Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/05/11
Update

映画『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』感想レビューと考察。ヌーヴェルヴァーグのミューズに捧ぐフィルム式ラブレター|だからドキュメンタリー映画は面白い48

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第48回

革命のミューズにして、ヌーヴェルヴァーグのアイコンになった女優アンナ・カリーナの軌跡。

(C)Les Films du Sillage – ARTE France – Ina 2017

今回ご紹介する映画は、2020年6月13日(土)より新宿K’s cinema他にて全国公開予定の『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』。

ジャン=リュック・ゴダールに見初められ、ヌーヴェルヴァーグのアイコンとなった女優アンナ・カリーナの足跡をたどります。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

映画『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』の作品情報

(C)Les Films du Sillage – ARTE France – Ina 2017

【日本公開】
2020年(フランス映画)

【原題】
Anna Karina, souviens-toi(英題:Anna Karina, Remember)

【脚本・監督】
デニス・ベリー

【製作】
シルビー・ブレネ

【キャスト】
アンナ・カリーナ

【作品概要】
惜しくも2019年12月に亡くなった、フランスを代表する伝説的な女優アンナ・カリーナの足跡に迫った、映像アンソロジー。彼女の最期のパートナーとなったデニス・ベリー監督により、彼女の出演作をはじめとする貴重な映像で構成されています。

劇中に挿入されている映画の権利関係上、本来は日本での公開が難しかったものの、プロデューサーの尽力により、2020年限りという条件で公開が実現しました。

映画『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』のあらすじ

1940年にデンマークで生まれ、親代わりとなっていた祖母の死により孤独を知り、17歳でパリにたどり着いた少女がいました。

ココ・シャネルと出会い、アンナ・カリーナという名を貰ったその女性は、またたく間に人気モデルとなります。

そんな彼女は、映画監督ジャン=リュック・ゴダールに見初められ、女優デビューを果たします。

やがてフランス・ヌーヴェルヴァーグのアイコン的存在となり、ハリウッドでも活躍していくアンナ。

本作は、そのアンナとハリウッドで出会い、やがてパートナーとなった監督デニス・ベリーが、彼女への想いと軌跡をフィルムに綴っていきます。

パートナーだった監督が綴るミューズの軌跡

参考:ジャン=リュック・ゴダールとの思い出を語るアンナ・カリーナ

本作『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』は、ハリウッドで生まれパリで育った監督のデニス・ベリー(『がんばれ!ベアーズ大旋風』[1978]などの監督ジョン・ベリーの息子)が、82年に結婚した女優アンナ・カリーナの軌跡を綴ったドキュメンタリーです。

冒頭、劇場に姿を現したアンナが席に着くと、目の前のスクリーンに、彼女がこれまで出演してきた映画のシーンが流れます。

つまり本作は、アンナ自身も観客となって、自らの歩みを一緒に観ていくという構成になっています。

「万感の思いを込めて作り上げたアンナへのラブレター」と監督本人が言うだけあって、本作は愛すべき妻にして、尊敬する女優への慈しみが詰まっています。

ココ・シャネルに見い出され、ゴダールに見初められる

参考:『気狂いピエロ』予告

本作でひも解かれるアンナの経歴は、まさに運命の出会いの連続といえます。

1940年9月22日、ナチスドイツ占領下にあったデンマークのコペンハーゲンで、遠洋航路船長の父と19歳の母との間に生まれたアンナは、すぐに両親が離婚したことで、祖母の元で育てられることに。

その祖母が亡くなって孤独を知った4歳の彼女が、寂しさを紛らわせるために通ったのが、映画館でした。

ロベルト・ロッセリーニ監督の『無防備都市』(1945)に衝撃を受け、“サッチモ”ルイ・アームストロングに恋し、チャップリンに魅せられ、映画『スタァ誕生』(1954)に心ときめかせます。

そして17歳で、ひとり列車に飛び乗り故国を離れ、たどり着いたパリのサンジェルマン・デプレを、「ここが私の居場所」と確信。

そこで出会ったシャネルの創業者ココ・シャネルから、「アンナ・カリーナ」という芸名を授かり、モデルデビューを果たします。

彼女が持つ、吸い込まれそうな大きな瞳は、たちまち大衆を魅了しますが、その中の一人に、ジャン=リュック・ゴダールがいました。

トリュフォーやシャブロルと並び、フランス・ヌーヴェルヴァーグの旗手とみなされていたゴダールは、初の長編デビュー作『勝手にしやがれ』(1960)のヒロイン役をアンナにオファー。

しかし、ヌードシーンがあると知ったアンナはそれを固辞するも、映画を観て育ってきた彼女には、女優としての素養が備わっていました。

幼少の頃のようにフランスの映画館に通い詰め、「映画館でフランス語を覚えた」アンナは、ゴダールの監督2作目となる『小さな兵隊』(1961)で、いきなり主役として女優デビュー。

以降、プライベートでもパートナーとなった2人は、『女は女である』(1963)、『女と男のいる舗道』(1962)、『はなればなれに』(1964)、そして『気狂いピエロ』(1965)と、ヌーヴェルヴァーグを代表する作品を次々と発表します。

余談ですがベリー監督は、アンナに代わって『勝手にしやがれ』に出演した女優ジーン・セバーグの夫でもありました(セバーグは79年に死去)。

それゆえに、監督のヌーヴェルヴァーグ愛も感じる内容にもなっています。

ラブレターにして哀悼文にして、ミューズを愛したファンへの感謝状

参考:『はなればなれに』予告

アンナの活動は、女優業だけにとどまりません。

音楽界の寵児セルジュ・ゲンズブールが14曲も作曲し、自身の名をタイトルにしたミュージカル映画『アンナ』(1967)では、デュエット曲『何も言うな』やエンディング曲『太陽の日の下で』を披露。

後年にはフランスなどのヨーロッパ諸国のみならず、日本でもライブツアーを行っており、劇中では日本での思い出を楽しそうに振り返っているのにも注目です。

また、1973年には主演だけでなく監督・脚本も務めた『Vivre ensemble(共に生きる)』を発表し、女性フィルムメーカーのパイオニアとなりました。

そうした自らの歩みを映すスクリーンを観て笑みを浮かべ、涙を流すアンナ・カリーナ。

ですが、彼女は2019年12月14日、パリの病院で79歳の生涯を閉じることになります。

フランスのフランク・リステール文化大臣は、「今日、フレンチシネマは身寄りをなくしました。伝説ともいうべき1人を失ったのです」と追悼のツイートを発信するなど、その死を惜しみました。

本作『アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい』は、アンナへのラブレターであり、アンナへの哀悼文。

そしてアンナを愛し応援してくれた、全世界の映画ファンへの感謝の手紙でもあります。

次回の連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』もお楽しみに。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

【ネタバレ】クリード3過去の逆襲|あらすじ感想評価と結末考察。“ロッキー(スタローン)”のサーガ有終の美を飾るシリーズ完結編【すべての映画はアクションから始まる39】

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第39回 日本公開を控える新作から、カルト的に評価された知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を時おり網羅してピックアップする連載コラム『すべての映画は …

連載コラム

映画『アンダードッグ』あらすじと感想評価レビュー。武正晴監督が最新作でキャストと見せたボクシング活劇!|TIFF2020リポート2

『アンダードッグ』は、東京国際映画祭2020のTOKYOプレミア2020にてワールド・プレミア上映! 2020年実施の東京国際映画祭。そのオープニングを飾った作品が、森山未來・北村匠海・勝地涼をキャス …

連載コラム

韓国映画『パラサイト』ポン・ジュノ監督インタビュー【カンヌ2019年パルムドール受賞作】FILMINK-vol.15

FILMINK-vol.15 Bong Joon-ho: Parasite Filmmaker オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海 …

連載コラム

『戦国自衛隊』ネタバレ結末あらすじと感想考察の評価。タイムトラベル活劇で千葉真一が戦術と現代兵器で戦に挑む|映画という星空を知るひとよ115

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第115回 角川映画の名作をUHD化する「角川映画UHDプロジェクト」。この度このプロジェクトが本格始動することになりました。 第1弾は、千葉真一が主演とアクシ …

連載コラム

映画『ブロンド』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。女優マリリン・モンローと素顔のノーマ・ジーンを描く|Netflix映画おすすめ113

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第113回 今回ご紹介するNetflix映画『ブロンド』は、プライベートでの素顔と女優としての姿に、ギャップがあったと言われるマリリン・モン …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学