Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/02/09
Update

映画『ブラインデッド』あらすじネタバレと感想。ゾンビサバイバルをカナダのホラー専門スタジオが描く|未体験ゾーンの映画たち2020見破録18

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第18回

世界の様々な映画を集めた、劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて実施、一部作品は青山シアターで、期間限定でオンライン上映されます。

前年は「未体験ゾーンの映画たち2019」にて、上映58作品を紹介いたしました。

懲りずに今年も挑戦中の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」。第18回で紹介するのは、ゾンビであふれた世界を描くホラー映画『ブラインデッド』

今日も世界のどこかで誕生しているゾンビ映画。その増殖はゾンビの如く、誰にも止めることが出来ません。この状態に一番苦しんでいるのは、実はホラー映画の作り手かもしれません。

従来に無いゾンビ映画を作るべく、製作者たちは様々な状況・設定を用意しました。この作品では盲目の男と出産間近の妊婦が、ゾンビの蔓延する世界で困難なサバイバルに挑みます。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ブラインデッド』の作品情報


(C)2018 10435007 Canada Inc.

【日本公開】
2020年(カナダ映画)

【原題】
Deadsight

【監督・編集・製作】
ジェシー・トーマス・クック

【キャスト】
アダム・シーボルド、リブ・コリンズ、ライ・バレット

【作品概要】
記憶を失った盲目の男と、妊婦の警官が困難なサバイバルに挑むゾンビホラー映画。

監督は『パラノーマル・ヴィレッジ』『モンスター・トーナメント 世界最強怪物決定戦』『マンホール』のジェシー・トーマス・クック。本格派からコメディまで、様々なジャンルのホラー映画を世に送り出しているクリエイターです。

主演の盲目の男を演じるのは、「“シッチェス映画祭”ファンタスティック・セレクション2012」上映作品『夜明けのゾンビ』のアダム・シーボルド。妊婦の警官を演じるリブ・コリンズは、本作の脚本も担当しています。2人はジェシー・トーマス・クック製作、『夜明けのゾンビ』のジョン・ゲデス監督の最新作、『Creep Nation』でも共演しています。

ヒューマントラストシネマ渋谷とシネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2020」上映作品。

映画『ブラインデッド』のあらすじとネタバレ


(C)2018 10435007 Canada Inc.

救命士の手で治療を受けている男ベン(アダム・シーボルド)。これから病院に運ぶと伝えられますが、彼の視界は徐々にぼやけ、目に包帯があてがわれます。やがて意識を取り戻した時、彼は救急車の中にいました。

呼びかけても誰も返事をしません。視界を閉ざされた彼は、手探りで体を固定したバンドを外しますが、自分がストレッチャーと手錠でつながれていると気付きます。やむなく彼はストレッチャーのパイプを外し抜け出します。

包帯をずらしても前は見えません。彼はパイプを杖変わりにして、裸足のまま恐る恐る救急車から外に出るベン。誰もいない運転席に入り、クラクションを鳴らしても反応はありません。

手探りでキーを回しエンジンをかけますが、目の見えない状況では運転できません。あちこち探り非常用キットから靴を手に入れ、それを履いたベン。

考え抜いても名案は浮かびません。彼は無線を取り自分はベン・ニールソンだと名乗り、助けを求めますが、応答はありませんでした。彼は包帯を取り、救命士から渡された目薬を点しますが、視界はぼやけ自分の手すらはっきり見ることができません。

突然救急車の扉が叩かれます。うめき声をあげて迫るゾンビのただならぬ気配に、ベンは外へと逃げ出します。手探りで逃れるベンを、車から転げ落ちたゾンビが這って追いかけます。

よろよろ逃げるベンは倒れていた男につまずきます。それはゾンビに襲われ、息絶えようとする救急隊員でした。彼から逃げるよう言われ、ベンは杖代りのパイプを頼りに歩きます。

同じ日の朝、目覚めた妊娠中の女マーラ。彼女のスマホには、父の容態が悪いと伝える母からのメッセージが入っていました。

警官である彼女は制服に着替えると、車に乗り職場へと向かいます。途中彼女は、救急車からベンが無線で発したメッセージを受信します。彼女は自分をマーラ・マディガン巡査と名乗って呼びかけますが、ベンからの返事はありません。

林の中の一本道を慎重に進むベンは、後ろにゾンビの気配を感じます。そこに車が近づいて来ます。彼は助けを求めようとしますが、車の男はゾンビを射殺します。その銃声に怯えたベンにも銃が向けられますが、放たれた銃弾はベンの背後にいたゾンビを撃ち倒していました。

恐怖に震えるベンを残し、車は通り過ぎて行きました。気を取り直し進んでいると、ウインドチャイム(金属棒などを吊り下げた風鈴)の音に気付いたベン。

その頃マーラの前に、道の真ん中で苦しむ女が姿を現します。車を停めマーラは女に声をかけますが、彼女は何か異様な病気に感染し、ひどく怯えていました。

彼女をなだめると車の後ろに回り、身にかけさせる毛布を取り出したマーラ。しかしその隙に女は車内にあった拳銃を掴み、まず自分に、次いでマーラに向けます。マーラは女の足を撃ちますが、女は怯むことなく車に乗って走り去ります。後にはマーラだけが残されました。

ウインドチャイムの音を頼りに、林の中の一軒家にたどり着いたベン。声をかけても反応はありません。手探りで家の周囲を探っていると、老婆のゾンビに襲われます。ぼんやりとした視界と杖を頼りに、彼はなんとかゾンビを叩きのめします。

廃墟のような家の中に逃れたベン。明るい光に彼の目は耐えられず、家にあった布を割いて包帯にして目に巻くと、慎重に1部屋ずつ屋内を探ります。慎重に2階に上がると、浴槽に自殺した老人の遺体がありました。

マーラは独り道を歩いていました。身に付けた無線で呼びかけても、誰からも反応はありません。一方家の中で目薬を点すとベンは、歩幅で距離を測り、屋内の位置関係を把握します。

ところが玄関の扉が外れており、開け放しになっていると気付きます。慌ててバリケードを築き、他の出入り口の戸締りを確認すると、タンスの影に身を隠したベン。

家にマーラが近づいたその時、中のベンは家に入り込んでいた先程のゾンビに襲われます。その騒ぎを聞きつけたマーラは、銃を手にして様子を伺います。

ベンは2階に逃れますが、ゾンビも後を追ってきます。マーラはバリケードを崩して屋内に入り、ベンを追い詰めたゾンビを射殺しました。

彼に何故この家にいるのかを訊ね、自分は警官だと名乗るマーラ。ベンは自分でもなぜここにいるのか判らないと答え、手錠を外してくれるよう懇願します。彼の手錠をパイフから外し、改めて両手をそれで拘束するマーラ。

抗議するベンをマーラは制止し、遺体となったゾンビの老婆を片付けると、屋内の安全を確認します。外には疫病に犯されゾンビ化する男がいました。彼女は改めて出入り口を塞ぎます。

マーラはベンを地下室に移動させますが、ベンはその息遣いを聞いて彼女が妊娠していると気付きます。妻が妊娠している時、そんな息遣いだったと語りますが、彼の家族に対する記憶は混乱していました。ベンは救急車から出てからの、覚えている限りの出来事を伝えました。

ベンの発した無線を受信した事に気付いたマーラは、近くに救急車があると知ります。このままこの場所に残っても、生き残る術はありません。マーラは彼の手錠を外すと、自分の肩を掴ませ共に脱出する事を選びます。

2人は屋外に出ますが、先程マーラが見た男がゾンビ化して襲ってきます。ベンにしゃがむ様指示すると、ゾンビを撃ち殺すマーラ。

やむなく2人は屋内に引き返します。残弾は2発、まもなく暗くなる時間で、2人での脱出は不可能です。マーラは誰か聞いてるか判らない無線でベンの救助を要請すると、彼のいる地下室から家の裏口までたどれる様にロープを張り、彼に斧を渡し1人救急車へと向かいます。

地下室から上がりソファーに座ったベンは、思わず眠ります。突然窓ガラスを破って侵入してきたゾンビに驚き、目覚めました。ロープから手を放していたベンは屋内を逃げまどいますが、何とか外へ逃れ出ます。

外では別のゾンビに遭遇しますが、斧を振るって倒しました。彼は斧をゾンビに突き立て、丸腰で歩き始めます。途中で見つけた枝を杖代りにして、必死に林の中を進むベン。

人気のない小屋にたどり着いたベンは、その軒先に座り目薬を点します。徐々に視力は回復しつつあるようです。しかしうめき声を聴き、ゾンビか迫っていると悟ったベンは、近くのシャベルを掴み、ゾンビを倒すことに成功します。しかし目薬を置き忘れたまま、そこを立ち去ります。

辺りが薄暗くなる中、ようやくマーラは救急車を発見します。しかしゾンビ化した救急隊員に襲われ、拳銃の弾を使い果たします。

それでもゾンビを倒したマーラは、救急車にたどり着きます。しかしバッテリーが上がったのか、エンジンはかからず無線も使えません。身重のマーラの息づかいは荒くなります。

それでも体を動かし、救急車内から使えそうなものを回収するマーラ。そこで彼女は、搬送されるベン・ニールソンに関して記した記録を見つけます。

そこには大人1名と子供1名が亡くなった、火事の現場からベンが助けたと書いています。彼は2人の死に関与した可能性がある容疑者で、同時に自殺の可能性があると記されていました。

マーラは彼が手錠で拘束されていた理由を、ここで初めて知ったのです。

以下、『ブラインデッド』のネタバレ・結末の記載がございます。『ブラインデッド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 10435007 Canada Inc.

救急車から出た警官のマーラは、扉の影にいたゾンビを倒すと、暗闇の中ベンを残した家に向かいます。ベンの姿はありませんが、窓の破損に気付き彼がゾンビに襲撃され逃げたと悟ります。自殺した老人が握る拳銃を手にして、ベンを探しに出たマーラ。

ベンはぼんやりした視界でとらえた、イルミネーションで飾られた家に向かい、中の住人に声をかけますが、現れた住人から猟銃で撃たれて倒れます。銃声を聞いたマーラは、その方角に向かって進み出します。

ベンはその家に運び込まれていました。彼は肩を撃たれていましたが、軽傷で意識を取り戻します。ベンを誤って撃った男、ゲーター(ライ・バレット)は彼に服を与え酒を勧めます。ゲーターは彼の仕草から、ベンは目が不自由だと悟ります。

ゲーターはベンの姿を見ていたと語ります。昼間彼の脇を通り過ぎ、ゾンビを射殺した車を運転していたのが彼でした。銃を撃っていたのはいとこのハーラン、だが死んでしまったと告げます。あの時、あんたも殺したと思っていた、と語るゲーター。

咳こんだゲーターは、ベンに銃を渡します。ゾンビ化する病に犯された彼は、ゲーターに猟銃を渡し射殺してくれと頼みます。

ベンは断りますが、ゲーターは彼の真正面に座り話を続けます。インフルエンザの予防接種がもたらした、奇病の発生を報道で知り、ゲーターはハーランと共に生き残る準備をしました。しかしハラーンはゾンビに襲われて死に、自らも感染したと語ります。

困惑したまま銃を手にしたベンの前で、ゲーターは苦しみ始めます。ベンは銃を手に近寄り、彼が死んだと確認しますが、屋外からうめき声が聞こえそちらに銃を向けます。

銃声の方向に向かって進んだマーラは、ベンが立ち寄った小屋を見つけ、そこで彼が忘れた目薬を見つけます。ベンは外に向け発砲しますが、ゾンビとしてよみがえったゲーターに襲われ、一室に逃げそこにこもります。

銃声を聞きマーラはゲーターの家に向かいますが、そこはゾンビに囲まれていました。マーラはベンの名を呼びます。しかし部屋の窓を破って現れたゾンビに襲われ、彼は返事ができません。

マーラは家の周囲のゾンビを撃ち殺します。その音を聞きゾンビ化したゲーターが彼女を襲いますが、背後からベンが彼を射殺して、辛くも救われたマーラ。

無事再会できた2人ですが、マーラは救急車はバッテリーが上がり、使えなかったと伝えます。ストレスの影響か、身重のマーラは苦しみ出します。彼女は産気づいているのかもしれません。ベンがマーラを支えて進みます。

夜が明け始めた頃、2人は廃工場に着きます。安全な場所を求め、警報の鳴り響く工場に入りました。マーラがブレーカーを切ると警報は鳴り止み、さらにブレーカーを操作してみると、非常灯が点灯します。

2人は工場内を探索しますが、マーラが陣痛で苦しみ出します。彼女は動揺しますが、ベンは出産まで数時間あると励まします。階段を降り安全そうな場所を見つけ、マーラの身を楽にさせ、ゆっくり呼吸するよう伝えるベン。

しかし猟銃の弾は僅かしかありません。ベンは周囲を探し、ハンマーを手に入れます。マーラが目覚めた時、ついにゾンビが工場に侵入してきました。

その気配を察したベンは、脱出しなければあなたも赤ちゃんも死ぬ、とマーラに伝えます。彼女は動くのは無理だと訴えますが、ベンは私の目としてあなたが必要だと伝えて、彼女を励まし歩ませます。

マーラが猟銃と懐中電灯を持って進み、その後にハンマーを持ったベンが続きます。唸り声が響く通路を進むと、ついにゾンビが姿を現します。背後から2体のゾンビが忍び寄りますが、それぞれ倒すことが出来た2人。

さらに先へと進みますが、暗闇から現れたゾンビにベンが襲われます。マーラは逃れますが、彼女にもゾンビが迫り悲鳴を上げます。そのゾンビをベンがハンマーで殴り殺しますが、彼は首を噛まれていました。

弾を銃に込めると、ベンはマーラを支えて進みます。ゾンビに囲まれますが、2人はなんとか出口に到着しました。

その鉄扉を開けると、マーラを外に逃がしたベン。2人は見つめ合いますが、ベンの目には決意が秘められていました。マーラの安全を確認すると扉を閉め、その場に残ったベン。

ベンがゾンビを倒している時、外に出たマーラは通りがかった車の運転手に助けられていました。彼女はその車の中で出産します。

周囲のゾンビを倒し、銃には1発を残すのみとなったベン。傷付いた彼は鉄扉を背に静かに笑い、目を閉じます。

無事誕生した我が子を見て、マーラは笑顔を見せていました。

スポンサーリンク

映画『ブラインデッド』の感想と評価


(C)2018 10435007 Canada Inc.

カナダでホラー映画を量産する製作会社”Foresight Features”とは

作品概要で本作の監督や出演者が、様々なホラー映画に関わっている事を紹介しました。この作品は、カナダでホラー映画を量産している製作会社”Foresight Features”の作品です。

“Foresight Features”は本作監督のジェシー・トーマス・クック、本作製作のジョン・ゲデスとマット・ウィール(この方も『ビジター 征服』で監督を務めています)が、共同で経営している会社。3人は共に自らを、あらゆる作品を見た熱烈なホラー映画ファンだと語っています。

3人は映画製作について学んでいませんが、ホラー映画作りの熱意は止みませんでした。まずジェシー・トーマス・クックとジョン・ゲデスが資金を集め『パラノーマル・ヴィレッジ』を製作、その後マット・ウィールを加え、”Foresight Features”を設立しました。

そして本作の脚本を書き出演したリブ・コリンズは、ジェシー・トーマス・クックの奥様で、役者陣も”Foresight Features”作品の常連。まさに”ホラー映画製作一家”として活躍しているのです。

参考映像:『モンスター・トーナメント 世界最強怪物決定戦』予告編(2012年日本公開)

その作品群はシリアス調からコメディまで、歴史物からSFと多岐に渡っていますが、すべてホラーであるという徹底ぶり。ホラー映画ファンにとって、実に頼もしい製作会社です。

参考映像:『マンホール』予告編(2015年DVDスルー)

『ブラインデッド』と『マンホール』を見比べると、ひょっとしたらロケ地が同じ?と感じられる部分があります。”Foresight Features”という会社は、カナダのトロントから2時間程離れた、スキーとスパが目玉の、コリングウッドいう美しい町にあります。

ここは”Foresight Features”の主要メンバーが育った町であり、カナダの映画産業の中心、バンクーバーやトロントからは離れています。おかげで通常より撮影許可が得やすく、柔軟な映画作りが可能だと関係者は語っています。

さらに住人は見知った顔ばかり。セットを組むときは、高校の同級生の大工に声をかければ完成、結果として製作費も安く済みます。ホラー映画が量産できる背景には、地域に密着したプロダクションならではの強みがありました。

家族と友人、地元の仲間と作った、実はアットホームなゾンビ映画


(C)2018 10435007 Canada Inc.

2011年に第1作目を製作した”Foresight Features”の、9作目のホラー映画となった『ブラインデッド』。この作品についてジェシー・トーマス・クック監督は、『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』を強く意識していると、インタビューに答えています。

ゾンビ映画をやりたい、という監督に意見から企画はスタートしました。当初のアイデアは盲目の男がゾンビと遭遇する、『Mr.ビーン』のようなドタバタコメディでしたが、企画が進む内に内容はより暗く、シリアスな物に発展していきます。

製作期間・予算の制約もあり、最終的にゾンビが蔓延した背景を描かない、登場人物の周囲に絞った物語になりました。主人公の1人ベンが目を覚まし、ゾンビに追われ家に到着するまでの展開は『ナイト・オブ~』を意識した展開だと、監督は語っています。

一方で『ナイト・オブ~』と大きく異なるのは、2人の弱さを持った登場人物が助け合う、それによってより強くなる展開です。ブラックな作品も手掛けたのに、今回この様なストーリーを作りたくなった理由は、3人の子の親になったからかもしれない、と監督は笑って語っています。

この映画の脚本を監督と共に書き、主人公の1人を演じたのが監督夫人のリブ・コリンズ。女優でもある彼女が、自分が主人公を演じる(当時妊娠7ヶ月でした)というアイデアを出しました。

こうして一時的に盲目になった男と出産間近の妊婦という、ハンディを抱えた主人公2人の物語が生まれました。妊娠中の彼女はそのまま撮影に臨みましたが、アクシデントで出産を終えてからも、再度撮り直すはめになったそうです。

3人の子供を育てながらの、夫婦での映画作りは大変でしたが、同時に自然な姿勢で映画に取り組む事ができたと語っています。とはいえ製作が動き出すと、夫婦の生活は映画一色に。クリスマスの1週間前に撮影が終わると、今度はクリスマスの準備に大わらわ。そんな舞台裏には大変疲れたけど、楽しい経験だったと語っています。

“Foresight Features”があるコリングウッドの町の、ロケに使う家や場所を前提にストーリーを作り、登場するゾンビを演じたのは彼女の兄弟や友人。リブ・コリンズも、自分たちのコミュニティーで映画を作る、楽しさと利点を紹介してくれました。
 

まとめ


(C)2018 10435007 Canada Inc.

コミカルな作品も多く手掛けた、”Foresight Features”の作るホラー映画としては、実にシリアスで物悲しい雰囲気をたたえた作品が『ブラインデッド』です。

ところでこの作品、劇中で描かれる情報が不足しており、話が判りにくくなっています。ゾンビの設定や諸々の状況、特にベンが家族を2人…恐らく妻と子…を失った火災現場で、実際には何を行っていたのか。最初の家の自殺した老人とゾンビ化した老婆は、マーラの両親ではないか。これらを明確に描かないスタイルが、見る者に様々な疑問を抱かせます。

これは監督は意図して詳細を描かなかった結果です。ベン以外の当事者には何も判らない、ベンが語ったとしても、それが真実か嘘かは判断できない。それよりも彼が自己を犠牲にしてマーラを救ったなら、彼の過去より現在の行動の方が重要だと、監督は語っています。

映画はエモーショナルな描写を廃し、淡々と「シリアス」に徹した描写が続きます。これをストイックに終末世界を描く演出だと受け取るか、説明不足で今一つ展開が判り辛いと感じるは、皆様の鑑賞後の判断にお任せします。

目が不自由なわりに、ゾンビにクリティカルヒット連発する主人公とか、ツッコミ所はありますが、いきなりゾンビワールドに投げ込まれた当事者のリアル感は、低予算ホラーの製作環境を上手く利用した佳作だと評価できます。

ところで日本では地域振興を謳い文句に、公的な資金で地元ネタの映画を撮らせる事例が多数あります。そんな映画を作るより、地元の有志に思う存分、ホラーだろうが何だろうが、映画を撮らせる環境を与えた方が、はるかに地域振興に役立つでしょう。

あなたの町に”Foresight Features”的な映画会社があれば、面白いと思いませんか?ゾンビ役かセット作りのお仕事が舞い込むかもしれませんよ。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」は…


(C)2018 Entertaining Power Co,Ltd. All Rights Reserved.

次回の第19回はあの話題になった怪魚が台湾に出現?ホラー映画『人面魚 THE DEVIL FISH』を紹介いたします。

お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『アイネクライネナハトムジーク』感想とレビュー評価。今泉力哉が魅せる運命という“行為”と人生の肯定|シニンは映画に生かされて18

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第18回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第18回にてご紹介させていただく作品は、人気ベストセ …

連載コラム

『パラサイト』考察。映画の結末を【半地下の家族】の“臭い”と“計画”から読み解く|コリアンムービーおすすめ指南17

半地下に住む家族と高台の豪邸に住む家族 ポン・ジュノ監督と名優ソン・ガンホが4度目のタッグを組み、2019年の第72回カンヌ国際映画祭で韓国映画初となるパルムドールを受賞した映画『パラサイト 半地下の …

連載コラム

NETFLIX『攻殻機動隊SAC_2045 シーズン1』ネタバレ感想と考察。キャラの魅力を引き出したアニメシリーズとは|SF恐怖映画という名の観覧車100

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile100 遂に当コラムも今回で100回目を迎えます。 新型コロナウイルスという新たなる人類に対する脅威の発生が映画やドラマ、アニメ界に大打撃を与え …

連載コラム

NETFLIXおすすめ映画『ユピテルとイオ』ネタバレ感想と結末までのあらすじ|SF恐怖映画という名の観覧車53

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile053 映画技術の発展と、異常気象や温暖化など漠然とした自然環境に対する危機意識の増大によってか、終末世界を描いた映画が多く製作される近年。 莫 …

連載コラム

映画『許された子どもたち』考察と内容解説。実話の事件から少年犯罪法の問題と社会の闇を暴き出す|映画という星空を知るひとよ5

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第5回 6月1日(月)よりユーロスペースほか全国ロードショーされている映画『許された子どもたち』。内藤瑛亮監督の8年振りの自主映画制作されたもので、実際に起きた …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP