Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2023/05/13
Update

プーチンより愛を込めて|あらすじ感想と評価考察。ウクライナ侵攻2022のロシア帝国の“はじまりのはじまり”を映す【だからドキュメンタリー映画は面白い77】

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第77回

今回取り上げるのは、2023年4月17日(金)より池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺、6月9日(金)よりシネ・リーブル梅田、アップリンク京都、6月17日(土)より元町映画館ほか全国公開の『プーチンより愛を込めて』

1999年末から1年間、ロシア連邦大統領ウラジーミル・プーチンに密着したウクライナ出身のドキュメンタリー監督が、彼の素顔を映し出します。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『プーチンより愛を込めて』の作品情報


(C)Vertov, GoldenEggProduction, Hypermarket Film-ZDF/Arte, RTS/SRG, Czech Television2018

【日本公開】
2023年(ラトビア・スイス・チェコ・ロシア・ドイツ・フランス合作映画)

【原題】
Putin’s Witnesses

【監督・脚本・撮影・ナレーター】
ビタリー・マンスキー

【編集】
グンタ・イケレ

【キャスト】
ビタリー・マンスキー、ウラジーミル・プーチン、ミハイル・ゴルバチョフ、ボリス・エリツィン

【作品概要】
ロシア連邦大統領ウラジーミル・プーチンの素顔をとらえた、2018年製作のドキュメンタリー。

大統領選挙PR用に撮影を依頼されたウクライナ出身のビタリー・マンスキー監督が、引退を宣言したエリツィンの指名を受け1999年12月31日、プーチンが大統領代行に就任してからの1年間を追った映像を編集。

2018年のカルロビ・バリ国際映画祭では、最優秀ドキュメンタリー賞を受賞しました。

映画『プーチンより愛を込めて』のあらすじ


(C)Vertov, GoldenEggProduction, Hypermarket Film-ZDF/Arte, RTS/SRG, Czech Television2018

1999年12月31日、ロシア連邦初代大統領ボリス・エリツィンが辞任し、代行としてウラジーミル・プーチンを指名。

3カ月後に行われる大統領選挙までの間、ロシアの新しい憲法と国旗は、この若き指導者に引き継がれることに。

大統領選挙への出馬表明も公約発表もしないまま、プーチンはロシア中を周り、“選挙運動”を展開していきます。

実質エリツィンの後継者として当選がほぼ確約されていたプーチン。選挙活動では控えめな印象を醸していたものの、正式に大統領となって以降、徐々にその本性が露わとなっていき……。

スポンサーリンク

大統領就任はすでに仕組まれていた

(C)Vertov, GoldenEggProduction, Hypermarket Film-ZDF/Arte, RTS/SRG, Czech Television2018

本作『プーチンより愛を込めて』は、現ロシア連邦大統領ウラジーミル・プーチンの素顔に迫ったドキュメンタリーとなっていますが、密着したのは1999年末から翌年までの約1年間。

当時は大統領候補だったプーチンの選挙用PR動画として撮影を担当したのは、ウクライナ出身で国立テレビチャンネルのドキュメンタリー映画部部長のビタリー・マンスキーで、本作はその映像をベースに製作されたもの。

1999年12月31日に、大統領辞任を突如表明したボリス・エリツィンが「20名ほどの候補の中から熱心に口説いて」代行にプーチンを指名。理由こそ明言しないものの、自分の意志を継いで民主国家を形成してくれるであろうという期待を寄せていたのは、想像に難くありません。

マンスキーは、そのエリツィンの自宅にもカメラを向けます。観ていたテレビにゴルバチョフ元初代ソ連大統領が映ると、途端に表情が曇る様子は、2000年当時の両者の関係ならでは。

選挙活動の一環として、かつての小学校の恩師の自宅を訪ねるプーチン。本来はプーチンが来ることはサプライズだったのに、先にSPが来てしまったため、結局やらせのようになってしまう。

選挙において、いい人アピールをすることで票集めをするのは万国共通のセオリー。エリツィンという強力な後ろ盾があったとはいえ、恩師を訪ねること以外にも、プーチンは第一次チェチェン紛争地を慰問する様子を撮影させていきます。

そして2000年3月26日の開票日。エリツィンの自宅で開票結果を見守るマンスキーら取材クルー。プーチンの当選は分かり切っていたことでした。

プーチンにお祝いの電話をかけるエリツィン。代理の者から折り返すと言われて待つも、電話のベルが鳴ることはありません。

諦めて外出することにしたエリツィンは取材クルーに言います。「プーチンが勝てば、報道の自由は確かなものになるだろう」

ロシアの変貌を“執拗に”捉える


(C)Vertov, GoldenEggProduction, Hypermarket Film-ZDF/Arte, RTS/SRG, Czech Television2018

ところが大統領に就任するや否や、ソ連時代の旗や国歌を復活させ、報道機関を解体させて国有化するなど、報道の自由を確約していたエリツィンとは真逆を行くプーチン。

ドキュメンタリー作家は、被写体の信頼を得てからでないとカメラを回しにくいもの。しかし時として、被写体が映されたくない姿や隠したい本心を引き出すには、“執拗に”ならざるを得ない場合もあります。

冒頭での、嫌がられながらも自分の家族にカメラを“執拗に”向けていた(成り行き上とはいえ、入浴中の娘に迫るのにはさすがに驚いたが)マンスキーは、折り返しのお電話を待つエリツィンを“執拗に”撮り続け、そして徐々に旧ソ連化させていくプーチンの本心を、やんわりとながらも“執拗に”引き出そうとします。

「若さや過去は戻らないが、生活が昔より悪くならないように良くすることはできる」、プーチンが言う「昔」とは旧ソ連時代ではありません。それは、続けて「国民の大半はソ連時代を懐かしく思っている」と言い切っている点でも明らか。

民主のはしごを外され、「あの男はアカだ」と憤るエリツィン。大統領になったことで、プーチンは懐古主義を現実のユートピアに変えていったのでしょうか。

なぜプーチンがウクライナ侵攻をしたのか。本作からはその、“はじまりのはじまり”が見えてきます


(C)Vertov, GoldenEggProduction, Hypermarket Film-ZDF/Arte, RTS/SRG, Czech Television2018

最初の選挙活動に尽力していた人物たち。妻リュドミラとは離婚し、ある者は野党に移行し、ある者は体調不良で病床に伏せたり、あるいは殺害されたりと、その大半は何らかの形でプーチンの下を去っています。

そしてプーチンに“執拗に”迫ったマンスキー監督もまた、ロシア政府から逮捕状を出されています。

本作は、皮肉を込めた『プーチンより愛を込めて』という邦題が付けられていますが、ここはやはり、マンスキー自身を指す原題『プーチンの証人』がしっくりきます。

次回の連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』もお楽しみに。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

松平光冬プロフィール

テレビ番組の放送作家・企画リサーチャーとしてドキュメンタリー番組やバラエティを中心に担当。主に『ガイアの夜明け』『ルビコンの決断』『クイズ雑学王』などに携わる。

ウェブニュースのライターとしても活動し、『fumufumu news(フムニュー)』等で執筆。Cinemarcheでは新作レビューのほか、連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』『すべてはアクションから始まる』を担当。(@PUJ920219


関連記事

連載コラム

SF映画おすすめ『アノンANON』ネタバレ感想。近未来のテクノロジー社会をスタイリッシュに風刺|未体験ゾーンの映画たち2019見破録5

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第5回 様々な理由から日本公開が見送られてしまう、傑作・怪作映画をスクリーンで体験できる劇場発の映画祭、「未体験ゾーンの映画たち」が2019年も実施さ …

連載コラム

2020年映画ランキングベスト5:新型コロナ感染の影響で危機に見舞われた年に記憶に残った作品を厳選!《シネマダイバー:松平光冬選》

2020年の映画おすすめランキングベスト5 選者:シネマダイバー松平光冬 新型コロナウィルス感染拡大の影響により、あらゆる業界がダメージを受けた2020年。作品上映の延期・中止や劇場の休館・閉館など、 …

連載コラム

SF映画おすすめランキング!1990年代の洋画邦画ベスト名作【糸魚川悟セレクション】|SF恐怖映画という名の観覧車98

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile098 VFX技術が映画業界に普及し、現代に比べても遜色のないクオリティの映像となった1990年代。 (C)1995・2008士郎正宗/講談社・ …

連載コラム

映画『音響ハウス Melody-Go-Round』感想評価。坂本龍一や松任谷由実、矢野顕子などが愛したスタジオとは⁈|映画という星空を知るひとよ34

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第34回 映画『音響ハウス Melody-Go-Round』は、「シティ・ポップ」の総本山として近年再注目を集める東京・銀座のレコーディングスタジオ・音響ハウス …

連載コラム

映画『マッド・ハウス』ネタバレ感想と考察評価。ホラーなガチヤバイ物件に隠された恐怖の真相とは|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録21

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第21回 日本劇場公開が危ぶまれた、名作から珍作・怪作映画まで紹介する、劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」。第 …

U-NEXT
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学