Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

映画『空の青さを知る人よ』あらすじネタバレと感想。アニメの作画ロケ地(秩父)を聖地にオリジナル脚本の源流に立つ

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『空の青さを知る人よ』は2019年10月11日(金)公開。

埼玉県にある秩父を舞台にした『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』の長井龍雪監督。

また、脚本家の岡田麿里とキャラクターデザイン&総作画監督の田中将賀がチーム再結集。

前2作同様に秩父を舞台に、オリジナルストーリーで仕上げた長編アニメーション映画『空の青さを知る人よ』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『空の青さを知る人よ』の作品情報


(C)2019 SORAAO PROJECT

【公開】
2019年(日本映画)

【脚本】
岡田麿里

【監督】
長井龍雪

【総作画監督】
田中将賀

【主題歌】
あいみょん「空の青さを知る人よ」「葵」

【キャスト】
吉沢亮、吉岡里帆、若山詩音、松平健

【作品概要】
『あの花』『ここさけ』に続く超平和バスターズによる長編アニメーション。

ボイスキャストに吉沢亮が慎之介、吉岡里帆があかね、松平健が新渡戸団吉の声を演じるほか、あいみょんが映画と同題の主題歌を担当しています。

映画『空の青さを知る人よ』のあらすじとネタバレ


(C)2019 SORAAO PROJECT

相生あおいは町を出て、山を越え、東京でバンド活動をすると進路面談で宣言します。

帰り道あおいの姉のあかねが迎えに来ます。

あかねは、一度に両親事故で失ったあおいの親代わりとして地元に残り、市役所で働いています。

市役所では町おこしで、ご当地ソングの大家として知られる新渡戸団吉を招くことになります。

取材と称して、バックバンドを率いていて秩父にやってきた新渡戸。

その一団を出迎えたあおいやあかねはその中に見た顔があり驚きます。

バックバンドのギタリストは、地元出身のミュージシャンであかねの恋人でもあった金室慎之介でした。

突然の再会にとまどう二人。

しかし、あおいの驚きは別のところから来ていました。

一団を出迎える少し前、神社のお堂で一人、ベースの練習に励んでいるあおいのまえに高校生の姿、“しんの”と呼ばれていたころの姿をした慎之介が現れたのでした。

何かの幻か、生霊なのかわかりませんが、普通に言葉を交わす“しんの”の存在に戸惑いを隠せません。

“しんの”もまた13年の月日が経ったこと、31歳になった自分の姿やあかねの姿に驚きを隠せません。

さらにどういうわけか、“しんの”だけお堂から出ることができません。

ご当地ソング計画はバックバンドのメンバーが食中毒になり、あおいが急遽、参加することに。

“しんの”と慎之介とあおいとあかねの距離が自然と近づいていきます。

慎之介もまた、音楽を仕事にできてはいるものの、かつて思っていた通りの成功を収められない現状に満足できておらず、その状況で地元に帰り、あかねに再会したことでイライラが募ります。

そして、その気持ちをついつい、あおいに向けてしまいます。

お堂で会う“しんの”と、あまりにも違う性格になっている慎之介に、あおいは不満を隠せません。

いつの間にかあおいは“しんの”に惹かれていき、あかねには悪いと思いながらも気持ちは強まるばかりです。

そして、今の慎之介の姿への不満が強くなり、あろうことかその不満を姉のあかねにぶつけてしまいます。

あかねに向かってなぜ慎之介についていかなかったのか、ついていけば慎之介が今のような男にはなっていなかったのでないかとぶつけてしまいます。

しかし、それは両親を失ったあおいを独りにはできないことが理由だったことは、あおい自身もわかっていたことでした。

リハーサルが始まり、ぽつぽつと空白の期間を埋めていく慎之介とあかね。

その姿を見て、“しんの”に惹かれているあおいは、さらに複雑な思いになります。

そして、新渡戸のコンサート当日を迎えます。

以下、『空の青さを知る人よ』ネタバレ・結末の記載がございます。『空の青さを知る人よ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

本番直前、新渡戸はペンダントがないと言い出します。

調べてみると名所を見て回ったなかで、柵を勝手に乗り越えて入ったトンネルにありそうだということが分かり、あかねが取りに行きます。

一方、慎之介は気持ちの切り替えのために、学生時代にバンドの練習に使っていたお堂に向かいます。そして、そこで高校生の自分“しんの”と対面します。

一方、あかねが向かったトンネル付近で、突如、地震が起き土砂崩れが起きてしまいます。

居ても立っても居られないあおいは、“しんの”に助けを求めにお堂に向かいます。

お堂の前であおいと“しんの”と慎之介が揃ってしまいます。

“しんの”は助けに行こうとしない慎之介にがっかりさせるなと怒りをぶつけ、慎之介は慎之介で大人の判断だと反論します。

慎之介が動かないのを見た“しんの”は、お堂から無理やり抜け出すとあおいを連れてあかねのもとに向かいます。

過去の自分に言いたい放題いわれた慎之介もまた、あかねのもとに走ります。

“しんの”はあおいを連れて走り出し、やがて空を蹴るとそのまま空高く飛び上がり、一気にあかねのもとにたどり着きます。

あかねは無事でした、“しんの”はあかねの前に姿を見せ、今までのいきさつを話して聞かせます。

不思議なことだと思いつつも受け入れるあかね。

遅れてきた慎之介とあおいも合流。あおいはあかねに暴言を詫びるとと共に、慎之介に負けないくらい自分もまたあかねを思っていることを実感します。

帰り道、あおいはあかねと慎之介と“しんの”の三人だけになるようになります。

慎之介は自分はまだ進みたい道の途中にいて、その先に進みたいということ、そして、あかねのこともあきらめないと改めて語りましたる。

スポンサーリンク

映画『空の青さを知る人よ』の感想と評価


(C)2019 SORAAO PROJECT

秩父を舞台にした超平和バスターズによる3作目は、誰もが持つ夢や青春にどう決着をつけるのか、どう折り合いをつけるのかがテーマ

今回の『空の青さを知る人よ』は、『この花』『ここさけ』を経て、さらに少し先の大人の部類に入った人間たちを描きます。

こういう青春との決着をつけるイニシエーションの作品はたくさんありますが、高校生のしんのと30代の慎之介を同時に違和感なく画面に登場させることができるとなると、やはり、アニメならではです。

吉沢亮の一人二役もなかなかはまっていました

吉沢亮は、倍々ゲームでキャリアアップなかで、再来年の大河ドラマの主演も決まったりしていますが、今後も声優業は要所要所で続けて欲しいなと感じました

まとめ


(C)2019 SORAAO PROJECT

『きみと、波にのれたら』『海獣の子供』『プロメア』『HELLOWORLD』にこれから公開される『BLACKFOX』『HUMANLOST人間失格』などなど、アニメーション作品、しかもオリジナル脚本作品の公開本数が増えています

超平和バスターズの三人もその影響を認めている『君の名は。』からの流れであることは間違いないでしょう。

同じ新海誠監督の『天気の子』もヒットしているなかで、このような流れはまだまだ続きそうです。

これまでは『ドラえもん』『コナン』『ポケモン』『プリキュア』のようなフランチャイズ作品くらいしか、全国公開されることはなく、ガンダムなどでも限定公開というパターンが大半でした。

オリジナル脚本でさらに長編となるとスタジオジブリの独占状態にありましたが、そのジブリの活動休止・縮小宣言を受けての細田守監督、米林宏昌監督のプロジェクトの体制が強化され、大型企画を成立させられるようになりました。

『君の名は。』もそんな流れのなかで登場した作品でしたが、興行スケールが全く違うレベルになってしまいましたので、結果的に源流のような立ち位置になってしまいました。

ちなみに田中将賀は『君の名は。』『天気の子』のキャラクター造形に参加しています。

宮崎駿監督が再始動を宣言し、息子の宮﨑吾郎監督もCG長編を鋭意制作中とのことの、多くのオリジナル長編が受けれいられているなかで、彼らの作品はどのように見られるのでしょう

関連記事

アニメーション

『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』ネタバレ感想。NETFLIXや映画館での限定上映で話題のアニメが描く【極限の世界で恐怖心と戦う術】

その旅路の先に、新たな運命(さだめ)。 不死の怪物カバネとの生存を賭けた戦いを中心に、人間の生き様を描くアニメ『甲鉄城のカバネリ』。 高い評価を得たテレビシリーズの新作にあたる映画『甲鉄城のカバネリ …

アニメーション

【ネタバレ】HUMAN LOST人間失格|感想と内容解説。人間らしさについて進歩した社会から描く

太宰治を原作に大胆解釈された新しい『人間失格』がSFダークヒーロー作品に生まれ変わった、映画『HUMAN LOST 人間失格』。 豪華スタッフと声優陣が贈る、太宰治『人間失格』とアニメーションの融合。 …

アニメーション

ネタバレ『アヴリルと奇妙な世界』感想考察レビュー。宮崎駿リスペクトなスチームパンクアニメの魅力に迫る

家族と平和を求め、少女アヴリルが奇妙なパリの街を駆けめぐる! 2019年7月開催の「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019」(通称「カリコレ」)での限定公開で好評を博し、ユジク阿佐ヶ谷 …

アニメーション

STAND BY MEドラえもん2|ネタバレ感想レビュー評価。原作漫画アニメから続く“未来”への願いをさらに描く

映画『STAND BY MEドラえもん2』は2020年11月20日(金)より全国ロードショー! 国民的漫画『ドラえもん』のアニメシリーズにおいて初のフル3DCGアニメーション作品として制作され、201 …

アニメーション

劇場版「フリクリ プログレ」あらすじと感想!ヒドミとオルタナのカナブンの比較で映画をより楽しむ

第1弾となる劇場版「フリクリ オルタナ」は、9月7日(金)公開中、そして第2弾の劇場版「フリクリ プログレ」は、9月28日(金)公開! 普通な日常を過ごしているヘッドフォンをつけた少女ヒドミ。彼女があ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学