Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/08/17
Update

ホラー映画『星に願いを』あらすじと感想。ラストのクライマックスを圧倒的に描く佐々木勝巳の演出力|夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019②

  • Writer :
  • 増田健

映画『星に願いを』は2019年8月23日(金)より、キネカ大森ほかで開催される「第6回夏のホラー秘宝まつり2019」にて上映!

第6回目となる、日本映画界夏恒例のホラー作品上映イベント、「夏のホラー秘宝まつり」

その上映作品として、オムニバスホラー映画『ゆがみ。 呪われた閉鎖空間』の中の一編、相楽樹主演のエピソード「ツナガル」を手がけた、佐々木勝己監督の待望の作品が登場!

それが映画祭で上映された際、バイオレンスとカオスな描写で注目を集めた映画『星に願いを』です。

ヒロインを演じるのは兼田いぶき。彼女を軸に展開される、最低な人間たちの群像劇は、パワフルかつ驚愕のラストへと突き進む…。

【連載コラム】「夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『星に願いを』の作品情報


(C)2019 キングレコード

【公開】
2019年8月23日(金)(日本映画)

【監督】
佐々木勝己

【出演】
兼田いぶき、正田貴美佳、尾関俊和、畠山勇樹

【作品概要】

いきなりヒロインに“クソ”と呼ばれる登場人物たち。彼女と、彼女を取り巻く人々の人生を、容赦ない描写でテンポ良く描写で描く、奇抜な展開で見る者を圧倒するバイオレンス群像劇。

監督は俳優、そして特殊メイクなど様々な形で映画製作に関わる佐々木勝己。彼の特殊効果を駆使した演出は劇中のスプラッター、そしてホラー描写に大いに生かされています。

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019」コアファンタ部門正式招待作品。その際は上映時間90分の「ゆうばりバージョン」で上映されました。今回は新たなシーンを加えた、118分版での上映です。

映画『星に願いを』のあらすじ


(C)2019 キングレコード

彼女は周囲の人間を“クソ”と蔑んでいた。“クソ”つまんない芸人。“クソ”カウンセラー。アタシをヤった“クソ”教師。親の金で遊び呆けている“クソ”学生。“クソ”まみれのアタシの人生を、更に“クソ”まみれにした“クソ”野郎。

そう言って自分の人生を、同時に周囲の人間を嫌悪し、常に挑発的に振る舞う少女イヴ(兼田いぶき)。風俗嬢として働く彼女は、身も心もすり減らす荒んだ生活をしていました。

ある日男たちに絡まれていた、家出少女のキミ(正田貴美佳)を助けたイヴ。行くあての無い彼女を、イヴは自分の部屋に同居させます。

イヴの差し伸べた手を掴み、冷たいと呟いたキミ。彼女は手の冷たい人は心は温かい、と言葉を続けます。キミが自分と似た境遇にいると感じたイヴは、彼女に心を開いていきます。

しかしいつしかイヴとキミの生活は、普通ではありえない常軌を逸したものに変貌します。それはイヴに接するカウンセラーには、全く理解し難いものでした。

一方イヴに“クソ”と呼ばれた人々も、それぞれに不満と閉塞感を抱えた人生を送っていました。やがて彼らとイヴの人生は交差して行きます。

イヴと彼らの人生が結び付いた時、衝撃のクライマックスが訪れます。イヴと彼らは、“クソ”まみれの人生の果てに、何を目撃するのか…。

スポンサーリンク

映画『星に願いを』の感想と評価


(C)2019 キングレコード

スプラッター描写の果てにあったもの

ホラー映像の演出や、自身のOVA作品『骸 -MUKURO-』の中の短編映画『APARTMENT INFERNO』などでの、凄惨なスプラッター描写に定評のある佐々木勝己監督。

参考映像:短編映画『APARTMENT INFERNO』予告編

今回の『星に願いを』もファンの期待に違わぬ、バイオレンスとゴア描写に満ちた作品になっています。ところが本作は、それに止まらない仕掛けを持つ異色の作品になっています。

凄惨な暴力描写に周囲の人々を口汚く罵る主人公、こう紹介されて身構えてしまう方もいるかもしれません。ところがこの映画は、登場する人物をリアルに描きながらも、イマジネーションに満ちた世界を描いています。

イヴとキミが繰り広げる残酷かつ奇妙な関係、そして2人を結びつけるあるアイテム。これらは残酷な物語に、ファンタジー的な要素を加えました。

スプラッター描写もリアルな残酷さを、粘着質に追求せず、映画のリズムを削ぐ事のない、軽快なリズムで描いています。ホラーや残酷描写が苦手な方でも、この程度なら大丈夫という感じる方もいるのではないでしょうか。

荒んだ暴力に満ち溢れた映画に見えて、実は残酷な、そして心優しいファンタジー映画。それが『星に願いを』を紹介するに相応しい言葉かもしれません。

美しくも残酷に描かれた美少女たち

同時に佐々木監督は作品がホラーという傾向によるものか、アイドルなど若手女優を起用し演出する事でも定評があります。

主人公イヴを演じた兼田いぶきは、文字通り体を張った熱演を見せます。汚れる事を厭わぬ姿と、単身様々な“敵”に対して、暴力的に立ち向かう戦うヒロインの姿は、強烈な印象を残すでしょう。

何かと攻撃的に振る舞うイヴに対し、正田貴美佳が演じるキミは、無垢な存在として登場します。ちなみに「夏のホラー秘宝まつり2019」の山口幸彦プロデューサーは、彼女の事を“血みどろの作品の中に咲く、百合の花”であると語ったそうです。

対となる2人の存在が映画にファンタジー性を与え、そして劇中に登場したアイテムやセリフと共に、クライマックスに深い意味を与えているのです。

3年ががりで完成した意欲作


(C)2019 キングレコード

佐々木監督にとって『星に願いを』は、苦難を経て完成させた作品となりました。

この映画の製作は2015年、映画祭出品と劇場公開を目標にした、ワークショップによる製作作品として始動しました。

ところが様々な経緯を経た結果ワークショップは崩壊し、映画製作は中断の危機に晒されます。そこで監督が製作を引き継ぐことになりました。

ワークショップの受講生たちを集めた監督は、3年間かけてこの映画を完成させ「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019」に出品、さらにシーンを加えて「夏のホラー秘宝まつり2019」で上映する事となりました。

登場人物1人1人のエピソードで、1つの作品が生まれそうな群像劇である『星に願いを』。その背景には長い期間を置いて、1つ1つのシークエンスを撮影したという事情があるのです。

それらをクライマックスで結び付け、一つのファンタジー的な作品に昇華した監督の手腕に注目してください。

佐々木監督はジョージ・A・ロメロの大ファン

「夏のホラー秘宝まつり2019」では、ジョージ・A・ロメロ監督の名作、元祖感染症パニック・ホラー映画の1つである、『ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖』がリバイバル上映されます。

ジョージ・A・ロメロの大ファン、自分が本格的に映画を見始めるきっかけになった作品は『ランド・オブ・ザ・デッド』である、と佐々木監督はかつて語っています。

それ以降ロメロ作品は次々と見た、と話す佐々木監督。エンターテインメントであるホラー作品に、何らかの風刺や社会的メッセージを含ませるのは、ジョージ・A・ロメロの影響でしょうか。

と同時に自分が好きなだけに、ゾンビ映画を撮るのはまだ怖い、とも語っていた佐々木監督。このやり取りの後に『星に願いを』を製作する、ワークショツプが開始されています。

『星に願いを』はゾンビ映画ではありません。しかしビル内の狭い通路での対決や、エレベーターを使用した脱出シーン、そしてヒロインが単身“敵”の群れに立ち向かう姿などに、ロメロのゾンビ映画の影響が感じ取れます。

佐々木監督はいずれゾンビ映画を、またはメッセージ性のあるホラー映画を作るのでしょうか。

まとめ


(C)2019 キングレコード

佐々木勝己監督が苦難を経て完成させた映画『星に願いを』。

佐々木監督の過去の作品を知る方は、凄惨なスプラッター描写を待ち望んでいると思います。確かにそういった期待に応える場面があり、ファンは満足されるでしょう。

しかし同時に登場人物を通して、現代社会を生きる人々の孤独・閉塞感を描き、しかもホラー映画的なストーリーは、イマジネーションに満ちた捻りのある物語として描かれています。

周囲の人間に“クソ”という言葉を連呼するヒロイン。過激で挑発的な作品をイメージされるでしょうが、圧倒的なクライマックスの果てにある光景は、意外にも穏やかで美しい光景です。

スプラッター映画を見るつもりで見ました。すると確かに、期待通りの描写はあるけど、最後にはイイものを見せてもらったなぁ、そんな思いが味わえる作品です。

映画『星に願いを』は2019年8月23日(金)より、キネカ大森ほかで開催される「夏のホラー秘宝まつり2019」にて上映!

【連載コラム】「夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019」記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

加納土映画『沈没家族 劇場版』感想と評価。だめ連・素人の乱の系譜から共同保育をとらえる|映画道シカミミ見聞録38

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第38回 こんにちは、森田です。 今回は4/6(土)よりポレポレ東中野にて公開される映画『沈没家族 劇場版』を紹介いたします。 90年代半ばの東京で、あるシングルマザ …

連載コラム

エヴァは終わらない?庵野秀明プロフェッショナルでの言葉から再考×オタクとしての“収集”とこれからの“意志/意思”【終わりとシンの狭間で12】

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第12回 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした …

連載コラム

映画『GOZEN』の石田秀範監督プロフィール。厳しい演技指導と最終回職人の名作「ライダー龍騎」の内容解説|邦画特撮大全33

連載コラム「邦画特撮大全」第33章 先日、東映の新企画“東映ムビ×ステ”が発表されました。これは映画と舞台を連動させた企画で、第1弾『GOZEN』の製作が決定しています。 2019年夏に映画『GOZE …

連載コラム

バーニング・ダウン 爆発都市|感想評価と解説レビュー。アンディ・ラウの熱演で香港大破壊を阻止せよ|すべての映画はアクションから始まる29

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第29回 日本公開を控える新作から、カルト的に評価された知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を時おり網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画 …

連載コラム

映画『ラ・ヨローナ 彷徨う女』ネタバレ感想と考察評価。怪奇伝説の怖い怪談話に現代の悲劇を取り入た恐怖とは|サスペンスの神様の鼓動35

サスペンスの神様の鼓動35 こんにちは「Cinemarche」のシネマダイバー、金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学