Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/09/01
Update

映画『メイキング・オブ・モータウン』感想と考察評価。メジャーレーベルの立ち上げから音楽業界の伝説までのノウハウを解き明かす|だからドキュメンタリー映画は面白い54

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第54回

伝説のミュージシャンたちは、デトロイトの片隅の一軒家から生まれた――。

今回取り上げるのは、2020年9月18日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開の映画『メイキング・オブ・モータウン』

スティーヴィー・ワンダー、ダイアナ・ロス、マーヴィン・ゲイ、ジャクソン5などを輩出し、2019年に創設60周年を迎えた音楽レーベル「モータウン」の正史をひも解きます。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『メイキング・オブ・モータウン』の作品情報

(C)2019 Motown Film Limited. All Rights Reserved

【日本公開】
2020年(アメリカ、イギリス合作映画)

【原題】
Hitsville: The Making of Motown

【監督】
ベンジャミン・ターナー、ゲイブ・ターナー

【製作】
レオ・パールマン

【製作総指揮】
ベリー・ゴーディ、スティーブ・バーネット、デビッド・ブラックマン

【撮影】
チャーリー・ウッパーマン

【音楽】
イアン・アーバー

【キャスト】
ベリー・ゴーディ、スモーキー・ロビンソン、マーサ・リーブス、スティーヴィー・ワンダー、マリー・ウィルソン、ニール・ヤング、ジェイミー・フォックス、ジョン・レジェンド

【作品概要】
1959年にアメリカで創立された音楽レーベル「モータウン」の歴史をひも解くドキュメンタリー映画。

レーベル創設者ベリー・ゴーディが初めて自身への密着を許可し、黒人差別が横行していた当時のアメリカでなぜ成功したのかを、親友にして元副社長のスモーキー・ロビンソンとともに説き明かしていきます。

ミラクルズ、ダイアナ・ロス&スプリームス、マーヴィン・ゲイ、スティービー・ワンダー、テンプテーションズ、ジャクソン5といった、かつて所属していたミュージシャンたちの楽曲も随所に盛り込まれています。

映画『メイキング・オブ・モータウン』のあらすじ


(C)2019 Motown Film Limited. All Rights Reserved

1959年、アメリカ北部の都市デトロイトにて、とある小さなレコード会社が誕生します。

自動車産業で栄えた同地の通称「モータータウン(Motor town)」に由来し、「モータウン(Motown)」と名付けられたその会社は、当時としても珍しいアフリカ系のベリー・ゴーディ・ジュニアが経営に着手。

自身がかつて働いていた自動車工場の組み立てラインをヒントに、ゴーディはさまざまなミュージシャンを輩出します。

ミラクルズ、テンプテーションズ、ダイアナ・ロス&スプリームス、フォー・トップス、スティーヴィー・ワンダー、マーヴィン・ゲイ、ジャクソン5……。彼らが歌ったナンバーは、20世紀のポピュラー音楽の最先端を走れば、ビートルズやローリング・ストーンズといった人種や国境を越えたアーティストにも多大な影響を与え続けたのです。

本作は、そうしたモータウンの軌跡を、ゴーディと元副社長でミュージシャンのスモーキー・ロビンソンが、旧交を温めながら説き明かしていきます。

スポンサーリンク

自動車産業栄えるデトロイトで生まれた音楽レーベル

(C)2019 Motown Film Limited. All Rights Reserved

1929年、アメリカ・ミシガン州デトロイトに生まれたベリー・ゴーディは、黒人向けの新聞を白人が多く住む街で売るなど、小さい頃からビジネスに関心を示していました。

やがて朝鮮戦争に出兵し帰還した後、ビジネスで本格的に一旗揚げようと、ボクサーや靴磨きといった職を転々とするゴーディは、音楽好きであることからジャズ専門のレコード店を開業。

ところが、地元デトロイトの自動車工場員たちは、ジャズよりも12小節で嘆きの歌詞を刻むブルースの曲を求めているという事実に気づかず、すぐに閉店してしまいます。

インディペンデントのレコード会社で作曲家として活動していたゴーディでしたが、妻子を養うために、やむなくフォードの自動車工場で働くことに。

そこで自動車製造の流れ作業をこなしつつ、合間に楽曲づくりをすることで、音楽センスを身に付けていったゴーディは、1959年、実家から借りた800ドルを元手に、通称「ヒッツヴィルUSA」と呼ばれることとなる一軒家を社屋としたレコード会社モータウンを設立します。

自動車の製造ラインをミュージシャンづくりに転換

(C)2019 Motown Film Limited. All Rights Reserved

「最初はただのフレームだったのが、各工程でさまざまな物が加えられていき、最終的には一台の新車が出来上がる」。

生活のために働いていた自動車工場での組み立てラインを、ゴーディはミュージシャンづくりに応用。

編曲、ダンスといった“工程”を回りつつ、各ミュージシャンの個性が発揮できるダンスや立ち振る舞いといった所作まで徹底して管理。

そうして輩出された、少年時代から天才(ワンダー)と称されたスティーヴィー・ワンダーや、モータウンを代表する曲『マイ・ガール』のテンプテーションズ、女性トリオのダイアナ・ロス&スプリームスなどといったモータウンブランドのミュージシャンたちは、次々と全米No.1ヒットを連発していきます。

さらにミュージシャンだけでなく、ソングライターやプロデューサーたちのライバル心を煽ることで、ブランドに磨きをかけつつ、スタッフも人種を問うことなく、品質管理のトップに21歳の女性を据えるなど、今でいうダイバーシティを率先した環境づくりを行うという、先見の明を持っていたゴーディ。

それでいて、友人とのカードゲームでもお金を賭けるほどの無類のギャンブル好きな一面も、劇中で見せます。

また、所属ミュージシャンたちの貴重映像も公開されており、オーディションを受けるジャクソン5の様子なども見られます。

後に「キング・オブ・ポップ」と称えられる、リード・ボーカルのマイケル・ジャクソンのパフォーマンスは、この時点ですでに完成されていたのです。

参考:テンプテーションズ『マイ・ガール』

スポンサーリンク

変革するアメリカと変わらぬ愛社精神

参考:マーヴィン・ゲイ『ホワッツ・ゴーイング・オン』

そうしたクオリティ・コントロールによって隆盛を極めたモータウンですが、やがてアメリカは公民権運動やベトナム戦争といった激動の渦に呑まれていきます。

それに感化されるように、マーヴィン・ゲイが『ホワッツ・ゴーイング・オン』でベトナム戦争への抗議を込めれば、スティーヴィー・ワンダーが自作のプロデュース権を求め、ゴーディの恋人だったダイアナ・ロスがソロ活動を本格化させるなど、所属ミュージシャンたちが自己プロデュースに乗り出します。

そしてモータウンも映画製作ビジネスに本格参入すべく、1972年にロサンゼルスに拠点を移します。

しかし、映画ビジネスの不振や、大物ミュージシャンや有能ソングライターの相次ぐ流出などから経営不振に陥り、1988年に大手MCAレコードに売却されることに。

しかし、モータウンが生んだ珠玉のサウンドは、ビヨンセやジャスティン・ティンバーレイクといった21世紀のミュージシャンたちに影響を与え続けています。

(C)2019 Motown Film Limited. All Rights Reserved

2019年に創立60年を迎えたモータウンレーベル。

レーベルに携わった関係者たちがいかに自社を愛していたのか、ラストでそれを示す歌を口ずさみます。

おぼろげな記憶になりつつも、完全に忘れることのないその歌は、モータウンに誇りを持つ者の証なのです。

本作『メイキング・オブ・モータウン』は、8月から公開のドキュメンタリー『ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち』と併せて、アメリカのポピュラー音楽の歴史を知るに最適といえるでしょう。

映画『メイキング・オブ・モータウン』は2020年9月18日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開です。

次回の連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』もお楽しみに。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

【来るネタバレ感想】最後に原作と映画が別の恐怖を描いた理由を考察|サスペンスの神様の鼓動5

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ピックアップする作品は、第22回ホラー小説大賞受賞作 …

連載コラム

『スーサイドスクワッド』ネタバレ解説と内容評価。続編映画はジェームズ・ガン監督が務めるのか?|最強アメコミ番付評21

連載コラム「最強アメコミ番付評」第21回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回はDCEUシリーズ第3弾となる、悪役たちのオールスター映画『スーサイド・スクワッド』を考察していきます。 クイーンの楽曲「ボ …

連載コラム

どんでん返し映画『無明長夜の首無しの怪獣』感想と考察。ウルトラセブンや怪奇大作戦などの往年の名作特撮ドラマを彷彿|邦画特撮大全68

連載コラム「邦画特撮大全」第68章 若手コント芸人「そんたくズ」のコンビ結成3周年記念コントライブが、2020年5月16日19時よりYou Tube内の「そんたくズコントチャンネル」にて生配信されます …

連載コラム

【劇場版BEM 妖怪人間ベム】感想と考察解説。ラスト完結作でテレビ金字塔ダークアニメ“BECOME HUMAN ”は真実となりうるか?|SF恐怖映画という名の観覧車121

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile121 1968年より放映された「早く人間になりたい」と言うセリフが有名な名作アニメ『妖怪人間ベム』。 わずか26話で打ち切られ、さまざまな倫理 …

連載コラム

ドラマ『ブラックミラー シーズン2 ずっと側にいて』考察とネタバレ感想ラスト結末も。実在サービスの基となったチャットボットの光と闇|SF恐怖映画という名の観覧車110

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile110 舞台も時代も、存在する技術も毎回異なる設定で紡がれるSFオムニバスドラマ「ブラックミラー」シリーズ。 本シリーズでは進んだ科学技術の使い …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学