Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

Entry 2019/03/07
Update

【ネタバレ感想】スパイダーバースは新感覚ヒーロー映画!スパイダーマンがアメコミのまま動き出す

  • Writer :
  • 白石丸

『スパイダーマン:スパイダーバース』は2019年3月8日(金)公開

スパイダーマン史上初のアニメ映画にして、アカデミー賞受賞の歴史的傑作の誕生です。

多次元のスパイダーマンが一堂に会する最高のエンタメにして、ヒーローとは何かを問う映画『スパイダーマン:スパイダーバース』を解説します。

スポンサーリンク

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の作品情報

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Spider-Man: Into The Spider-Verse

【監督】
ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン

【キャスト】
シャメイク・ムーア、ジェイク・ジョンソン、ヘイリー・スタインフェルド、ニコラス・ケイジ、キミコ・グレン、ジョン・モラニー、マハーシャラ・アリ

【作品概要】
50年以上の歴史を持つアメリカを代表するヒーロー、スパイダーマンシリーズ初のアニメ映画。

第91回アカデミー賞にて長編アニメーション賞を受賞しました。

監督はCGアニメ映画『ガーディアンズ 伝説の勇者たち』(2012)で注目を浴びたピーター・ラムジーとボブ・ペルシケッティ、ロドニー・ロスマンの3人体制。

脚本は『LEGO ムービー』(2014)のフィル・ロード。

主人公マイルスの声は人気歌手のシャメイク・ムーアが務めます。

そして、ヘイリー・スタインフェルド、『グリーンブック』(2019)でアカデミー助演男優賞を受賞したマハーシャラ・アリ、そしてアメコミ大好きな大御所スターのニコラス・ケイジと豪華出演陣が集まりました。

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』のあらすじとネタバレ

ピーター・パーカーは特殊なクモに噛まれて以来10年間、ヒーロー・スパイダーマンとしての生活を送っていました。

一方、中学生のマイルス・モラレスは、警察官の父の教育方針で寮制の進学校に転校させられ、友達もできず馴染めない日々を送っていました。

毎日の勉強に疲れたマイルスは、わざとテストで酷い点を取って退学になろうとしますが、教師に見抜かれて咎められます。

ある日の授業で遅刻したマイルス。

嫌味を言う教師に彼が冗談を言うと、同じく最近転校してきたグウェンという女の子だけが笑ってくれました。

宿題に疲れたマイルスは仲のいい独身の叔父、アーロンの家に行きます。

グウェンのことを相談すると、「よお!っていって自然に肩を触ればいいんだよ」と教える叔父。

叔父は自由奔放に生きており、兄であるマイルスの父や親戚からは疎まれていましたが、マイルスはそんな彼が大好きでした。

叔父はスプレーアートが好きなマイルスのために、地下鉄の線路の奥にある秘密のスペースに連れて行ってくれます。

そこで、スプレーを好きなだけやっているとマイルスに変な色をした蜘蛛が飛びつき、噛みついてきました。

すぐに蜘蛛を叩き潰し気にしていなかったマイルスでしたが、翌朝から異変が起こります。

着ていた服がきつくなり、周りの人間の声がいつもよりクリアに聞こえ、そして手が色んなものにくっついてしまいます。

それでも何とか誤魔化して過ごしていましたが、叔父のアドバイス通りに「よお」とグウェンの肩を押そうとしたら、彼女の髪に手がくっついてしまいました。

髪を無理やりハサミで切り取ったため、グウェンは変な髪形になってしまい、気まずい雰囲気に。

マイルスは耐えきれず学校を飛び出そうとしますが、警備員に追われた挙句、窓から脱出します。

信じられないことに彼の足は建物の外壁にくっつくようになっていました。

スパイダーマンのコミックスを読んだマイルスは、特殊能力に目覚めるまでのエピソードが今の自分と酷似していることに気づきます。

「スパイダーマンが2人いるわけない」

マイルスは刺されたクモを見に行こうと地下鉄の奥に向かいます。

彼がそこで蜘蛛の死骸を見ていると、地下から大きな音がします。

地下ではスパイダーマンが巨大なヴィラン、グリーンゴブリンと戦っていました。

グリーンゴブリンに命令をしているのは街の犯罪組織のボス・キングピン。

彼は装置を使い異次元への道を開こうとしており、スパイダーマンはそれを阻止しようとしていました。

戦いに巻き込まれたマイルスはスパイダーマンに助けられます。

スパイダーマンは装置を止めるUSBを差し込もうとしますが、装置は誤作動を起こし、異次元への扉が開いて地上の街にも地震が起きてしまいます。

マイルスは吹き飛ばされたスパイダーマンに駆け寄りますが、彼は瓦礫に挟まれ動けず、マイルスにUSBを託します。

その後、怒り狂ったキングピンにスパイダーマンは殺されてしまいました。

マイルスもキングピンの手下のプラウダーという覆面の怪人に追われますが、身体能力を駆使して逃げ切ります。

マイルスは学校ではなく自宅に戻ります。

父にスパイダーマンは好きかと聞くと、彼は自警団気取りの奴は好きじゃないと返しました。

その後、スパイダーマンが地震による事故で死んだというニュースが流れ、NYは悲しみに包まれます。

死後初めて、彼の正体は26歳男性のピーター・パーカーだと明かされ、彼の妻MJや育て親のメイ叔母さんがニュースに出ていました。

マイルスは思わず、アメコミグッズ屋でコスプレのスパイダースーツを手に取ります。

サイズが合わないかもと店主に言うと、「いずれ合うようになるさ」と言われました。

スパイダーマンの追悼式では、MJの「彼は逝きましたが、私たち一人一人がスパイダーマンなのです」というスピーチをスパイダースーツを着た大勢の人々が聞いていました。

マイルスは自分が新たなスパイダーマンになることを決意し特訓を始めますが、ビルからビルへ飛び移るのを失敗し、預かったUSBを壊してしまいます。

夜、ピーター・パーカーの墓に謝りに来たマイルスの肩が誰かに掴まれます。

それは異次元が開いたことでやってきてしまった、別の世界のスパイダーマン、ピーター・B・パーカー。

彼はMJとは離婚、メイ叔母さんとは死別し、体が衰え極貧の中でヒーロー活動をしていた36歳のさえないスパイダーマンでした。

マイルスは事情を話し、協力を頼みます。

ピーターは能力を使いこなせていないマイルスに協力するのを嫌がりましたが、元の世界に戻るために仕方なく引き受け、マイルスのコーチをしながらキングピンの研究所に忍び込むことにします。

目的は組織の研究データが入ったPCを盗み出し、またUSBを作ること。

木から木へ飛び移ることもできないマイルスでしたが、彼には手から電気を出したり透明になる能力があると分かります。

ピーターは手際よくPCのところまでやってきますが、そこで組織の科学者の女性に見つかってしまいます。

彼女は6本の機械のアームを自在に操るヴィラン、“ドクターオクトバス”(ドッグオク)でした。

彼女の猛攻を避けていると、白いスーツのスパイダーマンが現れ2人を救います。

白いスパイダーマンの正体はグウェン。

彼女も異次元を開く実験のせいで外界からやってきたヒーロー“スパイダー・グウェン” でした。

特殊な直観力を持った彼女は、マイルスと同じ学校に入り、そこでスパイダーマン化して学校の壁に貼りつく彼を目撃していたんです。

その頃、キングピンはスパイダーマンたちの始末を配下に命令していました。

キングピンには、スパイダーマンと戦ったせいで、隠していた裏家業の姿を妻と子供に目撃された過去がありました。

愛想を尽かせて家を出て言った妻子は直後に交通事故死。

彼は妻子に再び会うために異次元を開こうとしていました。

一方、マイルスたち3人は何か糸口を掴めないかとメイ叔母さんの家に行きます。

メイ叔母さんは、死んだはずのピーターがいることに驚きますが、すぐに別次元のピーターだと理解します。

彼女は3人を、亡くなったピーターが使っていた倉庫に連れて行きます。

そこにはかつて彼が使っていた沢山のスパイダースーツがあり、さらに別次元からやってきた3人のスパイダーマンがいました。

1933年の白黒の世界からやってきたパイダーマン・ノワール、遥か未来からやってきたスパイダーマン型ロボを操る女子高生のペニー・パーカー、動物が喋るカートゥーンの世界からやってきた豚のスパイダー・ハム。

彼らは環境の変化によって細胞が死滅に向かっており、死ぬ前になんとか元の世界に戻ろうとしていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『スパイダーマン:スパイダーバース』ネタバレ・結末の記載がございます。『スパイダーマン:スパイダーバース』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

キングピンの装置を起動させてみんなが帰った後に、誰かが装置を停止させる必要があるため、この世界の住人マイルスが立候補しますが、経験が浅いため反対を受けます。

マイルスは糸の出し方や粘着能力の使い分けもできず、透明能力も自分の意志で出すことができません。

落ち込んだマイルスは倉庫を飛び出してアーロン叔父さんの部屋に向かいますが、叔父は不在。

そこにプラウダーが入ってきたのでマイルスは慌てて隠れます。

プラウダーはキングピンと電話をしていました。

「あのガキのスパイダーマンは俺が始末します」そう言ってマスクを外すプラウダー。

彼の正体はアーロン叔父さんでした。

マイルスはショックを受けながらメイ叔母さんの家に戻り、ピーター達に叔父のことを話します。

と、そこに後をつけてきていたプラウダーやドッグオク、その他のヴィランが襲い掛かってきます。

スパイダーマンたちが戦う中、マイルスは何もできず、家の屋根まで逃げたところにプラウダーがやってきます。

殺されそうになったところでマイルスは覆面を外し「叔父さん!僕だよ」と叫びました。

プラウダーは甥に手を出せず見逃がそうとしましたが、裏切り者を許さないキングピンに背後から射撃され、彼は倒れます。

路地裏まで叔父を連れて逃げたマイルス。

叔父は「お前は家族の誇りだ。まっすぐ進め」と伝え、息絶えました。

そこにパトロールをしていたマイルスの父がやって来たため、マイルスは再び覆面をして逃げます。

弟をスパイダーマンに殺されたと思った父は悲しみ怒ります。

寮へ戻ったマイルスが一人落ち込んでいると、他のスパイダーマンたちがやって来ました。

彼らもヒーローとして活動を始める前に、叔父、父親、親友など、大切な人を失っていることを打ち明けました。

彼らはもう行かなければと窓から出ていきます。

残ったピーターは、糸でマイルスを椅子に縛り付けました。

自分が残って装置を止めると告げるピーター。

マイルスが「僕にはできないって言うの?いつになればスパイダーマンになれるんだ!」と反抗すると、ピーターは「なれるかはわからない、けど信じて翔ぶんだ」と言い残して出て行きました。

その直後、寮にマイルスの父がやって来ます。

彼はドア越しにアーロンが死んだことを伝え、自分がマイルスに理想を押し付けていたことを謝って、お前は自分の選択をしろと告げて去っていきました。

それを聞いたマイルスはついに自分の意志で手から電気を出して糸を断ち切り、メイ叔母さんの家に向かいます。

亡きピーターお気に入りのスーツを受け取ったマイルスは、赤と黒のスプレーでペイントし、それを着こんで出発します。

5人のスパイダーマンたちはキングピンの研究所でヴィランたちと戦っていました。

ピーターはドッグオクに手こずりますが、そこに透明化を使えるようになったマイルスが現れ彼女を倒します。

他のヴィランもみんなで倒した後、ピーター達は成長したマイルスに装置の制御を任せ、それぞれの次元に戻っていきました。

ピーターは「俺も信じて飛ぶよ」と行って帰っていきます。

計画を邪魔されたキングピンはマイルスに襲い掛かってきます。

多次元が入り混じったことにより吹き荒れる嵐。

死闘を繰り広げる2人を、マイルスの父が目撃し、応援を要請します。

キングピンは嵐の中に別次元の妻子を見つけますが、暴力を振るっている彼を見た妻子は怯え、再び逃げ去ってしまいました。

絶望と怒りに苛まれたキングピンはマイルスを捕らえ殺そうとします。

マイルスはアーロンの言葉を思い出し、「よお!」と言ってキングピンの肩を掴み、高圧電流を流しました。

マイルスは装置を停止させた後、父に電話をし、今の学校に通い続けると告げます。

スパイダーマンは思っていたような悪人ではなかったと言う父。

スパイダーマンとして父の前に現れたマイルスは「また一緒に戦おう」と彼に抱きつき、跳び去ります。

父が振り返るとビルとビルの間に蜘蛛の巣が張られ、拘束されたキングピンがぶら下がっていました。

マイルスは2代目スパイダーマンとして活動を始めます。

彼は「僕は特別じゃない。誰だってマスクは被れる。それに孤独になった時は一人じゃないって思いだすんだ。」と語ります。

他の次元のスパイダーマンも以前より活躍していました。

ピーターは勇気を出して別居していたMJに花束を持っていきます。

そしてある日、マイルスの脳にテレパシーでグウェンの声が聞こえてきます。

「もしもしマイルス!?今ひま?」

彼は笑みを浮かべました。

スポンサーリンク

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の感想と評価

スパイダーマン史上初のアニメ映画にしてアカデミー長編賞アニメーション賞を受賞した本作。

それも納得、斬新で超ハイクオリティなアニメーションと、その手法を使ってヒーローとは何か、スパイダーマンとは何かを問うメタ的かつ熱い映画になっていました。

アニメーション並びにアメコミの映画化というジャンルにおいて決定的な分岐点となる作品ではないでしょうか。

革命的アニメーション

まずとにかく凄いのはアニメーション。

実写と見まがうようなリアルすぎる3Dの風景の中を敢えて2Dのアメコミっぽい絵のキャラクターたちが所狭しと動き回る今まで見たことないような映像が全編にわたって繰り広げられます。

ソニーピクチャーズはこの革新的技術を特許出願しています。

YouTubeの予告編や本編映像を止めて見れば分かりますが、物凄く良く動くアニメーションでありながら、どのコマを切り取っても一枚絵としてかっこよく構図がキマっているのも特徴。

アメコミならではの擬音表現や「To be continued」のような文字もそのまま画面に登場してくるので、アメコミを読んでいてそのまま絵が動き出したかのような感覚に襲われます。

また、途中からは明らかに絵柄も世界観も違うキャラクターたちが登場します。

彼らが同じ画面で違和感なくアクションを繰り広げるという、技術の発達ゆえに出来るすさまじいシーンも続き、このアニメーションだけで賞を与える価値があると思わされます。

アメコミを読んだことがない人でもアメコミを読むという感覚を追体験させてくれる革命的表現です。

“等身大のヒーロー”スパイダーマン

しかし上記の表現手法は単なる技術のひけらかしではなくスパイダーマンというヒーローの本質を突くためのものです。

スパイダーマンは昨年亡くなったマーベルコミックスの顔といえる編集者スタン・リーの原案と、作画家スティーヴ・ディッコのデザインで1962年に誕生。

以来、最も親しみやすいアメコミキャラクターの1人として世界中で愛されてきました。

日本で一番ヒットしたアメコミ映画も、いまだに実写版の最高傑作と言われるサム・ライミ監督の「スパイダーマン」3部作。

なぜスパイダーマンは人々に愛され共感を集めるのか。

彼は他のコミックヒーローと違い、超能力を持つ異星人でも、正義感に燃える格闘スキルを持った大金持ちでも、天才発明家でも、神の血族でもない、たまたま特殊能力を手に入れた市井の人間です。

何者でもなかったオタク高校生が能力に目覚め、等身大の人間として悩みながらもヒーローとして頑張る姿は大勢の人々を勇気づけてきました。

スタン・リー自身も、かつてはやせっぽちのオタクでユダヤ系という出自ゆえに差別を受けながら育ってきた過去があり、スパイダーマンはそんな彼の人格を投影したものでした。

神話のような超人たちではなく、コミックや映画を見ている側の人間が自らの選択でヒーローになる話を彼は作ったのです。

本作『スパイダーマン:スパイダーバース』のアニメーション手法は、ただの人間がアメコミの世界でだんだんとヒーローになっていく物語を追体験させるためのもの。

MJが「あなたたち一人一人がスパイダーマンなのです」と語るシーンもありますし、マイルスが初めてスパイダースーツを買った時に「いずれサイズは合う」=「君もスパイダーマンになれる」と言ってくれる店主はスタン・リーそっくりだったりと「誰だってヒーローになれる」というメッセージを周到に仕込んでいます。

そして重要なのはマイルスがいつ“真のヒーロー”になったのかという点です。

本作のアニメ表現がアメコミ的になっていくのはマイルスが蜘蛛に噛まれてからですが、あれは能力に目覚め、アメコミの世界観に入っていったきっかけに過ぎません。

彼が本当の意味でヒーローになるのはアーロンおじさんという大事な人を失い、父から自分の選択をしろと言われるシーンです。

能力を得たから、事件に巻き込まれたからではなく、自分の力を人のために責任もって使うと決意したからこそ、特殊能力が使いこなせるようになります。

ただ特殊能力を持つだけではヴィランと同じ、ヒーローになるためには心が大事なんだとわかります。

そしてそれはマイルスだけでなく、ほかのスパイダーマン達も同じ。

みなコミックに登場したキャラクターですが、ロボを操作する少女や喋る豚など馬鹿馬鹿しく見えてしまう存在が多いです。

しかし、彼らもそれぞれ大事な人を失い、それを乗り越えて戦ってきた正真正銘のスパイダーマンの魂を持っています。

そしてキャッチコピーのとおり「運命を受け入れて」現実と戦うスパイダーマンたちと対になる悪役として、妻子が死んでしまった現実を受け入れられないキングピンの存在も重要です。

次元を変えて選択を変えても、自分が変わらない限り結果は同じになるとわかるシーンもあり、「選択をしてからどうするかが大事」という普遍的なメッセージも伝わってきます。

楽しく何でもアリのアメコミの世界観を再現しながら、本質的なヒーロー論、人生論を問う奥深い傑作です。

まとめ

本作の脚本・製作を担当したのは『21ジャンプストリート』(2012)『LEGO ムービー』(2014)の監督や『レゴバットマン ザ・ムービー』(2017)の製作を担当したフィル・ロード&クリストファー・ミラーのコンビ。

彼らはフィクションの世界をメタ的に俯瞰しギャグも飛ばしながら、その本質を問う熱いメッセージをぶつけてくる作家で、『スパイダーマン:スパイダーバース』の成功は彼らの功績が大きいと思います。

本作のおかげでみんなの「親愛なる隣人」でありながら孤独な存在だったスパイダーマンが、それぞれに一人ぼっちではないと知ることができました。

そしてこの映画を象徴するスタン・リーの名言や彼に対する献辞がエンドロール中に出るので、最後まで席は立たないでくださいね。

関連記事

アニメ映画

ゴジラアニメ『GODZILLA怪獣惑星』あらすじとネタバレ感想!

映画『シン・ゴジラ』は地上波放送され、この度、初のアニメシリーズとして描かれた『GODZILLA 怪獣惑星』。 『シン・ゴジラ』のスケールを遥かに上回る、その迫力と脅威と絶望っぷりに、度肝を抜かれるこ …

アニメ映画

劇場版「フリクリ プログレ」あらすじと感想!ヒドミとオルタナのカナブンの比較で映画をより楽しむ

第1弾となる劇場版「フリクリ オルタナ」は、9月7日(金)公開中、そして第2弾の劇場版「フリクリ プログレ」は、9月28日(金)公開! 普通な日常を過ごしているヘッドフォンをつけた少女ヒドミ。彼女があ …

アニメ映画

映画『耳をすませば』あらすじネタバレ感想。近藤喜文の最初で最後の監督作品を解説

映画『耳をすませば』は、1995年に公開されたスタジオジブリの長編アニメーションで、これまでジブリ作品のキャラクターデザインや作画を支えてきた大黒柱・近藤喜文が初監督を務めた作品です。 漫画家・柊あお …

アニメ映画

崖の上のポニョ|あらすじネタバレと感想!ラスト考察キスの真相は

“生まれてきてよかった”や“子どもの頃の約束は、永遠に忘れない”などのキャッチコピーで、2008年に公開された宮崎駿監督の劇場アニメ『崖の上のポニョ』。 海沿いの街を舞台に人間になりたいことを願った魚 …

アニメ映画

おおかみこどもの雨と雪|動画フル無料視聴!Anitubeよりも確実に

映画『おおかみこどもの雨と雪』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます! ↓今すぐ『おおかみこどもの雨と雪』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓ (C)2012「おおかみこど …

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP