Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/09/15
Update

映画『赤い航路』感想と解説。 ポランスキーが描く女性像と愛|偏愛洋画劇場14

  • Writer :
  • Moeka Kotaki

連載コラム「偏愛洋画劇場」第14幕

今回の連載コラム「偏愛洋画劇場」は、ロマン・ポランスキー監督による作品『赤い航路』(1992)です。

フランスの作家パスカル・ブリュックネールによる小説『Lunes de fiel(直訳:苦い月) 』を原作とする男女の衝撃の愛憎劇について、ポランスキー監督作品に見受けられる特徴などを詳細に解説していきます。

【連載コラム】『偏愛洋画劇場』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『赤い航路』のあらすじとネタバレ

イギリス人の夫婦、ナイジェルとフィオナが結婚7年目の記念として豪華客船に乗っているところから物語は始まります。

2人は教養があり品性があるカップルですが、最近は新鮮味がなく、今回は心機一転する為の旅行でもありました。

イスタンブールに向かう途中、甲板で海を眺めていた2人は、船酔いしている若く美しい女性と出会います。

トイレに行き女性を介抱するフィオナ。女性2人を待つナイジェルにインド人の男性が会釈をして通り過ぎます。

この作品の主要登場人物は4人。異常なカップルと彼らに巻き込まれる普通のカップル、4人と反した存在として描かれるのがこのインド人の男性と連れている小さな女の子です。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『赤い航路』ネタバレ・結末の記載がございます。『赤い航路』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

昼間の出来事の後、インド人の男性と晩餐を楽しんだナイジェルとフィオナ。フィオナは先に船室に帰り、ナイジェルはクラブで一杯飲むことにしました。

そのクラブでセクシーに踊っていたのは昼間介抱したあの女性だったのです。

彼女の何とも言えぬ魅力に興味を引かれナイジェルは話かけますが、女性はすぐに立ち去ってしまいます。

船室に戻る前月を眺めていたナイジェルに話しかけたのは車椅子の壮年紳士。この紳士と若い女性の出会いが全ての始まりでした。

紳士の名前はオスカー、自称作家。女性の名前はミミで、オスカーの妻。オスカーはナイジェルになぜ自分が車椅子生活になったか、ミミとの出会いからこれまであったことを話して聞かせようと言います。

断るナイジェルですがオスカーは卑猥で煽るような言葉をかけ、ナイジェルは渋々ながら彼の船室に行き、彼の回想に付き合うことになります。

売れない作家のアメリカ人男性オスカーは、移り住んだパリでダンサーのミミと運命的な出会いを果たしました。

オスカーはミミの美しさの虜になり、惹かれあった2人は何日も部屋にこもり寝食を忘れるほど愛を堪能し、互いから離れられなくなりました。至福の蜜月を過ごす2人の行為は徐々にエスカレート。倒錯的な性生活を大胆に話すオスカーにナイジェルは嫌悪感を抱きますが、妙に惹きつけられる物語に“千夜一夜物語”のごとく毎日オスカーの部屋へ通うことになります。

当然フィオナは面白くありません。

甘く官能的なオスカーとミミの生活にも倦怠期が訪れます。

今までの戯びにも刺激を感じず、オスカーは小説のエージェントとの取引をミミに台無しにされたと憤慨、ミミはオスカーの身勝手さに辟易します。

しかしオスカーが別れを告げるとミミは泣きついて離さないでくれと懇願、ふと背徳感にかられたオスカーはミミにひどい仕打ちをすることになります。

自己否定され、オスカーの子供を中絶し、身も心もボロボロになったミミ。最後2人は旅行に出かけようとしますが、離陸直前でオスカーは飛行機を出、ミミとオスカーは一度離ればなれになるのです。

数年後、ミミと離れ女遊びに興じていたオスカーはある日女性を追いかけようとして事故に遭いました。

見舞いに来たのは南の島に置き去りにされたミミ。ミミは仕返しとばかりにオスカーを無理やりベッドから引きずり下ろします。

気を失い、目が覚めたオスカーにミミが言います。「良い知らせと悪い知らせがあるわ。あなたが下半身麻痺になったのは良い知らせ。悪い知らせは、私がこれからあなたの看護をすること」ミミはオスカーを雑に扱いつつも世話をし続け、オスカーは自分たちは強く愛し合っていると確信、2人は結婚します。

そして現在、船では新年を迎えるパーティーの真っ最中。「まだ物語は終わっていないわ」ミミはそうナイジェルに告げ、美しいドレスに身を包み、人々を魅了して踊り続けます。ミミに好奇心まじりに惹かれていたナイジェルでしたが、なんとミミの心をつかんだのはフィオナでした。

船酔いでダウンしていたフィオナはパーティーに現れ、ミミとブライアン・フェリーの曲『Slave To Love』に乗せて踊り、2人は手を取り合って船室にいきます。あっけにとられるナイジェル。オスカーの部屋を訪ねると裸で眠るフィオナとミミがいました。

オスカーはおもむろに耳から誕生日プレゼントにもらった銃を取り出します。

「私たちは愛に貪欲すぎた」そう告げオスカーはミミを撃ち殺し、自らも自害します。嵐が次去り、ナイジェルとフィオナが肩を寄せ合って月を見上げるシーンで幕を閉じます。

原題Lunes de fielの直訳は『苦い月』

支配と服従の関係を楽しみ、相手の自己を全面否定することなんて当たり前。ミミが髪型を変えれば「隣の犬のようだ」と嘲り、他の女性と関係を簡単に持つオスカー。

帰ってきたミミも1人では何もすることができないオスカーを長時間浴室に置き去りにしたり、目の前で他の男性とことを始めたりと復讐します。

倒錯的な性描写と憎悪と愛情が入り混じったオスカーとミミの関係は、観ているこちらが辟易し疲弊するほど過激なもの。本作のテーマの1つは“愛と憎しみは背中あわせ”ということです。

原題は『Bitter Moon』。蜜月のハネムーンとかけて“苦い月”とした、皮肉に満ちたタイトルになっています。

イギリス人の真面目な夫婦、ナイジェルとフィオナも倦怠期を迎え、“苦い月”状態。そんな2人に介入するのが蜜月も苦月もオスカーとミミというわけです。

また燃え上がるように激しく、血とともに終わる愛の旅路はまさに邦題の『赤い航路』そのもの。

映画では原題通り、月が象徴的に使われています。

映画冒頭、船中から丸い窓をまるで月に見立てるように映し、その窓からは海が覗いています。

容器に水が注がれているように見えるショットはカップルたちの感情がなみなみと詰まっているよう。ラストを飾るのは満月のショットです。

オスカーとミミの物語は、彼らの死をもって完全な形=満月になった、とでも言うようにです。

実は原作は映画と大きく異なり、オスカーとミミがしぶとく生き残るのです。なぜポランスキー監督が2人の死という形に結末を変更したかは、のちに考察します。

スポンサーリンク

名匠ロマン・ポランスキー監督と魔女

『赤い航路』はポランスキー監督らしさが前面に出ている作品と言えます。

彼の作品に登場するテーマ、それは“魔女”です。

ポランスキー監督の今までの作品『テス』(1979)や『死と処女』(1994)『ナインスゲート』(1999)や、近年の作品『毛皮のヴィーナス』(2013)、またシェイクスピアの悲劇『マクベス』(1971)にそれはみられます。

主人公の人生を狂わせる魔女的な存在がいつも登場するのです。

しかしこの魔女的な女性をただ恐ろしく描くのではなく、劇中のオスカーの台詞にもあるように“崇拝する存在”として扱っているところも特徴です。

『毛皮のヴィーナス』では劇作家の男の元に現れた女性が彼の誤りを訂正し、真の望みを見せるという魔女と女神の二面性を兼ねた存在として登場します。

『赤い航路』でもそんなポランスキー監督のマゾヒズムが匂い立ちます。

自称とはいえ作家のオスカーにとって、ミミは突如現れたミューズのような存在。ミミを演じるのはポランスキーの3番目の妻であり、彼の作品で鍵を握る運命的女性を多く演じてきたエマニュエル・セニエです。

知られているようにポランスキー監督の2番目の妻で女優のシャロン・テートは1969年、マンソン・ファミリーによって殺害されました。

この凄惨な出来事の後から、ポランスキー監督の作風は、“魔女”を多く扱ったものへと変化し始めます。

監督にとって妻の殺害事件とその存在は自身を憔悴させると共に創作意欲に欠かせない、一連をひっくるめて“魔女”のような存在であるのかもしれません。

マンソン・ファミリー事件と自身も少女強姦の嫌疑をかけられアメリカを脱出したポランスキー監督。

彼はパリに移住します。それは『赤い航路』のオスカーそのものです。

そして出会ったのは、エマニュエル・セニエ/ミミ。

実生活でも妻を殺された監督が自身が重なるキャラクターに「愛に貪欲だった」と言わせ、ミューズでもある妻を殺し自分も死に、また彼女の役を現在の妻に演じさせるとは、計り知れない芸術家の創作にかける魂を感じさせます。

劇中で自らの手で妻を葬り、物語を完結させることによって、監督は心情に1つピリオドを打ったのかもしれません。

映画『赤い航路』の結末の意味とは

『赤い航路』は皮肉的で、しかし“美”が満ちた映画です。

自称作家のオスカーは時折作品を書いてはいるものの全く売れず、女遊びに興じる一方。ついには1作品も出版することなく自死してしまいます。

本作が想起させるのは戯曲を原作にしたデヴィッド・クローネンバーグ監督による映画『エム・バタフライ』(1993)。

東洋の女性に幻想を抱き恋に落ち、しかし自分の愛さえも実は儚い幻のようなものであったことに気がつき、彼の東洋への幻想の象徴、オペラ『マダム・バタフライ』蝶々夫人を名乗り愛を体現して主人公は死を遂げます。

『赤い航路』のオスカーは1つも作品を世に送り出すことはできませんでしたが、ミミと辿った道のりは物語よりも壮絶です。

彼がミミを殺害し自害する前、オスカーとナイジェルはミミとフィオナが抱き合って眠るところを目撃します。

「フィオナは天啓だったよ」オスカーの言葉通り、彼らが一ミリも入る隙間のない彼女たちの姿は究極の“美”そのもの。

ミミはオスカーが望んでいることを心では分かっていたのでしょう。

自分が到達することのできない極地を突きつけられ、何も生み出すことはできなかったけれど自分たちにピリオドを打ち、1つのラブストーリーをナイジェルとフィオナに残して死んでいく…。

原作とは違い、愛を体現したオスカーの姿は悲劇的で皮肉的、しかし創作者の苦悩が詰まった美しい描写と言えます。

スポンサーリンク

まとめ

激しく愛し合っては憎み、傷つけあい、それでも離れることができず、地獄の果てまで突き進む…観ているこちらも疲弊するほど壮絶なナイジェルとミミの愛憎劇は、愛という概念、その極致について考えさせ、人が持つ欲望の姿に震え上がらせます。

ポランスキー監督の執念と嗜好が詰まった、10年以上経った今も刺激的な本作『赤い航路』。エネルギーを存分にためて、お楽しみください。

次回の『偏愛洋画劇場』は…

次回の第15幕も、愛してやまないオススメの偏愛洋画をご紹介します。

お楽しみに!

【連載コラム】『偏愛洋画劇場』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

【7月編集後記】『カメラを止めるな!』の満員上映と邦画の上半期夏バテ知らず

Cinemarche編集後記:2018年7月便 先日、東京を訪れた大学の後輩を誘って、ちょっとした宴席を設けた。 彼は映画監督をしている大学時代の後輩で、自身の作品が海を渡り、ドイツで上映されたのだっ …

連載コラム

『仮面ライダージオウ』平成最後の夏明けスタート。あらすじと20作目の魅力は|邦画特撮大全11

連載コラム「邦画特撮大全」第11章 2018年9月2日(日)から放送が開始される『仮面ライダージオウ』。 この作品は平成仮面ライダー20作記念作品です。2000年に放映された『仮面ライダークウガ』から …

連載コラム

スーパー戦隊はマンネリなのかを考える⁈【黎明期】ゴレンジャーからサンバルカン|邦画特撮大全6

連載コラム「邦画特撮大全」第6章 現在放映中のスーパー戦隊シリーズ第42作目『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』。 2つの戦隊と敵組織による三つ巴の戦いが描かれています。2つの戦隊が …

連載コラム

映画『GOZEN』の石田秀範監督プロフィール。厳しい演技指導と最終回職人の名作「ライダー龍騎」の内容解説|邦画特撮大全33

連載コラム「邦画特撮大全」第33章 先日、東映の新企画“東映ムビ×ステ”が発表されました。これは映画と舞台を連動させた企画で、第1弾『GOZEN』の製作が決定しています。 2019年夏に映画『GOZE …

連載コラム

『THE GUILTYギルティ』ネタバレ感想と考察。音声のみで展開される異色サスペンス作品の妙味|サスペンスの神様の鼓動11

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 前回のコラムで、次回は『フロントランナー』をご紹介すると …

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP