Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメ映画

Entry 2019/03/16
Update

短編アニメーションの多種多様な社会性にふれる。TAAF2019東京アニメアワードフェスティバル

  • Writer :
  • 加賀谷健

2019年3月8日(金)から3月11日(月)まで開催された、TAAF2019東京アニメアワードフェスティバルが閉幕。

世界各国から多種多様なアニメーション作品が毎年池袋に集結。

これだけの作品数をみられる機会はなかなかありません。

本稿では筆者が鑑賞した短編作品の中から見事受賞を果たした2作品をご紹介します。

スポンサーリンク

東京アニメアワードフェスティバルとは

 

東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)は、「新たな人材の発掘・育成、アニメーション文化と産業の振興に寄与することを目的」とした国際アニメーション映画祭です。

2014年より開催され、2019年で6回目の開催となりました。

日本国内で未興行のアニメーション作品を対象にした「コンペティション部門」、日本国内で発表されたアニメーション作品を対象とした「アニメ オブ ザ イヤー部門」、アニメーション業界への貢献を顕彰する「アニメ功労部門」が設置されています。

各部門にエントリーされたアニメーション作品が上映される劇場は、新文芸坐のほかにも、いくつかの会場があり、映画祭に訪れた観客は好きな作品を目当てに歩くことができます。

2019年TAAFの受賞結果

『アナザー デイ オブ ライフ』プロデューサーのJarosław Sawko


©︎Cinemarche

2019年のコンペティション部門には56の国と地域から793本もの応募数がありました。

長編コンペティション部門グランプリを受賞したのは、ポーランドのアニメ作品『アナザー デイ オブ ライフ』。

アンゴラ内戦の様子をワルシャワから出向いた記者カプシンスキの体験に基づき、アニメーション作品に仕上げました。


© 2017: Platige Films SP. Z O. O., Kanaki Films S. L, Walking the Dog BVBA, Wüste Film GMBH, Animationsfabrik GMBH, Arena Comunicacion Audiovisual S. L

しかもこの作品を魅力的にさせたのは、ドキュメンタリーとアニメーションが融合している作風です。

2人の監督ラウル・デ・ラ・フエンテとダミアン・ネノウが、それぞれ異なる特性で持ったドキュメンタリーとアニメーションという表現者の枠を超えた点に、高いクオリティが感じられるものでした。

そのほか、受賞結果は以下の通りです。

スポンサーリンク

コンペティション部門

長編アニメーショングランプリ『アナザー デイ オブ ライフ』
(ポーランド・スペイン・ベルギー・ドイツ・ハンガリー)

長編アニメーション優秀賞『パチャママ』
(フランス・ルクセンブルク・カナダ)

短編アニメーショングランプリ『花咲く道 11歳』
(ベルギー・オランダ)

短編アニメーション優秀賞『聖者の機械6–前へ進め』
(スペイン・フランス)

短編アニメーション豊島区長賞『黄昏のクインテット(五重奏)』
(中国)


©Realwood Stop Motion Studio

アニメ功労部門

キャラクターデザイナー 大河原邦男(代表作:『機動戦士ガンダム』他)

アニメーター 小林治(代表作:『新・ど根性ガエル』他)

脚本家 酒井あきよし (代表作:『新造人間 キャシャーン』他)

声優 杉山佳寿子 (代表作:『アルプスの少女ハイジ』他)

プロデューサー・プロダクション設立者 高橋茂人 (代表作:『山ねずみロッキーチャック』他)

撮影監督 高橋宏固 (代表作:『あしたのジョー2』他)

監督 鳥海永行 (代表作:『ニルスのふしぎな旅』他)

アニメーター 二宮常雄 (代表作:『いなかっぺ大将』他)

脚本家 深沢一夫(代表作:『母をたずねて三千里』他)

歌手 堀江美都子(代表作:『キャンディ・キャンディ』他)

アニメ オブ ザ イヤー部門

作品賞劇場映画部門『名探偵コナン ゼロの執行人』

作品賞テレビ部門『ゾンビランドサガ』

アニメファン賞『BANANA FISH』

おすすめの短編部門からアニメ作品『聖者の機械6–前へ進め』(2018)

まず傾向として言えるのは、やはりその時代の社会性が反映されたものが面白ということです。

これは実写映画もアニメーション映画も変わりなく、映像表現に共通しています。

コンペティション部門短編アニメーション優秀賞を受賞したスペインの『聖者の機械6–前へ進め』は、未知の技術が到来した未来を鋭く照射する力作です。

冒頭、群れをなす猿たちが突如飛来した黒い石盤のパワーによって技術を獲得する様は、SF映画の金字塔『2001年宇宙の旅』を彷彿とさせます。

一方、影絵が織りなす世界にはユニークなロボットのキャラクターが登場し、両足の車輪を転がし、前へ前へ懸命に進んでいきます。

独創的な短編アニメを創り上げたジョジー・マリス監督


©︎Cinemarche

ペルー・チリ出身のジョジー・マリス監督は直線的な物語の中で想像力を存分に発揮。

自由自在にメタモルフォーズを繰り返すイメージの連鎖はアニメーション特有の表現力でしょう。

スポンサーリンク

おすすめの短編部門からアニメ作品『金魚』(2018)

©Fish Wang

今回、アジアのアニメーション作品はいずれも受賞には至りませんでしたが、そのイマジネーションは特筆すべきです。

台湾の『金魚』は、寝ている間に夢を検閲し奪ってしまう権力者に抗う特殊能力を持った少年の物語。

設定の背景には、民主主義が確立されていなかった1980年代の台湾の過去があります。

上映後に登壇した本作のフィッシュ・ワン監督は「今になってやっとこの時代にフォーカスできるようになった。暗い部分をしっかり伝えていきたい」と話します。

台湾の政治的に暗い時代をあえてアニメで描いたフィッシュ・ワン監督


©︎Cinemarche

古く中国で皇帝や貴族たちに愛玩された金魚は富の象徴としてアジア圏に広く伝わっています。

文化大革命時には、旧体制の象徴として破壊の対象になったほどです。

本作には台湾の怪異譚としての趣をもちながら、恐怖政治の歴史が反映された時代の鏡としての側面があります。

日本勢の不振

昨年を大きく上回る作品応募数で賑わいをみせた2019年度開催でしたが、残念であったのは日本の作品がコンペ受賞にいたらなかったことです。

実際、これだ!と思わず押したくなうような作品が日本勢には見当たりませんでした。

技術力の高さは世界レベルを常に保っているとしても、観る者に与える思想的なテーマが弱いという印象です。

これはアニメーションに限らず日本映画にも言えることですが、その時代の社会に対しての危機意識を持っていないクリエーターたちは作家としての足場を定位することができず、大きな力をもって社会を変えていくことは出来ません。

日本のアニメーション界には確かな社会性に裏打ちされた批評意識が必要なのかもしれません。

まとめ

長編アニメーション優秀賞『パチャママ』のファン・アンティン監督(左)


©︎Cinemarche

現実を手付かずの状態でそのまま映し出す実写映画に対して、アニメーションは描きたいものを描き、動かしたいものを動かす。そこに苦労はあれど、それ自体を映像作家の意図のまま、変幻自在な表現形態だともいえるでしょう。

世界のクリエーターたちは、おそらくそうしたアニメーションの根源性を意識しています。

2019年の長編アニメーションの優秀賞には『火星人メルカーノ』で知られるファン・アンティン監督の『パチャママ』が入賞しました。


© 2018 Folivari / O2B Films / Doghouse Films / Kaïbou Production Pachamama Inc / Blue Spirit Studio / Haut et Court Distribution

開催時の上映後のトークショーでファン・アンティン監督は、インカの歴史を調べるためにインディオの住む地域に現地入りを行い、民族の歴史を知る人たちに入念な取材活動をこなったそうです。

そして『パチャママ』は、完成させるために14年の歳月を掛けました。その間にフランスで製作するスタジオの協力者の交代や、様々な困難なことも多かったようです。その思いがあっての入賞なのでしょう。

今、日本のアニメーションは自国の特有のコンテンツであるとは言い切れず、かなり節目にきているといえるのかもしれません。

まさに国際的なアニメーションが集まるフェスティバルという場にあって、その脱出の糸口が見えてくるはずです。

関連記事

アニメ映画

怪盗グルーのミニオン大脱走吹き替え声優キャストは?あらすじも

史上最強のライバルの出現に、グルーも知らなかった家族の秘密、そしてミニオンたちは…タイホ!? 全世界待望のグルーとミニオンの新たな物語『怪盗グルーのミニオン大脱走』をご紹介します。 スポンサーリンク …

アニメ映画

映画『インクレディブル・ファミリー』あらすじとキャスト。吹き替え版の声優は

既にアメリカで6月に公開され、日本でも2018年8月1日(水)に公開されているピクサー・アニメーションの新作映画『インクレディブル・ファミリー』。 2004年に公開された『Mr.インクレディブル』の続 …

アニメ映画

アラーニェの虫籠あらすじと声優監督紹介!2018年公開アニメ映画

坂本サク監督は2018年公開の劇場用アニメ『アラーニェの虫籠』を現在制作中。 坂本サクといえば、2004年に公開された押井守監督の『イノセンス』ではデジタルエフェクトとしてスタッフ参加。また、NHK「 …

アニメ映画

映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』ネタバレ感想と考察評価。京アニがファンの想いを受け取った“代筆のラブレター”

京アニが手掛ける映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』 映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、戦時中に兵士として育てられ、愛を知らずにいた少女が、「自動手記人形」と呼ばれる手紙 …

アニメ映画

『鬼滅の刃 兄妹の絆』内容ネタバレと感想考察。映画公開前に“炭治郎のかっこいいアクション”を見ておきたい!

大人気少年コミック、堂々アニメ化の『鬼滅の刃 兄妹の絆』。 テレビアニメ『鬼滅の刃』の第1~5話で構成された特別上映版『鬼滅の刃 兄妹の絆』。2019年4月の放送開始に先がけて期間限定劇場上映されまし …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP