Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『カーライル ニューヨークが恋したホテル』レビューと内容解説。プロの流儀と一流のプライドとは|だからドキュメンタリー映画は面白い24

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第24回

世界中のセレブたちが集うという、“秘密の宮殿”の魅力に迫る――。

今回取り上げるのは、2019年8月9日(金)からBunkamuraル・シネマほかで全国順次公開される『カーライル ニューヨークが恋したホテル』。

ハリウッドスターやミュージシャン、ファッションモデルたちが愛してやまないニューヨークの名門ホテル、「ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル」の魅力が明らかとなります。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『カーライル ニューヨークが恋したホテル』の作品情報


© 2018 DOCFILM4THECARLYLE LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Always at the Carlyle

【監督・脚本】
マシュー・ミーレー

【キャスト】
ジョージ・クルーニー、ウェス・アンダーソン、ソフィア・コッポラ、ジョン・ハム、アンジェリカ・ヒューストン、トミー・リー・ジョーンズ、ハリソン・フォード、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、ウディ・アレン、ヴェラ・ウォン、アンソニー・ボーデイン、ロジャー・フェデラー、レニー・クラヴィッツ、ナオミ・キャンベル

【作品概要】
ニューヨークのアッパーイーストサイドにそびえ立つ、1930年創業の「ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル」の魅力に迫るドキュメンタリー。

ジョージ・クルーニーやウェス・アンダーソンをはじめとする総勢38名のセレブたちや、実際にホテルに勤めるスタッフたちのインタビューを交え、カーライルにまつわる秘話や、究極のおもてなしの真髄が明かされていきます。

監督のマシュー・ミーレーは、これまでにニューヨークに関するドキュメンタリー映画を多数手がけてきた人物で、本作制作のためにカーライルに4年間通い詰めました。

映画『カーライル ニューヨークが恋したホテル』のあらすじ


© 2018 DOCFILM4THECARLYLE LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ニューヨーク、アッパー・イーストサイドにある「ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル」。

1930年に、金融と海運業で富を築いたモーゼス・ギンズバーグによって建てられ、イギリスの思想家トーマス・カーライルにちなんで名づけられたこのホテルは、富裕層が暮らすアッパー・イーストサイドの象徴として、数多くのセレブに愛されてきました。

この格式高い5つ星クラシックホテルの魅力を、ジョージ・クルーニーやソフィア・コッポラ、ウェス・アンダーソンといった総勢38名のスターたちが語ります。

一方で、宿泊客に愛されるホテルスタッフからのインタビューも交えつつ、カーライルに脈々と息づく、究極のおもてなしの真髄が明らかとなります。

スポンサーリンク

ドキュメンタリーのニューヨーク派マシュー・ミーレー監督

参考映像:『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』予告

本作監督のマシュー・ミーレーは、長編映画『Everything’s Jake』(2000、日本未公開)の監督としてスタートするも、2010年に『Gentleman Gangster』 (日本未公開)を手がけて以降はドキュメンタリー制作に専念。

老舗デパート「バーグドルフ・グッドマン」の歴史を追った『ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート』(2013)に、高級ブランドの知られざる逸話に迫った『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』(2016)と、ニューヨークの名門ショップがテーマの作品を連続で発表します。

ニューヨークを活動拠点とし、ニューヨークが舞台の作品を撮る、いわゆる“ニューヨーク派”な監督としては、シドニー・ルメット、マーティン・スコセッシ、ウディ・アレン、スパイク・リーがいますが、ミーレーはさしずめ、“ドキュメンタリーのニューヨーク派”監督といったところでしょうか。

「ドキュメンタリーの魅力は綿密な取材にある」と語るミーレーは、本作でも4年もの歳月をかけてザ・カーライルホテルに密着。

ホテルの常連客の一人であるジョージ・クルーニーを筆頭に、数々のセレブインタビューも実現するまでに2年もかかったと明かしています。

豪華セレブたちが明かす高級ホテルの魅力


© 2018 DOCFILM4THECARLYLE LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

本作ではそのクルーニーや、モデルのナオミ・キャンベル、映画監督のウェス・アンダーソンに、はては元政治家のコンドリーザ・ライスといった名だたるビッグネームが次々登場し、ホテルにまつわるエピソードを語っていきます。

クルーニーが「まるで自宅のようにくつろげる場だ」と語れば、テレビドラマ「マッドメン」シリーズで人気を博したジョン・ハムは、「このホテルに泊まれたら自慢になる。僕は泊まったことがないけど」とジョークを交えます。

なかでも特筆すべきは、『ゴーストバスターズ』(1983)のビル・マーレイがインタビューに答えていることでしょうか。

マーレイといえば特定のエージェントを持たず、取材にほとんど応じないばかりか、公の場にさえめったに姿を見せないことで知られる人物。

映像からしても、偶然ホテルに居合わせた時を捉えたものと推測できるだけに、そんな彼のインタビューに成功しているのは、何気にスゴイ事なのです。

スポンサーリンク

“秘密の宮殿”スタッフのプロフェッショナルな流儀


© 2018 DOCFILM4THECARLYLE LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

さらに本作では、カーライルに勤めるスタッフやOBたちにもカメラを向けます。

元ベルボーイがホテル内でジョン・F・ケネディ元大統領とマリリン・モンローが逢瀬を重ねる秘密の通路の存在をうやむやにかわせば、勤続20年のルームサービスは、サービス精神旺盛なジャック・ニコルソンのエピソードを披露。

「我々はお客様の情報は一切漏らしません」と言いつつ、嬉々としてインタビューに応じるスタッフの機転の良さが表れます。

一方でカメラは、“秘密の宮殿”のプロフェッショナルな仕事ぶりも捉えます。

宿泊者のイニシャルを刺繍した枕カバーを用意すれば、レストランの給仕長は毎日の朝食において100もの注文をこなす。

さらに、「連れてきたペットの犬の用足しを室内で済ませたい」という、無理難題ともいえる客の要望にも、「No」とは言わない究極のおもてなしで対応します。

ホテルが宿泊客を選ぶ


© 2018 DOCFILM4THECARLYLE LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

数々のスタッフにスポットを当てる中で、カーライルというホテルの何たるかを象徴するのが、36年もの長きに渡って主任コンシェルジュを勤めてきた、ドワイトの存在です。

吃音症を抱えながらも、仕事への有能ぶりとその人柄から、宿泊客の絶大な信頼を得てきたドワイトですが、彼は雇われる際、ホテルの経営陣から「吃音を治す必要はない」と告げられていました。

会話こそスムーズではないかもしれませんが、ホテル側にすればそれは問題ではなく、客へのおもてなしがしっかりと出来ることが重要。

もっと言えば、「応対したコンシェルジュが吃音であることを不満に思う客は、カーライルの宿泊客としてふさわしくない」ことを暗に意味します。

究極のおもてなしをするに値する、“豊かな心”を宿泊客にも求めるカーライル。

本作は、名門ホテルを紹介するカタログ映像としての意味合いもなくはありません。

しかしその実は、長年築き上げてきたホテルとしてのプライドが、節々に見え隠れしているのです。

© 2018 DOCFILM4THECARLYLE LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

次回の連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』もお楽しみに。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

講義【映画と哲学】第6講「重喜劇とは何か:ベルクソンから今村昌平の重喜劇を見る」

講義「映画と哲学」第6講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 今村昌平『映画は狂気の旅である 私の履歴書』(日本経済新聞社、2004年) 第6講では、アンリ・ベル …

連載コラム

【ネタバレ感想】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2リミックス|家族をも超えていく仲間の絆|最強アメコミ番付評19

こんにちは、野洲川亮です。 今回は、前回の記事『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に引き続きシリーズ第2弾となる『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』を考察していきます。 続編で、よりパ …

連載コラム

清原惟映画『ひとつのバガテル』あらすじと感想レビュー。武蔵野美術大学の卒業制作という“衝撃あるいは事件”|ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り3

第10回ちば映画祭「清原惟監督特集」 2018年に東京藝術大学大学院の修了制作として手がけた初長編作品『わたしたちの家』が劇場公開され、鮮烈な映像感覚が大きな注目を集めている清原惟(きよはらゆい)監督 …

連載コラム

松下恵映画『アラフォーの挑戦 アメリカへ』ネタバレ感想レビュー。語学留学先で見た多様な価値観と本当の行き先とは⁈|だからドキュメンタリー映画は面白い12

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第12回 「アラサー」、「アラフォー」って呼ぶのは“エイハラ”になるって知ってましたか? 『だからドキュメンタリー映画は面白い』第12回は、2019年4 …

連載コラム

『凪待ち』ロケ地リポ⑤。香取慎吾と白石和彌監督が女川町・竹浦港で出会った海と生きる人々|凪待つ地をたずね5

連載コラム『凪待つ地をたずね』第5回 映画『凪待ち』の背景、そして白石和彌監督と香取慎吾が映画を通して描こうとしたものを探るため、本作のロケ地である宮城県の各地を巡り、その地に生きる人々を取材。 ロケ …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP