Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2018/12/30
Update

『マスカレードホテル』あらすじと内容解説。原作者と映画監督のプロフィール紹介も

  • Writer :
  • 富士野

映画『マスカレード・ホテル』は、1月18日(金)より全国ロードショー!

東野圭吾の人気作品群「マスカレード」シリーズ。累計310万部を売り上げるこのシリーズの第一作『マスカレード・ホテル』がついに実写化。

グループ解散後、俳優として精力的に活動する木村拓哉を主演に据え、小日向文世・長澤まさみ・高嶋政宏など豪華キャストで贈る究極のホテル・ミステリーです。

スポンサーリンク

映画『マスカレード・ホテル』の作品情報


(C)2019 映画「マスカレード・ホテル」製作委員会 (C)東野圭吾/集英社

【公開】
2019年(日本)

【原作】
東野圭吾『マスカレード・ホテル』

【監督】
鈴木雅之

【脚本】
岡田道尚

【キャスト】
木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、梶原善、泉澤祐希、東根作寿、石川恋、濱田岳、前田敦子、笹野高史、高嶋政宏、菜々緒、生瀬勝久、宇梶剛士、橋本マナミ、田口浩正、勝地涼

【作品概要】
小説家東野圭吾の作品群の中でも屈指の人気を誇る「マスカレード」シリーズ。第一作『マスカレード・ホテル』を実写映画化。
『王様のレストラン』(1995)や『ロングバケーション』(1994)などを手掛け、さらに木村拓哉の代表作でもある『HERO』のドラマ・映画両方の監督を務めた鈴木雅之が担当。

脚本は映画「ライアーゲーム」シリーズを手掛けた岡田道尚が務めます。

鈴木雅之監督のプロフィール

参考映像:『HERO』(2015)

鈴木雅之は、映画監督でもあると同時に、フジテレビジョン役員待遇編成局制作センター第一制作室ゼネラルディレクターでもある、テレビマンです。

共同テレビで、TVドラマ『世にも奇妙な物語』(1990)や『白鳥麗子でございます!』(1993)を演出し注目を集めると、1994年、フジテレビに移籍します。

その後『王様のレストラン』(1995)、『ロングバケーション』(1994)、『ショムニ』(98)、『古畑任三郎』(1999~2006)など90年代を代表するドラマ作品を数多く手がけ、高視聴率をたたき出します。

1999年、人気漫画作品が原作で、ドラマとしても大ヒットした『GTO』の劇場版で、映画監督デビュー。

木村拓哉の代表作ともいえる『HERO』では、2001年のドラマ版と2007年と2015年の映画版の両方を監督を務めます。

近年手掛けた映画作品では、2011年、万城目学原作の映画『プリンセス トヨトミ』が話題となりました。

スポンサーリンク

原作者東野圭吾のプロフィール

参考映像:『容疑者Xの献身』(2008)

東野圭吾は、1958年生まれの大阪市生野区生まれ

幼いころは特に読書少年でもなかった彼ですが、大阪府立阪南高等学校に入学し、2年生になった1974年に、偶然手に取った小峰元の小説『アルキメデスは手を汚さない』を読み、推理小説に初めて目覚めます。

そして同時に江戸川乱歩賞の存在を知り、そのつながりから松本清張の著作を読み漁るようになり、やがて自ら推理小説を書き始めます。
処女作は『アンドロイドは警告する』だが、現在まで内容は公開されていません。

大学卒業後、エンジニアとして働きながら小説を執筆。何作かの江戸川乱歩賞への挑戦の末、1985年、デビュー作『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞します。

1986年には退職し、専業作家としての道を歩みまじめますが、ヒット作に恵まれない時代が続きます。第52回日本推理作家協会賞を受賞した『秘密』がヒットすると、1999年には広末涼子主演で映画化されます。

以後、彼の作品の映像化が増え、『白夜行』は2006年にドラマになり、2010年に映画が公開されました。

特に福山雅治主演でドラマや映画になた「ガリレオシリーズ」で、小説を読まない層にもその名が広く知られるようになっています。

その他映画化された作品に『手紙』(2006)、『容疑者Xの献身』(2008)、『さまよう刃』(2009)、『夜明けの街で』(2011)など多数。

映画『マスカレード・ホテル』の主なキャスト

新田浩介役・木村拓哉のプロフィール

参考映像:『無限の住人』(2017)

木村拓哉は、1972年生まれ、東京都出身の俳優。

1988年にジャニーズ事務所のアイドルグループSMAPのメンバーとして活動をスタートし、1991年にCDデビューを果たします。

グループ活動を通じ数々のヒット曲をリリースするとともに、『SMAP×SMAP』といったTV番組で、当時のアイドルとしては珍しいバラエティもできるアイドルとして国民的人気を博します。

また、個人の活動として、”あすなろ抱き”という言葉を生み出した『あすなろ白書』(1993)などのテレビドラマ出演に始まり、『ロングバケーション』(1996)や『ラブジェネレーション』(1997)、『ビューティフルライフ ふたりでいた日々』(2000)など主演ドラマが軒並み高視聴率を獲得します。

代表作「HERO」シリーズ(2001~15)は、2007年と2015年の劇場版がともに大ヒットを記録しました。

俳優としてもアイドル的な人気を持っていた一方で、巨匠山田洋次監督の『武士の一分』(2006)で主演を務めたほか、ウォン・カーウァイ監督の『2046』(2004)など海外の監督の作品にも精力的に出演するなど、一人の俳優としてのキャリアも着実に積み上げています。

2016年のSMAP解散後は俳優としての活動がめざましく、映画『無限の住人』(2017)、『検察側の罪人』(2018)などに主演。

輝くアイドル俳優から、渋みと凄みを増したアラフィフ俳優への階段を上っています。

スポンサーリンク

映画『マスカレード・ホテル』のあらすじ

都内で発生した、3件の殺人事件。現場にはいずれも不可解な数字の羅列が残されていたことから、連続殺人事件として捜査が開始されます。

警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介は、その数字が次の犯行場所を予告していること、そして高級ホテル・コルテシア東京が4件目の犯行場所になることを突き止めます。

犯人を見つけるためホテルのフロントクラークに成りすまして潜入捜査を始める新田。

刑事という立場から、現れる宿泊客たちを次々と疑っていく新田と、彼らをお客様として信じようとするフロントクラーク・山岸尚美。

2人は衝突を繰り返しながら、この難事件に挑みますが…。

映画『マスカレード・ホテル』の感想と評価

本作の見どころは、まずその“舞台”にあります。

ホテルの中で繰り広げられるミステリーということで、普通のドラマの刑事ものとは規模が違います

豪華なホテルの世界を堪能しながら、観客の私たちも宿泊客のひとりになったつもりで、一緒になぞ解きをしてみるのが、おすすめの鑑賞方法です。

また、舞台がホテルということは、それだけ登場人物の数も、人間模様も多様で複雑なものになります。

そしてこの作品の凄いところは、多くの登場人物に豪華キャストを呼んでいることです。

ヒロインに長澤まさみを据え、小日向文世、笹野高史、高嶋政宏、生瀬勝久、宇梶剛士などのベテラン勢にはじまり、前田敦子、菜々緒、勝地涼などのいまをときめく若手俳優、そして石川恋、橋本マナミなどここ数年ドラマで輝き始めたニュースターまで、さまざまな年代や個性の俳優さんがずらっと揃っています。

そんな彼らが、いったいどんなキャラクターを演じるのか、そしてこの連続殺人事件の犯人はいったい誰なのか、そこに注目しながら作品をみるのも本作の醍醐味ですね。

もちろん、日本が誇る国民的人気俳優、木村拓哉の初の刑事役にも注目してみてください。

まとめ

東野圭吾氏のミステリーを映像化した作品は、ミステリーに慣れていない人でも、事件の経緯や人物描写がわかりやすく、ひとつのエンターテインメントとしても楽しめるものが多いです。

ドラマの『ガリレオ』や『新参者』がヒットしたのもその表れです。

そしてそういったワクワクできる作品には、やはり“スター”と呼ばれる俳優が真ん中にどーんと構えていることで、映像作品としての強度を増します。

「ガリレオ」シリーズには福山雅治、『新参者』には阿部寛というのがその例です。

彼らが謎を解き、謎だけでなく犯人の心の暗部と対峙していく様は、エンターテイメントさながら、痛快とも言えます。

そんな東野圭吾の映像化がキムタク主演であり、『マスカレード・ホテル』ということも相まって、ワクワクドキドキの作品になるに違いありません。

2019年のオススメの1発目に何かワクワクしたものが観たいという方は、ぜひ観ておくべき1本ですよ。

映画『マスカレード・ホテル』は、1月18日(金)より全国ロードショー!


関連記事

サスペンス映画

映画『聖なる鹿殺し』あらすじとキャスト。公開する劇場はどこ?

2018年3月3日(土)より公開されるヨルゴス・ランティモス監督作品『聖なる鹿殺し』。 謎の少年がコリン・ファレル演じる順風満帆な医師と、その家族を追い詰めていく…。極上のスリラーとは? スポンサーリ …

サスペンス映画

Netflix映画『エノーラ・ホームズの事件簿』ネタバレあらすじと感想考察。シャーロックホームズの「妹」が活躍する冒険ミステリー

NETFLIX映画『エノーラ・ホームズの事件簿』 「推理小説」として100年以上に渡り愛される小説シリーズ「シャーロック・ホームズ」。 現代に舞台を変えたドラマシリーズ「SHERLOCK」や老齢のホー …

サスペンス映画

映画『娘よ』ネタバレあらすじと感想。ラスト結末も《日本で初めて公開されたパキスタン作品》

今回ご紹介する映画『娘よ』は、日本で初めて公開されるパキスタン映画。 世界の片隅では、今だ起き続ける紛争に巻き込まれた少女や、少年の哀しみをネットでよく見かけます。また昨今は、過激な発言で一部の国民を …

サスペンス映画

映画『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

あなたはペットを飼うなら、ねこ派ですか、いぬ派ですか? 今回ご紹介する映画は、総数250匹の犬たちが演技を見せてくれる映画。そのワンちゃんたちの演技が認められ、見事!カンヌ国際映画祭ではパルムドック賞 …

サスペンス映画

映画カイトKITE|動画無料視聴はHulu。ネタバレあらすじと感想

日本のアニメーションは、時に海外にまで影響を及ぼす作品が現れることがあります。 今回はその中でもキワモノ感溢れるR-18アニメ作品の実写化作品『KITE/カイト』を紹介します。 スポンサーリンク CO …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学