Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/03/28
Update

映画『ラストバレット』ネタバレ感想とレビュー評価。ジャンレノの演技力はレオンファン必見|未体験ゾーンの映画たち2020見破録29

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第29回

世界各国の様々な映画集めた劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて実施され、一部作品は青山シアターにて、期間限定でオンライン上映されます。

昨年は「未体験ゾーンの映画たち2019」にて、上映58作品を紹介いたしました。

今年も挑戦中の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」。第29回で紹介するのは、孤独に生きる殺し屋の、最後の闘いを描いた映画『ラスト・バレット』

名優ジャン・レノの代表作と言えば、多くの人が映画『レオン』の名を挙げるでしょう。その彼が本作で演じるのは、人との関わりを断ち切って生きる殺し屋。

静かな日々を送る殺し屋の前に、1人の若い女性が助けを求めに現れます。傷付いた彼女を助け、共に生活を始めたことで彼の平穏な暮らしは終わりを告げ…。

まさに『レオン』の流れをくむ作品として本作『ラスト・バレット』は誕生しました。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ラスト・バレット』の作品情報


(C)EIGHT35-EASTWEST-GMT-WILD TRIBE-SEVEN 52-UKRAINIAN STATE FILM AGENCY‐2018

【日本公開】
2020年(フランス・ウクライナ・ベルギー合作映画)

【原題】
La memoire du sang / Cold Blood Legacy

【監督・脚本】
フレデリック・プティジャン

【キャスト】
ジャン・レノ、サラ・リンド、ジョー・アンダーソン、デヴィッド・ジャーシー、サマンサ・ボンド

【作品概要】
雪に埋もれた人里離れた地で、ストイックに生きる凄腕の殺し屋を描く、ハードボイルドアクション映画。フランスとハリウッドを代表するスター、ジャン・レノが主演を務めた作品で、映画『ターニング・タイド 希望の海』や、フランスの人気ミステリードラマシリーズ「Meurtres à…」の脚本を手掛けた、フレデリック・プティジャンの初監督作品です。

共演は『ヒューマン・ハンター』のサラ・リンドに、『クレイジーズ』『THE GREY 凍える太陽』のジョー・アンダーソン。ピアース・ブロスナンがボンドを演じた「007」シリーズで、マニーペニー役を演じたサマンサ・ボンドが出演しています。

また本作の撮影監督ティエリー・アルボガストは、数多くのリュック・ベッソン監督作品を手がけた人物で、『レオン』も彼が撮影を担当した作品です。

ヒューマントラストシネマ渋谷とシネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2020」上映作品。

映画『ラスト・バレット』のあらすじとネタバレ


(C)EIGHT35-EASTWEST-GMT-WILD TRIBE-SEVEN 52-UKRAINIAN STATE FILM AGENCY‐2018

ワシントン州、現在。白銀に覆われた森の中を、1台のスノーモービルが走り抜けます。リュック1つを背負った若い女が運転していましたが、速いスピードが災いしたのか道を外れ飛び出します。

スノーモービルは壊れ、女は雪の上に投げ出されますが、その腿には木の枝が刺さっていました。女は苦痛に耐え枝を抜き取りますが、立ち上がることが出来ません。

女が雪をかき分けはい進む先に、1軒の小屋がありました。小屋に隣接した湖に張る氷に穴を開け、男(ジャン・レノ)が釣り糸を垂らしていました。魚を釣り上げると手際よく処理する男。

小屋を目指した女の目前に、気付いた男が立っていました。彼女に声をかける事なく、男は慎重に周囲の様子を伺います。意識を失った女を抱いて、小屋へと向かう男。彼女が意識を取り戻した時には、小屋のベットの上にいました。

その10ヶ月前のニューヨーク。小屋の男はスポーツジムで、黙々とマシンを使っていました。同じジムのプールに、優雅に泳ぐ資産家の男の姿があります。

サウナに入った男はサイレンサー付きの銃を取り出し、ケースから取り出した特殊な銃弾をそれに込めます。やがて資産家の男が、ボディーガードと共にサウナに入ってきました。

湯気にまぎれてターゲットを撃ち、サウナから出て行く男。事態に気付いた護衛が慌ただしく動き出す中、何食わぬ顔でジムの入ったビルから立ち去る男。

男は駅に向かうとロッカーの1つを開きます。そこにあったトランクの中には札束と、電話番号が書かれたメモが入っていました…。

後日。ワシントン州の共同墓地に高級車の車列が向かいます。それは殺された資産家、ケスラーの埋葬に参列する人々の車でした。その葬儀を離れた場所から、2人の男が見つめています。

2人はケスラーの殺害を捜査する刑事でした。若い刑事カッパ(ジョー・アンダーソン)と年配の刑事デイビスは、犯人が現れないか監視していました。そして事件について話し合う刑事たち。

ケスラーは凍らせたポリマー樹脂で作られた、特殊な銃弾で射殺されました。証拠を残さぬ殺し屋の正体を、警察は掴むことが出来ずにいたのです。

ワシントン州の都市スポケーンの警察署に、カッパ刑事はケスラーの側近で、遺言の執行に当たる人物ブリグラーを呼び出しますが、彼は刑事に何も話すことはないと告げます。

ケスラーは企業グループを支配していましたが、その後を誰が継ぐかは今だ不明でした。ケスラーの実子チャーリーがその座に着けばグループは安泰ですが、その所在は極秘にされ、刑事にも告げようとしない遺言執行人のブリグラー。

ケスラーの殺害を図った人物は、この混乱を意図したのかもしれません。後を継ぐべきチャーリーが殺されると、企業グループはライバルに切り売りされます。カッパはブリグラーを問い詰めますが、彼は動せず追求をかわします。

グループの後継者の母、すなわちケスラーの妻は10年前に病院に入れられ、チャーリーの所在は長らく秘密にされていました。もう話すことはないと告げるブリグラーを、カッパとデイビスの2人に刑事は見送るしかありません。

場面は変わります。黒人の男がホテルの部屋を監視していましたが、彼は異変を感じ銃を手に部屋に入ります。その部屋はもぬけの殻になっていました。

部屋にいたのは冒頭で事故を起こした若い女でした。彼女はタクシーに乗り込むと運転手にメモを渡し、その場所へと向かわせます。

彼女を監視していた黒人の男、マルコム(デヴィッド・ジャーシー)は遺言執行人のブリグラーに、監視していた女が行方をくらましたと連絡します。するとこの番号に連絡するなと告げて、スマホを壁に投げて破壊するブリグラー。

タクシーは、雪に覆われた山の中の集落に停車します。降りた女はそこで、車両を整備していた店主に太平洋まで行きたいと告げ、札束を渡してスノーモービルをレンタルします。

その頃カッパは、田舎への異動を決めたデイビスと話していました。ケスラーを殺した暗殺者と、その黒幕はまだつかめていません。犯人を追うカッパ刑事に、いずれ捜査から外れる予定のデイビスは、今後も協力すると約束します。

スノーモービルを走らせていた女は、1人森の中の道を走って行きます。人気のない森の中の彼女に、通りがかった男が心配して声をかけますが、彼女はそれを無視し走り出します。

ケスラーを殺した男は、森の中にある人里離れた小屋の中で「孫子の兵法」を読んでいました。その後銃弾を細工をし、隠したケースに狙撃用ライフルを収め、板の裏にナイフを固定し隠す男。

女は自らの位置を確認すると、全速力でスノーモービルを走らせます。小屋の男は釣りをしていましたが、彼は事故の音に気付きます。こうして冒頭の事故は起きたのでした。

所有する手術道具を火であぶって消毒した男は、ベットに横たわる女の足から、刺さった枝を抜き取ります。悲鳴を上げる彼女に、男はあと5本抜き取る必要があると告げます。

処置を終えた女が休んでいると、森で仕留めた鹿を背負った男が入ってきます。彼は鹿を小屋に入れないと、臭いを嗅ぎつけた狼がやって来ると説明します。

スポケーンの警察署では、デイビスがようやく届いた捜査資料をカッパに渡していました。ケスラー殺害に使われた銃弾の分析結果や使用者リストなど、ようやく真相の糸口を掴んだカッパ刑事。

女が目覚めた時、小屋の男はストーブに薪をくべ、新聞のクロスワードパズルに向かっていました。女は礼を言い、自分の名はメロディ(サラ・リンド)だと名乗ります。

その言葉に反応した男は、こんな山奥で何をしていたと彼女に訊ねます。ロッキー山脈を1年かけ横断しようとした、と理由を偽って語るメロディ。

男は彼女に、私は他人と関わりを持たないように、この場所で暮らしていると告げます。彼はメロディの世話をしながらも、決して心を開かないと決めているようでした。

カッパ刑事の捜査も進んでいました。ケスラー殺しの容疑者は2人に絞られましたが、1人は服役中でもう1人は元特殊部隊のスナイパーでした。デイビス刑事は、ついに地方の保安官の職を見つけたと告げます。カッパは彼にねぎらいの言葉をかけました。

小屋の男に射殺される夢を見て目覚めたメロディ。目の前にいた男は彼女に、早く小屋から出て行ってもらうためにも、努力してリハビリに励んで欲しいと告げます。男が外出し1残されたメロディは立とうとしますが、痛みに耐えられず倒れます。

一方男はメロディがはった後をたどり、事故の現場にたどり着きます。そこには壊れたスノーモービルと血痕がありました。メロディのリュックを拾い上げ、事故の現場を念入りに調べる男。

男は小屋に戻った時、メロディは床に崩れ落ちていました。事故現場から戻る際、狼に出会ったと話す男。君の血の味を覚えてしまった狼は、殺すしかないと彼女に伝えます。

デイビスに去られ1人捜査を続けるカッパ刑事は、マルコムという人物が、ケスラーの遺言執行人ブリグラーと連絡していると気付きます。マルコムはホテルから姿を消したメロディを追って、車で雪山を進んでいました。

メロディのリュックを調べた男が小屋に戻ると、彼女の容態は悪化していました。男は彼女に酒を与え脱脂綿を咥えさせ、そのまま傷口を縫い始めます。堪らず悲鳴を上げるメロディ。

その頃マルコムは、メロディが訪れた店を訪ねていました。彼女にがここでスノーモービルを借りたと知りますが、行方は判明しません。マルコムは店主にスノーモービルのGPSが作動し、場所が判明したら連絡してくれと依頼します。

小屋では男がメロディの傷口の縫合を終えていました。私は死ぬの、と訊ねたメロディに、これで大丈夫だと返事する男。彼女が礼を告げると、人助けには慣れていないと呟きます。

メロディは男が、事故現場から回収したリュックを調べたと気付きます。彼女はこの男が、誰にも居場所を知られないように、細心の注意を払っていると思い知らされます。

以下、『ラスト・バレット』のネタバレ・結末の記載がございます。『ラスト・バレット』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)EIGHT35-EASTWEST-GMT-WILD TRIBE-SEVEN 52-UKRAINIAN STATE FILM AGENCY‐2018

メロディを助け、そしてケスラーを殺した男は、初めて彼女に自分の名はヘンリーだと名乗ります。メロディは足を引きずりつつ小屋の外に出て、傍の湖で釣りを始めたヘンリーの後ろに腰掛けます。

都会と違いここには何も無い。だが必要なものは揃っていると話すヘンリー。小屋に戻ると釣った魚を料理します。メロディが彼が常に読んでいる本「孫子の兵法」について訊ねると、それは兵法だけでなく、生きる術を記した書物だと説明するヘンリー。

メロディは寡黙なヘンリーに心を開き、話しかけるようになります。人助けは苦手と語るヘンリーですが、彼女に対する処置は的確で傷は回復しつつありました。しかし彼にここに来た理由を尋ねると、メロディは口を閉ざします。

メロディを追う男、マルコムは雪に埋もれた集落に宿を取りました。そしてカッパ刑事は、今は郊外の精神病院で静養してる、ケスラーの未亡人(サマンサ・ボンド)を訪れます。

病気の影響で家族に関する記憶を失ったものの、おかげで今は平穏な日々を過ごしていると語る未亡人。夫の死を告げられ遺品を見せられても、何の感情もわかないと答えます。

未亡人はチャーリーの行方も知りませんでしたが、彼女との会話の中で、チャーリーは実は娘だと気付かされるカッパ刑事。

外で釣りをするヘンリーを、小屋の窓からメロディは見つめていました。おもむろに自分のリュックを手にした彼女は、背あて部に仕込んで隠した部品を取り出します。それは拳銃の部品で、彼女は慣れた手つきで組み立てます。

彼女はここに来る前に、トレーナーに拳銃の組み立てを厳しく訓練されていました。目を隠しても組み立てられるまで指導されるメロディ。その記憶を思い出しながら、彼女は拳銃を組み終えました。

彼女はボクシングや水中での息止め、心の平静と体のバランスを保って歩く、様々なトレーニングを受けていました。そして最後に静かに忍び寄って、ターゲットを射殺する訓練を行います。そして今は拳銃を手にして、小屋を出て静かにヘンリーに迫るメロディ。

釣りをしているヘンリーの背後から、ためらうことなく後頭部に正確な1弾を浴びせたメロディ。しかしヘンリーの体は倒れません。それは藁を詰めて作られたダミーでした。彼女の背後には銃を突きつけるヘンリーが立っていました。

これがここに現れた理由か。そう告げて、振り返ったメロディを殴り倒すヘンリー。

カッパ刑事はケスラーの子チャーリーが、1ヵ月前にアメリカに入国したと突き止めます。しかしチャーリーはクレジットカードを使用しておらず、行方は今だ判明しません。

小屋の床に座らせたメロディの膝に、大きな丸太を乗せたヘンリー。それは自由を奪うだけでなく、足の血流を止めたことも意味していました。これが長時間続くと、君の足はダメになると告げ、ヘンリーは彼女に何者だと訊ねます。

彼女は敵討ちを狙い、ヘンリーの前に現れたと認めます。その言葉を聞きヘンリーは丸太を取り除きますが、血が通い始める苦痛に思わず悲鳴を上げるメロディ。

メロディは父ケスラーの葬儀の日、遺言執行人のブリグラーと会っていました。母は入院し、父に寄宿学校に入れられ孤独に暮らしていた彼女は、まるで男性のような身なりをしていました。父が死んだと聞かされても、顔も思い出せないと言います。

家庭から突き放されて育てられ、誕生日に父から形だけプレゼントが贈られてくる生活に失望し、彼女は周囲に心を閉ざしていました。そして父の殺害に遭遇しても泣くことを望まず、ただ復讐の決意を固めていたメロディ。

彼女をチャーリーと呼んだブリグラーは、復讐を願うその意志を妨げませんでした。しかし彼女が暴走しないように、マルコムに監視させると告げます。この後に彼女はマルコムの監視を逃れ、単独でヘンリーに近づこうと動き出したのです。

小屋は激しい吹雪に包まれていました。その隙をつきメロディは、スノーモービルのGPS装置を作動させます。ヘンリーは吹雪に備えると、彼女と共に小屋に入ります。

メロディが自分を殺そうとしたと知っても、ヘンリーは彼女に自由に振る舞わせていました。その態度にメロディはいら立ち、なぜ殺さないのかと叫びます。それに対しヘンリーは「孫子の兵法」を引用して答えました。

いつ自分の正体に気付いたのかと訊ねるメロディに、彼は事故現場の痕跡の不自然さを見抜いたと説明します。彼女はターゲットに近づくために、我が身を危険に晒し事故を装ったのです。私は疑い深いんだ、と告げるヘンリー。

殺すときに父の顔を見たか、とメロディは訊ねます。父のケスラーは息子を望むあまり、誕生した彼女をチャーリーと名付け、男のように扱い突き放して育てました。そんな亡き父に自分を認めさせるかのように、彼女は独り復讐を実行したのです。

私を殺すの、と訊ねる彼女に、次のターゲットは君だと答えたヘンリー。さらに彼は、君の意志だけでここにたどり着いたと思うのか、と言い放ちます。

彼女の殺害を依頼した人物は、メロディが自らの意志で、この場所に現れると知っていたのでしょうか。驚いたメロディは誰の依頼かと訊ねますが、世間との交流をを嫌う、一匹狼の殺し屋ヘンリーが知っているのは、依頼主の電話番号だけでした。

吹雪は激しくなり小屋の窓を破りました。メロディはヘンリーと共に、吹き込む風を防ごうと動きます。

その頃カッパ刑事は、ブリグラーのカードの使用記録に不審があると気付きます。ブリグラーの管理するカードを何者かが使用し、その人物はワシントン州の山中に向かっていると気付きます。

カッパはブリグラーに電話をして、彼女=チャーリーは何処だと詰問します。彼女が狙われていると告げる彼の追求にも、協力を拒み何も答えないブリグラー。

一方ブリグラーの手配したカードを使い、亡きケスラーの実子チャーリー=メロディを追跡していたマルコムは、メロディの乗ったスノーモービルのGPS信号が作動したと連絡を受けます。その場所に向けマルコムは、吹雪の中スノーモービルを走らせます。

カッパも追跡者のカード利用履歴と地図を照らし合わせ、マルコムがいる集落の場所をつかみ、デイビスに連絡しつつ車で向かいます。

夜になり吹雪は収まってきましたが、小屋の窓は破れたままでした。メロディはその中で寒さに耐えています。現れたヘンリーに対し、父を殺した男に復讐しに来たのに、あなたが忘れられなくなったと呟いたメロディ。

突然小屋に銃弾が撃ち込まれます。それに続きマルコムが、チャーリーと呼びかけます。ヘンリーは隠したナイフを抜いて、ランプの火を消します。呼びかけに返事か無い上に、突然灯が消されてマルコムは動揺します。

マルコムは自分が反撃されるとは、全く予想してしませんでした。迫ってくるヘンリーの気配に、マルコムはたじろぎながら発砲します。恐怖に駆られ逃げますがヘンリーに翻弄され、そして首を斬られて絶命するマルコム。

夜が明けるとヘンリーは、血の付いたナイフを持って小屋に帰ってきました。私を殺す報酬は幾らだとメロディは尋ねますが、彼は答えません。彼女はヘンリーを薪で殴ると逃げ出します。

カッパ刑事はデイビスと合流し、2人でスノーモービルを走らせていました。マルコムのスノーモービルを追い、小屋の付近に到着しました。

ヘンリーは拳銃を取り出しますが、なぜか空に向けて一発発砲します。カッパとデイビスは、銃声の響いた方向へと駆け出します。

メロディは足の怪我の影響で素早く逃げられません。2人の刑事も凄腕の殺し屋がいると警戒し、慎重に進んで来ます。さらに空に向け、2発銃を放つヘンリー。

雪の上に倒れたメロディに追いついたヘンリーは、彼女に銃を向けますが発砲しません。探し物は見つかったか、とヘンリーは彼女に話しかけます。

ヘンリーは彼女は自分と同様の、躊躇なく人を殺せる人間だと見抜いていました。ヘンリーは銃を放ちますが、それは彼女の血の臭いを嗅ぎつけて現れた、狼を追い払うために撃ったと気付くメロディ。

彼女も自分と同じく、血の味を覚えた狼のような存在だと悟り、愛情のような思いを抱いていたヘンリー。彼は拳銃から弾倉を抜き落とし、撃つ意志が無いとメロディに示します。

駆け付けたカッパが発砲すると、ヘンリーの体は崩れ落ちます。彼から流れ出た血が、ゆっくりと大地を覆う雪を染めていきます。

カッパとデイビスに支えられ小屋に戻ったメロディは、2人に手を振り払って部屋に入ります。彼女の心境を、刑事たちは理解出来ずにいました。ヘンリーの愛読していた「孫子の兵法」を手に取った時、1枚のカードが落ちました。

それは「君を許す」との言葉が書き加えられた、メロディの殺害を依頼した人物の電話番号を記したカードでした。彼女はそれを「孫子の兵法」に挟み、大切に抱えます。

刑事と共に小屋を後にしたメロディ。孤高の殺し屋ヘンリーが、生涯の最後に認めた人物である彼女は、この後どのような行動を起こすのでしょうか…。

スポンサーリンク

映画『ラスト・バレット』の感想と評価


(C)EIGHT35-EASTWEST-GMT-WILD TRIBE-SEVEN 52-UKRAINIAN STATE FILM AGENCY‐2018

『レオン』から進化した殺し屋をジャン・レノが演じる

スターを代表する、誰もが知る大ヒットアクション映画。後にそのイメージを利用した作品が製作されたり、関係ない作品までそのイメージで宣伝するのは、映画業界のお約束。S・セガールの「沈黙」シリーズは際たるもので、もはやB級アクション映画の代名詞となりました。

『ラスト・バレット』も、ジャン・レノ主演の『レオン』のイメージを利用し宣伝された、そんなアクション映画の1本だと思っていませんか?否、直接『レオン』とつながりは無いものの、孤独な殺し屋レオンのキャラクターを生かし、発展させた姿をジャン・レノが演じた作品です。

『レオン』を見た方なら、孤独な主人公がナタリー・ポートマン演じる少女マチルダと暮らし、彼女を殺し屋に育てていく中で、心を通わせる姿を胸に刻みこんでいるでしょう。

その名作アクション映画を前提にして、ジャン・レノが本作で25年ぶりに演じた、孤高の殺し屋の姿を見れば、本作の作り手が何を意図しているかは明白です。

時を経て更に隙のない、武道の達人の様に振る舞う殺し屋ヘンリー=ジャン・レノに、少女マチルダと異なる形で接近する、メロディと名乗る女。2人の関係は『レオン』を設定を踏まえて発展させ、しかもその裏表となる物語として描いたのが本作です。

『レオン』のジャン・レノの姿が胸に刻まれている方なら、間違いなく見るべき価値ある1本です。

フレンチ・フィルム・ノワールの流れを汲む作品


(C)EIGHT35-EASTWEST-GMT-WILD TRIBE-SEVEN 52-UKRAINIAN STATE FILM AGENCY‐2018

『レオン』と比較して紹介してきましたが、この映画の魅力はそれだけで語り尽くすことはできません。本作はアロン・ドロンが孤高の殺し屋を演じた映画、『サムライ』(1968)からも極めて強い影響を受けている作品です。

武士道の信奉者のように、自らを厳しく律して生きる孤高の暗殺者を演じたアラン・ドロン。もっとも映画に登場する武士道を紹介するエピグラフは、この映画を監督した名匠、ジャン=ピエール・メルヴィルが創作したもの。主人公と映画の美学を際立たせる目的で登場します。

『ラスト・バレット』のジャン・レノが、「孫子の兵法」を信奉し、自らを厳しく律する姿の原型は、間違いなくこの映画のアラン・ドロンの姿にあります。

また『サムライ』のアラン・ドロンは、心を寄せた女の殺害を命じられます。武士道の信奉者として虚無感を漂わせて生き、「武士道とは死ぬ事と見つけたり」の言葉を体現しようとする殺し屋が、最後にとった選択とは…。本作との類似点を指摘するまでもありません。

『レオン』は無論、後の世界のノワール映画、日本では村川透や北野武作品に大きな影響を与えた『サムライ』。『ラスト・バレット』もその系譜につながる作品です。

まとめ


(C)EIGHT35-EASTWEST-GMT-WILD TRIBE-SEVEN 52-UKRAINIAN STATE FILM AGENCY‐2018

『レオン』やフレンチ・ノワール、またその影響を受けたアクション映画を愛する人なら、間違いなくなく見るべき映画が『ラスト・バレット』です。

ですがこの映画、観客に対する説明もジャン・レノ演じる殺し屋のように、実にストイックで言葉足らずです。誰が彼にメロディ殺しを依頼したかを、劇中ではっきりとは示しません。映画の展開からは、充分推測できるはず。

彼女が復讐を決意し自らを鍛え始める姿も、唐突に紹介された感があります。刑事たちの捜査の進展も判りにくく、展開を手取り足取り親切丁寧に説明する、そんなスタイルの映画やドラマに比べると、何かと判りにくいと感じる方も多いようです。

それでイイんです。ジャン・レノもアラン・ドロンも、ともかく無口な殺し屋でした。言葉足らずで不器用な彼ら同様、この映画も男の美学に溢れてますから、許してあげましょう。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」は…


(C)2018 Nekromancer Holdings Pty Ltd, Create NSW and Screen Australia

次回の第30回はネット空間に救う悪魔とネクロマンサーが対決!アクションホラー映画『サイバー・ゴースト・セキュリティー』を紹介いたします。

お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

三池崇史×椎名桔平映画『新宿黒社会 チャイナ・マフィア戦争』をトークイベントにて振り返る|2019SKIPシティ映画祭3

第16回を迎えるイベントが、2019年も開幕! デジタルシネマにフォーカスし、“若手映像クリエイターの登竜門”として次代を担う新たな才能の発掘を目指す「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」(7月21日( …

連載コラム

映画『インザトールグラス』ネタバレ感想と考察解説。ラストまで草むら迷路と黒い岩の正体を深掘りする|SF恐怖映画という名の観覧車129

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile129 サスペンス映画でもホラー映画でも、人に襲い掛かるものが「理不尽」であればあるほど人は恐怖を覚えます。 「なぜ」「どうして」が無いからこそ …

連載コラム

映画『二宮金次郎』あらすじと感想。小田原を出て功績を挙げた尊徳の人間性|シニンは映画に生かされて9

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第9回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第9回でご紹介する作品は、約200年前、600以上の村 …

連載コラム

スーパー戦隊はマンネリなのかを考える⁈【黎明期】ゴレンジャーからサンバルカン|邦画特撮大全6

連載コラム「邦画特撮大全」第6章 現在放映中のスーパー戦隊シリーズ第42作目『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』。 2つの戦隊と敵組織による三つ巴の戦いが描かれています。2つの戦隊が …

連載コラム

グーシャオガン映画『春江水暖』あらすじと感想レビュー。中国の伝統的な文人の視点である「絵巻物」をもって世界や物語を組み立てる|フィルメックス2019の映画たち2

第20回東京フィルメックス「コンペティション」審査員特別賞『春江水暖』 2019年にて記念すべき20回目を迎える東京フィルメックス。令和初となる本映画祭が開催されました。そのコンペティションで審査員特 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学