Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

短編映画『気:呼吸の技法』あらすじと感想。“気”のパワーで武侠映画の精神を継ぐリウ・イー監督|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録8

  • Writer :
  • 加賀谷健

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第8回

今年で14回目の開催となる大阪アジアン映画祭。2019年3月08日(金)から3月17日(日)までの10日間、アジア圏から集まった全51作品が上映されます。

今回は3月13日にシネ・リーブル梅田で上映された「台湾:電影ルネッサンス2019」選出作品の短編映画『気:呼吸の技法』を取りあげます。

【連載コラム】『大阪アジアン映画祭2019見聞録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『気:呼吸の技法』の作品情報

【公開】
2018年(台湾・アメリカ合作映画)

【監督】
リウ・イー

【キャスト】
シン・ホアイシュオ、クララ・リー、カス、ツァイ、ベラ・チュン、アーチー・フー

【作品概要】
コロンビア大学大学院の卒業制作として、台湾系アメリカ人のリウ・イー監督がした短編映画。

スタイリッシュな映像表現で台湾の次世代の映像作家として注目されています。また監督の他に脚本、撮影、照明も務めています。

映画『気:呼吸の技法』のあらすじ

アメリカ育ちの帰国子女シュオは台湾で父親と二人で暮らしています。

成績が悪く、予備校もさぼってばかり。父親には毎日のように叱られています。

いつものようにクラスメイトのチアチアと予備校をさぼっていると、突如スリにあい、鞄を盗まれます。

咄嗟の機転を利かせたチアチアが泥棒を見事に撃退。

その動画を偶然ネットでみたシュオは、武術に興味をもちます。

最初は武術指導を渋っていたチアチアでしたが、秘伝の技が描かれた一枚の紙片をシュオに渡します。

それを手がかりにシュオは特訓し、生まれて初めて“気”のパワーを感じ取ります。

しかしそのことが思わぬ騒動を引き起こし…。

スポンサーリンク

映画『気:呼吸の技法』の感想と評価

“気”を感得する体験

気のパワーを扱う武術と言えば、台湾でも健康法として実践されている太極拳があげられます。

万物の起源を「道」とする「老荘思想」に根ざした太極拳では、ゆるやかな丸を描くような、動作によって体内の気が活発化されます。

これは実際に体験してみなければわかりませんが、翻る手のひらにポカポカとした温かみを感じることができるのです。

その内在的な温かみを感じると、体験者は「自我」を去り、自然と呼吸に身を委ねている状態になります。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)でドニー・イェンが演じた盲目の戦士チアルートが感得していたのもこの気のパワーです。

台湾の武術映画

参考映像:『グリーン・デスティニー』(2000)

中華圏の武術映画といえば、やはり香港のクンフー映画が連想されるのでしょうか。

日本でも圧倒的人気を誇ったブルース・リー主演のクンフー映画はその筆頭です。

またブルース・リーの唯一の師匠として知られる詠春拳の達人イップ・マン(葉問)の生涯を描いた「イップ・マン」シリーズも大ヒットを記録。

クラスメイトの思わぬ秘技にみせられたシュオは、シリーズの主演俳優であるドニー・イェンに憧れると言ったりもしていました。

しかし中華系映画では、クンフー映画以前に「武侠映画」と呼ばれる剣劇時代劇があります。

香港映画の全盛期を築いた映画会社ショウ・ブラザーズで武侠映画の金字塔を打立てたキン・フー監督は、後に台湾に渡りその分野の巨匠的存在となります。

台湾ではその後、アン・リー監督の『グリーン・デスティニー』(2000)が第73回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞し、武侠映画が世界的注目を集めました。

義侠心を重んじるという意味では、本作『気:呼吸の技法』も武侠映画の精神を継ぐものと言えるのではないでしょうか。

まとめ

この短編作品によって、中華圏に伝わる“気”の存在を知る人も多いはずです。

『スター・ウォーズ』のフォースに匹敵する気のパワーを感得する武術の達人たちは現代版のジェダイ戦士そのものでしょう。

本作を撮ったリウ・イー監督が、次回作以降、新たな台湾武侠映画を模索していくことを期待するばかりです。

【連載コラム】『大阪アジアン映画祭2019見聞録』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

【邦画のSFと夏休みの親和性】夏に見たい映画オススメの定番作品|SF恐怖映画という名の観覧車6

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile006 (C)「時をかける少女」製作委員会2006 「猛暑」と言う言葉が今までの夏よりも似合う、高い温度が続く夏となりました。 前回のprofi …

連載コラム

アニメ2020年映画ランキングベスト5|劇場版に心をグッとつかまれた!《シネマダイバー:さくらきょうこ選》

2020年の映画おすすめランキングベスト5 選者:シネマダイバーさくらきょうこ 新型コロナウィルス感染症対策として自粛生活を余儀なくされ、自宅で過ごすことの多かった2020年前半。 映画を劇場の大きな …

連載コラム

『ふたりの映画ができるまで』ネタバレあらすじと感想。ヌーヴェルヴァーグの名作や恋愛模様を引用にジェームズフランコが描く|未体験ゾーンの映画たち2020見破録46

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第46回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第46回で紹介するのは、美しい映像で紡がれた恋愛映画『ふたりの映画ができるまで』。 『ハッピーエン …

連載コラム

『老後の資金がありません!』原作小説ネタバレの結末とあらすじ解説。老後に向けての節約と儲け話に飛びつく主婦の姿をコミカルに描く|永遠の未完成これ完成である24

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第24回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介するのは、垣谷美雨のベストセラー小説『老後の資金がありません! …

連載コラム

『予告犯』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。謎の男シンブンシが仕掛ける犯人の目的と事件真相にみる“劇場型犯罪”|サスペンスの神様の鼓動55

サスペンスの神様の鼓動55 動画サイトに突然現れ、予告した犯罪を次々に実行する謎の男「シンブンシ」。 シンブンシの謎と、犯罪の裏側に隠された、ある計画を描いたクライムサスペンス『予告犯』。 筒井哲也の …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学