Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/02/07
Update

映画『がんになる前に知っておくこと』感想と内容解説。がんを恐れず向き合う|だからドキュメンタリー映画は面白い6

  • Writer :
  • 松平光冬

あなたは、「がん」という病気について、どれだけ知っていますか?

『だからドキュメンタリー映画は面白い』第6回は、2019年2月2日から新宿K’s cinemaほかで全国順次公開中の、『がんになる前に知っておくこと』を紹介。

今や日本人の2人に1人がなると言われる「がん」をテーマに、がんの基礎知識や、がんとの向き合い方などについて掘り下げます。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『がんになる前に知っておくこと』の作品情報


(C)2018 uehara-shouten

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
三宅流

【キャスト】
鳴神綾香、若尾文彦、勝俣範之、山内英子、唐澤久美子、有賀悦子、大野智、近藤まゆみ、橋本久美子、山口ひとみ、土井卓子、秋山正子、岩城典子、塩崎良子、岸田徹、鈴木美穂

【作品概要】

「乳がんの疑いあり」と診断された経験を持つ女優の鳴神綾香が、がん治療を専門とする医師や医療従事者、またはがん経験者といった15名にインタビューを敢行。

彼女を通して、がんについての正しい知識やさまざまな治療法、心身のケアといった事柄を提示していきます。

『躍る旅人 能楽師・津村禮次郎の肖像』(2015)などを手がけた三宅流が監督、撮影、編集をこなし、およそ3年もの歳月を要して完成させました。

映画『がんになる前に知っておくこと』のあらすじ


(C)2018 uehara-shouten

女優として舞台やドラマ、CMに出演しつつ、ピアノ演奏家としても活動する鳴神綾香。

彼女はかつて、「乳がんの疑いあり」と診断された経験を持ちます。

結果的に良性だったものの、鳴神は、それまで自分ががんについてよく知らなかったことに気づきます。

そこで、改めて「自分ががんになる前に、がんに関する知識を得よう」と、医療関係者や、がんを患ったことのある、いわゆる“がんサバイバー”といった15名に話を聞くことに。

彼らの話を通して、がんについての正しい知識や、がん治療にはどのようなものがあるのか、または、がんを患った上でどう向き合っていくか、などを学んでいきます。

スポンサーリンク

がんについての基本知識や理解度を高める映画


(C)2018 uehara-shouten

まず強調しておくこととして、本作『がんになる前に知っておくこと』は、これまでの連載で取り上げてきたドキュメンタリー映画とは、少々毛色が違います。

例えば、現代のがん治療について何らかの問題提起をしたり、一人のがん患者の壮絶な闘病模様に密着する…といったセンセーショナルな内容ではありません。

本作は、知っていそうで知らない「がん」という病気について、がん治療を専門とする医療従事者やがんサバイバー本人、または彼らを支えるソーシャルワーカーたちへのインタビューで構成。

彼らの証言を通して、がんの基本的な知識を得たり、理解を深めてもらうといった意図で製作された、教育・記録映画としての要素が高い作品となっています。

がんと“共存”していくための15の証言


(C)2018 uehara-shouten

本作でインタビューを受けている15名は、それぞれの立場からがんについて語ります。

「『がん=死』なのか」、「がん治療にはどういった施術法があるのか」、「がん治療の目的は」などなど、多岐にわたるテーマについて掘り下げていきます。

さらに、全国にはがんについての無料相談を受けられる「がん支援相談センター」があり、そこでは患者のみならず、匿名でも対応してくれる―といった、知っておいて損はしない情報も開示してくれます。

数ある証言の中で、印象的なのをここで一つ挙げるとすれば、「21世紀はがんと共存する時代」でしょうか。

多くの人が抱いているであろう「がん=死」というイメージは、医療面においては、今から30年ぐらい前のものでしかない。

医療技術も進化した現在は、「がんと上手く共存していく」という認識で治療に臨んでほしい、としています。

スポンサーリンク

情報の取捨選択、見極めこそ重要


(C)2018 uehara-shouten

一方で本作は、「こうすればがんにならない」、「これを食べるとがんになりやすい」といった、がん予防に関する情報は一切出てきません。

インタビューを受けている数名の証言者も指摘していますが、我々にとって重要なのは、がん情報を「見極める力」。

書籍やメディアのみならず、インターネットからでも簡単に情報が収集できる現代。

しかし、いざがんについて調べようとすると、情報がありすぎてどれを信じていいか分からなくなるでしょう。

「これを食べてがんを治した」といった書籍なども散見しますが、がんの治療効果は個人差があるため、それらすべてを鵜呑みにするのは適切ではないと言います。

つまり、医療従事者や国立がんセンターといった、適切な人物や施設から正確ながん情報を得つつ、その他の雑多な情報も含め、正確か否かの「見極める力」を身に付ける必要があるのです。

がんと向き合う“指針”となる一作

本作プロデューサーの上原拓治氏は、義理の妹をがんで早くに亡くしています。

氏は、それまで「自分にはがんは無縁」と思い込んでいて、それゆえにがんについて無関心だったことが、本作製作のきっかけとなったと語ります。

かく言う筆者も、何の根拠もなしに「自分にはがんは無縁」と思っていた時期がありました。

しかし今から18年ほど前に、頑丈を絵に描いたような健康体だった実父に、食道がんが見つかります。

それでも最初の手術がすぐ終わったこともあり、「元々健康だったから、がんも大したことなかったのかも」と、どこかで楽観視していた面がありました。

ところが、父のがん細胞は完全には消えていなかったようで、がんはやがてリンパ腺に転移していき、みるみるうちに悪化。

結局、がんが見つかって1年ちょっとで、父は還らぬ人となりました。

そこでようやく「がんが身近な病気である」と認識し、こんなことなら自分ももっとがんに関心を持った上で、父と接しておけば良かったと悔やんだものです。

今や日本人の2人に1人がなると言われるほど、身近な病気になっているがん。

「備えあれば憂いなし」ではありませんが、誰もががんにかかる可能性がある以上、本作はがんと向き合っていく上での指針になるのは間違いありません。


(C)2018 uehara-shouten

映画には、アクション、コメディ、ラブロマンス、ホラーなどなど様々なジャンルがあります。

人によっては苦手なジャンルもあるかと思いますが、なかでもドキュメンタリーは、よほどその企画・製作意図に興味を示さない限り、鑑賞欲が起こりにくいジャンルといえます。

ドキュメンタリー映画に関するコラム連載をしている筆者ですが、もしかしたら父親ががんにならずに現在でも存命だったら、本作を観ようとは思わなかったかもしれません。

しかし、1日でも長く有意義な人生を送りたいと考えるなら、死因の一つであるがんについて関心を持ってもいいはず。

後悔の念に駆られない意味でも、この『がんになる前に知っておくこと』は、観ないよりは観た方が良いドキュメンタリー映画だと断言します。

がんについてより理解度が上がる劇場パンフレットも必読

最後に、本作の劇場用パンフレットにも触れておきましょう。

まるで小冊子なみの厚さがあるパンフレットには、本編での15名に行ったインタビューも完全採録されています。

さらには、本編ではカットされた証言や補足情報も掲載。

個人的に一番知りたかったのに本編では触れられていなかったがん情報も、パンフレットを読んだことで得ることが出来ました。

数あるがん関連の書籍と比較しても、資料的価値のある一冊です。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『暁に祈れ』感想と内容解説。タイの刑務所に収監された男の真実の物語|銀幕の月光遊戯14

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第14回 12月08日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町、シネマート新宿ほか、全国順次ロードショー! “地獄”と呼ばれたタイの刑務所に収監されたイギリス人の絶望 …

連載コラム

『ヒッチコック/トリュフォー』感想レビューと内容解説。二大巨匠がひも解く映画術とは|だからドキュメンタリー映画は面白い4

“サスペンス映画の巨匠”として名高い監督、アルフレッド・ヒッチコックの創作の秘密に、フランス映画ヌーベルバーグの旗手、フランソワ・トリュフォーが迫る――。 『だからドキュメンタリー映画は面白い』第4回 …

連載コラム

ホラー映画とゲームの身体性の映画体験についての考察|SF恐怖映画という名の観覧車9

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile009 (C)2008 by PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved. 8月2日に日本版が発売されたゲー …

連載コラム

韓国映画Be With You~いま、会いにゆきます|感想レビュー。梅雨の季節に舞い降りた優しい奇跡の愛の物語|コリアンムービーおすすめ指南9

市川拓司のベストセラー小説を新たに韓国で映画化 映画『Be With You~いま、会いにゆきます』は、『ただ君だけ』、『王の運命(さだめ)歴史を変えた八日間』のソ・ジソブと『私の頭の中の消しゴム』、 …

連載コラム

マトリックスやスターウォーズに登場する救世主たち。SF映画のキリスト教的要素を考察|SF恐怖映画という名の観覧車24

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile024 ハロウィン、クリスマス、初詣と宗教的風習を日本独自の文化に改変し取り入れる日本ですが、そのイベントの「宗教的背景」を気にする人は中々いま …

【Cinemarche独占】映画『小さな恋のうた』試写会プレゼント【5/16(木) よみうりホール】
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP