Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2018/12/12
Update

映画『十二人の死にたい子どもたち』5番シンジロウ役は新田真剣佑。演技力とプロフィール紹介

  • Writer :
  • YUMIKO

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。

メガホンをとるのは、『イニシエーション・ラブ』『トリック』などヒット作を数多く持つ堤幸彦監督

”12人の子どもたち”を演じるキャストも発表され、話題を呼んでいます。

この記事では、5番シンジロウ役を演じる新田真剣佑(あらたまっけんゆう)について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『十二人の死にたい子どもたち』の作品情報


(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
冲方丁『十二人の死にたい子どもたち』(文藝春秋)

【監督】
堤幸彦

【キャスト】
杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜、吉川愛、萩原利久、渕野右登、坂東龍汰、古川琴音、竹内愛紗

【作品概要】
『天地明察』『光圀伝』といった時代小説や『マルドゥック・スクランブル』などのSF小説で人気の冲方丁が、初めて現代を舞台に描いたミステリー小説を実写映画化。

閉鎖された病院を舞台に、それぞれの理由で安楽死をするため集まった12人の少年少女が、そこにいるはずがない13人目の少年の死体を見つけたことから始まる犯人捜しと、その過程で少年少女たちの死にたい理由が徐々に明らかになっていくことで、変化していく人間関係や心理を描いています。

出演には杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、高杉真宙、黒島結菜ら人気若手俳優がそろいました。

脚本は岸田國士戯曲賞受賞経歴を持つ劇作家の倉持裕。

監督はドラマ『池袋ウエストゲートパーク』をはじめ『SPEC』シリーズ、『イニシエーション・ラブ』を手がけた堤幸彦氏が務めます。

映画『十二人の死にたい子どもたち』のあらすじ


(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

廃業した病院にやってくる、十二人の未成年たち。

建物に入り、金庫をあけると、中には1から12までの数字が並べられていました。

この場へ集う十二人は、一人ずつこの数字を手にとり、「集いの場」へおもむく決まり。

初対面同士の子どもたちの目的は、みなで安楽死をすること。

十二人が集まり、すんなり「実行」できるはずでした。

しかし、「集いの場」に用意されていたベッドには、すでに生温かい死体が横たわっていたんです。

この死体は一体誰なのか。

自死か、他殺か。

このまま「実行」してもよいのか。

この集いの原則「全員一致」にのっとり、子どもたちは多数決を取ります。

不測の事態を前に、議論し、互いを観察し、状況から謎を推理していく彼らが辿り着く結論は。

そして、この集いの本当の目的は…。

スポンサーリンク

映画『十二人の死にたい子どもたち』の5番シンジロウ役は新田真剣佑(あらたまっけんゆう)

参考映像:『ちはやふる-結び-』(2018)

映画『十二人の死にたい子どもたち』でシンジロウ役を演じる新田真剣佑(あらたまっけんゆう)は、1996年11月16日生まれの22歳。アメリカ・サンタモニカ生まれの俳優です。

父は俳優・千葉真一。トップコート所属。

2012年からアメリカで映画出演。高校卒業後、2014年から日本での芸能活動をスタートさせました。

映画『ちはやふる』シリーズで、第40回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

演じた綿谷新役から名前をとり、芸名を新田真剣佑に変更しました。

そのほか映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』『不能犯』『パシフィック・リム:アップライジング』『劇場版コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』などの作品に出演しています。

ドラマ『仰げば尊し』『僕たちがやりました』などにも出演。

幼少期から、極真空手、器械体操、水泳、ピアノの稽古に励んでいたそうです。空手は黒帯の持ち主で、LA空手大会で優勝しています。

本名は前田真剣佑。父の千葉真一が、「真実の剣を持って、人の右に出てほしい」という思いから名付けたそうです。

特技は多岐にわたり、水泳・乗馬・殺陣・空手・レスリング・体操・水球・スキー・ピアノ・フルート・アルトサックス。

映画『十二人の死にたい子どもたち』5番シンジロウはどんな役?


(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

17歳の高校3年生。積極的かつ冷静。リーダーシップをとって、みんなの意見を聞き出します。

推理好きで、クスリや医療機器に詳しい少年。

生まれつき病気があり、人生のほとんどを病院で過ごしていました。

副作用で髪が抜け落ちているために、帽子をかぶっています。

両親は警視庁勤務。その影響を受けて育ったシンジロウは、謎の存在0番の状況確認をしたり、車いすで来れるかどうかを実況見分します。

スポンサーリンク

新田真剣佑(あらたまっけんゆう)の演技力の評価は

『ちはやふる』シリーズで2017年に日本アカデミー賞新人賞を受賞している新田真剣佑。

ふつうの高校生役からヤンキーまで、幅広い役を演じられる実力派として高く評価されています。

強い目力には大きなスター性があり、圧倒されるという声も多く聞かれます。

本作の監督・堤幸彦は、シンジロウ役を演じる新田真剣佑を「神演技をいただきました。すごい逸材!」と評しています。

役に対してはとてもストイック。白い歯を保つためにお茶やコーヒーを飲まず、1日5食のささみとブロッコリーという5カ月の食生活で身体づくりをしたというエピソードもあります。

新田真剣佑の公式SNSの紹介

若手俳優でも人気急上昇中の新田真剣佑の「公式SNS」をみつけましたのでご紹介させて頂きます。

【新田真剣佑公式Instagram】

【新田真剣佑公式Twitter】

まとめ


(C)2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

衝撃的なタイトルからも大きな話題を呼んでいる映画『十二人の死にたい子どもたち』

”十二人の子ども”を演じるキャストには、杉咲花、新田真剣佑、北村匠海、黒島結菜といった若手の実力派が勢ぞろいしています。

4番目のキャストの詳細が未発表で、謎が多いことにも話題が集まっています。

鬼才・堤幸彦監督が「人に観せたくないほど面白い」と公言しており、作品への期待がすます大きく膨らんでいる本作。

病気を持ちながらも強いリーダーシップを発揮する5番シンジロウ役を務める、人気若手俳優・新田真剣佑の演技に注目が集まっています。

衝撃的な密室サスペンス映画『十二人の死にたい子どもたち』は2019年1月25日より全国ロードショーです。

関連記事

サスペンス映画

映画『ダークウォーターズ』あらすじネタバレと感想。デュポン事件を告発した弁護士ロバート・ビロットの信念

映画『ダーク・ウォーターズ (原題:Dark Waters) 』2019年11月北米公開 映画『ダーク・ウォーターズ (原題:Dark Waters) 』は、巨大企業デュポンの不法行為をたった1人で暴 …

サスペンス映画

映画『去年の冬、きみと別れ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【岩田剛典主演作】

映画『去年の冬、きみと別れ』は、「教団X」「悪と仮面のルール」などで知られる芥川賞作家の中村文則によるサスペンス小説の映画化。 本作は映像にするのは不可能と言われた原作を、大胆な構成を持って映像化に挑 …

サスペンス映画

映画『サンセット』あらすじ感想と考察。ネメシュ監督が誘う“解けない謎”とは

『サウルの息子』のネメシュ・ラースロー監督が贈るミステリー 映画『サンセット』は、2019年3月15日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで公開! 初の長編映画『サウルの息子』( …

サスペンス映画

Netflix映画『1922』ネタバレ考察と感想。原作小説との比較を通して解説する妻を殺した男の破滅

それは運命などではない「因果応報」という破滅の道! 映画『1922』はモダンホラー作家スティーブン・キングの同名小説『1922』を映画化したものです。 舞台はアメリカのネブラスカ州にある、広大な農村地 …

サスペンス映画

映画ソウsaw3|動画フルを無料視聴!字幕も吹き替え版も見られる

映画『ソウ3』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます! ↓今すぐ『ソウ3』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓ なお、当記事でご紹介している映画『ソウ3』の動画配信状況は2 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP