Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/12/19
Update

『シュガーラッシュオンライン』あらすじ。映画で同様にゲームの世界を舞台にした作品を紹介|SF恐怖映画という名の観覧車28

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile028

ゲーム好きなら一度は行ってみたい「ゲームの中の世界」。

2012年に公開されたゲームの中の世界を題材としたディズニー映画『シュガーラッシュ』が、今度は広大なインターネットを舞台に帰ってきます。

今回は「インターネット」を題材とした2018年12月21日(金)公開の最新作、『シュガー・ラッシュ:オンライン』(2018)を題材にゲームの中の世界を描いた「SF」映画たちを紹介していきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』の作品情報


(C)2018 Disney. All Rights Reserved.

【原題】
Ralph Breaks the Internet

【製作】
2018年(アメリカ映画)

【監督】
リッチ・ムーア

【キャスト】
ジョン・C・ライリー、サラ・シルバーマン、ジャック・マクブレイヤー、ジェーン・リンチ、ガル・ガドット、タラジ・P・ヘンソン、アラン・テュディック

映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』のあらすじ


(C)2018 Disney. All Rights Reserved.

あるゲームセンターの「ゲームの中の世界」。

レースゲーム「シュガーラッシュ」の筐体が不具合を起こし、廃棄が間近になってしまいます。

「シュガーラッシュ」のプレイヤーキャラクターであるヴァネロペ(サラ・シルバーマン)は、別ゲームの心優しい悪役であり親友でもあるラルフ(ジョン・C・ライリー)と共に打開策を探すためインターネットの世界に飛び出しますが…。

スポンサーリンク

映画で描かれた「ゲームの中の世界」の推移

国や性別を問わず、幅広い年代層から愛されるゲームの数々。

前作の『シュガーラッシュ』では、世界の様々なゲームの登場キャラクターがゲームキャラクターとしての理解と意志を持って登場し、ゲームならではの「あるあるネタ」や伏線の効いたオチで楽しませてくれました。

このように、ゲーム好きであればあるほど楽しめる「ゲームの中の世界」を描いた作品には、実は2つのジャンルがあります。

ゲームの中の世界に入る

「ゲームの中の世界」を描いたジャンルの1つ目は、ゲームの中の世界に人が直接入る作品です。

このジャンルではゲームの中の世界に直接「人の生身」が入るため、「ゲームオーバー」=「死」と言うスリリングな設定が活きてきます。

しかし、それでいて映画そのものが重い雰囲気ではなく、あくまでもゲームが題材であるため、親子で軽く楽しめる作品が多くありました。

『トロン』(1982)


©Disney

1982年に製作されたスティーブン・リズバーガーによる映画『トロン』。

2010年には28年ぶりに続編『トロン:レガシー』が製作され話題になったこの作品では「コンピューターの中の世界」に入り、その中で命懸けの「ゲーム」を行います。

「ゲームの中の世界」とは少し違うニュアンスの作品ではありますが、『シュガーラッシュ』と同様に「コンピューターの中の世界」で生きる「プログラム」たちが描かれていました。

本作の世界観や独特な映像表現は後の作品群に大きな影響を与え、「ゲームの中の世界」の基盤になったとすら言えます。

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2018)


© 2017 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

2018年には、死のボードゲームを題材にしたパニックムービー『ジュマンジ』(1995)の続編となる『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』が公開されました。

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』では、時代の変化によりボードゲームに興味を示さなくなった子供を引き寄せるために「ジュマンジ」が「テレビゲーム」へと変形します。

ジュマンジの中では「特定の事しか喋らないキャラクター」を始め「残機」や「キャラクター別の能力」など、どちらかと言えば「レトロゲーム」にありがちな「あるあるネタ」が多く散りばめられていました。

レトロゲームを題材にすることによって、子供から大人まで楽しみを共有出来るという点で、前作『シュガーラッシュ』と本作は、現代を反映している映画です。

スポンサーリンク

インターネットに繋がったゲームの中の世界

時代が移り変わり、今のゲームは「インターネット」に接続されていることが一般的となっています。

そんなインターネットの進化の代表である「オンラインゲーム」を題材とした作品は、実は日本が大きな影響を与えていました。

『アヴァロン』(2001)

『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』(1995)で世界的知名度を誇る押井守が手掛けた実写ミリタリー映画『アヴァロン』。

ゲームから戻れなくなってしまう「未帰還者」となる可能性を秘めた危険な「オンラインゲーム」を題材に、オンラインゲームと現実との曖昧な「境目」を描いていました。

オンラインゲームの普及によって、全世界の人間と気軽にコミュニケーションを取れる一方で、ゲームの中の世界に現実を求めるがあまり、「現実」と「ゲーム」を混同してしまう問題をいち早く題材とした奇作としても知られています。

『レディ・プレイヤー1』(2018)


(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

『アヴァロン』の後に、オンラインゲームを舞台としたテレビゲーム「.hack//」シリーズが世界で人気を集めるなど、「オンラインゲーム」を題材とした作品は多く製作されます。

そして2018年、SF映画界の巨匠スティーヴン・スピルバーグが「オンラインゲーム」を題材として製作した映画『レディ・プレイヤー1』が公開されました。

「ゲーム」と「現実」での戦いを対比的に展開させることによって、1人の人間の「表」と「裏」両方からの成長と戦いが迫力のCGで描かれていました。

ゲームの中の世界だからこそ、「突飛な演出」や「遊び心満載の舞台装置」が登場可能であり、その強みを活かした作品と言えます。

映画『シュガーラッシュ:オンライン』のまとめ


(C)2018 Disney. All Rights Reserved.

様々な「ゲームの中の世界」を題材とした作品をご紹介させていただきました。

『シュガーラッシュ』の主人公ラルフは、劇中に登場する「レトロゲーム」の悪役です。

そのため「レトロゲーム」としての「あるあるネタ」や、「インターネット」と言う概念、そして「ゲームの中の世界」だからこそ楽しめる「突飛な演出」や「遊び心満載の舞台設定」。

「ゲームの中の世界」を題材とした映画として全てを兼ね揃えた『シュガーラッシュ:オンライン』はまさに大人から子供まで楽しめる作品。

ゲーム好きの方や、ゲーム好きが家族や友達にいる方は12月21日の公開日に劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile029では、2018年の「SF」・「ホラー」映画を振り返り、この1年で各ジャンルにどのような影響を与えたのかを考察し、新年のprofile30では2019年における2つのジャンルの注目作をピックアップしたいと思います。

12月26日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

スーパー戦隊映画2019『騎士竜戦隊リュウソウジャー』ネタバレ感想。王道な要素を大胆な展開で魅せる|邦画特撮大全56

連載コラム「邦画特撮大全」第56章 2019年7月26日から公開された『騎士竜戦隊リュウソウジャーTHE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック‼︎』。 本作は現在放送中のスーパー戦隊 …

連載コラム

【大窪晶インタビュー動画】シアターモーメンツ新作『#マクベス』バンクォー役への意気込みを語る| THEATRE MOMENTS2019④

連載コラム『THEATRE MOMENTS2019』第4回 ©︎Cinemarche 「日本発のワールドスタンダード演劇」をモットーに、これまで精力的な取り組みを展開してきた劇団シアターモーメンツ。 …

連載コラム

新作映画『ヘルボーイ(2019)』キャスト【デヴィッド・ハーバーのインタビュー:地獄から這い上がって大騒動】FILMINK-vol.7

FILMINK-vol.7「David Harbour: Raising Hell In Hellboy」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」 …

連載コラム

マーベル映画・ドラマ【MCUフェイズ4】情報まとめ解説!アベンジャーズの2020~21年の行方を占う|最強アメコミ番付評35

連載コラム「最強アメコミ番付評」第35回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回は2019年7月に、アメリカ・サンディエゴで行われた「コミコン・インターナショナル」にて発表された情報とその後の続報を基に、 …

連載コラム

フィリピン映画『マニャニータ』あらすじと感想レビュー。監督ポールソリアーノが注視した時間に癒される闇を抱えた軍人女性|TIFF2019リポート31

第32回東京国際映画祭・コンペティション部門『マニャニータ』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの10日間 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP