Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

ベルイマン映画『魔術師』ネタバレあらすじと感想。監督初期の代表作は科学との二項対立を軸に喜劇的な作風で魅せる

  • Writer :
  • 中西翼

スウェーデンの監督ベルイマンの初期の到達点

1958年公開の映画『魔術師』は、魔術のトリックを見破ろうとする役人と魔術の旅芸人の攻防を描いた喜劇作品。

演出は『野いちご』や『仮面/ペルソナ』など、多くの名作を残したイングマール・ベルイマン監督。

ベルイマン作品の常連俳優マックス・フォン・シドーとイングリッド・チューリンがフォーグラーとその妻を演じています。

第20回ベネチア国際映画祭で審査員特別賞を受賞した本作は、魔術師一座とトリックを見破ろうとする役人たちの一夜のいたちごっこ。ベルイマンが問う、芸術家とショー・ビジネスの正体とは…。

スポンサーリンク

映画『魔術師』の作品情報


(C)1958 AB SVENSK FILMINDUSTRI

【公開】
1958年(スウェーデン映画)

【原題】
Ansiktet

【監督・脚本】
イングマール・ベルイマン

【キャスト】
イングリッド・チューリン、マックス・フォン・シドー、ナイマ・ウィフストランド、グンナール・ビョルンストランド、ベント・エーケロート、ビビ・アンデショーン、エルランド・ヨセフソン

【作品概要】
映画『野いちご』(1957)や『仮面/ペルソナ』(1966)のイングマール・ベルイマン監督作品。神や魔術、そしてオカルトを信じる人の弱さと、死の恐怖を描いた物語。数多くのベルイマン監督作品を支えたイングリッド・チューリンが主演し、『ペレ』(1987)のマックス・フォン・シドーが共演しています。

第20回ベネチア国際映画祭で審査員特別賞を受賞、日本では1975年に劇場初公開。2018年の「ベルイマン生誕100年映画祭」(18年7月、YEBISU GARDEN CINEMAほか)でリバイバル上映。

映画『魔術師』のあらすじとネタバレ


(C)1958 AB SVENSK FILMINDUSTRI

フォーグラー博士が率いる魔術師一行は、都会のストックホルムを目指していました。

馬車には、フォーグラーと、その妻で助手のマンダ、祖母、そしてシムソンが乗っていました。

一行は、パンを食べながら、オカルトの話をしています。

森に入ると、幽霊のような呻き声が聞こえます。首を裂かれた動物か、はたまた彷徨う怨念か、一行は様子を見ます。

そこには、酒に溺れた俳優のスペーゲルがいました。

スペーゲルは熱心に神を信仰していましたが、神からは見放され、死を待つのみでした。

フォーグラー達は、スペーゲルも乗せ、都に向かいます。

ストックホルムに到着すると、早速検問され、領事のエガーマンの館に招かれます。

館にはエガーマンの他、医師のベルゲルスと警察署長のスターベックがいました。

エガーマン達は魔術の真偽を尋ねますが、フォーグラーは口が聞けず、答えられません。

広告に載っていた怪しげな磁力治療や薬について、エガーマン達はフォーグラーを怪しんでいました。

エガーマンとベルゲルス達は、科学に淘汰された魔術が、本当に存在するのかを賭けていました。

だからこそ、魔術師の代表として、フォーグラー達は招かれました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『魔術師』ネタバレ・結末の記載がございます。『魔術師』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)1958 AB SVENSK FILMINDUSTRI

夜になった館では、フォーグラーの祖母が作った媚薬が高価で取引されていました。皆、媚薬を信じていました。

そこでシムソンは、女中のサーラを口説きます。また、スペーゲルが下男達を驚かせた後、フォーグラーの目の前で命を落とします。

一方エガーマンの妻オッティリアが、フォーグラーの元を訪ねていました。

オッティリアは魔術師の力や怪しさに興味を示し、言い寄ります。そこで、子供を亡くしたことを悲しみや、女としての寂しさを露わにします。

オッティリアは寝室の鍵を渡し、待っていると告げます。フォーグラーは、もどかしくも情けない怒りに拳を握ります。

ベルゲルスは男装していたマンダの部屋を尋ねます。そこで、みすぼらしい魔術師一向に同情していることを話し、支援を提案します。また、魔術の真偽についても聞きます。

部屋の様子を、フォーグラーが隠れて覗いていました。ベルゲルスが部屋を去ると、フォーグラーは出せないと言っていたはずの声を出し、マンダの胸に抱かれます。

オッティリアの部屋の扉を、エガーマンが開きます。

オッティリアは、フォーグラーが訪ねてくれたと勘違いし、喜びを露わにしますが、すぐに取り消し、向こうから誘われたのだと言い訳します。

その翌日、フォーグラー達魔術師一座は、警察署長のスターベックの要求で魔術を披露します。磁力を操り、空中浮遊の魔術を見せます。

しかし、スターベックが後の幕を開くと、トリックはいとも簡単に暴かれてしまいます。フォーグラー達は、笑いものにされます。

一座は負けじと、スターベックの妻に催眠をかけます。妻は、夫への不満を洗いざらい吐き出します。

また、筋肉自慢の御者は、見えない鎖に身動きを封じられます。鎖の魔法を解くと、フォーグラーは襲われ、首を絞められます。

観客達は一度部屋を去り、医師のベルゲルスがフォーグラーの容態を確認します。フォーグラーは絶命していました。

ベルゲルスは部屋に戻り、魔術師を名乗るフォーグラーを解剖します。しかし、その中身はただの人間と変わりないものでした。

一息吐くと、死んだはずのフォーグラーの手がベルゲルスの腕を掴みます。暑さが見せた幻覚だと信じますが、鏡にはフォーグラーの姿が映り込み、恐怖を隠せません。

追い込まれたベルゲルスは、死を恐れたと自白します。フォーグラーは、遺体を取り替えたと種明かしをします。

ベルゲルスは怒ります。さっきまで追い詰めていたはずのフォーグラーはカツラや付け髭を外し、なんともみすぼらしい姿になっていました。

フォーグラーは、芸を披露した報酬を懇願します。そして、ベルゲルスが落としたコインを必死に手に取ります。

続けて、エガーマンの妻オッティリアにも同情を乞いますが、カツラのない姿にただただ怯えられます。

賭けは、魔術を信じたエガーマンの負けに終わりました。フォーグラーとマンダ達は、逮捕を恐れて足早に館を去ります。

しかし、祖母は薬を売って金儲けを終えたと言って、馬車を降ります。サーラを口説いたシムソンは、悩んだ末に一座について行くことを決めます。

出発を待つ馬車。そこに、王宮からの使者が現れます。なんと、王宮が魔術師一座の芸を評価し、国王の前で披露するよう命じられていました。

祝福のファンファーレと共に、フォーグラー率いる魔術師一座は、馬車を走らせました。

スポンサーリンク

映画『魔術師』の感想と評価


(C)1958 AB SVENSK FILMINDUSTRI

魔術と科学の二項対立を、喜劇的な物語で彩った映画『魔術師』

巨匠ベルイマンのカメラワークは圧巻で、特に序盤の木漏れ日の差す森は、白黒映画ならではといった神々しさに満ちていました。

また、死にゆく老人スぺ―ゲルや医師ベルゲルスの鬼気迫る怯えが印象的に描かれていました。

科学をもって魔術やオカルトの類を否定していた医師ですら、死の恐怖には抗えなかったのです。

ここで、酒におぼれ死んだスぺ―ゲルと、医師ベルゲルスの対比があります。

スぺ―ゲルは熱心な信仰者でしたから、死の恐怖よりも神の不在を憂いていました。

逆にベルゲルスは、宗教や魔術といったものを、科学で打ち消そうとしましたが、死の恐怖を振り払えませんでした。

オカルトを信じたスぺ―ゲルは、人間の弱さを補っていたのです。

夫への不満をぶちまけた妻は、普段から夫に不満を抱き爆発させる場を求めていました。そして、鎖を解けなかった下男は、はたから何もかも恐ろしく感じていました。

彼らもまた、オカルトによって、弱さを補ってもらっているのです。

しかしこれは、オカルトの勝利ではありません。科学によって否定されると、情けなく力を無くすこともまたオカルトの特性です。

魔術師であるフォーグラーが、金を恵んでくれと情けなく請うたように、人間はオカルトを手にして高尚な存在になることはできません。また、科学を制しても死の恐怖は晴れません

科学がどれほど進歩しようと神を信じる人がいなくならないように、人間は科学のみを信じて生きれるほど強くないのです。

まとめ


(C)1958 AB SVENSK FILMINDUSTRI

科学vsオカルトをテーマにした映画『魔術師』で、二項対立が浮き彫りにしたものは、その勝敗を超えた人間の弱さでした。

愛を求める人が普通の液体を媚薬と思える、といったシニカルな演出が効いており、ベルイマン作品には珍しく、くすっと笑えます。

口がきけない魔術師を演じたマックス・フォン・シドーの髭とカツラをつけた姿や、祖母の怪しさは確かに、魔術の存在を信じてしまいそうな不気味な雰囲気を放っています

しかし変装を解いた姿は、視覚的に弱さを表すには十分すぎるほど、脆くて滑稽なものでした。

この演技の振り幅は、さすがベルイマン作品を支えたマックス・フォン・シドーといえます。

コメディ的喜劇映画ではあるものの、神の不在や死の恐怖といった、ベルイマン作品に共通するテーマが垣間見える、見応えのある作品です。



関連記事

コメディ映画

映画『ブラインドスポッティング』あらすじネタバレと感想。アメリカに住む異なる人種が抱える葛藤と直面する差別

映画『ブラインドスポッティング』は2019年8月30日よりロードショー公開 黒人男性射殺事件で揺れたカリフォルニア州オークランドを舞台にした映画『ブラインドスポッティング』。 小学生から一緒に育ってき …

コメディ映画

『ヘヴィ・トリップ』映画感想とレビュー評価。メタル愛満載の北欧のおバカコメディ!?

映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』は2019年12月27日(金)より、シネマート新宿、心斎橋ほか全国ロードショー! フィンランドの村に住む、若者4人。人にバカにされながらもヘヴィメタ …

コメディ映画

映画『ゾッキ』ネタバレあらすじと結末までの感想評価。竹中直人×山田孝之×齊藤工がロケ地の愛知県で制作したコメディ

大橋裕之原作を実写化した映画『ゾッキ』の魅力 独特の作風から「孤高の天才」と称される漫画家、大橋裕之の幻の原作を実写化した映画『ゾッキ』。 本作は日本を代表する俳優、竹中直人、山田孝之、齊藤工が共同で …

コメディ映画

映画『ヘアスプレー』あらすじネタバレと感想。名曲とミュージカルの踊りに込められた深いメッセージ

ジョン・トラボルタが女装でミュージカルに出演。 『ヘアスプレー』は、アダム・シャンクマンが監督、レスリー・ディクソンが脚本を手掛け、ちょっと太めの女子高生・トレーシーが、優しい両親と仲間たちに支えられ …

コメディ映画

『テッド』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

イジメられっ子のジョンは、クリスマスのプレゼントに贈られたテディベアのテッドと友だちになりたいと神様に祈りを捧げ、なんと!翌日テッドに魂が宿ります。 親友になった2人ですが、あれから27年が過ぎるとジ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学