Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/08/09
Update

映画『フェイクプラスティックプラネット』評価感想と内容解説。山谷花純が一人二役を演じるサバイバルミステリー|銀幕の月光遊戯 67

  • Writer :
  • 西川ちょり

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第67回

映画『フェイクプラスティックプラネット』は、東京・名古屋での上映を好評のうちに終え、2020年8月15日(土)からは大阪のシネ・ヌーヴォに舞台を移して公開を開始。また京都みなみ会館でも上映が予定されています。

本作は、過去に自分とそっくりの人間がいたことを知ったことから、アイデンティティーが揺らぎ、窮地に追い込まれる女性を描いたサバイバルミステリーです。

宗野賢一監督は、本作で、前作『数多の波に埋もれる声』に続き、「2019年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」のファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門に2年連続出品を果たしました。

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『フェイクプラスティックプラネット』の作品情報


(C)Kenichi Sono

【公開】
2020年公開(日本映画)

【制作・監督・脚本】
宗野賢一

【撮影】
小針亮馬

【音楽】
ヴィセンテ・アヴェラ

【キャスト】
山谷花純、市橋恵、越村友一、五味多恵子、長谷川摩耶、大森皇、右田隆志

【作品概要】
「2019年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」のファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門や「ブエノスアイレス・ロホサングレ映画祭2019」に正式出品され、「マドリード国際映画祭2019」では最優秀外国語映画主演女優賞を山谷花純が受賞するという快挙を遂げました。

宗野賢一監督自身が仕事で貯めた300万円を予算に完全自主制作で撮影。宗野監督は前作『数多の波に埋もれる声』と本作で、2作連続の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」オフシアターコンペティション部門出品となりました。

映画『フェイクプラスティックプラネット』のあらすじ


(C)Kenichi Sono

貧困のためネットカフェ暮らしを余儀なくされているシホは、風俗で働くことで、なんとか生計をたてていました。

ある街角で初対面の占い師から、「あんた、25年前にも来たね」と言われたシホは、「25歳の私が25年前に占いに来たってどういうこと?」と戸惑います。

風俗の仕事の最中、セーラー服を着せられたシホは、客から昔好きだったアイドル女優、星乃よう子に似ていると言われます。ネットで調べてみると、確かに似ているように感じられました。

作品にも恵まれ、女優として高い評価を得ていた星乃よう子は、25年前に失踪し、そのまま行方不明になっていました。

そんな矢先、シホは、もう亡くなったと聞かされていた母親が生きているという情報を得ます。しかし、事態は思わぬ方向へと向かいます。

「自分はいったい何者なのか?」運命のいたずらがシホを巻き込んでいきます。

スポンサーリンク

映画『フェイクプラスティックプラネット』の感想と評価


(C)Kenichi Sono

奇妙な魅力を放つナイトピープルの面々

『フェイクプラスティックプラネット』には、したたかだけれど腕はたしかな占い師の老女や、赤いシャツを着た除霊集団等、個性的で怪しげな面々が登場します。

中でもヒロインのシホを真夜中に呼び止める年配の女性が強烈なインパクトを残します。

荷物を運ぶのを手伝っておくれと頼まれるシホですが、荷物に目を移すと、それは明らかに死体を包装したものでした。女性は悪びれたふうもなく、むしろ嬉々として殺人を告白します。

光と影が織りなす夜の街に登場する個性的なナイトピープルたち。彼女、彼らは、シホを放っておいてはくれません。彼女は、気づかれ、声をかけられ、そして追われさえします。

しかし、そのように翻弄される彼女もまた、ナイトピープルの一員なのです。自分と同じ顔を持った別の女として、暗闇の中に立つシホ。それはほんのちょっとしたいたずら心からの行動に過ぎなかったのですが、当然そのままではおさまりません。

宗野賢一監督は、不穏で怪しげでありながら、奇妙な魅力に溢れた独特の世界を構築し、観るものを魅了します。

作品の中で、列車が何度も登場しますが、それらはまるで、一切止まること無く走り続けている美しい鉄の塊のように魅惑的に輝いています。

アイデンティティーの危機を描く


(C)Kenichi Sono

シホは、両親に死に別れ、頼るべき人もなく、孤独な暮らしをしていますが、“一人のほうが気楽だ“と自らに言い聞かせながら、生きています。

しかし、信じていたものが崩れ去った時、彼女は「自分は一体何者なのか」という疑問に直面します。

自分は実はクローンではないのかと疑うほど、彼女はせっぱつまります。現実と妄想の境界が失くなり、どこまでが夢でどこまでが真実なのか混沌とするダークファンタジー的な描写を交えながら、映画は、一人の女性のアイデンティティーの危機を直視します。

真実と思っていたものは全て偽ものではないのか。頼るべきものを失い戸惑い彷徨うシホの姿を通して、映画は、現代都市に潜むまやかしや、暴力性に焦点を当て、「貧困女子」「ネカフェ難民」など現代社会における様々な矛盾を浮かび上がらせます。

連帯と信頼


(C)Kenichi Sono

ネットカフェの、カーテンで仕切られた僅かなスペースで暮らす住人たちは、けっして良好な関係にあるとはいえませんが、狭い空間であるがゆえの不思議な連帯感が生まれてきます。

それらはどこか小津安二郎の長屋もののいくつかの作品を思い出させ、怪しげな男たちとのバトルシーンでは心地よい爽快感さえ味わうことができます。

宗野監督は、こうした人と人の関わりを、ディテールを積む重ねながら丁寧に描写し、場面一つ一つに大きな説得力をもたらしています。

友人・優子の信仰は“悩みを魔法のようにパッと消してくれる合言葉”にとびつくような安直ところがあって、実に現代的です。

ともすれば、カルトに走る危険性を伴っていますが、シホのことを本気で気遣う彼女の人間性は本物です。シホが、上辺の言葉だけで安心させられるのではなく、強い自分自身を見出していくのは、彼女が決して孤独ではないと気づいたからに他なりません。

シホの体験はある意味「地獄めぐり」とも呼ぶべき過酷なものですが、観終わったあと、清々しさを覚えるのは、こうした人間への暖かな眼差しが感じられるからでしょう。そこには今を生きる若者たちへの共感とエールが込められているのです。

まとめ


(C)Kenichi Sono

主演の山谷花純は、シホと、シホによく似た星乃よう子と、星乃よう子になりすましたシホという一人二役を越えた難しい役柄に挑戦し、「マドリード国際映画祭2019」では最優秀外国語映画主演女優賞を受賞しています。

また、星乃よう子が昔出演したアイドル的なCM映像なども登場して、山谷花純の多彩な表情を観ることができます。

シホの友人優子役の市橋恵や、ルポライター役の越村友一、占い師役の五味多恵子など個性的な俳優たちががっちり脇を固め、人間味溢れる演技を見せています。

宗野賢一監督は、高校を卒業後、アメリカで映画を学び、帰国後は東映京都撮影所で助監督として活躍し、2020年1月『科捜研の女』第27話にて、地上波監督デビューを果たしました。

長編映画は本作で2本目。現代社会の様々な問題点をすくい取りながら、エンターティメントとして見せる独特な世界観が魅力です。

その世界を見事に映像として表現した撮影監督の小針亮馬の手腕も特筆に値するでしょう。

映画『フェイクプラスティックプラネット』は、東京、名古屋での上映を好評のうちに終え、2020年8月15日(土)からは、大阪のシネ・ヌーヴォに舞台を移して公開を開始。さらに京都みなみ会館でも上映が予定されています。

次回の銀幕の月光遊戯は…


(C)大塚信一

2020年10月に名古屋シネマスコーレで限定上映される大塚信一監督の『アメリカの夢』を取り上げる予定です。

お楽しみに。

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら




関連記事

連載コラム

映画『アメリカン・アニマルズ』あらすじと感想。実話の強盗事件を本人も登場させて描く青春サスペンス|銀幕の月光遊戯 31

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第31回 何かが起こる日を俺たちは待っていた! 大学図書館が所蔵する時価12億円を超えるヴィンテージ本を狙った、 普通の大学生が起こした普通じゃない強盗事件を描く『アメリカ …

連載コラム

劇場版「フリクリ」感想と考察。セカイ系をふりかえる|映画道シカミミ見聞録14

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第14回 (C)2018 Production I.G/東宝 こんにちは、森田です。 今回は当サイト「今週おすすめ映画!」で一推しされている劇場版「フリクリ オルタナ …

連載コラム

ホラー映画『マタンゴ』『吸血鬼ゴケミドロ』あらすじと内容解説。こわいトラウマ必死の邦画とは|邦画特撮大全45

連載コラム「邦画特撮大全」第45章 まだ5月だというのに気温と湿度が共に高い日が時折あります。 町に出るとTシャツ姿の人も目立ちます。夏には早いですが、そんな日にホラー映画はどうでしょうか?  今回の …

連載コラム

香取慎吾『凪待ち』映画ロケ地リポ④ 白石和彌監督が見た石巻・南浜地区の風景と日和大橋に託した想い|凪待つ地をたずね4

連載コラム『凪待つ地をたずね』第4回 映画『凪待ち』の背景、そして白石和彌監督と香取慎吾が映画を通して描こうとしたものを探るため、本作のロケ地である宮城県の各地を巡り、その地に生きる人々を取材。 ロケ …

連載コラム

映画『レプリカズ』のクローン技術をめぐる倫理観。類似SF作品の比較から紐解く|SF恐怖映画という名の観覧車48

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile048 1996年、クローン技術により哺乳類初の人工的なクローン羊「ドリー」が生み出されました。 その後もクローンの技術は発展を続け、現在の技術 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP