Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

テレビドラマ/配信ドラマ

Entry 2017/11/09
Update

海外ドラマ『シャーロック シーズン1』1話ネタバレと動画無料視聴

  • Writer :
  • shitanita

コナン・ドイルの名作、シャーロック・ホームズを現代のイギリスを舞台した海外ドラマ。

シャーロックとジョンが出会う第1話、「ピンク色の研究」を紹介します!

1.海外ドラマ『SHERLOCK(シャーロック)シーズン1』
第1話「ピンク色の研究」の作品情報


© 2010 Hartswood Films

【公開】
2010年(イギリス)

【原題】
Sherlock 「A Study in Pink」

【監督】
ポール・マクギガン

【キャスト】
ベネディクト・カンバーバッチ、 マーティン・フリーマン、 ルパート・グレイヴス、 マーク・ゲイティス

【作品概要】
監督は「ラッキーナンバー7」のポール・マクギガン。今作で一躍有名になったベネディクト・カンバーバッチとマーティン・フリーマンがバディを組みます。

制作国であるイギリスではBBC Oneで放送。日本ではNHK総合で地上波初放送となりました。

▼海外ドラマ『SHERLOCK(シャーロック)シーズン1』はU-NEXTにて、ご覧いただくことができます。
ドラマ『シャーロック」シーズン1を今すぐ無料で見る

2.『SHERLOCK(シャーロック) シーズン1』の登場人物紹介

シャーロック・ホームズ (ベネディクト・カンバーバッチ)

天才だが変人の自称「コンサルタント探偵」。事件と推理が大好きでニコチン症候群。
持ち前の推理力と主にスマートフォンを使って事件を解決するが、自ら事件に首を突っ込み警察からは厄介者扱いされている。

ジョン・ワトソン(マーティン・フリーマン)

アフガニスタン帰りの元軍医。肩を撃たれ心の病を負い杖をついていた。
平和な日常を望んでいるようだが、その実本心では危険に飛び込み戦場に戻りたがっている。

グレッグ・レストレード警部(ルパート・グレイヴス)

シャーロックに事件を依頼する刑事。シャーロックの推理の腕”は”認めている。シャーロックによく警察手帳をスられている。

マイクロフト・ホームズ(マーク・ゲイティス)

シャーロックの実の兄であり敵。「英国政府の小さな地位」というが、大きな権力を握っていると思われる。

ハドソン夫人 (ユーナ・スタッブス)

シャーロックとジョンがルームシェアをする「221B」の大家。朗らかな性格でよく2人の世話を焼いてくれる。

3.海外ドラマ『SHERLOCK(シャーロック)シーズン1』
第1話「ピンク色の研究」のあらすじとネタバレ


© 2010 Hartswood Films

21世紀イギリス、戦場で怪我をして軍を引退したジョン・ワトソンは、毎晩うなされ寝れない日々が続いていました。

その日その日にあったことをブログに書いて、気持ちの整理をつけるべきだという精神科医ですが、ジョンには書くことがないといいます。

その頃、ある権力者の男性や、18歳の少年。パーティーをしていた女性の3人が同じ薬を服毒して自殺をしたことがニュースになっていました。

自殺の線で調査しているレストレード警部は、他殺ではないかという記者たちを否定します。

すると、会見場にいる全ての人のケータイに「違う!」という謎のメッセージが送られてきました。警部は送り主を知っているようです。

杖をついて足を引きずるジョンは病院でかつて一緒に研修をしていたマイクに再会します。

マイクは金もなくやることもないジョンに、ルームシェアを勧めました。

ジョンはマイクに連れられた大学の実験室で、謎の男に出会います。

男はジョンに出会っただけで、アフガニスタン帰りの軍医で心の病を抱えていること、ルームシェア相手であることを推理しジョンを驚かせます。

早口で話したいだけ話した彼は自らをシャーロック・ホームズと名乗り、ルームシェア予定の部屋の番号を伝えてさっさと出ていきました。

ジョンはベーカー街221Bに到着しました。すでに部屋の中はシャーロックの荷物で溢れかえりひどい有様です。

シャーロックの圧倒的な推理力をジョンは不思議に思っています。

するとレストレード警部がシャーロックの元にやってきて、服毒自殺の事件に、新たに被害者が出たことを報告に来ます。今度は初めて遺書が発見されました。

全く新しい展開に歓喜したシャーロックは、軍医であるジョンを現場に連れていきます。

シャーロックは現場に向かうタクシーの中で、ジョンの人間関係や過去を病院で推理した種明かしをします。

頭がよくほぼ的確に推理したシャーロックにジョンは素直に感心しますが、警察の人たちにはうるさい変人と思われているようです。

現場についた2人は、床に倒れたままの女性の遺体を見ます。

爪の剥がれ方から女性は左利きで、近くには「RACHE」と文字が彫ってあります。ドイツ語で「復讐」という意味です。

しかし書きかけであることを推理したシャーロックは「Rachel(レイチェル)」と読みます。

女性の服は所々雨に濡れていて、身につけているアクセサリーには複数の相手と不倫をしていた跡があります。

ふくらはぎの後ろにはスーツケースで泥が跳ねた跡がありましたが、必ず持っていたはずのスーツケースがどこにもありません。

犯人がスーツケースを盗んだことを確信したシャーロックは、ダイイングメッセージである「レイチェル」を探すようにレストレード警部に命令して現場を後にします。

しかし名推理をしたシャーロックに、ジョンはあっという間に置いてかれてしまいました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『SHERLOCK(シャーロック)シーズン1』第1話「ピンク色の研究」ネタバレ・結末の記載がございます。『SHERLOCK(シャーロック)シーズン1』第1話「ピンク色の研究」をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。
連れてこられた場所でジョンは、シャーロックを知っているという男に会います。

男は自分を「シャーロックの敵だ」といいました。

ジョンにシャーロックをスパイするように提案する男でしたが、大金を払うといわれたにも関わらずジョンは男の誘いを断ります。

ジョンはあえて危険を顧みずシャーロックの元に戻ります。男は、ジョンが実は戦場に戻りたがっていることを指摘します。

ジョンが部屋に戻ると、シャーロックはすでに女性のスーツケースを探し当てていました。

さらに遺体とスーツケースに入っていなかったケータイの場所を突き止めます。

シャーロックの命令に従い、ジョンは亡くなったはずの女性にメールを送ります。

犯人の元に向かおうとするシャーロックの後をジョンはついていき、危険と事件の中に飛び込んでいきます。

犯人が現れるはずと予想した場所が見えるレストランに入った2人は、不自然な行動をするタクシーを見つけ後を追います。

ジョンはその時、使っていたはずの杖をレストランに置き忘れ、無我夢中で走っていました。

しかしやっと追いついたタクシーは、全くの無関係の旅行者が乗っていただけでした。

2人は部屋に戻りましたが、レストレード警部がシャーロックが女性のスーツケーツを探し当てていたことを予想して、家宅捜査といい部屋を荒らしていました。

レストレード警部はレイチェルを見つけたといいますが、被害者の女性が死産したすでに亡くなっている娘でした。

しかしシャーロックは、レイチェルが女性が使っていたメールアドレスのサイトのパスワードであることを突き止め、ケータイのGPSを検索します。

なぜか女性のケータイは、シャーロックたちが今いるはずの「221B」を示していました。

シャーロックが部屋の外に出ると、タクシーの運転手が待ち構えていました。

4人に薬を渡し自殺させたのは自分だ、と運転手がいいます。でも運転手は直接手を下したわけではありません。

話をしただけだ、という運転手に、どうやって自殺に追い込んだか気になってしょうがないシャーロックは運転手についていきます。

突然タクシーで出掛けたシャーロックに呆れたレストレード警部たちは引き上げますが、ジョンはただ出掛けただけではないと不審に思います。

運転手はシャーロックを病院に連れてきました。

GPSから病院に着いたことに気づいたジョンはシャーロックの元に走ります。

運転手とシャーロックは中で正面に座ります。

運転手は薬を2つ取り出しました。

片方の薬は毒で、同時に薬を飲み毒を選んだほうが死ぬと運転手は勝負を仕掛けます。

シャーロックは運転手が金のために殺しを繰り返していることを推理します。

死期が近い運転手は、離婚して離れ離れになった子供たちに金を用意してあげたかったのです。

運転手の策略を見事に躱したシャーロックでしたが、好奇心に敵うことができず薬を飲もうとしてしまいます。

その瞬間、対面の建物にいたジョンが運転手を撃ちます。

死ぬ間際、運転手は自分のスポンサーだというシャーロックのファンの名を叫びます。「モリアーティー」と。

レストレード警部らが駆けつけ現場を押収します。

運転手を撃った犯人がジョンであることに気づいたシャーロックは、ジョンの銃の腕と勇気を称えます。

帰路についたとき、シャーロックの敵と名乗っていた男が現れます。

彼はシャーロックの兄、マイクロフトでした。

マイクロフトは去っていくシャーロックとジョンを、興味深く観察することを部下に命令しました。

次回、第2話「死を呼ぶ暗号」つづく

4.海外ドラマ『SHERLOCK(シャーロック)シーズン1』
第1話「ピンク色の研究」の感想と評価

推理の天才であり偏屈な変人であるシャーロック・ホームズと、戦場帰りの軍医ジョン・ワトソンがルームシェアをするところから始まった物語。

心の病を負い杖を手放せなかったジョンが、シャーロックと過ごすうちに杖を忘れ走り出すシーンはグッときます

届いたメールやシャーロックの推理等、リアルタイムで文字が空間に書き出される映像方法は見ていてとても楽しいです。

シャーロックとジョンが行く先々でゲイに間違えられるシーンは思わずクスッとしてしまいます。

まとめ

スマートフォンやインターネットなどの最新機種を駆使しながら推理する新しいシャーロック・ホームズ

だけでなく、従来では「ホームズ」「ワトソン」と呼び合っていた2人が、今作では「シャーロック」「ジョン」とファーストネームで呼び合っているところも今までとの違いを感じさせられます。

シャーロックは無償で事件を解決してくれるため警察からは便利屋扱いされていますが、同時に垣間見せる殺人への興味の異常性が今後の鍵になりそうです。

次回は「死を呼ぶ暗号」。シャーロックがピンチになりそうで続きがとっても気になります!

『SHERLOCK(シャーロック)シーズン1』第1話「ピンク色の研究」を観るならU-NEXTがオススメです!

▼海外ドラマ『SHERLOCK(シャーロック)シーズン1』は、U-NEXTにて、ご覧いただくことができます。
ドラマ『シャーロック」シーズン1を今すぐ無料で見る

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができますで、大変お得になっています。

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

関連記事

テレビドラマ/配信ドラマ

ストレンジャーシングス1|あらすじネタバレ感想と解説考察。ラスト結末までデモゴルゴン登場とホッパー最後の活躍を振り返る

Netflixオリジナル人気ドラマ、始まりのシーズン。 世界で数多くのオリジナルドラマが制作され、その数は既に数十にものぼるNetflix。 そんな、Netflixオリジナルドラマの中でも根強い人気を …

テレビドラマ/配信ドラマ

ツインピークス2017新シーズン無料独占放送WOWOWはいつ?

7月1日(土)午後1:00~「ツイン・ピークス」新シーズン独占!WOWOW9時間無料放送のMCにジョン・カビラ、ゲストに関根勤、椿鬼奴、入江悠(映画監督)が決定! 全世界で社会現象まで巻き起こした伝説 …

テレビドラマ/配信ドラマ

海外ドラマ2017年6月新作おすすめ5選!Huluで面白いのは?

6月の梅雨の時期にお出かけせずに我が家でイッキ見!大人気海外ドラマの新シーズンがHuluに続々到着します。 あなたはどの作品を観ますか?よりどりみどりですよ! © ABC Studio 梅雨の雨降りに …

テレビドラマ/配信ドラマ

ワンダヴィジョン1・2話のネタバレ感想と内容考察。怖いラスト結末を解説【虚構の世界なのか予想解説⁈】

『ワンダヴィジョン』はDisney+で配信。 2019年に公開された『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)で壮大なクライマックスを迎えたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)。 しかし、 …

テレビドラマ/配信ドラマ

ツインピークス2017新作放送いつから?WOWOW以外で見る方法は?

新作『ツイン・ピークスThe Return」の全⽶放送がまもなく始まるが、もちろん、日本独占放送が観られるのはWOWOWだ! 奇才デヴィッド・リンチが⼿がけた海外ドラマの原点にして頂点。あの伝説のTV …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学