Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2021/07/17
Update

竜とそばかすの姫|ネタバレあらすじ感想と結末の解説考察。竜の正体も明かされて圧倒的な歌唱力と映像美で人間の二面性を描く

  • Writer :
  • 糸魚川悟

圧倒的な映像美と楽曲の魅力が冴え渡る新たなサマーアニメ!

時をかける少女』(2006)と『サマーウォーズ』(2009)の大ヒット以降、「夏アニメの代名詞」とさえ呼ばれるようになった日本のアニメ映画監督の細田守。

彼の描く独特な世界観を持った映画は世界でも人気を集め、2019年に公開された映画『未来のミライ』ではアカデミー賞を始めとした各国の主要な映画賞にノミネートするなど高い評価を受けました。

今回は、前作から3年の月日を経て、細田守が放つ最新のサマーアニメ映画『竜とそばかすの姫』(2021)をネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

アニメ映画『竜とそばかすの姫』の作品情報


(C)2021 スタジオ地図

【公開】
2021年(日本映画)

【監督】
細田守

【脚本】
細田守

【キャスト】
中村佳穂、成田凌、染谷将太、玉城ティナ、幾田りら、森川智之、津田健次郎、小山茉美、宮野真守、森山良子、佐藤健

【作品概要】
『劇場版デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』(2000)の完成度の高さから一躍有名となり、『サマーウォーズ』の商業的成功から日本のアニメ映画を牽引する存在となった細田守が、監督を務めた6作目の長編映画。

主人公すずの声をシンガーソングライターの中村佳穂が演じ、公開間際まで仮想空間「U」でのお尋ね者「竜」を演じた佐藤健が隠されていたことも話題となりました。

アニメ映画『竜とそばかすの姫』のあらすじとネタバレ


(C)2021 スタジオ地図

世界的シェアを誇る仮想空間「U」。

「U」ではボディシェアリング・デバイスを通じてユーザーの生体情報が認識され、空間内におけるアバターとなる存在「As(アズ)」が自動生成されます。そしてユーザーは身体の認知機能を自身のAsと同期させることで「U」を自由に行動することができます。

高知県の片田舎に住む女子高生のすずは幼い頃は歌が好きな少女でしたが、母が増水した川に取り残された少女を助けるために川へ飛び込み死亡してからは歌に強いトラウマを抱え、高校に進学してからもクラスで浮いた存在になっていました。

ある日、友人の弘香に誘われ「U」を始めたすずは、同学年のマドンナ的存在である瑠果に似た輪郭に自身の特徴であるそばかすの着いたアスが用意され困惑しますが、システムの誘導に従い「ベル」と言うハンドルネームで「U」へとログインします。

デバイスがリンクした人間の深層的な力を吸い上げる「U」では現実世界で歌うことのできないすずも歌うことができ、「U」へとログインしたその場ですずは自身が作曲した歌を歌いました。

誰に習ったわけでもないすずの歌は周りのユーザーから馬鹿にされますが、歌唱力と頭に残るメロディが評価を受け、すず=「ベル」のフォロワーは瞬く間に増え始めます。

数ヵ月後、インターネットの世界を熟知する弘香のプロデュースによってベルは世界的歌姫と呼ばれるまでにフォロワーを増やしており、ネット上ではベルのファンとアンチが常に湧き上がっていました。

ベルの人気とは裏腹にすずは冴えない自身の正体を隠しており、母の死以降まともに口を聞いていない父親や、一緒にいるだけで学校内の女子から嫉妬の対象とされる幼馴染の忍との関係性に悩みながら鬱々とする日々を過ごしていました。

ベルの数億人規模による初ライブが開催される日、ベルの歌う会場に背中に多くの痣がある謎のAs「竜」が乱入し、「U」を護る自警団を自称する組織「ジャスティス」との激しい戦いによってライブが中止となってしまいます。

翌日、ライブの中止に怒る弘香は竜の正体を突き止めるべく、過去に「U」内で竜と接触を持ったことのある人間に話を聞きますが、分かったことは抑圧された「強い暴力性」を秘めている人間だということだけでした。

「U」内の格闘技界で有名だった竜は、ベルのライブの騒動でさらに認知度を上げ、竜と似た痣のタトゥーを掘るアーティストやネット上で強い暴力性を見せる貴婦人、そして自身の裸身を決して見せようとしないメジャーリーガーなど、さまざまな人間が「竜の正体では?」と疑惑をかけられていきます。

ある日、弘香の見つけ出した情報から1人で竜の隠れ家とされる「城」へと向かったベルは、妖精のような姿をしたAIたちに行く手を阻まれながらもついに城へとたどり着き、その中で竜を見つけます。

竜はベルに対しても強い暴力性を露わにしますが、同時に他者を想う優しさも見せ、ベルは竜の抱える心の闇に触れようとする中でお互いを理解していきます。

現実世界では、すずは母を亡くしてから自身のことを常に心配してくれる忍を好きになる一方で、日陰の存在である自分が人気者の忍と釣り合わないことを理解していました。

底抜けに前向きゆえに、同級生から馬鹿にされているカヌー部の「カミシン」こと慎次郎と忍の帰り道に遭遇したすずは、忍とお似合いの存在である学校の人気者・瑠果に恋の相談を受けたことをきっかけに、忍に「もう構わないで良いよ」と吐き捨て泣き崩れてしまいます。

「U」の中で竜と関係を深めるベルでしたが、竜の隠れ家に出入りしていることを知ったジャスティスのリーダーであるジャスティンによって捕縛され、「U」内にて生成されたAsの姿を消滅させ、その「オリジン」=現実世界の本来の姿へと戻してしまう武器「アンヴェイル」を突きつけられ、竜の居場所を教えるよう脅迫されます。

ジャスティンは竜の「オリジン」にあたる人間の現実世界での姿を公に晒し、竜を社会的に抹殺しようと考えていましたが、ベルは竜を保護する役目を担っていたAIたちに助けられ、何とか窮地を脱します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『竜とそばかすの姫』のネタバレ・結末の記載がございます。『竜とそばかすの姫』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 スタジオ地図

瑠果がすずの家を訪れた日、すずは瑠果の恋の相手が慎次郎であることを知り、その後彼女と慎次郎をくっつけることに成功。しかしその帰り道で遭遇した忍に、すずと「ベル」が同一人物だとバレていたことが分かり、すずは絶望しその場を逃げ出してしまいます。

さらにジャスティンによって竜の城が突き止められ、破壊されていると弘香から連絡を受けたすずは彼女と合流。「U」へアクセスし竜の城へ向かいますが、竜の姿を見失ってしまいます。

竜の正体が公になると彼の身に危険が迫ると考えたベルは竜を探しますが、ライブ騒動以降、公の場に姿を現さなかったベルを見つけたファンたちに取り囲まれ、身動きがとれなくなってしまいます。

それでもすずは、弘香と共に竜の「オリジン」を探し出すことにします。そして自身が「ベル」として竜と心を通わせた際の印象から「孤独な環境下で抑圧され続けている子ども」が竜の正体ではと感じたすずは、ネット上の竜に関する動画の中から、かつて一度だけ竜に対してだけ歌った曲をなぜか口ずさんでいる少年・トモのライブ配信動画を見つけ出します。

「母を亡くし、それでも良き父親と共に生活している」とかつてニュースで紹介されていたその少年には14歳の兄・恵がいましたが、ライブ配信の映像を通じて、兄弟が父親によって激しい虐待を受けていることが判明します。

弟を庇う兄・恵の姿を見たすずは、「『強い暴力性』をもたらす過度な抑圧」「孤独な環境」「過度な抑圧と他者を想う優しい心が生む自虐性」という竜の特徴を感じとり、彼こそが竜の正体だと確信し連絡を試みます。

「ベル」と名乗り通話するすずでしたが、これまで多くの人々に裏切られてきた恵に信じてもらうことは出来ず、自分たちの過酷な現実を面白がる人間のひとりに過ぎないと勘違いされ、強く拒絶されてしまいます。

すずの力になるために駆け付けた忍は、「彼の心を開くためには、すずが『ベル』であることを証明する必要がある」と考え、そのためには「U」内で素顔を明かし、「すず」の姿で「ベル」の歌声を披露するしかないと提案。弘香は「ベル」として積み上げたイメージの重要性とすずの精神的状態を心配し、反対しようとします。

しかし意を決したすずは、ベルの動向を見張っていたジャスティンにわざと「アンヴェイル」を撃たせて「ベル」としての姿を捨て、「U」の中で現実世界での姿を明かします。

美しい「ベル」の姿が消えたことで観衆は動揺しますが、すずが亡き母を想った曲を全力で披露したことでその想いは観衆たちに広まり、結果的に大成功を収めます。

その様子を見た「竜」=恵とトモの兄弟はすずが「ベル」であると信じ、自身の住所を知らせようとしますが、騒動などを察知した父によってライブ配信を終了させられ、音信不通となってしまいます。

絶望的になってしまった兄弟の捜索。しかし瑠果がライブ配信の映像で流れていた2種類の夕方の時報メロディに、慎次郎が配信場所の部屋小窓から見えた景色に気づき、兄弟の居住地情報を絞り出すことに成功します。

情報を手がかりに、すずは単身、高知県から東京にある兄弟が暮らす家まで急行。雨の降る住宅街を必死に走り続ける中で、すずは「竜」=恵とその弟・トモと現実世界で対面します。

やがて追いかけてきた兄弟の父に暴力を受けるすずでしたが、怯むことなく立ち向かったことで、兄弟の父は気圧されてしまいその場を逃げ出しました。

その様子を目の当たりにした恵は、ただ耐えることしかできなかった父親からの暴力に立ち向かうことを決意し、「ベル」に勇気を貰ったとすずに感謝の言葉を伝えます。そしてすずも、「竜」のおかげで自分は変わることができたと恵に感謝の言葉を伝えました。

東京から高知へと戻ったすずは、駅に迎えに来た自身の父と久しぶりに会話をし、一緒に夕飯を食べることを約束します。またその帰り道、同じくすずを迎えに来てくれ、強くなった彼女を目にした忍に「これで心配せずに普通に付き合うことができる」と告白されます。

その後、合唱隊の練習の中で、亡き母の友人でもあるメンバーたちにリードボーカルを頼まれるすず。現実世界で歌を歌えない原因となっていた過去の記憶を払拭することができた彼女は、にこやかにそれを了承しました。

スポンサーリンク

アニメ映画『竜とそばかすの姫』の感想と評価


(C)2021 スタジオ地図

現実と虚構を通じて描かれる「二面性」の物語

本作は『サマーウォーズ』と同様に「仮想空間」と「現実」を相互に描いた作品であり、設定の冒頭を聞いただけでは既視感を覚える方も多くいると思います。

しかし、本作では『サマーウォーズ』で描かれることのなかった匿名性の高いSNSにおける人間の闇が強く描写されており、「人間とその社会を学習し続けるAI」ではなく「人間同士」だからこそ起きる諍いが発生。

現実社会では大人しく真面目な人間が、匿名のインターネット上では攻撃的になるように、「自分」を形作っている人間関係を捨てることのできる場所では人はいつもは見せない別の顔を見せることがあります。

本作はそんな別の人間を演じることのできるインターネットにおける「二面性」を、仮想空間の中でのみトラウマを払拭できるすずのように肯定的に描く一方で、否定的にも描いており、『サマーウォーズ』の時代に比べ簡単にインターネットに触れることのできるようになった時代の心の変遷を鋭く映し出していました

歌姫を演じる中村佳穂の歌声


(C)2021 スタジオ地図

仮想空間内において歌姫としてブレイクすることとなる主人公のすずを演じたのは、シンガーソングライターとして活躍する中村佳穂。

その歌唱力は無名の存在が「歌姫」になっていく様子に確かな説得力を持たせるに充分すぎるほどであり、主題歌を始め彼女の歌唱シーンは「歌」そのものがひとつの演出になっていると感じるほどでした。

物語の開始からラストまでベルの歌は定期的に劇中で披露され、声優や俳優ではなく、なぜシンガーソングライターが起用されたのかが構成から伝わってくる本作。

音楽映画として高音質かつ大音響で楽しむことのできる、劇場での鑑賞を強くオススメする作品です。

まとめ


(C)2021 スタジオ地図

映画『竜とそばかすの姫』は、夏映画の代名詞とも言える細田守監督らしく夏の描写にもとことんこだわった作品。

自然の生い茂る田舎の風景と夏を感じさせる広大な入道雲。

夏を迎えるたびに鑑賞したくなる、サマー映画の定番となること間違いなしの本作をぜひとも劇場でご覧になってください。






関連記事

アニメーション

映画『レゴバットマン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

あのヒーローもあの悪者もみんなレゴになって大集合! 『LEGO ムービー』のスタッフが手掛けた『レゴバットマン ザ・ムービー』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『レゴバットマン …

アニメーション

劇場版マジンガーZ / INFINITYあらすじネタバレと感想。ラスト結末も

それは、神にも悪魔にもなれる――。 永井豪画業50周年記念して“元祖”にして“伝説”のスーパーロボットアニメ『劇場版マジンガーZ / INFINITY』が映画館で超復活を遂げました。 リアルタイム世代 …

アニメーション

映画『塔の上のラプンツェル』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【コロナ王国で“隔離”されたお姫様の運命とは】

映画『塔の上のラプンツェル』は ディズニー初の「3Dで描かれるプリンセスストーリー」 映画『塔の上のラプンツェル』は、グリム童話の『ラプンツェル(髪長姫)』を映画化したもの。ウォルト・ディズニー・スタ …

アニメーション

映画BLAME!ブラムあらすじと声優キャスト!VR体験どこで?

劇場アニメ『BLAME!(ブラム)』の公開を前に、VRコンテンツ体験が、2017年5月14日~6月15日の期間限定できる、VRシステム「HTC VIVE」正規取扱販売店のVR体験コーナーに登場! また …

アニメーション

Netflix映画『紅き大魚の伝説』ネタバレ感想と考察評価。中国アニメ界が紡ぐ精霊と人間による愛と成長の“運命”

「“恩”に報いることがそんなに罪なのか?」少女が掟を破ってまで守り抜いた少年の魂が、精霊と人間を繋ぐ伝説の物語となる 『紅き大魚の伝説』は、2016年に公開された中国のファンタジーアニメ映画作品。不思 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学