Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/06/13
Update

【シネマルNEWS】映画・海外ドラマの連載コラムを開始!エッセイスト&随筆家など続々登場

  • Writer :
  • Cinemarche編集部


写真:倉田爽

これまで、映画やドラマといった関する深掘り考察を行ってきたCinemarcheでは、今後、専門的な連載コラムをスタートさせる運びとなりました。

第1弾として、映画随筆家の森田悠介による連載コラム『映画道シカミミ見聞録』を、6月12日から週1回のペースで連載スタートをいたします。

また、引き続き海外ドラマや映画エッセイなど、連載も予定しております。

ぜひ、Cinemarcheの読者さんに、これまで同様に、ご一読いただければと思います。

ご期待くださいね!

連載コラム第1弾『映画道シカミミ見聞録』

【書き手】
映画随筆家・森田悠介

【人物紹介】
森田さんは早稲田大学生だった当時、高田馬場駅近くにある名画座「早稲田松竹」で、多くの名作映画にふれ、雑食的に映画を鑑賞。

卒業後は日本映画大学の職員として勤務しながら、映画とともにある仕事に携わり、そんな現場で古今東西から見聞きしたシカミミ諜報員として、映画道(えいがみち)のホットな情報を書き綴ります。

2018年6月12日(火)より、連載中です!

連載コラム第2弾『SF恐怖映画という名の観覧車』

【書き手】
海外ドラマエッセイスト・糸魚川悟

【人物紹介】
糸魚川さんには造詣の深いSF映画やホラー映画など中心に、アニメ作品までと、得意な分野での映画を担当していただきます。

類似の見られる作品を比較しながら、その魅力についてプロファイリング分析。ITにも強い先見の眼差しで見抜いた空想科学や恐怖の底にあるものとは…。

2018年6月15日(木)より、連載スタート予定。

*以後、特撮専門の連載コラムニストなど只今準備中です。ご期待あれ!

スポンサーリンク

関連記事

連載コラム

『愛、アムール』感想と解説。ハネケ映画を愛と呼ぶべきか|偏愛洋画劇場9

連載コラム「偏愛洋画劇場」第9幕 今回ご紹介するのは第65回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞、第85回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品、ミヒャエル・ハネケ監督による『愛、アムール』(2012) …

連載コラム

【カメラを止めるな!】なぜ面白いのかを考察。感染源としての『竜二Forever』と『貌斬り KAOKIRI』|映画道シカミミ見聞録10

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第10回 (C)ENBUゼミナール こんにちは。森田です。 今回は大ヒットを記録し、上映館拡大中の映画『カメラを止めるな!』の魅力に迫ります。 「おもしろい!」と感じ …

連載コラム

スーパー戦隊はマンネリなのかを考える⁈【黎明期】ゴレンジャーからサンバルカン|邦画特撮大全6

連載コラム「邦画特撮大全」第6章 現在放映中のスーパー戦隊シリーズ第42作目『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』。 2つの戦隊と敵組織による三つ巴の戦いが描かれています。2つの戦隊が …

連載コラム

映画バットマンの系譜と二次創作のニンジャ・ LEGO・ フラッシュ作品|最強アメコミ番付評3

こんにちは! 野洲川亮です。 バットマンと言えば、言わずと知れたアメコミヒーローの代名詞的存在です。 今回は2018年6月15日に公開された『ニンジャバットマン』を通して、近年数多く制作されてきたバッ …

連載コラム

『羊と鋼の森』『orangeオレンジ』橋本光二郎監督が示す「才能」の見つけ方|映画道シカミミ見聞録4

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第4回 みなさんこんにちは、森田です。 映画『orange-オレンジ』(2015)と『羊と鋼の森』(2018)と聞いてどんな共通点を思い浮かべますか。 「山崎賢人が主 …

日本映画大学
ニューシネマワークショップ
東京国際映画祭|Tokyo International Film Festival
国内ドラマ情報サイトDRAMAP