Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2021/11/22
Update

『真夜中乙女戦争』映画原作のネタバレあらすじと結末の感想評価。ラストが究極の最後⁈恋愛は東京滅亡計画を邪魔するのか

  • Writer :
  • 星野しげみ

若者に圧倒的支持がある作家Fの小説『真夜中乙女戦争』が2022年に実写映画化に!

作家Fが、平凡な大学生の「私」が黒服という謎の男に出会って、「真夜中乙女戦争」と名付けられた犯罪計画に巻き込まれる姿を描いた小説『真夜中乙女戦争』。

鬱屈した大学生の心の描写を詳細に書き表した小説が、『弱虫ペダル』(2020)の永瀬廉(King&Prince)主演で、実写映画化されます。

上京して1人暮らしを始めた大学生の“私”が、同好会の先輩に憧れを抱き、妙に気が合う黒服と出会い、それまでの生活が一変していきます。

監督・脚本は『チワワちゃん」(2019)『とんかつDJアゲ太郎』(2020)の二宮健。 映画公開は、2022年1月21日(金)です

スリリングな『真夜中乙女戦争』の原作小説をあらすじネタバレを交えてご紹介します。

スポンサーリンク

小説『真夜中乙女戦争』の主な登場人物

【私】
W大学に入学した若者。大学生活をつまらないと思っています。

【先輩】
私が入ったサークルの女性の先輩。

【黒服】
私が知り合った謎の男の学生。夜型の映画好き。ある計画を企てます。

【佐藤】
私の同級生。

小説『真夜中乙女戦争』のあらすじとネタバレ


書影 『真夜中乙女戦争』

もし大学1年生の4月の頃の自分に戻れたならば、どんな後悔を大人は語るだろうと、私は思っています。

4月、新しい生活に淡い期待を抱きながらW大学に入学した私ですが、人生になんの意味も感じられないつまらない講義が続く毎日に、私の期待はあっけなくはじけてしまいました。

大学が始まって10日たちますが、つまらないと思う日々に加えて、自分を理解してもらえないことで、夜は一睡もできません。

私は刺激のあるサークルに入部しようと思い、個性なサークルが数多存在する中、「かくれんぼ同好会」というサークルを選びました。

文字通り、会員同士がかくれんぼをして遊ぶという同好会です。東京駅構内でかくれんぼをした時は、駅構内のゴミ箱の中に潜伏。

サークルの会員に見つかるより先に鉄道警察職員に見つかって職務質問を受けることになってしまいました。

不審者と思われても仕方がない私が、事務所に連れて行かれようとしたその時、女性の”先輩”が現れて「この子、あたしの弟です」といって、私の頬をぶん殴り、そのおかげで解放されました。

私は助けてくれた先輩とラインの交換をしました。先輩に興味を持ったけれども、彼女は誰にでも優しくて誰からも好かれている人でした。

私だけに優しいわけではない。私は急激にサークルへの熱が冷め、東京タワーをひとりで眺めてため息をつく日が多くなります。

けれども、先輩から「もう寝ちゃった?」というラインが来た日には、東京に来て初めてよく眠れました。

私はいつも眺める東京タワーに恋文を書き、オフィシャルサイトに送りました。すると東京タワーから展望台のチケットが2枚送られてきました。

つまらない講義とくだらないバイトに明け暮れる毎日……、私は自分の生き方に悩み始め、眠れない日を送っています。

先輩に会いたいと思っても、自分が先輩と話す価値があるのかとか、そんな考えも浮かんできます。

先輩は私を好きではない。それは正しいこと。でも、私は先輩に会いたい。話がしたい。私は自分の気持ちを見つめます。

「言葉も、おまえも、役に立たない」。

「会いたい」と言うのに1秒もいらないはずなのに、その4文字を口にするのは何万時間もかかるように思われました。

「すべてが終わる、お前には意味がない」。

呪文のような言葉が、私の頭を駈け廻ります。

講義もバイトもない日の日課として、私は文学部図書館に行って勉強します。

6月のある夜、大学構内で喫煙所のベンチに座り込んでいると、向こうの暗闇から全身黒づくめの学生が現れて話しかけてきました。

そして私の手を取り裏門へ走り出し、盗んだバイクで夜中の明治通りを猛スピードで走りました。

ある日、「映画館を作る」目的で、黒服と私は歌舞伎町の外れにある廃墟ビルの一室を小型映画館に改造しました。

いつの間にか廃墟には1匹の白猫が住むようになり、私と黒服はこの私設映画館で毎夜映画を見て過ごします。

ある日、「俺たちが生きていた証拠を残そう」と黒服が言い、真夜中の映画館に他の人間を招待することにしました。

黒服は客への対応がよく、どんな客も黒服に心を許します。夜を好む人間たちが、1人また1人と増えていきました。

そんな時、先輩から「君と寝る夢を見た」とラインが届きました。私は先輩を例のチケットで東京タワーに誘って、デートを楽しみました。

一方、同級生で同郷人、唯一の私の友人の佐藤は、前期の履修科目を全てAでクリアし、大手広告代理店のインターンに行くことになりました。

順調に社会人としての一歩を歩み始めた佐藤が苦しむ顔が見たくなった私は、ありったけの悪意を佐藤に伝えます。その夜、黒服は戦争を開始しました。

大学の7号館の屋上からドローンを飛ばして『ワルキューレの騎行』をスピーカーで流す奇襲作戦ですが、実際にはあっという間に爆音のワルキューレは鳴りやみ、もとの静寂に戻りました。

この作戦は失敗したとも成功したとも言えません。

何一つ破壊できなかった黒服は、この作戦の結果を観ても懲りません。「これから大学を地獄にしてやる」黒服はそう宣言します。

鞄の中から「真夜中乙女戦争」と書かれた分厚い書類の束を私に見せました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『真夜中乙女戦争』ネタバレ・結末の記載がございます。『真夜中乙女戦争』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

黒服は着実に「真夜中乙女戦争」の同志を獲得していき、大学はまさに地獄と化していきます。

喫煙所には火が放たれ、偽の休講メールは毎日届き、徹夜で仕上げたレポートは無残に引き裂かれた。

学生掲示板のビラが剥がされた件で、私は教授に呼び出されました。佐藤が密告したようでした。

黒服を始めとするメンバーは、佐藤への報復にでます。今まで大学内でおこった悪戯の記録を全て、佐藤の下半身の写真とともに彼のインスタグラムに投稿。

下半身の写真が貼り付けられた履歴書が、佐藤の志望する企業にも送られ、佐藤の未来は絶たれました。佐藤はすぐに大学を退学しました。

それから、夜中の映画館のある廃墟ビルは、1階から4階の全室の壁をぶち抜いて作戦本部となります。10~30名いた常連はもはや100名を超えました。

そしてその中には、「俺は自由になった」と言う佐藤もいたのです。

真夜中0時になり、新しいTo Doリストが送られてきました。その一番上にあったのは、かくれんぼ同好会のメンバーで、大手出版社に内定した4年の女子の内定取消工作でした。

先輩との真夜中のラインは今でも時々続いています。私から先輩を吞みに誘いました。

そしてそのあとホテルに行き、先輩にキスをしました。先輩には付き合っている人がいるけど、私のことを好きだと言ってくれました。

目が覚めると隣に先輩はいなくて、黒服と常連たちに囲まれていました。

「真夜中乙女戦争」の実行まであと数時間。

クリスマス・イヴが終わる深夜、関東数カ所の発電所を爆破し、六本木ヒルズ・スカイツリー・都庁などを放火し、その様子を東京タワーの展望台で鑑賞するのです。

もう爆弾は作ってあるし、準備万全といったところまで来ています。放火では済まさない。全て爆破だ。と言い切る黒服。

「彼女はどこだ?」と聞く私に、黒服は「世界が終ろうとしているのに、おまえはまだ恋愛の真似事がしたいのか?」と言います。

「あの人の未来まで奪う必要は絶対にない」

「俺はこの計画と結婚している。誰かが幸福で、誰かが不幸なら意味がない。全員どん底に叩き落すまで続ける」と黒服。

「お前は俺と会う前、何度も会いに来てくれた。ラブレターも送っている。言葉も、おまえも、役に立たない」

その言葉の続きを私は知っています。「すべて終わる。お前には意味がない」。

黒服の正体が私には漠然と分かって来ました。私は、東京タワーに行かねばなりません。

すぐに、風呂場に逃げ込み、3階の窓から飛び降りようとします。黒服が私の背中をつかんで引き戻し、シャワーヘッドで私の頭を思い切り殴りました。

しばらくして気絶から目覚めた私は、先輩を捜してタクシーで廃墟ビルへと向かいました。

先輩やメンバーの姿はそこになく、無人の廃墟ビルで猫を拾い上げて、私は東京タワーへと向かいました。

東京タワーの展望台の中では、黒服が一人でクリスマスケーキをカットしていました。

その後、東京のあらゆる照明が落ち、真っ暗闇の中、小さな火の海が浮かんでいます。作戦が実行されたのです。

階下から鉄の焼けるにおいがします。東京タワーの下にも灯油で火がつけられたのです。もうすぐここも火の海になるのでしょう。

黒服はここで死ぬつもりです。私は徐々に日が燃え広がってくる東京タワーの中で、先輩に電話をかけました。

先輩に内定が取り消されこと、大学もその他のオフィスも近々全部消えてなくなること、先輩がビッチだったことを一生許せないと思うことなどを語りました。

「なんとなく、きみの仕業かなと思っていた。誰も君のこと、絶対に許さないし、もう死ねばいいと思う」と先輩は言いました。

でも、と先輩は続けます。

「君は最悪だけれども、生きているなら、それでよしとしてあげる」。

スポンサーリンク

小説『真夜中乙女戦争』の感想と評価

小説家Fの小説『真夜中乙女戦争』は、大学生の恋とテロ計画を中心に描かれていました。

主役となる「私」を始め、あこがれの女性「先輩」も、私を虜にする「黒服」も名前をもたず、唯一、私の友人「佐藤」だけが名前を持ち、リアル感を醸し出します。

「私」は学校を卒業したら会社に入って、恋をして結婚して、普通の家庭を持つことを望んでいる真面目な大学生です。

「就職」という人生の節目や岐路を見つめ、何をどうすればすればいいのかわからないのに、それを教えてくれる人はいません。

答えを見つけられない自分が嫌になったり、目標をどこに見据えればいいのかわからずに迷走したり、周りの友人と比べて不安になったり…。

精神的にとても苦しい思いをする私ですから、大学の勉強をやみくもにしてみても、虚しさしか感じられませんでした。

作品では、若者たちは、胸に抱えたどうしようもない虚しさを「東京をぶっ壊す」という犯罪で晴らそうとしていました

このようにこの時期特有の屈折した若者の心理を、「手に入れようとしても手に入れられないものほど愛おしい。そんなものに憧れたまま死ぬか、それから目を逸らして生きるか、目を逸らさず、それをぶっ壊すか」。と、「私」を通して作者は書き表しています。

‟東京をぶっ壊す”。それはテロともいうべき犯罪ですが、失敗してもとにかく動き出して何かをやれ!という、若者に向けたエールのようにも思えます。

一方、大事な登場人物とでもいうべき「東京タワー」も忘れてはいけません。

物言わないけれども、しっかりと私の心の声を聞いてくれる相手が、東京タワーでした。それは、私の心の拠り所だったのかもしれません。

見ているだけで何かを諭してくれるような存在は、心の支えとなるべき大切なものだと思い知らされます。

たとえそれが悪夢を呼びこむ始まりだとしても、精神の糧となるものを持っているのと持たないのとでは、生きていく上で大きな違いとなるのですから。

映画『真夜中乙女戦争』の見どころ

『真夜中乙女戦争』は、一人の大学生の恋と現実社会への鬱憤を描いた小説です。

映画化にあたり、『弱虫ペダル』の永瀬廉が主役の「私」を務め、「私」の憧れの先輩には『貞子』(2019)の池田エライザ。私を虜にする黒服は『アルキメデスの大戦』(2019)の柄本佑が演じます。

ストーリーの中心は「私」が大学生活で遭遇する先輩への恋心と、黒服との東京滅亡計画。計画が進むと先輩まで命を絶たれることになります。

小説のラストでは、「私」は究極の選択を迫られ、黒服よりも先輩への愛を取ります。映画では、この選択をするまでの心の葛藤がどう表現されるのか、興味津々です。

また、東京タワーのある芝公園を始めとする爆破予定される都内各所の風景や、先輩と「私」が初めて一緒に入った和風喫茶「都路里」なども登場するのかどうか、楽しみの一つとなっています。

スポンサーリンク

映画『真夜中乙女戦争』の作品情報


(C)2022「真夜中乙女戦争」製作委員会

【公開】
2022年(日本映画)

【原作】
F:『真夜中乙女戦争』(KADOKAWA)

【脚本・監督】
二宮健

【キャスト】
永瀬廉、池田エライザ、篠原悠伸、安藤彰則、山口まゆ、佐野晶哉、成河、渡辺真起子、柄本佑、小島健

まとめ


(C)2022「真夜中乙女戦争」製作委員会

真夜中を愛する者は乙女である。真夜中を憎む者もまた乙女である。乙女は女だけではない。男だって乙女である。
(中略)
寂しいのに嬉しい、楽しいのに切ない、幸福なのに虚しい。その矛盾の中で沈黙を選ばざるを得なかった者は乙女である。
(中略)
死にたいと願うのも、生きたいと願うのも乙女だ。断言する。純真無垢な子女ばかりが乙女ではない。
(中略)
永遠に記憶に残るような思い出を欲して。さもなくば、世界の終わりを待ちながら。我々乙女は、戦争をする。

小説冒頭にはタイトルにも使われた「真夜中」「乙女」「戦争」という言葉が入った戦線布告とも言える文章が載っています。

若者の屈折した心理は当事者でなければわからないことも多い。ですが、本作ではそれを先輩という女性への憧れと東京タワーへの崇拝にも似た気持ちで表現されていました

爆破計画などやはり犯罪ですが、世界をぶち壊したくなるほどの爆発的なエネルギーを持って前進しなさいという、作者からのメッセージと受け取れる作品でした。








関連記事

サスペンス映画

韓国映画『国家が破産する日』感想とレビュー評価。1997年に起きた通貨危機事件のブラックボックスを緻密に探り描く

映画『国家が破産する日』は2019年11月8日(金)よりシネマート新宿ほかで全国ロードショー! 国家破産という未曾有の危機。そのとき、国民を守るべき韓国政府は何をしたのか。そして韓国国民は… 1997 …

サスペンス映画

三度目の殺人|広瀬すず(山中咲江)演技評価と感想。事件の真相も

是枝裕和の最新映画『三度目の殺人』が、2017年9月9日(土)に公開。 弁護士が殺人犯の心の奥底に潜む真意を、弁護する立場から見つめる姿によって、新たな真実を想像する法廷サスペンス。 キャストは是枝監 …

サスペンス映画

映画エルELLE|動画フルを無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

映画『エル ELLE』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます! ↓今すぐ『エル ELLE』の動画を無料で見るならU-NEXT!↓ なお、当記事でご紹介している映画『エル ELLE …

サスペンス映画

映画『DAU退行』ネタバレ結末感想とラスト考察。ナターシャ続編は共産主義が生み出す腐敗と狂気をさらにあぶり出す

ソ連の全体主義を再現した『DAU』プロジェクト第二弾は『DAU. 退行』 前作『DAU. ナターシャ』は序章に過ぎなかった……。 映画史上初の試みともいえる異次元レベルの構想で、ソ連の全体主義を再現し …

サスペンス映画

韓国映画『記憶の夜』ネタバレ結末感想と最後まであらすじ解説。怖いサスペンスに描かれた“家族にまつわる2つの行動”

チャン・ハンジュン監督による韓国サイコスリラー映画『記憶の夜』。 1997年のある春の日、一家4人は新しい家に引っ越してきます。引っ越し先の家に見覚えのある違和感を抱く弟。新しい家で温かい家族生活が始 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学