Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

Entry 2019/10/22
Update

『プロメア』映画評価。今石アニメが劇場4DX体感でさらに熱く【ネタバレあり】

  • Writer :
  • 糸魚川悟

『プロメア』4D版は2019年10月18日(金)より全国ロードショー!

どこまでもエンジン全開な独特のノリと勢いが特徴的であり魅力でもある作家、中島かずきが脚本を担当した作品の数々。

2019年5月24日に公開された中島かずきが脚本を担当した映画『プロメア』は、期待を裏切らないクオリティにより根強い人気を集めました。

そして人気が冷めやらぬ10月18日、演出効果を大量に導入した体感する映画として『プロメア』がスクリーンに再登場。

今回は4DXとして蘇った『プロメア』4D版(2019)の魅力をネタばれあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

映画『プロメア』4D版の作品情報


(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
今石洋之

【キャスト】
松山ケンイチ、早乙女太一、堺雅人、佐倉綾音、新谷真弓、古田新太、ケンドーコバヤシ

【作品概要】
過去に『天元突破グレンラガン』や『キルラキル』などのアニメーション作品で中島かずきとタッグを組み、大ヒット作を生み出してきた今石洋之が監督を務めた劇場版アニメ。

松山ケンイチ、早乙女太一、堺雅人など大物俳優たちが物語の主軸となるキャラクターたちの声優を務めたことでも話題となりました。

映画『プロメア』4D版のあらすじとネタバレ


(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

東京、サンフランシスコ、パリ、世界の主要都市で「バーニッシュ」と呼ばれる突如発火する新人種に変異する人間が現れ始めました。

バーニッシュの誕生に端を発し、世界の人口が半分になるほどの大災害「世界大炎上」が発生したことでバーニッシュは危険なテロリストであると認知されるようになります。

世界大炎上から30年の月日が経過し、巨大ビルが立ち並ぶ自治共和国「プロメポリス」では炎上テロを引き起こす過激派組織「マッドバーニッシュ」に対抗し、人命救助及び火災鎮火のための特殊組織「バーニングレスキュー」が設立されました。

高層ビルで大規模な火災が発生し、取り残された人を助けるため、イグニス率いるバーニングレスキューが出動。

レミーやバリスなど熟練の隊員が人命救助をする中、屋上に取り残された人を救うため新人隊員のガロがレスキューモービルに乗り射出されます。

東の島国の火消しに感銘を受けたガロはチームのメカニック、ルチアに特殊装備を作ってもらい、纏型の新装備を使い屋上の煙を取り払いました。

しかし、その場にマッドバーニッシュを率いるリーダーのリオとその配下が現れ、ガロとの激しい交戦の末、ガロによって捕らわれます。

遅れて到着した対バーニッシュ専門部隊フリーズフォースを率いるヴァルカン大佐と一触即発となるガロたちでしたが、無事リオは引き渡され人数の減ってきたマッドバーニッシュの最後の残党が逮捕されたことに市民たちは安堵します。

プロメポリスの司政官であり耐火構造素材など様々な研究で莫大な財を成したクレイ・フォーサイトは、かつて左腕を犠牲にしながらも火災現場からガロを救った英雄であり、ガロは彼を心より尊敬していました。

マッドバーニッシュのリーダーを捕らえた功績をクレイは称え、ガロに衆目の場で勲章を与えます。

一方、捕らわれたリオは収容所の中で過酷な人体実験を受けたことで、命を落としかけているバーニッシュの姿を目撃し、拘束具を破壊し全員を逃走させます。

バーニングレスキューの同僚アイナに勲章を自慢しながら行きつけのピザ屋で食事をするガロたちの前にヴァルカン大佐が現れ、ピザ屋の店員をバーニッシュの容疑で逮捕。

店員を庇おうとした店長まで拘束されるのを目撃し、ガロは居ても立っても居られず1人走り出してしまいました。

ガロを心配し駆け付けたアイナはガロと共に、彼が頭を冷やす際に来るとされる結氷化した湖にたどり着きます。

自分が暴走すると自分を助け勲章を授与したクレイの顔を潰すことになると理解しているガロは、冷静さを取り戻しますがその時、空に浮かぶバーニッシュの炎を目撃。

アイナに通報を指示すると、単身でバーニッシュの隠れ家である洞窟に忍び込みますがリオによって捕らわれてしまいます。

目を覚ましたガロはリオが息が絶えそうなバーニッシュに口移しで炎の力を与え蘇生を試みようとしている現場を見ます。

しかし、リオの試みは失敗し死亡した女性は灰となって消失。

リオの話によればバーニッシュは常に体内で身体が燃え続け、そのたびに組織の再生を繰り返しているため、死亡によって再生が止まると身体は灰になって消えるとのことでした。

体内の炎の衝動によって燃やすことを止められないとするリオでしたが、マッドバーニッシュは街で火災を起こす際には必ず生存者の退路を残し、むやみに殺戮を犯すことだけは絶対にしていないと言います。

訝しむガロでしたが、逆にリオはクレイの立ち上げたフォーサイト財団は逮捕したバーニッシュを人体実験に使い殺害している事実をガロに突きつけ、仲間のバーニッシュと共にその場を去っていきました。

アイナによって助け出されたガロは、自分の中の気持ちに実直に向き合うためにクレイのもとへと向かいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『プロメア』4D版のネタバレ・結末の記載がございます。『プロメア』4D版をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

バーニッシュを人体実験していること実態を直接クレイに問いかけるガロは、クレイの案内でフォーサイト財団の研究所に案内されます。

地球のマグマが活動的になったことで、近いうちに必ず地球が炎に飲まれ死の国になることを長年の研究によって突き止めていたクレイは、ある計画を始動させていました。

「パルナッソス計画」と呼ばれるその計画は、選ばれし1万人の市民を宇宙船「パルナッソス号」に乗せ、地球とよく似た環境の惑星「オメガケンタウリ」に移住する計画であり、パルナッソス号の移動のためにバーニッシュから発されるエネルギーを使ったワープエンジンが必要不可欠でした。

しかし、この計画は1万人の市民以外は見捨て、エネルギーを引き出す際にバーニッシュは命を使うと言う大量の犠牲を伴う計画であり、アイナの姉でありワープエンジンの開発者であるエリスを始め、クレイがその計画を率いていたことにガロは拒否感を示します。

直後、クレイはガロを殴り飛ばし拘束を命じると計画を急がせるためにエネルギー源となるバーニッシュの確保を急がせます。

熱源探知機から身を隠すため活火山付近に隠れ潜んでいたリオたちバーニッシュでしたが、突如フリーズフォースの奇襲を受けます。

わざと捕らえられることで収容所のバーニッシュを救ったリオでしたが、その行動を読まれ予めバーニッシュ内に密告者を用意されていたことでリオの行動は裏目に出てしまいます。

マッドバーニッシュの幹部の献身によりリオだけは活火山に吹き飛ばされ捕まらずに済みましたが、リオの怒りは頂点に達します。

炎の龍と化しプロメポリスを襲うリオにより、街の破壊と炎上が始まりました。

リオの攻撃によりガロの収容されていた独房の一部が破壊されたことで、ガロは街の消化にあたり出したバーニングレスキューの仲間と合流。

自身の機体を用い、クレイの施設に襲い掛かろうとしていたリオと対峙します。

クレイに復讐しようとするリオと、人を虐殺しないルールを守らせようとするガロはアイナが操縦する飛行機に回収された後に、頭を冷やすために湖へと落とされます。

リオの炎により溶けた湖の底には巨大な施設があり、アイナを含めた3人は謎の老人に施設内へと案内されます。

リオとガロのことを把握しているその老人はかつてバーニッシュを研究していたデウス博士の残したAIであり、クレイに殺害され耐火構造素材などの研究を奪取されたことやすべての真実を3人に伝えます。

バーニッシュが操る炎は「プロメア」と呼ばれる平行宇宙に存在する「生きたエネルギー」であり、30年前に生じた時空の歪みによって「炎」と言う形で現れ、同調した人間がバーニッシュとなったとのことでした。

バーニッシュとプロメアは強く結びついているため、パルナッソス号のワープのためにバーニッシュに強制的な苦痛を与えると即座に地下のがマグマ暴走し、地球は一瞬にして死の星へと変貌してしまうことを知る3人。

地球の存亡を託されたガロとリオは博士が開発したロボット「デウス・エックス・マキナ」に乗り込み、アイナと共に始動を始めたパルナッソス号へと突撃します。

度重なるガロとリオの攻撃に痺れを切らしたクレイは自ら操縦するロボットに乗り込み2人と対峙。

一方、アイナは自身の姉エリスにクレイの行ったデウス博士の殺害や、ワープにより地球が滅亡することを告げると、意を決したエリスはわざとエンジンに高負荷をかけ機械を破壊します。

クレイは自らが開発を指示した移住用兵器「滅殺開墾ビーム」などでガロとリオに対抗しますが、2人の不屈の精神に押され機体を破壊させられてしまいます。

しかし、本性を現したクレイは実はバーニッシュであり、ガロの家を焼いた張本人であることや目障りなガロを合法的に葬るために死亡率の高いバーニングレスキューへと赴任したことを話します。

クレイのバーニッシュとしての力はリオを上回り、リオをあっさりと確保するとガロに炎を浴びせ崖下へと転落させます。

リオをエネルギーの媒体とすることでエンジンの再始動を強行するクレイ。

バーニングレスキューの仲間に助けられたガロは、クレイの攻撃をリオの炎が守ってくれたことに気づき、決着を着けに行くこと決意。

エンジンを直接破壊するドリル型に改造された機体で壁を突き抜けエンジンを破壊することに成功したガロは、クレイの激しい炎を浴びますがリオの炎によってダメージを受けずクレイを殴り飛ばします。

消耗しきり命が付きかけているリオに口移しで炎を戻したガロ。

目を覚ましたリオは、エネルギーの媒体となる最中でより強くプロメアと同調したことで、世界で暴走を始めたマグマを止める手段を理解していました。

マグマの暴走はプロメアの不完全燃焼であり、完全に燃焼させることでプロメアをあるべき姿に戻せると言うリオの提言を信じたガロは2人で力を合わせ、バーニッシュ全員の力を一点に集中させます。

完全な燃焼となったプロメアの炎は人々を決して傷つけることなく宇宙全体を包み込み、燃焼しきったプロメアはリオたちバーニッシュの身体から去っていきました。

マグマの活動が引き安全となった地上で、自身の全てを賭けた使命を打ち砕かれたクレイを尻目に、リオとガロは拳を打ち合わせ崩壊した街の復興を元バーニッシュたちと共に行っていくことを約束するのでした。

スポンサーリンク

映画『プロメア』4D版の感想と評価


(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

派手さやノリを極めたような脚本と演出が人気の秘訣である今石洋之監督と中島かずき脚本作の数々。

本作も「天元突破グレンラガン」や「キルラキル」など一世を風靡した作品の良さしっかりと引き継いでおり、どこまでも突き抜けた力技すぎる脚本が作品の面白さへと繋がっていました。

しかし、本作はただ直接的すぎる脚本と言うだけではなく、その中には最大多数の最大幸福や選民思想、そして差別と奴隷などシビアな倫理観の問題がたっぷりと詰め込まれています。

エンタメ性も問題提起としても抜群な切れ味を持った、見事な脚本が光る秀作アニメーションと言える作品であり、主人公のガロを演じた松山ケンイチの「声優」としての優秀さも冴えわたる映画でした。

演出と見事にマッチした4DX欲張り体験


(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

本作はカラフルな配色や、ロボット変身、爆発など次から次へと画面で起きる物事が変容する画面効果により、映像から仕入れる情報だけで供給過多すら言える演出が魅力の1つです。

ですが、今回は4DXでの上映となったことで画面からだけではなく、座席や劇場全体からも情報が降り注ぐことになりました。

座席の揺れやエアの放出はもちろんのこと、そこかしこで煙が上がり、風は吹き荒れ、ライトは点滅。

一部劇場では劇中の炎上さながら熱風が常に身体に当たるなど、身体全体で『プロメア』の情報過多な世界を体感できます。

特に終盤の演出は4DXでの体感の見どころでもあり、4DX劇場に備わったほぼ全ての機能を1シーンで開放しており、まさしく今石洋之監督の世界を肌で感じ取ることが出来る欲張りな演出でした。

スポンサーリンク

まとめ


(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

いかがでしたか。

熱すぎる展開と演出が話題となった『プロメア』が4DXでの上映によりさらに過激に再登場

劇場でしか味わうことが出来ないこの体験を、ぜひとも上映期間内に劇場で楽しんでください!



関連記事

アニメ映画

アニメ映画『KUBOクボ/二本の弦の秘密』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

あなたの五感を刺激しながら“人が生きると強さ”と、“他者との絆”とは何かを描いた、ストップモーションアニメ『KUBOクボ/二本の弦の秘密』。 魔法の三味線と折り紙を操る独眼の少年クボ。母親の力によって …

アニメ映画

アニメ映画『フラグタイム』あらすじネタバレと感想・評価。百合漫画を原作に描く成長の物語

映画『フラグタイム』は、2019年11月22日により期間限定劇場公開。 女の子同士の恋愛を描いた『あさがおと加瀬さん。』のスタッフが贈る最新作、『フラグタイム』を紹介します。 2013年「もっと! V …

アニメ映画

【ネタバレ感想】『アヴリルと奇妙な世界』レビュー。宮崎駿リスペクトなスチームパンクアニメの魅力に迫る

家族と平和を求め、少女アヴリルが奇妙なパリの街を駆けめぐる! 2019年7月開催の「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019」(通称「カリコレ」)での限定公開で好評を博し、ユジク阿佐ヶ谷 …

アニメ映画

ひつじのショーン展広島美術館の開催期間と混雑情報まとめ

アードマン・アニメーションズ設立40周年記念「ひつじのショーン展」が、2017年7月15日から広島県立美術館にて開催されます。 『ひつじのショーン』は、もちろんですが!人気作品『ウォレスとグルミット』 …

アニメ映画

メアリと魔女の花Huluオリジナル番組で杉咲花たちが感想を語る!

映画『メアリと魔女の花』7月8日(土)全国公開直前! オリジナル・ミニ番組を7月3日(月)よりHuluの見どころを豪華出演者&制作陣が語るオリジナル・ミニ番組を7月3日(月)よりHuluにて、5日間連 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP