Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2018/04/25
Update

映画『パンダコパンダ』あらすじネタバレと感想。トトロと似ているのはナゼか

  • Writer :
  • 森谷秀

2018年4月5日に亡くなられた日本を代表するアニメーション監督、高畑勲。

彼の代表作『パンダコパンダ』、続編『パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻』が、新文芸坐にて5月1日~5月3日、ユジク阿佐ヶ谷にて5月26日~6月8日まで劇場公開されます。

生前、高畑勲自身が語っていますがこの作品は、その後の高畑作品・宮崎駿作品のベースとなっている作品です。

スポンサーリンク

映画『パンダコパンダ』作品概要


(C)TMS

【公開】
1972年(日本映画)

【監督】
高畑勲

【原案・脚本】
宮崎駿

【キャスト(声の出演)】
杉山佳寿子、熊倉一雄、太田淑子、山田康雄、瀬能礼子、峰恵研、松金よね子、和田文雄

【作品概要】
公開当時の1972年、日中国交正常化により中国から上野動物園に2頭のジャイアントパンダ、カンカンとランランが送られます。それによって起きたパンダブームに乗って本作は製作されました。

2008年に三鷹の森ジブリ美術館の配給で続編『雨ふりサーカス』と2本立てでリバイバル公開され、2018年には45周年を記念して『雨ふりサーカス』と2本立てとして、デジタルリマスター版上映されています。

映画『パンダコパンダ』のあらすじ


(C)TMS

ミミ子は両親がおらず、おばあさんと二人で暮らしています。

しかし。おばあさんは、おじいさんの法事で長崎へ。ミミ子は一人になってしまいます。

ミミ子が買い物から帰ってくると、小さな足跡と切り取られた竹が庭にあります。

ミミ子は泥棒かと思いますが、縁側にいたのは小さなパンダ・パンちゃん。ミミ子とパンちゃんは仲良くなり、家へ上げます。

そこへパンちゃんの父親のパパンダも現れます。

パパンダはミミ子の家庭事情を聞き、自分がミミ子のパパになる事を提案。

ミミ子は代りに、パンちゃんの母親になることを提案し、3人の愉快な家族生活が始まります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『パンダコパンダ』ネタバレ・結末の記載がございます。『パンダコパンダ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)TMS

ある朝、ミミ子はパパンダに会社に行くよう言いますが、パパンダは浮かない顔。

ミミ子は「今日会社が休みなの忘れてた」と言い、その場を丸くおさめます。

ミミ子はひとり学校へ行きますが、パンちゃんがついて来てしまいます。

パンちゃんはぬいぐるみという事にしますが、先生から下駄箱にいれておくようにと言われます。

教室から出されたパンちゃんは、においにつられて給食室へ。パンちゃんは給食室を荒らしてしまい、学校中はパニックに。

ある日、ミミ子一人での生活を心配したお巡りさんがやって来ます。

しかし、お巡りさんはパパンダとパンちゃんに遭遇しパニックに。お巡りさんは応援を呼び、パパンダを捕獲しようと再びミミ子の家へ。

そんなことはつゆ知らず、ミミ子、パパンダ、パンちゃんの3人はお散歩へ。実はパパンダとパンちゃんは動物園から逃げ出していたのです……。

スポンサーリンク

映画『パンダコパンダ』の感想と評価


(C)TMS

1972年に日中国交正常化を記念して、中国からジャイアントパンダのオスとメスの2頭が上野動物園に贈られたことで起きたパンダブーム

実はパンダブーム以前から、高畑と宮崎はこの企画をあたためていました

しかし、企画は通らず塩漬けにされていました。

本作の企画が再浮上した契機には前述のパンダブームと、元々予定していた『長ぐつ下のピッピ』の頓挫の2つがあります。

高畑はアスリッド・リンドグレーン原作の児童文学『長ぐつ下のピッピ』のアニメ化を企画し、ロケハンなどの作業を開始しますが、原作者からの許諾が下りず製作は頓挫します。


(C)TMS

代りに『ピッピ』企画中に得たイメージと没企画であった『パンダコパンダ』を合わせて映像化します。

そのため主人公のミミ子の奔放な性格、赤毛のツインテールなど『ピッピ』のイメージを継承した点が見られます。

本作のキャストは劇団テアトル・エコーの俳優で占められています。

その後、高畑は代表作『アルプスの少女ハイジ』(1974)を演出しますが、ハイジを演じたのは本作の主人公・ミミ子を演じた杉山佳寿子。

高畑はミミ子のイメージから、ハイジのキャスティングを杉山に決めたのです。

また、水森亜土の歌が印象的なOPアニメーションですが、単色の背景にデフォルメされたキャラクターが動いているというもの。これも『アルプスの少女ハイジ』のEDアニメーションを思わせます

パパンダとパンのパンダ親子ですが、こちらは後に宮崎駿の『となりのトトロ』へと繋がります。

女の子と不思議な生き物の交流というメインプロットは両作に共通しています。

パパンダとトトロのシルエットや、笑った時にニッと白い歯が見える場面など、トトロはパパンダのイメージを引き継いだキャラクターと言えます。

また宮崎は、1980年に『もののけ姫』という作品を企画します。

こちらにもパパンダやトトロとシルエットが似た“もののけ”というキャラクターが登場します。

後年製作された『もののけ姫』(1997)とは全く異なる内容です。

まとめ


高畑・宮崎両氏にとっても重要な作品であり、日本のアニメーション史にとっても重要な『パンダコパンダ』

原案・脚本を宮崎駿が手掛けているため、他の高畑作品に比べファンタジックな要素が多いです。

一方でミミ子、パパンダ、パンちゃんの3人の生活を丹念に描いている点など、高畑勲の演出が発揮されています。

原作なしのオリジナル作品で、高畑・宮崎両者の才能が合わさった名作です。

『となりのトトロ』や『アルプスの少女ハイジ』などと比べみるのもお薦めです。

関連記事

アニメーション

映画『銀河英雄伝説(2019)第1章』あらすじネタバレと感想。スペースオペラは世代を超えて楽しめる!

『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱』第一章が2019年9月27日に公開されました。 人気作家田中芳樹の代表作『銀河英雄伝説』。 2018年4月、新作アニメーションとして『銀河英雄伝説 …

アニメーション

『紅の豚』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。飛行機乗りポルコとジーナの歌声、そして空中戦から拳の勝負まで!

アドリア海の自由な飛行艇乗りの浪漫をつまった映画『紅の豚』 宮崎駿監督の空への憧憬、飛行艇乗りへの浪漫がつまった本作は、宮崎駿がスタジオジブリで監督を務めた第5作目となります。 『風の谷のナウシカ』( …

アニメーション

新海誠映画『言の葉の庭』ネタバレ解説と感想評価。短歌と靴に込められた意味とは⁈

2016年の『君の名は。』で驚異的な大ヒットを記録した新海誠監督。 2019年7月19日公開の『天気の子』にも大きな期待が集まる新海監督の、ターニングポイントとも呼べる作品が本作『言の葉の庭』です。 …

アニメーション

映画『羅小黒戦記ロシャオヘイセンキ』ネタバレ感想と考察評価。吹き替え声優の演技力がおすすめの劇場版アニメ【ぼくが選ぶ未来】

映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』は2020年11月7日より公開。 中国で2011年から配信がスタートしたWEBアニメシリーズ「羅小黒戦記」。人気が上昇し続け、中国アニメを代表す …

アニメーション

ルパン三世カリオストロの城|ネタバレあらすじ感想とラスト結末の考察解説。宮崎駿監督の作画/作劇で“映画の醍醐味”を生む演出

宮崎駿監督の映画初監督作にして、時を超え人々の心を彩る名作アニメ! 2020年11月、日本テレビ系列「金曜ロードSHOW!」にて放送が決定された特集「2週連続ルパン三世」。モンキー・パンチ原作のアニメ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学