Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/09/07
Update

韓国映画『不倫する理由』ネタバレあらすじ感想と結末考察。男女の性愛とエロスを切なくも滑稽に活写|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー51

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第51回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第51回は、映画『不倫する理由』

夫婦ダブル不倫の行方を、妖艶なエロスで描いた韓国映画を紹介いたします。

愛欲に溺れ、誘惑に惑わされた夫婦は、その果てに何を見たのでしょうか?

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『不倫する理由』の作品情報


(C)Capital One

【製作】
2019年(韓国映画)

【原題】
아직 사랑하고 있습니까? / How to live in this world

【監督・脚本】
シン・ヤンジュン

【出演】
キム・イングォン、イ・ナラ、ソ・テファ

【作品概要】
倦怠期を迎え、関係が冷めきった夫婦。妻は夫の上司との不倫に燃え、夫は同窓生の前妻と関係を持ちました。惑わされダブル不倫に陥った夫婦とその周囲の人々を描いた、おかしくも切ない大人のためのエロチックな物語が幕を開けます。

難病に犯された彫刻家とその妻、そして全裸でモデルを務める女の関係を描いた映画、『アトリエの春、昼下がりの裸婦』(2014)の製作・脚本を務めたシン・ヤンジュン監督作品です。

長沙里9.15』(2019)や『ムルゲ 王朝の怪物』(2018)のキム・イングォン、『ゴーストマスク 傷』(2018)や『The NET 網に囚われた男』(2016)のイ・ナラ(イ・ウヌ)、ドラマ『ピオラ花店の娘たち』(2020~)のソ・テファらが出演しています。

映画『不倫する理由』のあらすじとネタバレ


(C)Capital One

銀行の副頭取ミンシク(ソ・テファ)は、マンションに住む愛人ヨンジの部屋から去りますが、その時同じマンションに部屋を持つキム・ヨンギョン(イ・ナラ)とすれ違いました。

帰宅したヨンギョンを待っていたのは夫のヨンウク(キム・イングォン)。夫婦は義務となった、月に1度だけの無味乾燥な夜の営みに励みます。

勤め先の銀行で、部下の支店長の不倫が騒動へと発展したとの報告を受けるミンシク。妻を持つ支店長が手を出したのは、部下のジェスンでした。

その頃ヨンギョンは、キュレーター(美術品の管理・鑑定を行う職務)として働く勤め先のギャラリーで、女性社長から次の取引相手がミンシクだと告げられます。

一方ミンシクと同じ銀行に勤めるヨンウクは、融資の支払いが滞ったミョンソプの元妻ヘインに会え、と会社の先輩ソングクから言われます。気が強く離婚の際、夫を殴った女だと面会を渋るヨンウク。

ギャラリーにミンシクが現れます。彼もヨンギョンもどこかで会っていると感じ、互いに好感を覚えたようです。行きつけの店に良いワインが入ったと、ミンシクは彼女を食事に誘いました。

ヨンウクの方は今は和食居酒屋を経営する社長であり、ミョンソプの元妻であるヘインの店を訪ねます。男勝りの彼女に辟易しながらも、ミョンソプの連絡先を聞き出そうとするヨンウク。

ところがヘインは知らないの一点張り。しかも酔った彼女は大胆になり肌を露わにし始め、ヨンウクは目のやり場に困ります。

ミンシクとワインを楽しみ語り合ったヨンギョンは、夫との間に子供は無くもう子を持つ事を諦め、今は避妊していると告げました。自分の大学生になる息子は、米国で前妻と暮らし独り身だと打ち明けたミンシク。

2人は店を出ました。酔ったヨンギョンをミンシクは庇いながら階段を上りますが、よろめいた彼女をミンシクが支えた時、2人は思わずキスをします。

同じ頃ヨンウクはヘインに激しく求められ、彼女の望みに応じ体を重ねていました。そして濃厚なキスを交わし、互いを激しく求め合うヨンギョンとミンシク。

事を終えたヘインに妻との関係を聞かれ、ヨンウクは月に1度決めた日にだけ営みの時間を設けているが、互いに忙しく夫婦の会話も無いと打ち明けます。ヘインからそんな妻を今も愛しているか、今の行為は良かったかと聞かれ、返答に困るヨンウク。

ヨンギョンをマンションの近くまで車で送り届けたミンシクは、彼女は愛人ヨンジと同じマンションに住んでいると気付きます。

翌日ヨンギョンがギャラリーに出勤すると、社長からミンシクが2枚の絵を買ったと告げられます。社長に上手く立ち回ったと褒められるヨンギョン。

彼女が家に帰っても、夫ヨンウクとは何の会話もありません。翌朝ヨンギョンは出勤前のヨンウクから、金曜は勤め先の銀行の会食に参加するので同伴して欲しいと頼まれます。

届けられた絵を職場に飾るよう指示するミンシク。彼はお礼のメールを送ってきたヨンギョンを食事に誘いますが、前回の成り行きを恥じ、彼女に飲酒は抜きにしたいと返事しました。

ヨンウクの会食に同伴し銀行を訪れたヨンギョンは、エレベーターに乗り合わせた男の顔を見て驚きます。夫の務める銀行の副頭取こそ、ミンシクだったのです。

夫にミンシクを紹介され、ヨンギョンは気まずい思いを抱きつつも会食会場に向かいます。彼女が手洗いから出ると、そこにはミンシクがいました。あの日の出来事は夫に話していないと告げるヨンギョン。

そこにヨンウクがやってきました。見られたくないと動揺する彼女の手を握り、思わず男子トイレに引き込むミンシク。

2人は個室に身を隠します。小用を足しに来たヨンウクは、先輩のソングクと融資が回収できない、債務者ミョンソプの一件を話していました。

ミョンソプに会えていないと話したヨンウクは、個室に誰かいると気付いて口を閉ざします。ヨンウクらが出て行ったと知ると、激しく濃厚なキスを交わすヨンギョンとミンシク。

帰宅したヨンギョンはシャワーを浴び、無関心に眠る夫のベットに入りました。1人で夜を過ごすミンシクは、何か思いを巡らせます。

出勤したミンシクは、ヨンウクを支店長に抜擢するよう部下に指示します。そして不倫騒動を起こした支店長は辞職したが、相手の女性社員ジェスンは、不当解雇だと争う姿勢だとの報告を受けました。

ヨンウクは妻ヨンギョンに、自分が済州島の支店長に抜擢されたと話します。ヨンギョンは昇進が早すぎると疑問を口にし、ヨンウクもまた自分でも昇進の実感が沸かないと認めます。

それでも昇進と異動を承諾したヨンウクは、妻に一緒に来るかと告げます。しかしヨンギョンは、夫の単身赴任を前提に将来を考えていました。

ミンシクは愛人ヨンジから、新しい女が出来たのかと指摘されます。冷静な態度の愛人に、今まで自分は狙った女は必ずものにしたと認めるミンシク。

ヘインの自宅を訪れたヨンウクは、彼女から元夫ミョンソプの連絡先を教える代わりに体を求められます。それは妻に対する信条に反する、前回は魔が差しただけと告げ、ヨンウクはどうにか誘惑を拒絶します。

恥をかかされたとヘインは怒りますが、それでもミョンソプの連絡先を教えました。連絡がついたミョンソプは、支払いの滞納を指摘されると話をごまかす態度を取りました。

勤務中のヨンギョンの元に、ミンシクから食事に誘う連絡が入ります。そしてヨンウクは赴任の挨拶に副頭取であるミンシクの部屋を訪れますが、そこに妻が務めるギャラリーが発送した荷物があると気付きました。

その夜ミンシクと外食したヨンギョンは、夫の済州島赴任は自分と関係があるのかと尋ねます。少しはあると認めたミンシクに、私は過ちを犯してしまったと告げるヨンギョン。

「私たち」の過ちだと言い直したミンシクは、2人の関係は秘密にすれば良いと提案します。ヨンギョンは拒絶しようとしますが、あの日の出来事が辛いのかと問われると、激しく沸き起こった想いに囚われました。

そのまま部屋に入り、欲望のままに求め合う2人。行為の最中にかかった夫ヨンウクからの電話にヨンギョンは応じますが、それでも2人の行為は止みません。

済州島に支店長として赴任したヨンウクは、与えられた部屋と車に満足します。そして銀行の行員ジェスンは、未練を持ち体の関係を求める不倫相手の元支店長にきっぱり別れを告げていました。

アメリカ在住の大学生の息子と再会したミンシクは、今は女性と接する経験を積むべき時期で出会った女に深入りせず、いきなり心を開かぬようにアドバイスします。

ヨンウクの支店に、社内不倫で騒ぎを起こしたジェスンが異動してきました。不倫相手に騙され関係を持ったジェスンに対し、会社が与えた不当な人事を、ヨンウクは彼女に上手く説明できません。

銀行は彼女が辞職するよう済州島の支店に左遷していましたが、それでも退職の意志を全く見せないジェスンの姿勢に負けるヨンウク。

ミンシクから今夜、あの部屋で会おうと誘われるヨンギョン。彼女はギャラリーのオーナーから、ミンシクが同じ銀行の頭取の先を越すように絵画を買ったと知らされます。

部屋を訪れたヨンギョンに目隠しをするミンシク。彼はヨンギョンの服を脱がすと、いきなり彼女の体を求めました。

激しいプレイに、いつもこうなのかと尋ねるヨンギョン。彼女はミンシクに私を愛しているのかと尋ねます。それに対し、君は俺を愛しているのかと質問したミンシク。

「いいえ」。それが彼女の答えでした。ならば俺も愛していないと告げるミンシクに、愛していない人と寝るのはもう嫌だ、それを告げに来たとヨンギョンは話しました。

突然の告白に俺が愛せばいいのか、と尋ねたミンシクに、私の方であなたを愛さねば意味がない、と語りかけるヨンギョン。

1人になったミンシクはその言葉の意味を考え、その後愛人ヨンジに俺を愛しているのか尋ねます。ヨンジは新しい女からその質問を投げかけられたのだ、と見抜きました。

その女はあなたを深く愛しているか、もしくは別れたがっているとヨンジは指摘し、あなたこそ相手を愛しているのかと尋ねました。判らない、長らく考えたことが無いとつぶやいたミンシク。

ヨンジからも私を愛しているかと聞かれると、動揺しお前までどうした、とミンシクは言いました。多くの女性をものにした自分が、実は孤独な人間だと気付いたのかもしれません。

職場のミンシクに、先輩のソングクからミョンソプの会社に行った、担保の無い融資がついに焦げ付いたと連絡が入ります。

支店の歓迎会に参加していたヨンウクは、副頭取のミンシクがミョンソプの件に気付いたと知らされます。なぜ副頭取がこの件を調べたのか。自分の早すぎる出世と異動。副頭取の部屋で見た、妻ヨンギョンが働くギャラリーから送られた荷物……。

やがて脳裏にある疑念が浮かび上がりますが、それを必死に否定するヨンウク。その姿をジェスンに見られました。

何もなかったように取り繕うヨンウクを、ジェスンは2人で飲み直そうと誘いました。もう遅いと断るヨンウクの手にメモを握らせると、私は先に行っているので支店長を待っています、と告げるジェスン……。

以下、『不倫する理由』のネタバレ・結末の記載がございます。『不倫する理由』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Capital One 

1人酒を飲んでいたヨンギョンは、夫ヨンウクに電話をかけますが応答はありません。

ヨンウクはメモに書いてあった居酒屋に入ると、電池切れのスマホの充電を店に頼みジェスンを探します。話があると言っていた彼女は、1人でヨンスクを待っていました。

愛人ヨンジの部屋を訪ねたミンシクは、今は来客があると告げられ追い返されます。マンションから帰るミンシクは、自宅のある同じマンションに帰ってきたヨンギョンと出くわします。

一方、酒ばかり飲んで話をしないジェスンをヨンウクが問いつめると、彼女は突然支店長が好きだと告白します。

駐車場の車の中で話し合い、なぜ電話に出てくれないと言うミンシクに、関係を続ければ馬鹿を見るのは私だけだ、と話すヨンギョン。

夫ヨンウクを愛してると告げたヨンギョンに、一方的な言い分だと答えたミンシクは、君の夫が銀行で問題を起こした、その処分で悩んでいると思わず口にします。

駐車場に来客の外国人の男を見送りに来たヨンジは、車の中のミンシクとヨンギョンに気付きました。あの人と知り合いかとヨンギョンに聞かれたミンシクは、話を打ち切ると車外に出ました。

ヨンウクとジェスンは酒を飲み続け、2人共酔ってしまいました。なぜ年の離れた元支店長と付き合ったと聞かれ、付き合ってはいない、たまに寝ただけと答えるジェスン。

その言葉の理解に苦しむヨンウクですが、ジェスンは人間には性欲がある、それは以前付き合った彼氏の言葉だ、と力説します。男は酔った勢いで性欲を満たす機会があるが、女には無いとの言い分に、ヨンウクは妙に納得します。

翌朝、前後不覚の状態で目覚めたヨンウクは、ベットに誰もいないと知り安心します。しかしよく考えると、自宅の前でジェスンに迫られ、濃厚なキスを交わしていました。

その時は彼女を帰したものの、これで良かったのやら悪かったのやら。思わず「最悪だ」とつぶやくヨンウク。

済州島支店の支店長ヨンウクは、ジェスンを解雇しない方針だと報告されたミンシク。彼はヨンウクが絡んだ不正融資の追及と、他の職員に示しを付けるためジェスンをさらに左遷しろと指示します。

銀行からジェスンに転勤を命じろと指示され、頭を抱えるヨンウク。さらに焦げ付いた融資相手ミョンソプの元妻であるヘインから電話が入りました。

苦手なヘインから済州島に来ていると聞かされたヨンウクは、先輩のソングクから入った電話を口実に話を打ち切ります。

ソングクはミョンソプは工場を処分しており、我々は計画的に騙されたと告げました。この件は副頭取ミンシクの指示で監査部に回された、と聞かされるヨンウク。

ギャラリーで働くヨンギョンは、社長から副頭取の指名で新たな仕事を任されたと報告されます。2人の関係を察した女社長に、ミンシクとは寝たが別れを告げたと話すヨンギョン。

ヨンウクはジェスンに本社から命じられた異動を告げ、納得させようと苦心しますが、銀行の幹部の口添えがあれば異動は無くなるか、とジェスンは言い出します。

異動の命じたのは副頭取だと打ち明けたヨンウクは、不倫騒動以前のジェスンの元彼とは、ミンシクその人だと気付きました。

職場で涙ぐみ、不倫を正直に夫ヨンウクに打ち明けると言うヨンギョン。ギャラリーの社長は沈黙を守り罪悪感も捨てる、それが許してもらえる唯一の方法だとアドバイスします。

融資の件を解決するにはミョンソプを捕まえるしかない、そのためには済州島に来たヘインと連れの2人の女を相手をするしかない、と部下のキムを連れ会いに行くヨンウク。

妻子持ちで単身赴任の身のキムは、ヘインの連れと知り合いでした。妻にバレると尻込みする部下を説得し、ヨンウクは彼女たちとの宴会を盛り上げようとします。

ヘインに自分とソングクの苦境を訴え、元夫ミョンソプの新たな連絡先を教えてくれと頼むヨンウク。その交換条件にヨンウクは、ヘインたちにとことん付き合わされました。

ヨンウクの社宅で散々飲み、王様ゲームでヨンウクとヘインは寝室に閉じ込められます。

元夫ミョンソプの連絡先を教えてくれと迫るヨンウクに、担保になった二束三文の工場の土地は政府が高く買い取る、それで融資は回収できるので問題解決だと教えるヘイン。

それを聞き有頂天になったヨンウクは、ヘインに求められるまま関係を持とうとします。その時チャイムが鳴りました。

社宅に現れたのは、連絡せずに夫を訪ねに来たヨンギョンでした。部下のキムが必死に時間稼ぎをする間に、必死に衣服を身に付けるヨンウクとヘイン。

事情を察したヨンギョンは部屋に入ります。そこには夫とヘインたち3人の女がいました。必死にキムが取り繕いますが、今度は社宅に酔ったジェスンが訪ねてきました。

全てがヨンギョンにバレた以上、あとは夫婦に任せるしかない、と気まずい思いで立ち去る一同。他人を家に入れた事実を責める妻に、軽率だったと謝るヨンウク。

聞いてもらえる範囲で事情を説明したヨンウクは、妻になぜいきなり現れたと尋ねます。月に1度の営みの日が仕事で無理になり、今日済ませに来たと告げるヨンギョン。

お互いに経験を積んだお陰なのか、その夜の営みは激しく濃厚なものでした。

行為を終えた夫婦は、裸のまま済州島の海を眺めながら話し合います。ヨンギョンの務めるギャラリーが、副頭取のミンシクと取引したのかと尋ねたヨンウクは、ミンシクに迫られたかと妻に尋ねます。

食事を共にした時に副頭取から迫られたが、断ったと話すヨンギョン。妻に迫るために自分を異動させ、妻が関係を断ると嫌がらせに監査の対象にしたのだと納得したヨンウク。

夫婦は一夜を過ごすと、翌朝それぞれの場所に戻ります。ヨンウクはヘインに、もし妻が他の男と不倫していたらどうすれば良いと尋ねました。

そんな時は知らないふりをして、過ちを正すチャンスをあげれば良い、と告げるヘイン。

出勤したヨンスクは部下のキムに、その後妻との関係は上首尾に終わったと合図します。

ジェスンは銀行の頭取を訪ね、過去のミンシク副頭取との関係を打ち明けます。行為自体は良かったので告発する気はないが、社内恋愛を理由に元支店長は辞職勧告、私は左遷ではあまりに不公平だと訴えました。

取引のためミンシクを訪ねたギャラリーの社長は、ヨンギョンとの関係に釘を刺します。2人は過去に関係を持ち、のちに別れていました。かつて相手に執着するなと言ったのはあなただ、と指摘する社長。

ヨンウクとヨンギョンの夫婦仲は改善しました。月に一度の営みの日の仕事が無くなったと告げた妻に、先輩のソングクに会う用事もあり、こちらが出向くと伝えたヨンウク。

頭取は副頭取ミンシクに、不適切な女性関係を理事会で暴露するかわりに、米国への転勤を受け入れるよう勧めます。

ヨンウクは部下のキムと共にソングクとの宴席を持ち、ミョンソプの融資の件は片付いたと報告しました。その席に協力したヘインたちを呼び、大いに盛り上がる一同。

ミンシクの執務室をヨンギョンが訪れました。別れを告げた時に一方的だと言ったミンシクに、確かにそうだと謝罪するヨンギョン。

気まずいままでは嫌だと言う彼女に、ミンシクも自分の態度を詫びました。自分が君たちを週末婚の身にしたと言う彼に、最近夫婦仲は良くなったとヨンギョンは教えます。

1人残されたミンシクは、頭取に米国への異動を受け入れると告げました。

そして、以前より激しく愛し合うようになったヨンギョンとヨンウク夫婦。彼女は夫に訊ねます。

「月に2回ヤってもいいの?」

スポンサーリンク

映画『不倫する理由』の感想と評価


(C)Capital One

エロチックなシーン満載、と期待に胸を膨らませてご覧頂くと意外な思いを抱くかもしれません。

妻ヨンギョンを巡る物語はともかく、キム・イングォン演じる夫ヨンウクの物語は実にコミカル。何故か女性が言い寄るうれし恥ずかしい、実に羨ましい展開が続きます。

冴えない男に、そんなおいしい話(?)が続く訳が無い……とトラブルに巻き込まれる彼の姿が面白おかしく描かれます。まさに古き良き“艶笑映画”の雰囲気でした。

昭和のお色気コメディの香りが漂いますが、そこは韓国映画。妻を演じるイ・ナラ(イ・ウヌ)の絡みシーンは濃厚、上品なエロスで描いていますからご期待下さい。

キム・イングォンのコメディ演技


(C)Capital One

二枚目スターを引き立てる脇役として、以前からの韓流映画ファンにお馴染みのキム・イングォン。その確かな演技力にはデビュー以来定評があります。

そして韓国で大ヒットした『花嫁はギャングスター』(2001)で、コメディ演技を披露した彼は絶賛され、その役柄の幅は大きく広がりました。

どのように演技を組み立てているのかと聞かれた時には「心で感じる自分の感性」「心の深い所からわき出る感覚」で演技している、と答えているキム・イングォン。

表情を駆使した彼の愉快な姿が、しっとりとした濡れ場を目撃した観客の気持ちを和らげてくれます。エロチックな映画の気恥しい緊張感は苦手、という方は気に入ること間違いありません。

したたかに生きる女性たちの強さ


(C)Capital One

現代においても儒教の影響が強く、家父長制の考え方が強く残る韓国社会。その結果今も男性優位の風潮が強く、家庭や社会の様々な部分で女性が不利益を被る状況が残っています。

『不倫する理由』にも、不倫・不貞は男性には(上手くやっている分には)許容されながらも、女性は厳しく糾弾される描写があります。

本作の夫ヨンウクの部下となる若い女性は、あっけらかんと男女の性欲を満たす機会の違いを指摘します。これは韓国に限らず、あらゆる国々で起きている現状でしょう。

そんな状況に耐える女性がいる一方、逞しく男をコントロールする女性も本作に登場します。伝統に根ざす上下関係はあっても、個々の男と女の関係は様々な形をとるものです。

夫ヨンウクの上司にあたる副頭取ミンシクは、男性優位の社会の恩恵を享受しています。しかし彼の愛人ヨンジは、その立場でも自分の進む道を模索できる強さを持った人物です。

家庭では家長の立場に慣れ切り、妻ヨンギョンに関心すら示さない夫ヨンウク。その彼を家の外で誘惑・翻弄し困らせるのは、男性優位社会と互角に渡り合う経営者に、性に対して新たな考え方を持つ若い女性。

妻と恋心を抱く女性の2つの思いを抱いて、深く悩んだヨンギョン。彼女はこのジレンマに向き合い結論を導き出します。それは同じ悩みを抱えた女性に倣ったものでした。

一方夫ヨンウクも妻の行動に薄々気付きながらも、最後に自分の取るべき態度を決めました。それはしたたかに生きる女性の助言に従ったものです。

韓国社会の中で、逞しく生きる様々な女性たちを描いた作品、むろん夜の営みの分野でも……それが映画『不倫する理由』です。

まとめ


(C)Capital One

韓国映画ならではの、情感あふれるエロチックなシーンが堪能できる『不倫する理由』。それでいてコミカルで気軽に楽しめる内容が、程よいエロスを求める人を満足させてくれるでしょう。

平穏だが愛の無い、義務にすぎない夜の営みに甘んじるのか。それとも波乱を乗り越えて、新たな関係を築くのか。倦怠期を迎えた夫婦の悩みは、どこの国も同じです。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

『アクアマン』あらすじとキャスト解説。“DC映画史上最高のマーベル映画⁈”とまで賞賛されたヒーローの魅力とは|最強アメコミ番付評20

連載コラム「最強アメコミ番付評」第20回戦 あけましておめでとうございます、野洲川亮です。 本年もアメコミ好きな方、これから好きになるであろう皆様に、アメコミ映画の魅力をお伝えしていきます。 今回は2 …

連載コラム

マーベル映画・ドラマ【MCUフェイズ4】情報まとめ解説!アベンジャーズの2020~21年の行方を占う|最強アメコミ番付評35

連載コラム「最強アメコミ番付評」第35回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回は2019年7月に、アメリカ・サンディエゴで行われた「コミコン・インターナショナル」にて発表された情報とその後の続報を基に、 …

連載コラム

映画『デビルズ・ソナタ』あらすじネタバレと感想。ゴシックホラー良作を名優ルドガーハウアーが遺してくれた|未体験ゾーンの映画たち2020見破録1

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第1回 映画ファンには毎年恒例のイベント、令和初となる劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」が、今年も1月3日(金)よりヒューマントラストシ …

連載コラム

映画『グレタ GRETA』あらすじと感想レビュー。サイコで怖い女ストーカーが所持する躾(しつけ)の箱と狂気のステップ|メランコリックに溺れたい2

連載コラム「メランコリックに溺れたい」第2回『グレタ GRETA』 こんにちは。今回はイザベル・ユペールがサイコなストーカーを演じた、ニール・ジョーダン監督の2019年11月8日日本公開の映画『グレタ …

連載コラム

宇宙戦隊キュウレンジャーに影響を与えた映画『宇宙からのメッセージ』|邦画特撮大全2

連載コラム「邦画特撮大全」第2章 (C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights reserved 前回、特撮という技術はほとんどの映画で用いられることを記しました。 しかし特撮が …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学