Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/05/24
Update

映画『インヘリタンス』感想評価と解説レビュー。本格ミステリーにリリー・コリンズ扮する女性検事の“正義”が揺らぐ|サスペンスの神様の鼓動42

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

サスペンスの神様の鼓動42

映画『インヘリタンス』は2021年6月11日より全国公開予定!

財政界に巨大な影響力を持つ父親から、1本の鍵を託された娘のローレン。

その鍵で地下室の扉を開いたことで明かされる、忌まわしき秘密を巡るミステリー『インヘリタンス』。

「託された鍵」「謎の地下室」「幽閉された男」など、さまざまな謎が交差するだけでなく「良心」「正義」という人間の本質にも迫る、本作の魅力をご紹介します。

地方検事であるローレンが、亡くなった父親から1本の鍵を託され、地下に幽閉された男と出会うことで始まる、さまざまな謎と、解き明かされる真実を描いたミステリー。

主人公のローレンを演じるリリー・コリンズは、『白雪姫と鏡の女王』(2012)で白雪姫役に抜てきされて以降『シャドウハンター』(2013)や『あと1センチの恋』(2014)など、さまざまな作品で主演を務めている注目の女優です。

地下に幽閉された謎の男を演じるのは、『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004)で世界的に注目されて以降、「ミッション:インポッシブル」シリーズの人気キャラ、ベンジー役で大ブレイクしたサイモン・ペッグが演じます。

監督は、マーゴット・ロビー主演で話題になった『アニー・イン・ザ・ターミナル』(2018)で長編デビューを果たしたヴォーン・スタイン。

【連載コラム】『サスペンスの神様の鼓動』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『インヘリタンス』のあらすじ

(C)2020. 1483, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

地方検事として活躍するローレン・モンロー。

ローレンの父親は、ニューヨークの政財界に絶大な影響力を持つ銀行家アーチャー・モンローです。

しかし、アーチャーは謎の発作を起こし急逝します。

ローレンは顧問弁護士ハロルドから、アーチャーの遺言を聞かされ、弟で政治家のウィリアム、母親のキャサリンと、アーチャーの遺産を分割する事になります。

ですが、アーチャーはローレンだけに「特別な遺産」を残していました。

ローレンは、ハロルドから1本の鍵を渡されますが、アーチャーの遺言で「真実は掘り起こすな…」と伝えられます。

ローレンは、幼少期からアーチャーに「近づくな」と伝えられていた、自宅の庭へと向かいます。

ハロルドから渡された鍵で、地下室に通じる扉を開けたローレンは、鎖に繋がれた謎の男と遭遇します。

「モーガン」と名乗るその男は「アーチャーに30年間、監禁されていた」とローレンに伝え「助けてほしい」と懇願します。

当初は戸惑っていたローレンですが、モーガンからある真実を聞いた事で、自身の「良心」が揺らぎ始めます。

果たして、モーガンの正体は? アーチャーが隠していた真実とは?

さまざまな謎が交錯する中、ローレンはある決断を下しますが……。

サスペンスを構築する要素①「地下に幽閉された男の謎」

(C)2020. 1483, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

亡くなった父親から、地下室の鍵を託されたローレンが、衝撃的な事実に直面するスリラー『インヘリタンス』。

本作最大の謎は、屋敷の地下に幽閉されていた男の正体です。

自身を「モーガン」と名乗るこの男は、ローレンの父親であるアーチャーにより「30年間地下に閉じ込められていた」と語ります。

モーガンはローレンに、自分が地下に閉じ込められた理由を語りますが、もし、これが事実なら、父親のアーチャーは自身の地位を守る為、モーガンを幽閉したことになります。

本来であれば「父親が、そんな事をするはずはない」とモーガンの話を否定するところですが、ローレンが抱いているアーチャー像は、権力と財産に固執する、かなり欲深い男で、自身の保身の為に、人ひとりの人生を壊すぐらい、やりかねないのです。

さらに、家族間ですら知らなかった、アーチャーが隠していた女性関係をモーガンが知っていたことで、徐々にローレンはモーガンを信じるようになります。

モーガンが望むのは、地下室から解放され自由になること。ですが、本当にモーガンを信用して、自由にしてしまっていいのでしょうか?

本作の前半では、父親であるアーチャーとモーガンの間で、ローレンの良心が揺らいでいく様子が、詳細に描かれています。

スポンサーリンク

サスペンスを構築する要素②「男と家族の間で揺らぐ正義」

(C)2020. 1483, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

モーガンと出会ったことで、自身の良心が揺らぎ始めたローレン。

ローレンは正義感の強い性格で、地方検事として活躍しています。次第に、ローレンの揺らぐ良心は、地方検事としての「正義」へと変わっていきます。

そもそも、1人の人間を地下室に30年間も幽閉し続けることが異常な行為なので、本来であれば、すぐに開放することが正義でしょう。

しかし、ローレンの弟であるウィリアムは政治家で、次の選挙を控えた大事な時期となっています。

さらにアーチャーは、財政界に多大な影響を及ぼす人物でした。

もし、ローレンの信じる正義により、モーガンを開放した後に、モーガンが全てを世間に暴露してしまうと、ローレンの一族は終わりです。

地方検事として、人間としての正義と、守らなければならない家族との間で、ローレンは苦しむようになります。

悩んだ末に、ローレンが最後に下す決断とは?

サスペンスを構築する要素③「ローレンに託された遺産の真実とは?」


(C)2020. 1483, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

地下室に幽閉されていたモーガンとの遭遇により、自身の正義が揺らぎ始めるローレン。

いわばモーガンの存在は、アーチャーがローレンに残した遺産とも言えますが、何故アーチャーはローレンだけに、この事実を明かしたのでしょうか?

さらに、アーチャーが残したメッセージ「真実は掘り起こすな」の真意とは?

モーガンの話が全て事実だったとすれば、モーガンはアーチャーの秘密を知っている唯一の人間です。

アーチャーほどの権力者であれば、秘密裏にモーガンを消すことも簡単だったはずですが、何故アーチャーはモーガンを生かしたまま、地下に30年も閉じ込めていたのでしょうか?

これらの謎が全て繋がった時に、ローレンに関する「ある秘密」が明かされます。

衝撃の事実を目の当たりにした、ローレンの運命とは?

スポンサーリンク

映画『インヘリタンス』まとめ

(C)2020. 1483, INC. ALL RIGHTS RESERVED.s

本作の物語の主軸は「謎の男であるモーガンの正体が何者か?」という部分です。

モーガンは一見すると、権力者に運命を翻弄された被害者ですが、情緒不安定な部分があり、常に独り言のように、お菓子のレシピを呟いているという、不気味な部分があります。

このモーガンを演じるサイモン・ペッグは、6ヵ月に渡る肉体改造で大幅な減量を行い、筋肉質な身体を作り上げ本作に挑んでいます。

モーガンが最初に登場した時の無気力な状態から、ローレンと出会い、解放される可能性を感じて以降の喜々とした様子など、大きく揺れ動くモーガンの心理状態を見事に表現しています。

さらに、クライマックスでは、ほとんどサイモン・ペッグの独壇場になっていますので、そこも注目してください。

ローレンを演じるリリー・コリンズは、サイモン・ペッグとは逆に、抑えた演技で対峙しており、ローレンが自身の中で揺らぐ正義を、静かな演技で表現しています。

ローレンとモーガンの駆け引きが描かれている地下室の場面では、リリー・コリンズとサイモン・ペッグの演技がぶつかり合い、かなり見応えのある場面になっています。

作品全体に仕掛けられた謎と共に、リリー・コリンズとサイモン・ペッグの静と動の演技という、真逆のアプローチで挑んだ、キャラクター同士のぶつかり合いも本作の見どころですよ。

次回のサスペンスの神様の鼓動は…

次回も、魅力的な作品をご紹介します。お楽しみに!





関連記事

連載コラム

スーパー戦隊映画2019『騎士竜戦隊リュウソウジャー』ネタバレ感想。王道な要素を大胆な展開で魅せる|邦画特撮大全56

連載コラム「邦画特撮大全」第56章 2019年7月26日から公開された『騎士竜戦隊リュウソウジャーTHE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック‼︎』。 本作は現在放送中のスーパー戦隊 …

連載コラム

鬼滅の刃遊郭編名言/名シーン集1|アニメ放送前に炭治郎や宇髄天元の意外な一面を予習復習【鬼滅の刃全集中の考察8】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第8回 2019年のTVアニメ放送から2020年の映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』まで社会現象を巻き起こし、未だとどまることを知らない『鬼滅の刃』は、作中で登場す …

連載コラム

映画大地と白い雲(チャクトゥとサルラ)|あらすじと感想レビュー。内モンゴル自治区の今を活写した普遍性【TIFF2019リポート19】

第32回東京国際映画祭・コンペティション部門『チャクトゥとサルラ』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの1 …

連載コラム

映画『ラストバレット』ネタバレ感想とレビュー評価。ジャンレノの演技力はレオンファン必見|未体験ゾーンの映画たち2020見破録29

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第29回 世界各国の様々な映画集めた劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて実施 …

連載コラム

ラストナイト・イン・ソーホー|ネタバレ考察解説。怖い理由を元ネタ映画5本から紐解く【銀幕の月光遊戯 84】

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第84回 エドガー・ライト監督作『ラストナイト・イン・ソーホー』は、1960年代・ロンドンを舞台に、異なる時代を生きる2人の女性の「夢」と「挫折」が次第に交錯していく様を描 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学