Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2019/06/09
Update

映画『麻雀放浪記2020』あらすじネタバレと感想。評価すべき斎藤工らキャスト陣の演技力

  • Writer :
  • もりのちこ

メンタンピンツモドラドラ、ハネマン!
命をかけて人生をツメ!

1984年に一度映画化された阿佐田哲也のベストセラー小説『麻雀放浪記』が、35年の時を経て再びスクリーンに還ってきました。

さらに主人公・坊や哲も1945年から2020年にタイムスリップ!?戦後の荒れた賭場から、東京オリンピック開催年にやってきた哲が目にした日本とは?

何の運命か、時空を越えて引き寄せられた最強雀士たち。命を賭けたヒリヒリする戦いが幕をあげます。

スポンサーリンク

映画『麻雀放浪記2020』の作品情報


(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
【日本公開】
2019年(日本)

【原作】
阿佐田哲也

【監督】
白石和彌

【キャスト】
斎藤工、もも、ベッキー、的場浩司、岡崎体育、ピエール瀧、音尾琢真、村杉蝉之介、伊武雅刀、矢島健一、吉澤健、堀内正美、小松政夫、竹中直人、ヴァニラ

【作品概要】
1984年に和田誠監督で映画化された、阿佐田哲也の小説『麻雀放浪記』を、白石和彌監督が再映画化した『麻雀放浪記2020』。

前作では真田広之が演じた主人公・坊や哲を、斎藤工が演じるほか、強靭雀士としてベッキー、的場浩次、小松政夫らが集結。

また、ミュージシャンとして活躍中のチャラン・ポ・ランタンのもも、そして岡崎体育と、異色の配役に注目です。


映画『麻雀放浪記2020』のあらすじとネタバレ


(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

1945年、戦後日本。ここは、騙し騙され、奪い奪われ、金が飛び交う賭場「雀荘オックス・クラブ」。坊や哲にとって、すべてを賭けた戦いの最中でした。

目覚めると、麻雀牌ウーピンを握りしめ道に倒れていました。

東京浅草、雷門の前には憲法改正を訴える市民団体の姿がありました。それを弾圧しにやってきた警察官。市民を容赦なく叩きのめします。なにやら天高くそびえ立つ建物が見えます。

壁には東京オリンピックのポスターが張ってありました。1940年、東京にて開催予定だったにも関わらず、支那事変の影響から日本政府が開催権を返上し、実現には至らなかった幻のオリンピックのことでしょうか。

いや、ポスターには確かに東京オリンピック2020と書かれています。通りすがりのおじさんに寄ると、「今は2020年。開催予定だった東京オリンピックは第三次世界大戦であっけなく負けた日本では開催されないよ」。さらっと凄い情報を漏らします。

哲は1945年の戦後日本から、2020年の戦後日本へタイムスリップしたのです。

状況が把握できずうろつく哲に声を掛けたのが、コスプレ麻雀喫茶で働く地下アイドル・ドテ子でした。

世は麻雀ブーム。ドテ子に誘われ入った店にはコスプレ姿で麻雀を楽しむ人々の姿がありました。哲のギャンブラーの血が騒ぎます。

しかし、全自動の麻雀卓に驚き、安い手ばかりでアガる生温い勝負と、お金を賭けない賭場に怒り暴れるうちに警察に捕まります。

警察は、哲の頭に機械をかざし人物を特定しようと試みますが、何も情報が得られません。怪しまれる所を救ったのは、またしてもドテ子でした。

2020年、日本国民は額に埋め込まれたマイナンバーのチップで過剰に管理されていました。また、AI導入で起こった労働環境破壊によって職を失った人間はスラム街に住み、闇賭博をする荒んだ生活をしています。賭博取り締まりの弾圧はエスカレートしていました。

1945年の戦後の日本よりもさらに壊れた日本が未来に待っていたのです。

ドテ子の所に世話になる哲。部屋には、クソ丸という芸能事務所の社長が同居していました。

クソ丸は、ドテ子を売り出そうと麻雀番組に出演させますが、結果を出せないドテ子に平気で枕営業をさせます。

ドテ子は、人に嫌われたくないあまり、頼まれると何でもしちゃう女の子。「笑いたくない時は笑うな」と哲に言われ、好きになっていきます。

学生服に手ぬぐい姿、今の日本を全く知らない哲のことを、コスプレを極め、キャラを徹底的に作り上げている人と思っていたドテ子とクソ丸。

しかし、哲のタイムスリップの話を聞くうちに信じるようになります。

1945年、哲がすべてを賭けて挑んだあの夜。雀荘オックス・クラブで対局していたメンバーは、哲、ドサ健、出目徳、そしてママでした。

オックス・クラブのママは哲の憧れの女性でした。ママの所で世話になりながら、麻雀を教わりました。

「イカサマとインチキは違う。技を使って勝たなければならない時がある」。麻雀はただのギャンブルではなく、技を競い合う競技でもあります。

勝負は出目徳の技が冴えていました。「九蓮宝燈」の大技が続きます。しかし、ヤクで弱っていた心臓が激闘に耐えられず途中で動かなくなってしまいます。

儲けを分け、さらに勝負を続ける3人。外では雷が鳴り響きます。哲の手元に運命のウーピンがやってきます。「九蓮宝燈」です。

ツモる寸前、麻雀牌が光り出します。次の瞬間、雷に打たれたような電流が駆け抜けました。こうして哲は2020年にタイムスリップしたのです。

哲が2020年の町を歩いていると、AI人形の広告が目に飛び込んできました。そのAIはなんとママにそっくりでした。

AIの輸出国へと成長した日本では、政府が中止になった五輪を東京で再び開催しようともくろんでいました。現代に流行っている麻雀に目を付けた政府は、AIと人間を戦わせるマージャン五輪の開催を決定します。

AIは勝って当然。むしろ互角に戦える人間を探す方が大変です。

その頃、哲はクソ丸によってイケメン雀士として売り出されていました。

以下、『麻雀放浪記2020』ネタバレ・結末の記載がございます。『麻雀放浪記2020』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
「昭和の時空を超えてやってきた。戦争負けても、勝負は負けない」。謎のセリフと共に現れる哲。その姿は学ランにふんどし。ふんどしの「七対子」の文字が踊ります。

「昭和の国からやってきたふんどしの哲こと、昭和の哲」の人気は急上昇。賭場も負け知らず。「生きるも死ぬも流れ次第。よめねーやつはお陀仏だ」。名言集もバカ売れです。

哲は、今の人気に若干天狗になっていました。そして、健気に生きるドテ子のことを好きになっていきます。このままこの世界で生きるのもいいかもしれない。

巷では、麻雀アプリが大流行。その頂点にたつ男、ミスターKは最強の雀士です。

ドテ子から麻雀アプリを教えられた哲は、確実に順位をあげミスターKとの対戦を得ました。その戦いは熱く、もう一歩で「九蓮宝燈」。牌は光りだします。

しかし、ミスターKが安い手であがり、勝負を逃げました。やる気をなくす哲。

そんな中、スラム街の賭場で壮絶な博打打ちに出会います。その老人は賭ける金がなくなると、自分の体の部位をも賭けていました。腕もなく、臓器もなく、片目もない老人。哲は、勝負の恐ろしさに震えます。

「もっと強い奴と打ちたい。命を賭けるヒリヒリする戦いをしたい。そして、あの日と同じ九蓮宝燈を出し元の時代に戻る」。

日本政府は、五輪麻雀大会に向けて、メンバーを集めていました。ママにそっくりなAIのユキが、対戦相手を指定してきました。その相手とは、昭和の哲、ミスターK、中国代表ヤンでした。

不思議な事に集められたメンバーは、1945年の「雀荘オックス・クラブ」で対局していた哲、ドサ健、出目徳、そしてママに瓜二つでした。

いよいよ、東京五輪麻雀の開幕です。

全自動の麻雀卓に、迷いの無い手さばきで牌を進めるAI・ユキ。3人はAIの強さに太刀打ち出来ません。

全世界が見守る中、誰もがAIの強さに驚きます。これこそ、AI輸出国の強さを全世界にアピールしたい日本政府の思惑でした。

居ても経っても居られず、ドテ子は哲のもとへ駆け出します。会場の外にいたのは、ドテ子の熱烈なファン・ドクでした。

ドクはドテ子に、電磁パルス銃を手渡します。その武器を受け取ったデメ子は、AI・ユキを停めるため中へと進入します。

もはやこれまでか。その対極での勝負が見えたとき、ドテ子が電磁パルスを放ちます。会場は停電。AI・ユキも静かに停止しました。

しかし、それさえも想定内としていた博士により、補助電源を与えられたAI・ユキは再び動き出します。

ユキの復活で場は再開となりますが、全自動麻雀卓が故障していました。急遽、手積み麻雀に変更となります。

AI・ユキを除く3人は手積みの牌の感触に、にやけ顔です。「明日は雨かな?」突然、天気の話をしだすミスターK。それは、出目徳の得意なサインのひとつでした。

「イカサマとインチキは違う。技を使って勝たなければならない時がある」。ママの言葉が甦ります。

次々、上がっていく3人にAI・ユキは困惑し、とうとうショートしてしまいました。

しばらく目をつぶっていたAI・ユキ。目覚めた瞬間、補助電源を自らの手で引き抜き、目の色が変わります。

「あなたたちのインチキ、私も学びました」。生まれ変わったかのように技を繰り出すAI・ユキ。勝利の流れはまたもやAIに傾きます。

ふと、ポケットに手を入れた哲。そこには、タイムスリップした時に握り締めていた麻雀牌ウーピンがありました。これは使える。

哲、ミスターK、ヤンは昔からの知り合いのように、テレパシーで会話をします。俺にピンズを集めろ。流しにまわるミスターKと出目徳。みごとな手さばきです。

しかし、途中でAI・ユキが気付きだします。どこか怪しい。ウーピンが危ない。確信を付けないAI・ユキ。牌を打つ手が震えます。

AIでも震えるほどヒリヒリするものなのか。これこそが麻雀。真の雀士。血が滾ります。

場にはウーピンが4牌出尽くしました。哲の番です。狙うは「九蓮宝燈」。本当なら叶うはずはありません。心配するミスターKとヤン。

外では雷が鳴り響いています。哲の手にはあるはずのないウーピンが握られています。光るウーピン。まさに打ち込むその時、ドテ子が哲に向かい飛び込みます。

「行っちゃ嫌」。「また会えるぜ」。まばゆい光が包み込みます。

目覚めた哲は、1945年に戻っていました。あの対極の日です。哲は、「雀荘オックス・クラブ」を目指します。

戦後の焼け野原に捨てられた一台のAIの姿がありました。全身焼け焦げ、口から謎の液体を吐くAIは、ユキでした。

スポンサーリンク

映画『麻雀放浪記2020』の感想と評価


(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
「ボーッと生きてんじゃねえよ、ニッポン」。チコちゃんさながらの常套文句が飛び出した映画『麻雀放浪記2020』は、昭和の大小説家、阿佐田哲也の魂と共に、令和のニッポンに問うセンセーショナルな映画となっています。

本当の自由とは何か。魂を燃やして生きているのか。溢れる欲望をどこにぶつければいいのか。麻雀を通し、ブラックユーモアを交え、私たちに問いかけてきます。

そしてこの熱き映画は、キャストの演技によりさらにヒートアップ。

主人公「坊や哲」を演じた斎藤工は、10年の歳月をかけ、猛烈な熱量でこのプロジェクトを配信し続けました。

お笑いも出来るセクシー俳優、斎藤工が身体を張って挑んだ役「坊や哲」の、学ランにふんどしを締め打つ麻雀姿は必見です。笑いと本気の狭間の演技が妙にハマります。

また、斎藤工に負けず劣らずの奇抜な役に挑むキャスト陣のすごさ。特に女性陣のキャラ崩壊演技は度肝を抜かれます。

ヒロインのドテ子には、アコーディオン姉妹ユニット、チャラン・ポ・ランタンのヴォーカル、ももが大抜擢されています。

ももの可愛らしい声が、ドテ子のキャラを一層盛り上げます。ゴリゴリのコスプレにバーチャルSEX。人間の男とキスをするとゲロを吐く。斎藤工との肉弾戦にここまでしていいの?と心配になります。

また、ママとAI・ユキの二役を演じたベッキー。彼女の無表情は、もはやロボットを越えたロボット。はまり過ぎて怖いです。ママの妖艶な演技と無機質のロボット演技、見比べて下さい。

そして、クソ丸役の竹中直人。どこまでも最低人間クソ丸を怪演しています。なんでこんなに憎たらしいのでしょうか。

憎たらしい演技はもう一人。ミュージシャンの岡崎体育です。ドテ子のファンでオタクのテロリスト・ドクを演じています。絶妙なキモさに、ドテ子を思う健気な演技がいじらしい。

白石監督作品ではお馴染みの、チーム・ナックスのメンバー音尾琢真と、ピエール瀧が、これまた規格外な演技で楽しませてくれます。

登場人物すべてが曲者揃いの映画『麻雀放浪記2020』。個性豊かな俳優たちの演技バトルがみどころです。

まとめ


(C)2019「麻雀放浪記2020」製作委員会
1984年に和田誠監督で映画化された、阿佐田哲也の小説『麻雀放浪記』を、白石和彌監督が再映画化した『麻雀放浪記2020』を紹介しました。

凶悪』『彼女がその名を知らない鳥たち』、そして『凪待ち』と人間の深層心理のグロさをみごとに描き出す白石和彌監督が、人生の賭けにでる男女のヒリヒリを、ギリギリに攻めます。

あなたには、人生を賭けて熱くなれるものがありますか?すべてを賭けてでも、手に入れたいものがありますか?人生を熱くするのは、あなた次第です。

斎藤工の熱量に見ているこちらも熱くなる映画『麻雀放浪記2020』。ヒリヒリする瞬間をお楽しみ下さい。




関連記事

コメディ映画

映画『パディントン2』感想とあらすじネタバレ。ラスト結末も

あの愛すべき小さなクマの紳士が帰ってきた! マイケル・ボンドの人気児童文学『パディントン』シリーズの実写映画化第二弾が好評上映中です! 今度はどんな事件に巻き込まれるのか? ブラウン一家も大活躍。さら …

コメディ映画

ピーター・セラーズ映画『チャンス』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

一心なのか天真爛漫なのか、純粋無垢なのかおバカなのか。彼の名前は「チャンス」 知的障がいを持つチャンスは、テレビが大好きな庭師です。 数十年間、屋敷の外に出たことのないチャンスでしたが、主人の死で街に …

コメディ映画

映画『アンクル・ドリュー』あらすじと感想。キャストのバスケNBA選手たちの紹介も

映画『アンクル・ドリュー』は、11月9日(金) 全国ロードショー! バスケットNBAの人気プレイヤー、カイリー・アービングが、老人に扮してストリートで勝負をする――という、アメリカで人気を博したペプシ …

コメディ映画

映画『ミラクルニール』あらすじネタバレと感想。動画無料視聴法も

昨今、空前の猫ブームに一石を投じる“ワン”ダフルムービー『ミラクル・ニール!』 サイモン・ペッグ演じる冴えない主人公を、与えられた能力でけなげに貢献する犬のデニスに、思わずにっこりしてしまうファンタジ …

コメディ映画

ロバート・アルトマンおすすめ映画『突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録』あらすじと感想レビュー。80年代の幻のコメディ作品とは

ロバート・アルトマンのおすすめ映画『突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録』。 2018年12月15日(土)、16日(日)に東京・杉並にある座・高円寺2にて、After School Cinema …

映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP