Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

Entry 2020/08/15
Update

Netflix映画『ラッテと魔法の水の石』ネタバレあらすじと感想評価レビュー。児童書を基にしたハリネズミの勇気と正義と友情で仲間を救う物語

  • Writer :
  • からさわゆみこ

ハリネズミが実行する「一人はみんなのために、みんなは一人のために」の教訓

映画『ラッテと魔法の水の石』は、好奇心旺盛で頑固なハリネズミのラッテと臆病だけど正義感の強いティムが、森の仲間のために水を取り戻すための友情物語です。

もし、大切なものを自分勝手に欲張って独り占めしたら……。助け合わなければならない時にも仲間外れにされたり、意地を張って強がって暮らすモノもいます。

もし、水を取り戻す「秘密」があったらどうでしょう? 信じますかそれとも迷信だと諦めますか? 信じる気持ちと勇気・友情が森の危機を救うとしたら……。勇敢なハリネズミと臆病なリスの活躍に注目です。

スポンサーリンク

映画『ラッテと魔法の水の石』の作品情報

Netflix ラッテと魔法の水の石

【配信】
2020年(Netflix独占配信)

【監督】
ミミ・メイナード、レジーナ・ウェルカー、ニーナ・ヴェルス

【原題】
LATTE & THE MAGIC WATERSTONE

【原作】
作者セバスティアン・リーベック
『ハリネズミのラッテのぼうけん(Latte Igelkott och Vattenstenen)』

【キャスト】
アシュリー・ボーナンシン、カーター・ヘイスティングス、レスリー・L・ミラー、バイロン・マーク・ニューサム

【作品概要】
フィンランドの作家セバスティアン・リーベックが書いた児童書の『ハリネズミのラッテのぼうけん』をミミ・メイナード、レジーナ・ウェルカー、ニーナ・ヴェルスの3人の監督によってアニメ化されました。

本作は2019年にドイツで開催される、子供や青少年向けの映画祭「シュリンゲル国際映画祭」で初上映され、2020年7月からNetflixにて配信が開始しました。

映画『ラッテと魔法の水の石』のあらすじとネタバレ

Netflix ラッテと魔法の水の石

ある森に、自分をプリンセスと信じてやまない「ラッテ」という1匹のハリネズミがいました。彼女の朝の日課は植物の葉に付いた朝露を集めることです。

森の住人達は深刻な水不足に悩んでいました。今にも枯れてしまいそうな小川から水滴を集めて、森の仲間達と分け合いながら暮らしていたのです。何とかしなければ森の動物達の命にかかわってきます。

ラッテは切り株の根元の穴倉に独りぼっちで暮らしていて、切り株の近くの木にはリスのチュムが両親と妹と一緒に暮らしていました。

チュムがクルミをラッテの家の前に落としてしまった時に、ラッテの集めた水を見つけます。チュムは集めた水はみんなで分け合うべきだと、ラッテの水を水瓶に持って行こうとします。

ラッテは森では仲間外れにされていて、水を分けてもらっていないため、チュムの言ったことに納得しません。

チュムが水の入ったカタツムリの殻を持って逃げると、ラッテは取り戻そうと追いかけます。そして、事件が起こりました。

崖の上から水瓶に水を入れようとするチュムをラッテは阻止しようとしてとびかかります。勢いでチュムは水瓶の中に落ちてしまい、その衝撃でカボチャの水瓶が壊れてしまうのです。

水瓶に貯めてあった水も全て台無しです。そこに子ウサギとウリボウが通りかかり、壊れたカボチャを見つけてしまいます。チュムとラッテは慌てて隠れたのでみつかっていません。

子ウサギとウリボウは大人達のいる集会場でこの事件を報告しました。ラッテとチュムはその様子を見ています。

チュムが「正直に話そう」とラッテにいいますが、「どうして? あなたも知っているけど、いつも何かあると私のせいにされる!」

パパから『正直であるように』と言いつけられているチュムは、大人達に告白しようとしますが、ラッテは自分が何とかするからと止めます。しかし、結局そこにいる森の住民たちの知れるところとなりました。

ラッテの言う通りはじめみんなはラッテのせいだと言います。ラッテは諦めたように何か言おうとしましたが、正直なチュムは自分のせいだと告白しました。

いずれは無くなってしまう水をどうしたら良いか思案しているところに、老いたカラスのコープがやってきて言います。

「はるか昔、魔法の水がホワイトマウンテンの頂上に現れ、石が大地に触れて水源が爆発し豊かな水をもたらした。」と。

しかし、その魔法の水の石を欲ばりなクマの王様バントゥールが盗み出し、クマの森で独占してしまったというのです。

コープはその魔法の水の石を取り返しホワイトマウンテンに戻せば、再び森に水が戻ると話します。

森の動物たちはコープを嘘つき呼ばわりし話を信じようとしませんが、コープは「勇気ある者がクマの森に行き、みんなの水を取り戻すのだ!」というのです。

それを聞いたラッテは「私は勇気あるプリンセスよ! 私が取り戻しに行くわ」そう言うと、チュムやチュムの父親が止めるのも聞かずにクマの森を目指して出発しました。

以下、『ラッテと魔法の水の石』ネタバレ・結末の記載がございます。『ラッテと魔法の水の石』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

Netflix ラッテと魔法の水の石

ラッテには父親がいたのですが、ラッテのように無鉄砲でどこかへ冒険に出たきり帰って来ないので、変わり者と呼ばれていました。

ラッテはそんな父親の威厳も守るために冒険へと歩き出したのです。

水の枯れた川を歩いているとダム造りをしているビーバーに会います。ビーバーは水枯れしているのは地滑りがあって、川の水を塞き止めているせいだと思っています。

ビーバーはラッテがクマの森に向かっていると聞き、ノースフォレストの場所を地滑りを越えた先にあると教えました。

一方、チュムの妹は夕方になっても戻らないラッテを「パパが森の外は危ないって・・・」と心配し、チュムは翌朝ラッテを連れ戻すために追いかけるのでした。

チュムはラッテに追いつきますが追い返そうとします。チュムは獣がいて食べられるかもしれないから危ないと言いますが、ラッテはおかまいなく歩きすすみます。

途中でオオヤマネコに追いかけられたりしながら、地滑りのあった場所までたどり着きました。

チュムはラッテを連れ戻そうとしますが、地滑りから転がり落ちるとカエル夫人のいる巣穴に転がり込み、カエル夫人から魔法の水の石の話しは本当のことだと聞かされて、ラッテはがぜんやる気を出すのです。

朝になりカエル夫人はチュムに「あなたとラッテはいいコンビね」と言い、出発しようと出てきたラッテにもチュムと行動を共にするよう勧め、ラッテとチュムは仕方なく一緒に出発しました。

ラッテとチュムはノースフォレストの目前まできますが、狼が3匹現れ襲いかかろうとします。ところが狼のルーポがプリンセス気取りのラッテを利用しようと企みます。

チュムに打ち解けてきたラッテはみんなには家族がいるけれども自分はひとりぼっちだから、父親はゾーゴットン森の王様で、自分はプリンセスだと嘘をついていたと打ち明けるのです。

チュムはラッテの嘘は知っていたけど、その嘘も悪い嘘ではないと励ましてあげました。

なかなかクマの森にはたどり着けず、チュムは諦めて帰ろうとラッテを説得します。しかしラッテは断固として聞かず、干ばつで乾ききった道を行ってしまうのです。

チュムは小鳥が岩山を越えて行くのをみて岩山を昇っていくと、その頂上から見えた景色は緑豊かな森が広がっていて、チュムもようやくラッテの話を信じることができました。

クマの森にたどり着いたチュムは王様の息子アマルーと仲良くなり、自分の森が干ばつ寸前で苦しんでいることを話します。アマルーは勇敢なチュムの手助けをしようとします。

一方ラッテは岩山を越える途中で老いたハリネズミと出会い、自分の父親だと思ってしまいます。そのハリネズミはラッテにパパでも王でもないと言い、「ハリネズミ」というのは孤独を好む生き物だと諭すのです。

ラッテはしつこくハリネズミを頼りにし、根負けした彼はラッテにクマの城へ行く近道を教え、ラッテはクマの城に忍び込みますが、看守につかまって牢屋に閉じ込められてしまいます。

そして、チュムもアマルーと魔法の石のある場所まで行く途中で、守衛にみつかりラッテと同じ牢屋に入れられてしまい、翌朝はバントゥール王の元に連れて行かれてしまいます。

ラッテは森に水が無くて困っていることを話しますが、王は魔法の水の石を渡すつもりはないと言い、ラッテとチュムを追放しようとします。

しかし、日課のダンスに夢中になった門番は2匹を逃してしまい、魔法の水の石を奪い取ることに成功しました。

ところが魔法の水の石をホワイトマウンテンに戻そうと向かう時に、石を横取りしようとした狼たちが待ち伏せをします。

執念深いオオヤマネコとバントゥールも取り返しに追いかけてきますが、チュムはマジックを使って気をそらし、ラッテは魔法の水の石をホワイトマウンテンの頂上に戻し、大量の水を放出することに成功しました。

森の小川にも水が戻りコープに助け出されたラッテとチュムも森へと帰ります。森を救ったラッテはチュムの家族として迎え入れられ、森の仲間とも仲良く遊べるようになりました。

スポンサーリンク

映画『ラッテと魔法の水の石』の感想と評価

Netflix ラッテと魔法の水の石

『ラッテと魔法の水の石』は登場する小動物の生態の特徴をよくとらえています

ウサギやイノシシ、リスは小単位の群れで暮しますが、ハリネズミは物語の通り群れは作らず、単独で行動するのを好む動物なのです。

繁殖期以外はオスとメスは一緒にいることはありません。多頭になるとストレスを強く感じてしまうのです。なのでラッテが他のハリネズミから毛嫌いされるのも理にかなっていたのです。

ただし、児童書なので最後は仲間と一緒に仲良く暮らす。そういう種族を越えた信頼関係や繋がりの大切さを伝えていると感じます。

まとめ

一部の自分勝手な考えで大勢が困難に陥ってしまう。それを人間の歴史の中では繰り返されてきています。

本作は仲間や隣人を大切に思う気持ちが平和で幸せに繋がることを教えています。そして、もし困難なことがおきても協力し合い、勇気を持って挑戦すれば乗り越えられることを子供達に伝えているのです。

情報過多でどれが本当で何が嘘なのか見分けのつかない現代において、子供も大人も情報に振り回され本質を見抜けなくなっています。

この映画は親の言いつけを守ることや先人たちの知恵を信じ考えることも重要だと気づかさせてくれます。

親の気持ちと子供の目線で観ることで、鑑賞後は親子で考えを語り合える良い映画だといえるでしょう。

関連記事

アニメ映画

映画『海獣の子供』あらすじネタバレと感想。人気漫画が原作の圧倒的映像スペクタクル!

アニメ映画『海獣の子供』は、2019年6月7日(金)より全国ロードショー。 独自の世界観でファンを魅了し続ける五十嵐大介の初長編漫画『海獣の子供』が長編アニメーションとして映画化。 本作のアニメーショ …

アニメ映画

映画『君の名は。』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2016年の日本映画界は大豊の収穫祭ですね。中でも年間の映画興行ランキングの第1位は、もちろん歴代邦画興収ランキング2位にとなる快挙。 ちなみに、12月初旬現在『君の名は。』は、『スター・ウォーズ/フ …

アニメ映画

『この世界の片隅に』動画視聴方法。海外感想と片渕須直監督の言葉

映画『この世界の片隅に』が昨年2016年11月12日から公開され、今だロングラン上映中ですが、まもなく1年を迎えます。 先のキネコ国際映画祭2017では、キネコグランプリの日本作品の長編Feature …

アニメ映画

映画『犬ヶ島』あらすじネタバレと感想。ラスト結末【考察された日本文化】

映画『犬ヶ島』は、5月25日より全国ロードショー! 『グランド・ブダペスト・ホテル』や『ファンタスティックMr.FOX』など、マニアックなまでの人気を博したウェス・アンダーソン監督。 日本を深く愛する …

アニメ映画

映画『モアナと伝説の海』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

『アナと雪の女王』や『ズートピア』など、次々とヒット作を生み出しているディズニー・アニメーション・スタジオの新作です。海の向こうに憧れを抱いて暮している小島に住む一人の少女が、ある使命を担い冒険に出る …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学