Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/09/11
Update

NETFLIX映画『飢えた侵略者』ネタバレ感想と考察。ラストが秀逸で2017年にカナダ映画トップ10に選出された作品|SF恐怖映画という名の観覧車66

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile066

2019年11月に公開される『ゾンビランド ダブルタップ』(2019)のようにコメディを多量に含んだ作品や、王道のパニックホラーを貫いた『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2017)のように、一括りにゾンビ映画と言っても様々な方向性や趣が存在します。

今回ご紹介する作品は、たとえて言うなら『28日後…』(2003)のようにアート性にこだわった作品であり、静かな画面が魅せるおどろおどろしいほどの恐怖やメッセージが新たなゾンビ映画の形を教えてくれる作品です。

と言うことで、NETFLIXが独占配信するゾンビ映画『飢えた侵略者』(2017)をあらすじネタバレを交えご紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『飢えた侵略者』の作品情報

【日本公開】
2017年(NETFLIX独占配信映画)

【原題】
Les affames(英題:THE RAVENOUS)

【監督】
ロビン・オベール

【キャスト】
マルク=アンドレ・グロンダン、モニア・ショクリ、シャルロット・サン=マルタン、ミッチェライン・ラントット

【作品概要】
2017年に公開されたカナダ産ゾンビホラー映画。

カナダを中心に高い評価を受ける本作はカナダ映画賞や、トロント国際映画祭で様々な賞を受賞しました。

映画『飢えた侵略者』のあらすじとネタバレ

F1レースの舞台裏で突如女性が狂い出し、レーサーの彼女に噛みつき、レーサーは助けを求めます。

1人車に乗るスーツ姿の女性は車のクラクションでゾンビをおびき出し、マチェーテで殺害します。

その後も悲嘆に暮れるスーツの女性は車を静かに発進させました。

軽トラックで移動するヴェジィナとボニンは、知り合いの親子が森の中で立っているのを見かけ近寄りますが、既にゾンビ化していた親子に襲われヴェジィナが噛まれてしまいます。

ゾンビたちに追われ森の中に逃げたレアルは、妻に足を噛まれ負傷しながらも妻を槍で刺殺しますが、後ろから猛スピードで迫る2人のゾンビがレアルに迫ります。

次の瞬間、片方のゾンビの頭は吹き飛び、もう片方のゾンビも足を撃たれます。

ゾンビ化した身内を自らの手で殺害し、その後1人で荒廃した街を彷徨う少年のレミがレアルを助けたのでした。

スーツ姿の女性は銃で武装した老婆たちの集う家にたどり着き、感染していないことが確認されると暖かく迎え入れられます。

一方、ヴェジィナは噛まれた傷がきっかけで死亡。

ヴェジィナの遺体を仲間のもとに連れて行ったボニンは犬に噛まれたことで縛り付けられた女性タニアと出会います。

タニアを救う気は無いボニンでしたが、仲間の悲鳴が聞こえこの場所が危険であると判断するとタニアを連れ出し軽トラックへと乗り込み発進させました。

ボニンとタニアは物資の確保のために忍び込んだ農家の家で1人隠れていた少女ゾエと出会い共に行動するようになります。

帰還兵デメニスの情報から8号線に向かったボニンはそこでゾンビたちがガラクタを使い塔のようなモニュメントを作り、そのモニュメントを輪になって囲んでいるのを目撃します。

ゾンビの1人に気が付かれたため、その場を離れたボニンたちはスーツ姿の女性を救った老婆たちの家にたどり着きます。

食料が尽きかけていることを話し合うと、老婆の1人がシェルターの場所を知っていると話し、その場所へ逃げる算段を思案します。

しかし、その夜ゾンビたちの大群が家の近くに押し寄せボニンたちは走って森に逃げ込むことになります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『飢えた侵略者』のネタバレ・結末の記載がございます。『飢えた侵略者』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

朝になり、安全になった川のそばでボニンたちはレアルとレミに出会いますが、レアルが足を負傷していたためボニンはレアルに遠ざかるように指示します。

平原を越え、シェルターを目指すボニンたちでしたが、そこには再びモニュメントとゾンビたちの群れがありました。

モニュメントを囲むゾンビを突破する際に、音を出してしまったゾエを身をていして助けたレアルとレミを信頼し仲間に加えたボニンたち。

森の中の小屋にたどり着きますが、ゾンビに転化したレアルによってレミが噛まれ、それを発見したスーツの女性はレアルを殺害すると本人の同意のもとにレミも殺害します。

老婆の1人も噛まれ、仲間の手によって射殺。

仲間を減らしながらも一行が歩くと、霧の中の平原にイスを使い先ほどよりも空高く積み上げられたモニュメントがありました。

スーツの女性が1人のゾンビを殺したことによりゾンビの大群が平原へと押し寄せ、老婆とスーツの女性が死亡。

タニアとゾエを逃がすために、ボニンは銃を乱射しゾンビを引きつけます。

ゾエを守るために、ゾエをトンネルに残しタニアもアコーディオンを使い囮となりました。

しばらくの時間が経過し、ゾエが近場の建物の中に入ると、そこには大量のゾンビの死体と噛まれたボニンがいました。

銃で自殺しようとしていたボニンはゾエにタニアを探すように告げ、得意のジョークを残しゾエを見送ります。

タニアが死んだことを悟っているゾエは、1人延々と続く道を歩き113号線にたどり着きました。

そこにF1の車に乗るレーサーの男が現れ、1人で歩いていたゾエを乗せると車を走らせるのでした。

その後、ゾンビに転化したと思われるボニンとタニアは、イスを積み上げたモニュメントに乗るオウムを見つめていました。

スポンサーリンク

映画『飢えた侵略者』の感想と評価

トロント国際映画祭により決定された2017年の「カナダ映画トップ10」に選出された本作は様々な面が独創的な作品でした。

パニックホラーであるにも関わらず映画全体を支配する静寂さは「音を立てることへの恐怖」を引き立てているだけでなく、人間社会の崩壊を端的に表す見事な手法であり、絶望感の引き立てに貢献しています。

特に本作の中でも特徴的なシーンは、ゾンビが椅子などの家具を使い独特な「モニュメント」を構築している部分であり、不気味さと意味深さを強く感じます。

ゾンビ映画界の始祖ジョージ・A・ロメロ監督の映画『ランド・オブ・ザ・デッド』(2005)では高い知能を持ったゾンビが出現し、人がゾンビを殺害する姿に憤慨する様子を見せていたり、和製ホラーゲーム『SIREN』では屍人と呼ばれる存在が建物を建築するシーンがたびたび描かれていました。

しかし、本作のゾンビは高い知能を持っているようにも、統一の目的意識をもってモニュメントを作成しているようにも見えず、その行動はすべて本能的であるように見えます。

そこにはゾンビとなったことによって持つことになる新たな「宗教観」を感じさせ、このモニュメントを見るだけでも本作の持つ心の底から感じる恐怖感を味わえるような、独特なアート性を持つ作品でした。

まとめ

カナダ本国では本作をケベック州における諸問題と結びつける論争が起きており、社会的メッセージも強い作品であると言えます。

カナダ領でありながらイギリス・フランス・アメリカと3つの大国の狭間で揺れるケベック州と本作の世界観をリンクさせた時、誰が「ゾンビ」のサイドとなるのか、そしてその時の「モニュメント」の意味はどうなるのか。

様々な面を包括して考える考察の面白さを、ぜひ皆さまも体験してみてください。

スポンサーリンク

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…


(C)2019 キングレコード

いかがでしたか。

次回のprofile067では、シッチェス映画祭2019で上映される近未来を描いた和製SF『WELCOME TO JAPAN 日の丸ランチボックス』(2019)をご紹介させていただきます。

9月18日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『蒲田前奏曲』穐山茉由監督作「呑川ラプソディ」感想と考察。アラサー女子の特徴・悩み・恋愛の本音が炸裂|映画という星空を知るひとよ13

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第13回 中川龍太郎、穐山茉由、安川有果、渡辺紘文という4人の監督による連作スタイルの長編映画『蒲田前奏曲』。今回は、穐山茉由監督作品の第2番「呑川ラプソディ」 …

連載コラム

『太平洋ひとりぼっち』に観る日本映画の特撮のあり方|邦画特撮大全1

連載コラム「邦画特撮大全」第1章 初めましての方が多いと思いますので、今一度ご挨拶を。この度、コラムを担当することになった森谷秀と申します。 今回私が担当することになったテーマは、ズバリ「特撮」です。 …

連載コラム

映画『デビルズ・ソナタ』あらすじネタバレと感想。ゴシックホラー良作を名優ルドガーハウアーが遺してくれた|未体験ゾーンの映画たち2020見破録1

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第1回 映画ファンには毎年恒例のイベント、令和初となる劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」が、今年も1月3日(金)よりヒューマントラストシ …

連載コラム

映画『阿吽』あらすじと感想レビュー。吸血鬼ノスフェラトゥにリスペクトさせながら3.11の見えざる恐怖を描く|シニンは映画に生かされて2

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第2回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第2回でご紹介する作品は、「大災害を経た後の社会」とい …

連載コラム

映画『ハープーン船上のレクイエム』ネタバレ感想と結末あらすじ。ラストどんでん返しの修羅場を描いた海洋密室サスペンス|未体験ゾーンの映画たち2021見破録29

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第29回 公開が危ぶまれる世界各国の、様々な映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第29回で紹介するのは『ハープーン 船上のレクイエ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学