Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2022/01/30
Update

『ノイズ』ネタバレ結末感想とラスト評価の解説。藤原竜也と松山ケンイチが幼なじみの共犯者“孤島民とよそ者”に問われた「薄気味悪さ」

  • Writer :
  • もりのちこ

すべては島のため!?
“ノイズ”を排除しようとした者たちの結末は?

筒井哲也のコミック『ノイズ【noise】』を、藤原竜也と松山ケンイチの共演で、廣木隆一監督が実写映画化。

猪狩島で育った泉圭太は、島復興のために黒イチジクの栽培に力をいれていました。島の住民たちも圭太に期待し、島の将来を託しています。

しかし、島に突如やってきた一人の男によって、平和な日常が一変。元受刑者であるその男を、圭太と幼なじみの純・真一郎の3人は誤って殺してしまいます。

この島を、島の人達を守るためにと、3人は殺人の隠蔽に奔走することに。果たして平穏な島に生じた“ノイズ”の排除は成功するのか。映画『ノイズ』をご紹介します。

映画『ノイズ』の作品情報


(C)筒井哲也/集英社(C)2022映画「ノイズ」製作委員会

【公開】
2022年(日本映画)

【原作】
筒井哲也

【監督】
廣木隆一

【キャスト】
藤原竜也、松山ケンイチ、神木隆之介、黒木華、伊藤歩、渡辺大知、渡辺大知、酒向芳、迫田孝也、鶴田真由、波岡一喜、菜葉菜、寺島進、余貴美子、柄本明、永瀬正敏、大石吾朗、諏訪太朗、飯島莉央、丸山真亜弥

【作品概要】
2017年から2020年まで「グランドジャンプ」で連載された筒井哲也のサスペンスコミック『ノイズ【noise】』を実写映画化。監督は『ブァイヴレータ』の廣木隆一。

事件を必死に隠蔽しようとともがく主人公と幼なじみの3人組を、藤原竜也、松山ケンイチ、神木隆之介が熱演。演技派俳優たちの迫真の演技バトルに最後まで目が離せません。

また主人公の妻役を黒木華、島の町長役を余貴美子、刑事役を永瀬正敏が演じるほか、渡辺大知、柄本明など一癖も二癖もあるスリリングな演技を見せてくれます。

映画『ノイズ』のあらすじとネタバレ


(C)筒井哲也/集英社(C)2022映画「ノイズ」製作委員会

猪狩島は、住民がみな顔見知りというほどの小さな島です。年々と過疎化は進み、財政は厳しいものとなっていました。そんな猪狩島の新しい産業として注目を集めたのが「黒イチジク」です。栽培をしているのは、この島で育って35年の泉圭太(藤原竜也)です。

圭太は幼なじみだった加奈(黒木華)と結婚し、現在5歳になる娘・恵里奈(飯島莉央)との3人家族。圭太が運営する「いずみ農園」で育てられた黒イチジクは、全国ニュースにも取り挙げられるほど注目を浴びていました。

島の町長・庄司華江(余貴美子)は圭太の黒イチジクによって、地方創生推進寄付金・5憶円の申請に乗り出します。役場に病院、学校の新設に向けて、島の未来が圭太にかかっていました。

圭太の親友・田辺純(松山ケンイチ)は、普段は猟師として害獣駆除をしていますが、収穫時には農園の手伝いに顔を出してくれます。

ある日、圭太と純は、黒イチジクの無人販売所で不審な男に遭遇。金も払わず黒イチジクにかじりつく男に、観光客と思った純が注意するも、その男は鼻で笑いふらふらと立ち去りました。

その頃、島では庄吉じいさん(柄本明)の車が猪と衝突。駐在員の岡崎正(寺島進)と守屋真一郎(神木隆之介)が事故の対応にあたっていました。ベテラン・岡崎の判断で事故は本島に報告はせず、猪は純に片付けてもらうことにしました。

岡崎は今日で任務を終え、本島へ戻ることに。その岡崎の代わり、今日から駐在員として島に勤務することになった真一郎は、島の出身者で圭太たちの後輩にあたります。警察官となって、大好きなこの島に戻ってくることを彼は夢見ていました。

岡崎は、そんな真一郎に「ここでの警察官の役目は、島の人たちを守ること。時には忖度し、見ないふりも大切だ。すべからく、“かさぶた”になるべし」とアドバイスします。

やがて真一郎のもとに本島の警察から、元受刑者の男・小御坂睦雄(渡辺大知)が行方不明になっていると連絡が入ります。小御坂は少女の強姦殺人で服役していた危険人物とのこと。

真一郎からそのことを聞いた圭太と純は、無人販売所で見かけた男だと確信。家に戻ると、圭太の娘・恵里奈が姿を消していました。必死で捜索する圭太と純と真一郎。

農園のハウスの中で、小御坂を発見します。問い詰めても、薄気味悪いことばかりつぶやく小御坂。揉み合いになった圭太は、彼を突き飛ばします。

石に頭をぶつけ倒れた小御坂は、当たりどころが悪く絶命。「なぁ、正当防衛だよな」と動揺する圭太。「こんなやつのために、島の大事な時に圭太にいなくなってもらっては困るんだ」と純は悔しがります。

真一郎は岡崎の言葉を思い出していました。「島の人たちの“かさぶた”に……」そして彼は、つぶやきました。「これ、全部なかったことにしましょう」と。

圭太と純、加奈の両親は3人が幼い頃、嵐の夜に船で遭難。一晩のうちにそれぞれの両親を亡くしてしまった3人は、島民たちに育てられてきたおかげで今日があります。黒イチジクの栽培に成功し名産品にすることは、島のみんなへの恩返しになるのです。

なお圭太の娘・恵里奈は、近所へ遊びに行っていただけでした。偶然とはいえ、殺人は殺人。3人には、小御坂の死体を隠し通すしか道はありませんでした。

その頃、本島の警察も小御坂の捜索に乗り出していました。出所後、小御坂の仕事先を世話していた保護司・鈴木(諏訪太郎)から捜索願いが出ていたからです。

そして、鈴木が小御坂に世話しようと思っていた就職先こそが「いずみ農園」でした。島の住民を増やそうと、農園では若い働き手を募集していたのです。

ほどなくして島では、車中に遺された鈴木の他殺体が発見されます。犯人は小御坂で間違いありません。刑事・畠山(永瀬正敏)は島で目撃情報を集めようとしますが、住民は口を揃えたかのように「知らない」と答えます。

閉鎖的なこの島で、畠山たち本島の警察はよそ者扱いです。しかし、それだけでは片付けられない違和感に、畠山は「この島はおかしい。何か隠しているようだ」と口にします。

以下、映画『ノイズ』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『ノイズ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)筒井哲也/集英社(C)2022映画「ノイズ」製作委員会

圭太と純、真一郎はとりあえず、純の狩猟小屋に小御坂の死体を運ぶことに。その途中、庄吉じいさんに出くわしますが、かなりボケているため大丈夫だろうと判断します。

死体の隠し方を検討する3人のもとに、庄司町長が乗り込んできます。庄吉じいさんからのタレコミを聞いて駆けつけてきたのです。

庄司町長は小御坂の死体を前に言い放ちます。「島を乱す“ノイズ”を排除しましょう」……町長は、特別給付金5憶円の方が大事でした。

「純、あんたが全部の罪を被りなさいよ。圭太は立派に村のために働いてくれたわ。純も島のために働きなさい」「でもしばらくしたら、圭太には島を去ってもらうわよ。経営は私が引き継ぐから」と言い出す町長。

その話を盗み聞きしていた庄吉じいさんは、町長に飛びかかります。喚き合い、揉み合う二人。やがて純は町長の頭を、その場にあったスコップで殴りつけました。

即死した町長。そして庄吉じいさんも「圭太、島を頼んだぞ」という遺言とともに息絶えました。そこに、庄吉じいさんの息子・昭一(酒向芳)とその妻・洋子(菜葉菜)がやってきます。

横たわる3人の死体。圭太は「島のためなんです」と頭を下げ、昭一ら夫婦に協力を乞います。亡き父の頼みとあればと、夫婦は庄吉じいさんの死因を詐称。その際に島の医師・山下(大石吾朗)にも真実を打ち明け、協力してもらうことにしました。

次に庄司町長の死体を役場の船に乗せ、小御坂の仕業に見せるよう凶器に彼の指紋をつけます。また船を動かすのに、町長の秘書・野毛(迫田孝也)にも協力してもらいました。

実は野毛は庄司町長のパワハラに苦しめられ、彼女を殺したいほど憎んでいたので、圭太たちの申し出に快く応じてくれました。島中の人々を巻き込み、圭太たちの隠蔽工作は続きます。

しかし畠山は、隠蔽工作に加担した島民たちの隠しきれない違和感を、すでに勘付いていました。やがて野毛の証言の矛盾から、狩猟小屋の冷蔵庫に小御坂の死体があると確信します。

追い詰められたのは、真一郎でした。警察官として犯罪の隠蔽に加担してしまった罪の意識と、「大切な島を守りたい」という思い。ついに真一郎は、何もかもを自身の責任で終わらせようと、自ら命を絶ちました。

携帯電話に「すべての犯罪は、自分の仕業です」と自白の動画も残していた真一郎。これで事件は終止符を打つと思われましたが、まもなく島の住民に一斉メールが送られてきます。それは、死んだはずの庄司町長の携帯電話から送られてきていました。

圭太と純は、町長の携帯電話が殺害現場から消えていたのを警戒していたところでした。メールには「死体はイチジクの下にある」「犯人は泉圭太」と記されていたことで、いずみ農園には警察の一斉捜査が入ります。

島の中に、裏切者がいる……ハウスの中で、圭太と純は焦っていました。互いに疑心暗鬼になり言い争う中、純は「町長が言っていたように、俺は何も成し得ていない」「俺が全部被って自首する」と決断を下そうとします。

それでも言い争う二人の前に、畠山が現れます。「このハウスに死体はあるんだろ」……もう逃げられませんでした。

「俺がやりました」……声を上げたのは、圭太でした。戸惑う純に圭太は「俺が“かさぶた”になる」「島の皆を守らなきゃ」と口にしました。

圭太が逮捕された後、いずみ農園は黒イチジクの収穫期を迎えていました。圭太のいない農園で、妻の加奈がイチジクの収穫をしています。

純は残された加奈と恵里奈の面倒を見ていました。加奈は収穫を手伝いにやってきた純に声をかけます。「そろそろ猟の時期でしょ。純は純のしたいことをして」「私は圭太をずっと待ち続けるから」という加奈の言葉に、複雑な表情を浮かべる純。

真一郎の墓参りで、純と畠山が顔を合わせます。「真一郎の死だけは想定外だったか?」「いまお前はそれで幸せなのか?」と問いかける畠山に、純は「何のことですか?」と答えます。

純の家の壁一面には、加奈の写真が貼られていました。実は幼い頃から加奈に思いを寄せていた純は、いつも圭太に先を越されていました。

積もりに積もった、嫉妬心。庄司町長の携帯電話で一斉メールを送ったのも純の仕業でした。いつから圭太を陥れようしていたのか。誰一人として、純の本当の顔を知りませんでした。

本島の留置所に送られた圭太のもとに、加奈が面会に訪れます。すべてを悟ったかのような圭太は、加奈に伝えます。

「ごめんな。純のことを信じてやってくれ」「あいつの本音をずっと無視してきた。ちゃんと向き合っていたら、こんなことにならなかったかもしれないな」……。

猪狩島は狩りのシーズンを迎えていました。森の中に、純の猟銃の音が響きました。その音は、離れている圭太の耳にも届くようです。

静かに涙を流し、罪を償う圭太の姿が最後に映し出され、物語は幕を閉じます……。

映画『ノイズ』の感想と評価


(C)筒井哲也/集英社(C)2022映画「ノイズ」製作委員会

藤原竜也・松山ケンイチ・神木隆之介の“演技バトル”

大ヒットを記録した実写映画『デスノート』(2006)から15年。死神との邂逅を機に正義の執行者となろうとする主人公・夜神月と、月に立ちはだかる「世界一の名探偵」Lをそれぞれ演じた藤原竜也と松山ケンイチが、『ノイズ』では幼なじみの共犯者を演じます。

物語の舞台は、未来が開けつつあった平穏な孤島・猪狩島。この島に、平穏を掻き乱す凶悪犯=“ノイズ”が来訪したことから、島の日常が崩壊へと向かっていきます。

圭太と幼なじみの純、真一郎は、島にやってきた凶悪犯を誤って殺してしまいます。事件をなかったことにしようと死体を隠すことにした3人。警察の捜査網が3人を追い詰めていきます。

思いもよらない結末へと、ノンストップで駆け落ちていく感覚と、すべてを知った後の何とも言えない薄気味悪さが見どころです。

また、主人公の圭太役・藤原竜也、幼なじみの純役・松山ケンイチ、後輩で警官の真一郎役・神木隆之介の3人の、ひりひりする演技バトルも見どころのひとつと言えます。

犯行を隠そうと幼なじみ3人が協力するも、圭太の平然と嘘を吐ける一面を知り疑心暗鬼になったり、純の暴走に手を焼いたり、罪の重さに苦しむ真一郎が早まってしまったりと、その関係性はとめどなく狂っていきます。

死体の後始末がもたつき、突発的でその場しのぎの行動のお粗末さに、観ている方も「どうすんだよ!」と感情移入してしまいます。

それは、3人の幼なじみの演技が非常に自然でリアリティがあったからでしょう。中でも駐在所の就任初日に、先輩二人の犯罪に巻き込まれ翻弄される真一郎を演じた神木隆之介の哀愁の演技には、せつなさがこみ上げます。

3人だけじゃない!実力派キャスト陣の演技が光る


(C)筒井哲也/集英社(C)2022映画「ノイズ」製作委員会

警察がもうすぐそこまで来ているというクライマックスの場面では、圭太と純が口論になりながらも、最後は自分が罪を被ると言い合いになります。

藤原竜也と松山ケンイチの芝居を長回しで映し出した同場面は、最も過酷で緊迫した見ごたえ十分なシーンになっています。

また映画『ノイズ』の面白い点として、圭太たちの犯罪に加担していく島の住民たちの滑稽さがあります。

表と裏の二面性を持つ庄司町長は、死体を前にしても寄付金のことしか頭にない腹黒町長でした。純を罵り、平気で「罪を被れ」と迫る姿は悪魔そのものです。

「町長なら島のために協力してくれるはず」と彼女に死体の在りかを報告していた庄吉じいさんも、町長の思わぬ裏切りに激怒し襲いかかります。この二人の乱闘シーンはコミカルにさえ感じます。演じた余貴美子と柄本明の怪演に魅せられます。


(C)筒井哲也/集英社(C)2022映画「ノイズ」製作委員会

そして、島の“ノイズ”となった元受刑者の小御坂。演じたのは渡辺大知です。殺されても仕方ないと思わせてしまう気持ち悪さを見事に演じています。彼の演技の力もあるからこそ、観客は圭太の味方をしてしまうのです。

小御坂を追って島に入る刑事・畠山は、鋭い洞察力で圭太たちを追いつめて行きますが、島の住民たちが圭太をかばい「よそ者は、島から出て行け」と最後まで悪者扱いされます。畠山役の永瀬正敏の演技が、物語に緊張感を与えます。

実力派俳優たちの熾烈な演技合戦で、最後の最後まで分からない事件の真相。見事に騙されます。

まとめ


(C)筒井哲也/集英社(C)2022映画「ノイズ」製作委員会

「殺した。埋めた。バレたら終わり」……狂気が暴走する新感覚サスペンス『ノイズ』を紹介しました。

閉鎖的な島で暮らす住民たちの歪んだ正義と、隠されてきた裏の顔、蓄積された嫉妬心が耳障りな“ノイズ”になって溢れ出す。

よーく耳を澄ませば、あなたのすぐ近くにも狂気の“ノイズ”が鳴っているかもしれません薄気味悪さマックス!映画『ノイズ』をぜひご覧ください。




関連記事

サスペンス映画

【ネタバレ】岸辺露伴ルーヴルへ行く|映画あらすじ感想解説とラスト評価考察。黒い絵作者/奈々瀬の正体は?漫画原作の怖い魅力から描くルーヴル美術館という“幽霊屋敷”

“この世で最も黒く、最も邪悪な絵”の真実とは? 人気漫画シリーズ『ジョジョの奇妙な冒険』にて登場した異能を持つ漫画家・岸辺露伴を主人公に据えたスピンオフ漫画が原作である実写ドラマ『岸辺露伴は動かない』 …

サスペンス映画

映画『あのバスを止めろ』あらすじネタバレと感想。ラストの結末も

二転三転のクライム・サスペンスの快作『あのバスを止めろ』 あのドキドキハラハラのスリリングムービーが、イタリアの風に乗って再びやってきました! 主人公は哲学の学位を持つインテリ崩れのダメ男。 美人泥棒 …

サスペンス映画

韓国映画ザ・メイヤー 特別市民|あらすじとキャスト!ミンシク紹介も

日本映画では忖度ばかりをしていまい、映画として娯楽性の高さや魅力的な人物描写が不得意なジャンルがあります。 それポリティカルものです。逆にメディアのひとつとして得意とも言える手法で政治の裏側を描く韓国 …

サスペンス映画

映画『何がジェーンに起ったか?』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

かつての子役スター“ベイビー・ジェーン”を狂気に陥らせたのは一体何だったのか? ベティ・デイヴィスとジョーン・クロフォードの怪演に思わず息を呑む傑作『何がジェーンに起ったか?』をご紹介します。 CON …

サスペンス映画

映画『累かさね』あらすじネタバレと感想解説。ラスト結末まで土屋太鳳&芳根京子の狂演×演劇かもめ&サロメの意味を探る

映画『累-かさね-』は、9月7日(金)より全国ロードショー! 松浦だるまの『累』を土屋太鳳&芳根京子のNHK連続テレビ小説のヒロインがW主演で映画化。二人を繋げる男の羽生田役に浅野忠信。共演に横山裕、 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学