Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/02/08
Update

映画『ガンズ・アキンボ』あらすじ感想と評価解説。ダニエル・ラドクリフが二丁拳銃で無理ゲーに挑戦|すべての映画はアクションから始まる23

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第23回

日本公開を控える新作から、カルト的に評価された知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアクションから始まる』。

第23回は、2021年2月26日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開予定のダニエル・ラドクリフ主演作『ガンズ・アキンボ』です。

【連載コラム】『すべての映画はアクションから始まる』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ガンズ・アキンボ』の作品情報

(C)2019 Supernix UG (haftungsbeschrankt). All rights reserved.

【日本公開】
2021年(イギリス・ドイツ・ニュージーランド合作映画)

【原題】
Guns Akimbo

【監督・脚本】
ジェイソン・レイ・ハウデン

【製作】
ジョー・ニューローター、フェリペ・マリーノ、トム・ハーン

【製作総指揮】
マイケル・メイリス、サイモン・ウィリアムズ、シルビア・シュミット、ジョン・ジェンクス、ジョー・シンプソン、ジェイ・テイラー、ウィル・クラーク、アンディ・メイソン、マイク・ルナゴール、シュテファン・カペラリ、エイドリアン・ポリトウスキー、バスティアン・シロド、ウィリアム・V・ブロミリー、シャナン・ベッカー、ネス・サバン

【撮影】
ステファン・シューペック

【キャスト】
ダニエル・ラドクリフ、サマラ・ウィーヴィング、ネッド・デネヒー、ナターシャ・リュー・ボルディッゾ、リス・ダービー、マーク・ロウリー

【作品概要】
「ハリー・ポッター」シリーズ(2001~11)、『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』(2020)のダニエル・ラドクリフ主演によるガン・アクション。

ラドクリフ演じる両手に拳銃が固定された状態になった男マイルズが、エクストリームなデスゲームに参加させられていきます。

主な共演者に、謎の女殺し屋ニックス役に『レディ・オア・ノット』(2019)のサマラ・ウィービング、マイルズの元恋人ノヴァ役に『ホテル・ムンバイ』(2018)のナターシャ・リュー・ボルディッゾ。

監督・脚本を、長編デビュー作となるコメディホラー『デビルズ・メタル』(2016)で注目されたジェイソン・レイ・ハウデンが担当します。

映画『ガンズ・アキンボ』のあらすじ

(C)2019 Supernix UG (haftungsbeschrankt). All rights reserved.

ゲーム会社のプログラマー、マイルズはネットの掲示板やコメント欄に過激な書き込みをする”ネット荒らし”をすることで、仕事の憂さ晴らしをしていました。

その日もマイルズは、街を舞台に殺し合いをさせ、それを視聴する人気の闇サイト「スキズム」でいつものように攻撃的なコメントの書き込みに終始。

ところが、この目に余る荒らしコメントに激怒したサイトを管理する闇の組織のボスのリクターは、IPアドレスからマイルズの住所を突き止め、襲撃します。

気絶させられた後、目を覚ましたマイルズでしたが、両手がボルトで拳銃が固定された状態に。

リクターは「スキズム」に参加し、最凶の殺し屋ニックスと戦って24時間以内に仕留めろと、マイルズに命じます。

人殺しなどしたことのないマイルズが、悪戦苦闘の末に待ち受けるものとは!?

スポンサーリンク

クソリプ大好きダニエル・ラドクリフがクソゲーに挑む?

(C)2019 Supernix UG (haftungsbeschrankt). All rights reserved.

「ハリー・ポッター」シリーズでのタイトル・ロール役で、一躍人気スターとなったダニエル・ラドクリフ。

ですが「ハリポタ」完結後の彼は、アクの強い役どころの作品をあえて選んで出演している感があります。

『ホーンズ 容疑者と告白の角』(2015)では頭に角が生えてしまう無実の殺人容疑者役を、『スイス・アーミー・マン』(2016)では無人島で役に立つ死体という奇抜すぎる役を演じました。

加えて、「壮絶な状況下から生死をかけて脱出を図る」役どころも目立っており、『ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡』(2017)では遭難したジャングルから生還を試みる男、『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』では南アの刑務所から脱獄しようとする男を、それぞれ演じています。

そして本作『ガンズ・アキンボ』でラドクリフが演じるのは、ネットにクソリプ(悪質なコメント)を書き込みすぎて両手に拳銃を固定されてしまう男、マイルズ。

ここでも奇抜な設定な上に、人間が殺し合いをする模様をネット視聴するデスゲーム「スキズム」に参加させられるという、やっぱり生死をかけた役どころに、ひねりが効いています。

両手が塞がれた状態のため、物も持てないからズボンも履くのもままならず、トイレで用を足すのも悪戦苦闘……。こんなにもみっともないダメダメなラドクリフが観られる映画は、おそらく初でしょう。

初と言えば、ラドクリフとしても初めての本格アクションというのも、興味深いところです。

1980年代アクション映画へのオマージュが盛りだくさん

(C)2019 Supernix UG (haftungsbeschrankt). All rights reserved.

監督と脚本を手がけたジェイソン・レイ・ハウデンは、悪魔を召喚してしまったヘビメタ少年たちの騒動を描いたデビュー作『デビルズ・メタル』で、1980年代に量産されたホラー映画のテイストを盛り込みました。

そして監督二作目の本作で目指したのは、マイルズの部屋に『ランボー/怒りの脱出』(1985)や『コマンドー』(1986)のポスターが貼られている点からも察せるように、80年代アクション映画です。

何よりも、両手に拳銃を固定されてしまうマイルズは、明らかにジョン・ウー監督作『男たちの挽歌』(1986)のチョウ・ユンファのオマージュ。

ロングコートをなびかせ華麗に二丁拳銃さばきをしたユンファに対し、ナイトガウン姿で不格好に二丁拳銃を撃っていくマイルズ。この分かり易すぎるパロディが痛快です。

またジョン・ウーといえば、ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演のハリウッド初進出作『ハード・ターゲット』(1993)を撮っていますが、本作でそのヴァン・ダム作品への、“分かる人には分かる”オマージュも入れていたりも……。

ホラーにアクション大好きなハウデンの中二病ぶりが、イイ意味で炸裂しています。

(C)2019 Supernix UG (haftungsbeschrankt). All rights reserved.

そのマイルズの命を狙う殺し屋ニックスも不気味さ満点。

目ざわりな者をガトリング銃で一掃すれば、ロケットランチャーで街を破壊し、ケガをしてもドラッグを吸ってハイになれば回復するという、ハーレイ・クインをもっと極悪にしたようなキャラクターは、インパクト大です。

演じるサマラ・ウィーヴィングは、「ロード・オブ・ザ・リング」トリロジー(2001~03)や『Vフォー・ヴェンデッタ』(2006)のヒューゴ・ウィーヴィングを叔父に持つ、期待の新鋭。

叔父ヒューゴが「マトリックス」トリロジー(1999~2003)で演じたエージェント・スミスばりに、マイルズを執拗につけ狙うニックスを姪のサマラが演じるというのも、何かの奇縁かもしれません。

スポンサーリンク

二丁拳銃(=アキンボ)を持つダメ男の運命やいかに?

(C)2019 Supernix UG (haftungsbeschrankt). All rights reserved.

バイオレンスとコメディが混ざった、エクストリーム・ガンアクションの『ガンズ・アキンボ』ですが、ハチャメチャなストーリーの裏には、現実社会で減ることのない、ネット上での悪質な書き込みへの問題提起(?)も欠かしていません。

クソリプを飛ばしまくっていたら、マイルズのようにIPアドレスを特定されて個人情報が抜かれてしまった、という事例も実際にあるので、身に覚えのある方は要注意。

はたしてマイルズは、二丁拳銃(=アキンボ)を武器にこの無理ゲーを攻略できるのか!? 結末を知りたければ、劇場に足を運ぶしかない!

次回の『すべての映画はアクションから始まる』もお楽しみに。

【連載コラム】『すべての映画はアクションから始まる』記事一覧はこちら







関連記事

連載コラム

映画『どこへ出しても恥かしい人』感想とレビュー評価。友川カズキの家族と競輪が人生をあぶり出す|だからドキュメンタリー映画は面白い37

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第37回 生まれたときから、途方に暮れている── 今回取り上げるのは、2020年2月1日(土)より新宿K’s Cinemaほか全国で公開の、佐々木育野監 …

連載コラム

映画『阿吽(あうん)』感想と考察。楫野裕(カジノユウ)が描く“怖さ”というモノクローム映像|SF恐怖映画という名の観覧車42

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile042 映画で感じる「恐怖」のタイプには複数の種類があります。 「呪怨」シリーズのような得体のしれない「何か」に襲われる「恐怖」が、ホラーと言う …

連載コラム

韓国映画『マルモイ ことばあつめ』感想レビューと評価。監督オムユナが朝鮮語を守ろうとした人々を描く|OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録12

第15回大阪アジアン映画祭上映作品『マルモイ ことばあつめ』 2020年3月15日(日)、第15回大阪アジアン映画祭が10日間の会期を終え、閉幕しました。グランプリに輝いたタイの『ハッピー・オールド・ …

連載コラム

映画『RECCE レキ 最強特殊部隊 』あらすじネタバレと感想。アクションものとして抒情深く描かれるアンゴラ紛争|未体験ゾーンの映画たち2020見破録12

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第12回 世界各地の映画が大集合の「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催。2月7日(金)からはシネ・リーブル梅 …

連載コラム

シンエヴァンゲリオン考察解説|ロング綾波レイ×アドバンスド綾波シリーズ×オップファータイプの真実と魂の“行方”【終わりとシンの狭間で11】

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第11回 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学