Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/09/14
Update

『あまねき旋律(しらべ)』インド・ナガランドの自然と音楽を堪能する|映画と美流百科9

  • Writer :
  • 篠原愛

連載コラム「映画と美流百科」第9回

今回 取り上げる映画は、インドの山間部にある村々で古くから受け継がれてきた“歌”を追った音楽ドキュメンタリー『あまねき旋律(しらべ)』です。

この作品はインド東北部のナガランド州を舞台に、そこに住むナガ族の歌声や日常に密着し、撮影開始から公開まで6年を費やしています。

本作は、山形国際ドキュメンタリー映画祭のアジア千波万波部門にて、奨励賞と日本映画監督協会賞を受賞して話題となりました。

2018年10月6日(土)よりポレポレ東中野ほかにて全国順次公開予定の作品と、そこに描かれているナガランド州についてご紹介します。

【連載コラム】『映画と美流百科』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『あまねき旋律(しらべ)』のあらすじ


© the u-ra-mi-li project

舞台は、インド東北部のミャンマーとの国境近くに位置するナガランド州ペグ県。

村人たちは、棚田の準備・田植え・稲刈り・脱穀・運搬などの作業をグループごとに行いますが、作業の間はいつも歌を歌っています。

女性、男性を問わずに掛け合いながら歌われるその歌は「リ」と呼ばれ、季節・友愛・仕事・苦い記憶など、生活のすべてが表現され、1人が声を発するとそれに呼応するかのように他の誰かが歌い出します。


©Cinemarche

インド南部出身で、共同監督を務めたアヌシュカ・ミーナークシとイーシュワル・シュリクマールが、棚田の雄大な風景、移り変わっていく季節、人びとの生活や農作業の一部始終を淡々とカメラに捉えた作品です。

映画『あまねき旋律(しらべ)』の注目ポイント

ナガランドとその歴史


© the u-ra-mi-li project

本作の舞台となったナガランド州は、インド東北部にある8州の1つでミャンマーとの国境近くに位置します。

インパールの北側にあり州都コヒマは、第二次大戦中にかのインパール作戦で日本軍が侵攻し激戦となった場所といえば想像しやすいでしょうか。

ナガランドは“ナガの土地”という意味ですが、ナガ族は1部族ではなく主要なものだけでも16の民族があり、それぞれの文化や風俗、時には言語も異なります。

20世紀半ばからインドからの分離独立を目指す紛争が激化し、現在も断続的に続いていて“アジアで最も長い独立戦争”といわれています。

全編が美しい「リ」という歌に彩られた本作ですが、唯一インド軍の兵士が出てくるシークエンスは全くの無音になります。

これは現在の状況を何もせずにただ見ているだけである観客に、沈黙する傍観者であることの居心地の悪さを突き付けてくる瞬間でもあります。

失われたかつての風習


© the u-ra-mi-li project

険しく急な斜面に作られた棚田での作業は、機械が入りにくいためすべて人の手で行われています。

この厳しい環境であえて暮らしてきたのには何らかの理由があるはずだと、映画を観ながら考えていたのですが、それは予想外の“首狩り”という風習でした。

部族同士の闘争と首狩りの風習のため、敵から身を守るように山頂に村を作ってきたというのが有力な説なのです。

インドからの弾圧や首狩りは、ナガランドを語る上でよく出てくるキーワードなのですが、本作では前者はほんの少しだけ登場するのみ、後者はまったく触れられていません。

それはナガランドのことはインターネットでも知ることができるので、情報ではなく心を動かすものを提供したいという監督たちの考えからでした。

キリスト教と歌


© the u-ra-mi-li project
現在のナガランドでは首狩りは行われていません。その大きなきっかけとなったのがキリスト教の伝来でした。首狩りは蛮行として禁じられたのです。

ほんの数十年前まではアニミズム信仰が広まっていたこともあり、大地に豊饒をもたらすとの考えのもと首狩りが行われていたようです。

現在のナガランドで主に信仰されているのはキリスト教のバプテスト教会で、20世紀の半ばにアメリカの宣教団によりもたらされ、住民の90%が信仰しています。

ナガランドは“世界で唯一のバプテスト教会が主流の州”なのですが、もともと声を合わせて歌う文化があったため、賛美歌から抵抗なく入信が拡がったのでした。

ノスタルジックな風景と近代化


© the u-ra-mi-li project

山深い里の段々畑が季節によって色を変えてゆく様、こだまする美しい声の波紋、重なる雨音、緑を濃くし蜘蛛の糸にからむ雨粒など、本作では自然とそこに寄り添う音の美しさが収められています。

この豊かな自然に囲まれて住む人たちは、日本人と同じモンゴロイドで顔つきが似ているため、親近感を覚えます。

まるで数十年前の昭和の日本を見ているように感じましたが、着ている服の極彩色を見るにつけ、やはりチベットやブータンに近い地域なのだと思い直した次第。

機械化されていないすべてが手作業の稲作で、稲穂の束を踏みつけて脱穀する様子には、日本では江戸時代から千歯こきが使われていたのに…と違和感を覚えましたが、一方で道端には今時の車が停まっていたり、若者の手にはスマートフォンがあったりするのにも違和感を覚えるという、両極端なふり幅が興味深い。

世代によって教育にも差があり、今の子供たちは学校に通っていますが、高齢の老人たちの中には学校に通っておらず文字が読めない人もいます。

ある老女が、「3年前まで歌を歌っていたが、思い出せなくなってきた。もし教育を受けていたら、今頃歌詞を見ながら歌えていたかもしれない」と語っていたのが印象的でした。

スポンサーリンク

まとめ


© the u-ra-mi-li project

本作は、人はなぜ共に歌うのか?、人はなぜ労働しながら歌うのか? という問いかけをしてきます。

日本にも、かつては同じように士気を高揚させるための労働歌がありました。

掛け声としての歌であれば『ヨイトマケの唄』における「エンヤコラ」や、もっといえば餅つきの合いの手さえも、その役割を担っていたのではないでしょうか。

いくつかの掛け声のはじまりすら、本来は呪術的な意味が込められていたのではないかと考えられます。

絵画のはじまりが狩りの成功を祈願した壁画であったように、歌も豊作を祈るまじないの1つの形だったのではないかと。

ナガ族の「リ」には、スキャットのように言葉ではない音の連続がバリ島のケチャを思わせる瞬間があり、モンゴルのホーミーや仏教の声明などに見られる倍音と似た響きを感じる時もあります。

このなんとも魅力的な「リ」という歌は、歌い継がれてきたナガランドの風景と一緒になって初めて、聞き手に伝わってくる。

そんな考えのもとに作られた『あまねき旋律(しらべ)』を、ぜひ堪能してみてください。

次回の『映画と美流百科』は…

次回は、2018年11月10日(土)から公開の『アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語』をご紹介します。

ロシアの文豪トルストイの作品が、どのようにアレンジされているのでしょうか?

お楽しみに!

【連載コラム】『映画と美流百科』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

韓国映画『探偵なふたり:リターンズ』感想評価レビュー。完成度はパート1以上のコミカルな推理サスペンス!|サスペンスの神様の鼓動13

サスペンスの神様の鼓動13 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回取り上げる作品は、2019年3月16日(土)より全国順次公開される、推 …

連載コラム

シンエヴァンゲリオン|タイトル読み方/意味考察。ラストは:||とシン=進が示す《繰り返しと前進》【終わりとシンの狭間で3】

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第3回 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした新 …

連載コラム

講義【映画と哲学】第11講「悪の行為について:ヤスパース/カント/アーレントの観点から『デカローグ』第5話を観る」

講義「映画と哲学」第11講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 第11講では、カール・ヤスパースの『真理について』、カントの『単なる理性の限界内の宗教』、ハンナ・ …

連載コラム

X-MENのデッドプールはマイノリティキャラだった⁈なぜ時代の寵児になったか|最強アメコミ番付評1

連載コラム「最強アメコミ番付評」第1回戦 はじめまして!連載コラム「最強アメコミ番付評」を担当させていただきます野洲川亮です。 今回はアメコミ界で今となっては、時代の寵児にまでなったデットプールについ …

連載コラム

映画『ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ』あらすじネタバレと感想。主演の赤楚衛二に期待|邦画特撮大全31

連載コラム「邦画特撮大全」第31章 2019年1月25日より期間限定上映が開始されたVシネクスト『ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ』。 2017年から2018年にかけて放映され人気を博 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学