹介するドキュメンタリー映画、ブラジル音楽の映画3部作を監督しているジョルジュ・ガショ。彼がマーク・フィッシャーの著作に出会った事で、物語は始まります。

当初この映画の脚本は、創造したシーンと会話のあるフィクション映画として準備しました。しかしジョアン・ジルベルトを探し求める旅は、予期せぬドキュメンタリー的な状況を生み出します

映画はガショの視点を通して、ジョアン・ジルベルトを巡る人々と、彼の生きた風景と共に美しく、興味深く描き出します。この映画の持つ雰囲気を、ガジョは「サウタージ(憧れの思いを強く含む、郷愁や思慕の感情)」という言葉を使って説明しています。

伝説の音楽家を慕う想い、美しいブラジルの風景、そして全編に流れるボサノヴァのリズムが、見る者の「サウタージ」を掻き立てる、ドキュメンタリー映画を生み出しました。

危険な香りも漂うジョアン・ジルベルトを探す旅


©Gachot Films/Idéale Audience/Neos Film 2018

一方で、完全に世間から姿を消した“ボサノヴァの神様”を探す旅は、探偵小説を思わせる展開を繰り広げます

マーク・フィッシャーはジョアン・ジルベルトを探す旅のアシスタント、ハケルを“ワトソン”と著作で呼び、自身を“ホームズ”になぞらえ、数少ない手がかりを辿ってジョアンの姿を追い求めます

ジョアン・ジルベルトの熱烈なファンであるジョルジュ・ガショは、彼の抱いた思いを痛切に理解する人物でした。またマークと思わぬ奇縁があった事を知り、ガショは彼と自身を重ね、彼の旅路を追体験する様に行動していきます。

ジョアンに迫ろうとする過程は、まるでミステリー小説の謎解きのような展開を生みますが、同時に少し危険な雰囲気を漂わせ始めます。

ジョアン・ジルベルトに出会う事が叶わず、著作の出版前に自ら命を断ったマーク。彼と同様の熱意でジョアンを探す過程で、見つからないものを探し求める行為が持つ、ある種の危険性を警告されるガジョ。

カリスマに憧れ、魅かれて止まない熱烈なファンの心理を体現したマークとガジョが、ジョアンの姿を探求の姿は、その情熱ゆえに危険な執着を感じさせ始めます

それ故にジョアン・ジルベルトは姿を消したのか、あるいは彼が姿を消したから、マークやガジョのような信者を惹きつけるのか。甘美な映像の背景に、人間が持つある種の奇妙な情熱と、その哀しい姿を描いた作品でもあります。

まとめ


©Gachot Films/Idéale Audience/Neos Film 2018

自ら姿を消した事で、その存在を伝説の域にまで高めたジョアン・ジルベルト。その姿を求め、同じ想いを抱き、時間を越えてブラジルの地で交差する、ジャーナリストと映画監督。

『ジョアン・ジルベルトを探して』は、ジョアンの足跡を通してボサノヴァの歴史、それを生み出したブラジルの風土を描きながら、同時に彼を探し求める2人の男を描いた、興味深いドキュメンタリー映画です。

ボサノヴァやジョアン・ジルベルトのファンは無論、カリスマの魅力に憑りつかれ、それに執着する人間の姿を描いた作品として、ドキュメンタリー映画ファンの関心を集める作品。

マーク・フィッシャーが強く望みながら、ついに出会う機会を得られなかったジョアンとの出会い。ジョルジュ・ガショは、それを成し遂げることができたのでしょうか。

この映画の日本公開を前に 2019年7月6日に亡くなり、真の伝説の存在となったジョアン・ジルベルト。その晩年の謎に満ちた存在を紹介した事でも、貴重な作品となりました。

映画『ジョアン・ジルベルトを探して』は2019年8月24日(土)より、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー!

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『The Biggest Little Farm』ネタバレ感想とレビュー評価。日本公開はあるのか?夢を実現することの苦悩を迫るドキュメンタリー

映画『The Biggest Little Farm』は、2019年トロント映画祭で最も評価を受けた作品! 『The Biggest Little Farm』は、元アニマルプラネットの映像作家ジョン・ …

ドキュメンタリー映画

映画『zk/頭脳警察50』感想と考察評価。パンタとトシの伝説×音楽=ふざけるんじゃねえよ【頭脳警察結成50周年記念ドキュメンタリー】

映画『zk/頭脳警察50 未来への鼓動』は2020年7月18日(土)より新宿K’s cinemaほかで全国ロードショー 日本のロック界における歴史の中でも異彩を放つロックバンド頭脳警察の50年にもわた …

ドキュメンタリー映画

ZAN ジュゴンが姿を見せるとき|あらすじと感想【HAIOKA音楽担当】

映画『ZAN 〜ジュゴンが姿を見せるとき〜』は、「沖縄のジュゴンを絶滅させない」と、沖縄の辺野古にある大浦湾の豊かな自然を題材にしたドキュメンタリー作品。 2017年9月30日(土)より、横浜シネマ・ …

ドキュメンタリー映画

映画『虚空門 GATE』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。UFOドキュメンタリーが行き着いた驚きの展開とは⁈

数々のアダルトビデオ、アントニオ猪木を追ったドキュメンタリー『猪木道』の制作に関わってきた小路谷秀樹監督が次に手がけた作品は、なんと「UFO」でした。 「月面異星人遺体動画」に触発された小路谷監督が、 …

ドキュメンタリー映画

映画『カーライル ニューヨークが恋したホテル』感想と評価レビュー。セレブを魅了する秘密は愛と品格

ニューヨークで愛され続けるホテルの魅力に迫るドキュメンタリー。 マンハッタンで、何十年も数多くのセレブに利用されてきた『ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル』。 2019年8月9日(金)よりBun …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP