Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

Entry 2020/04/23
Update

映画『塔の上のラプンツェル』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【コロナ王国で“隔離”されたお姫様の運命とは】

  • Writer :
  • 星野しげみ

映画『塔の上のラプンツェル』は
ディズニー初の「3Dで描かれるプリンセスストーリー」

映画『塔の上のラプンツェル』は、グリム童話の『ラプンツェル(髪長姫)』を映画化したもの。ウォルト・ディズニー・スタジオの長編アニメ第50作となる記念映画です。

逃亡中の大泥棒フリン・ライダーが、山奥の谷にそびえ立つ高い塔にいる娘を見つけます。髪が驚くほど長い不思議な娘はラプンツェル。彼女が18年間、塔の中に閉じ込められた生活をしてきたのにはわけがありました。

スポンサーリンク

映画『塔の上のラプンツェル』の作品情報

(C)Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

【日本公開】
2011年(アメリカ映画)

【原題】
Tangled

【監督】
ロイ・コンリ

【キャスト】
マンディ・ムーア、ザカリー・リーバイ、ドナ・マーフィ、ロン・パールマン

【作品概要】

『塔の上のラプンツェル』は、2010年のアメリカのアニメ映画です。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ長編作品第50作目の作品で、原作はグリム童話の『ラプンツェル』。ディズニー映画初の「3Dで描かれるプリンセスストーリー」です。声の出演は、ラプンツェルにマンディ・ムーア、盗賊フリン・ライダーにザカリー・リーバイ。日本語吹き替えには、中川翔子と畠中洋が挑みます。

映画『塔の上のラプンツェル』あらすじとネタバレ

(C)Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

昔むかしのこと。一粒の陽の光が空から落ちてきて、神秘的な黄金の花が生まれました。それは病気や怪我を治す魔法の花でした。

やがてその地にコロナ王国が栄えます。国王も王妃も国民に愛されていました。

そして王妃は赤ちゃんを身ごもりますが、出産前に重い病気にかかり、国中総出で病気を治すといわれている「魔法の力を持つ黄金の花」を捜すことになりました。

捜索隊は森の奥深くで「魔法の力を持つ黄金の花」を捜しあてます。その花はゴーテルという老婆が育てていました。ゴーテルは花の治癒力を独占し、何百年も若さを保っていたのでした。

捜索隊に奇跡の花を持って行かれたゴーテルはなんとかして花を取り戻したいと思います。

病にかかった王妃は「魔法の力を持つ黄金の花」のおかげですっかり元気になり、輝くような金髪の女の子を出産。王女誕生のお祝いに、灯りを入れたランタンが空一杯に飛ばされました。

ある夜、ゴーテルが窓から赤ちゃんの王女が眠る寝室に忍び込みました。

「魔法の力を持つ黄金の花」を育てた時の歌を歌いながら王女の金髪に触れると、たちまちゴーテルの肌のシワが取れていきます。

嬉しくなったゴーテルが王女の髪の毛を切って持って帰ろうとしますが、あっという間に手にした髪の毛は黒くなり、魔力を失ってしまいました。慌てたゴーテルはそのまま王女を攫って行きました。

王女が攫われてから18年。どこかで王女は生きていると信じる国王夫妻は、毎年王女の誕生日の夜に、王女の無事を願って多くのランタンを空に飛ばしていました。

攫われた王女・ラプンツェルは、森の奥深くにそびえる高い塔で、ゴーテルの子どもとして育てられていました。ゴーテルは毎日のように歌を歌ってラプンツェルの金髪をとき、若さを維持し続けていたのです。

約21メートルにもなる長い金髪を持つ美しい娘に育ったラプンツェルですが、ゴーテルから塔の外に出ることを禁じられています。

「外には危険がいっぱい。ここに居れば安全なのよ」と、ゴーテルは毎日のようにラプンツェルに言い聞かせていました。

それでも彼女は、自分の誕生日の夜に遠くの空に現れる無数のランタンを不思議に思い、外の世界への憧れを持っていました。

18歳の誕生日を翌日に控えたラプンツェルは思い切って「今年こそあの灯りを見に行きたい」とゴーテルに言います。けれども、例の如くに「外は危ないから」と説き伏せられてしまいます。

一方、お城ではその日の朝早く、ティアラが盗まれるという騒動が起こります。大泥棒フリン・ライダーが仲間と一緒に城からティアラを盗み出したのです。フリンは衛兵に追われて森へと逃げ込んで来ました。

追っ手を振り切り、泥棒仲間を置いてきぼりにして逃げ切ったフリンは、辿り着いた窪地の先にある塔を見つけ、壁をよじ登って侵入することに成功。

けれども油断したところをラプンツェルにフライパンで殴られて気絶します。一人で侵入者を捕まえたことで自信をつけたラプンツェルはティアラを隠しました。

フリンが意識を取り戻すと、ラプンツェルは”自分をランタンが現れる場所まで案内し、それが済んだら塔まで送り届けること。そうすればティアラを返す”という条件を突きつけます。

得意の口説き顔も通じない相手に、フリンはしぶしぶ条件を受け入れました。口うるさいゴーテルが出かけている隙に、2人は外へ出ることにしました。

塔の外へ出る方法はラプンツェルの長い髪。窓から地面へ向かって垂らすと縄梯子のようになります。

「世界は広い。出る勇気はある?」歌いながら自分を鼓舞し、フリンの助けを借りてラプンツェルは初めて地上へ下りました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『塔の上のラプンツェル』ネタバレ・結末の記載がございます。『塔の上のラプンツェル』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ゴーテルの言いつけに背いて塔の外に出たラプンツェルは、母と信じる人への後ろめたさを感じながらも、初めて見る世界に胸を躍らせます。

一方、森の中に衛兵の白馬がいるのを見て塔に引き返してきたゴーテルは、ラプンツェルがいなくなったことを知り、部屋でフリンの手配書を見つけました。事態を察したゴーテルは、ラプンツェルを捜し始めます。

そうとは知らないラプンツェルたち。お腹がすいたからと森の中にある強盗達が集まるレストランへ行きます。

そこで強面の連中と「夢を叶えよう」と盛り上がりました。

その様子をレストランの外から見ているのは、ラプンツェルを捜すゴーテルと、フリンを追いかける泥棒仲間、それに泥棒を追いかけるお城の衛兵たちです。

「塔を出てよかった。でもランタンを見たら塔へ戻ろう」。こんなラプンツェルの思いを知らないゴーテルは、ラプンツェルを見つけると連れ戻す経略を練ります。

お城の衛兵たちは経略も何もなく、フリンを捕まえるためにレストランへ突入します。機転をきかせたレストラン仲間のおかげで森の外へ逃げ出せたフリンとラプンツェル。2人はそのままお城のある町まで行きました。

ラプンツェルの髪の毛はとても便利なのですが、あまりにも長い……。城下へ入るとすぐに三つ編みにして動きやすくしました。この姿で2人はラプンツェルの誕生日の夜まで待つことにします。

夜になると、フリンとラプンツェルは小舟で城の下を流れる運河へ出航。しばらくすると、夜空いっぱいにランタンが舞い上がりました。

ランタンが上る意味を知らないラプンツェルですが、この灯には何か惹かれるものがあり、じっと見つめます。

そこへ岸辺から忍び寄る追っての影。フリンの泥棒仲間はゴーテルにそそのかされて、フリンを気絶させてお城へ行く船に乗せました。

次にラプンツェルを連れ去ろうとしたところへ、ゴーテルが現れ泥棒仲間を倒して、首尾よくラプンツェルを塔へ連れ戻しました。

お城に流れ着き、ティアラを盗んだ罪で首をはねられそうになったフリンですが、レストラン仲間の協力で無事に城から脱出し、ラプンツェルの塔からの救出に向かいます。

塔の上の部屋ではラプンツェルが閉じこめられていました。彼女が、一日だけ見た城下の様子を思い出していると、奇跡のような力が働き、はっきりと自分が王女であり、赤ん坊のときにゴーテルに攫われたんだということが分かりました。

ラプンツェルはそれをゴーテルに告げて責めますが、逆にゴーテルに襲われて……。

そのころ塔の下にやってきたフリンは、ラプンツェルの名前を呼びました。するとバサッと上から金髪の長い髪の毛の束が下りてきました。それをつたって上ってみると、見えたのは椅子にしばられたラプンツェルの姿。

彼女を助けようとしたフリンですが、隠れていたゴーテルにナイフで刺されてしまいます。

自分の金髪で傷をまき、例の歌を歌えば傷が治ることを知っていたラプンツェルは、ゴーテルに「ずっとゴーテルと一緒にいるからフリンを助けさせて」と頼みます。

「それはいけない。やめろ」というフリン。ゴーテルの許しを得て、フリンの近くにきたラプンツェルは、自分の長い毛を傷に蒔き始めました。

フリンはラプンツェルの耳の下あたりの髪の毛をつかみ、床に落ちていた鏡の破片でざっくりと切り落としました。たちまち魔力を失って黒くなるラプンツェルの金髪。

ゴーテルも驚き「ノー」と叫ぶうちに、みるみるうちにしなびた老婆に変貌。もがき苦しむうちに、あやまって塔の窓から下へ落下してしまいました。

ゴーテルがいなくなったのは良かったのですが、肝心の魔力を持つ長い金髪はなく、フリンの傷は治せません。成す術もないラプンツェルはフリンにかがみこんで、一粒の涙をこぼします。

するとまた奇跡が……。ラプンツェルの涙がフリンの傷を治したのです。

すっかり傷の癒えたフリンはラプンツェルを連れてお城へ。

国王夫妻は、赤ちゃんの時に攫われたラプンツェルを心配し続けていましたので、18歳になったラプンツェルの美しい姿を見て驚き、みんなで抱き合って喜びました。

スポンサーリンク

映画『塔の上のラプンツェル』の感想と評価

(C)Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』は、コロナ王国の王女が隔離された塔から飛び出して、自分の居場所を捜しあてる物語です。

よくあるようなプリンセスストーリーですが、隔離されて暮らす箱入り娘のラプンツェルが‟強い女性”の象徴として描かれています。

まずその勇気に驚かされます。誕生日に夜空にあがるランタンを近くで見てみたいという夢を叶えるため、塔の窓から飛び下りるラプンツェル。

ラプンツェルは、母と信じるゴーテルの言いつけに背いていると自己嫌悪に陥りながらも飛び出します。そこには、自分を打ち破る勇気があり、自立や自己主張といったものの芽生えも見られます。

次に驚くのは、見ず知らずの若者のフリンと行動を共にする行動力です。

これは「何が何でもやりたい」という強い気持ちがないと、普通に育った人でもなかなかできないこと。それだけ、ランタンを見たい思いは強かったのでしょう。

ラプンツェルが咄嗟の判断で初対面のフリンを殴るのに使ったのは、フライパンでした。それを振りかざし、長い髪の毛を自由自在に操って、追っ手と闘う姿も見ものです。

ラプンツェルは、いざとなったら自分を護れる術を本能的に持っている娘だったのです。

塔に閉じ込められる環境をじっと我慢し、自分の力で扉を開いて未来を取り戻したラプンツェルには、学ぶところも多いことでしょう。

森の中の敵味方入り乱れてのドタバタ脱出劇から、夜空いっぱいに舞うランタンのロマンチックなシーンまで。

楽しく美しい映像から、現代社会へのメッセージ性の強いエールが伝わってきます。

まとめ

(C)Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

子供から大人まで幅広い世代に人気のあるディズニー映画。50作目の『塔の上のラプンツェル』は、ディズニー初の「3Dで描かれるプリンセスストーリー」です。

フライパン片手に隔離された塔から脱出するプリンセス。彼女に味方するのは、大泥棒と目つきが悪く気性の荒い白馬、それにペットのカメレオン。言葉にするとなんともちぐはぐな一行ですが、映像となるとインパクトのある仲間たちでした。

映画では、ラプンツェルによって女性の真の強さが表される一方で、悪役のゴーテルには女性の弱さとエゴが見られます。

ゴーテルが事の発端の「魔法の力を持つ黄金の花」に魅せられたのは、「永遠の若さ」が欲しかったから。いつも女性はこの「永遠の若さ」に弱いのです。

ラプンツェルを我が子として育てたのは、いつまでも手元において、自分一人だけの黄金の花としたかったから。これは、大事なものを独り占めしたいという我儘です。

自分勝手な育ての親の呪縛を解き自由になったラプンツェル。彼女がラストで見せるのは、晴れ晴れとした笑顔でした。

『塔の上のラプンツェル』は、未知の世界へ飛び出す勇気をもらえるディズニー作品なのです。

関連記事

アニメ映画

『レゴ ムービー2』ネタバレ感想。映画監督マイク・ミッチェルの起用で面白さを増した“すべてがサイコー”な続編

今度の舞台は宇宙空間 “フツー”な主人公エメットがまたも世界を救います。 全部がレゴで出来たすべてがサイコーな映画の待望の続編! 前作からエンタメとしてだけでなく、テーマをさらに深掘りし奥深さがパワー …

アニメ映画

クレヨンしんちゃん外伝4あらすじと全シーズン視聴もAmazonプライムにて

大人気の『クレヨンしんちゃん外伝』シリーズの第4弾がAmazonプライム・ビデオにて、2017年5月31日から配信開始! 『クレヨンしんちゃん外伝 お・お・お・のしんのすけ』の独占配信は見逃せないぞ! …

アニメ映画

『劇場版ハイスクールフリート』ネタバレあらすじと評価・感想。“晴風”が直面する新たな危機とは⁈

満を持して、新生「晴風」出港! 仲間と一緒なら、どんな危機(ピンチ)も乗り越えられる。 圧巻の海上戦と重厚な艦船描写、そして海に生きる少女たちの青春を描き人気を博したアニメ『ハイスクール・フリート』が …

アニメ映画

映画『アナと雪の女王2』ネタバレあらすじと感想。評判のミュージカルは前作よりもさらに進化

エルサの魔法のルーツから始まる大冒険と、進化したファンタジーミュージカル 2019年11月22日より日米同時公開された映画『アナと雪の女王2』。 世界中で社会現象を巻き起こし、日本でも2014年3月に …

アニメ映画

映画『AKIRA』あらすじネタバレと感想解説。アキラの正体と肉塊となった鉄雄を考察!

「ジャパニメーション」なる言葉を生んだ伝説的一作が、4Kリマスターとしてよみがえる! 1988年にアニメーション映画化され、全世界に熱狂的フォロワーを生んだ『AKIRA』が、製作から30年以上を経た2 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP