Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2018/06/04
Update

映画『告白小説、その結末』あらすじとキャスト。上映館情報も

  • Writer :
  • 西川ちょり

フランスで今もっとも注目されている作家デルフィーヌ・ド・ヴィガンの小説「デルフィーヌの友情」を巨匠ロマン・ポランスキー監督が映画化!

『告白小説、その結末』は6月23日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBIS GARDEN CINEMAほか順次全国ロードショーされます!

スポンサーリンク

映画『告白小説、その結末』の作品情報


(C)2017 WY Productions, RP Productions, Mars Films, France 2 Cinema, Monolith Films. All Rights Reserved.

【公開】
2018年(フランス・ベルギー・ポーランド映画)

【原題】
D’apres une histoire vraie

【監督】
ロマン・ポランスキー

【キャスト】
エマニュエル・セニ、エヴァ・グリーン、バンサン・ペレーズ、ドミニク・ピノン、ジョゼ・ダヤン、ブリジット・ルアン、ノエミ・ルボフスキー

【作品概要】
鬼才ロマン・ポランスキー監督が、『毛皮のヴィーナス」』以来4年ぶりに手がけた監督作。フランスの女性作家デルフィーヌ・ドゥ・ビガンの小説『デルフィーヌの友情』を映画化。

作家とそのファンというふたりの女性の関係性の変化をサスペンスフルに見つめている。

エマニュエル・セニエ(デルフィーヌ役)のプロフィール


(C)2017 WY Productions, RP Productions, Mars Films, France 2 Cinema, Monolith Films. All Rights Reserved.

1966年6月22日生まれ。フランス・パリ出身。

祖父は俳優のルイ・セニエ。父は写真家。母はジャーナリスト。14歳からモデルの活動を始め、国際的な人気を集めました。

ジャン=リュック・ゴダール監督の『ゴダールの探偵』(1985)で映画デビューを果たします。

1989年にロマン・ポランスキーと結婚

マゾッホの自伝的小説を基にした戯曲を映画化したポランスキー監督の前作『毛皮のヴィーナス』(2013)では、オーディション会場で舞台演出家を惑わす無名の女優を演じ、セザール賞主演女優賞にノミネートされました。

『フランティック』(1988)、『赤い航路』(1992)、『ナインスゲート』(1999)といったポランスキー作品を始め、『オディールの夏』(1994/クロード・ミレール監督)、『ヴァンドーム広場』(1998/ニコール・ガルシア監督)、『潜水服は蝶の夢を見る』(2007/ジュリアン・シュナーベル監督)、『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』(2007/オリビエ・ダアン監督)、『エッセンシャル・キリング』(2010/イエジー・スコリモフスキ監督、『母の身終い』(2012/ステファヌ・ブリゼ監督)、『危険なプロット』(2012/フランソワ・オゾン監督)など多数の話題作に出演。

2016年の『あさがくるまえに』(2016/カテル・キレベレ監督)では、交通事故に遭い、脳死の判定を受けた少年の母親を演じ、記憶に残る演技を見せてくれました。

スポンサーリンク

エヴァ・グリーン(エル役)のプロフィール


(C)2017 WY Productions, RP Productions, Mars Films, France 2 Cinema, Monolith Films. All Rights Reserved.

1980年7月6日生まれ。フランス・パリ出身。

母親はルネ・クレマン監督の『雨の訪問者』(1970)などで知られる女優のマルレーヌ・ジョベール。

パリのエヴァ・サン=ポール演劇学校、ロンドンのウェバー・ダグラス演技学校で学んだ後、舞台役者としてキャリアをスタートさせます。

巨匠ベルナルド・ベルトルッチの『ドリーマーズ』(2003)で映画デビューを果たします。この作品が目に止まり、リドリー・スコット監督の『キングダム・オブ・ヘブン』(2005)に抜擢されました。

『007/カジノ・ロワイヤル』(2006/マーティン・キャンベル監督)ではボンドガールを務め、英国アカデミー賞のライジング・スター賞を受賞しています。

2016年のティム・バートン監督『ミス・ペレグリンと奇妙な子どもたち』では、異能の子どもたちを守るミス・ペレグリンを演じました。

そのほかの主な出演作に『ルパン』(2004/ジャン=ポール・サロメ監督)、『ライラの冒険 黄金の羅針盤』(2007/クリス・ワイツ監督)、『パーフェクト・センス』(2011/デビッド・マッケンジー監督)、『ダーク・シャドウ』(2012/ティム・バートン監督)、『シン・シティ 復讐の女神』(2013/ロバート・ロドリゲス監督)、『300〈スリーハンドレッド〉~帝国の進撃~』(2014/ノーム・ムロ監督)、『悪党に粛清を』(2015/クリスチャン・レブリング監督)、TVシリーズ『ナイトメア ~血塗られた秘密~』(2014~)などがあります。

アルマーニ、クリスチャン・ディオールなどのモデルとしても活躍しています。

映画『告白小説、その結末』のロマン・ポランスキー監督とは?

関連映像:『ゴーストライター』(2010)

ロマン・ポランスキーは、1933年8月18日生まれ。フランス・パリ出身

3歳の時にポーランドに移り住みますが、第二次世界大戦が勃発し、ナチのユダヤ人狩りで両親が収容所に送られてしまいます。自身も逃亡生活を余儀なくされなんとか生きながらえます。

戦争終結後は、ポーランンドのウッチ映画大学で学び、短編映画を制作しました。

1962年、サスペンス映画『水の中のナイフ』で長編監督デビューを果たします。

『反撥』(1964)でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞し、続く不条理喜劇『袋小路』(1966)では同・金熊賞を受賞しました。

60年代半ばにアメリカに渡り、1967年の作品『吸血鬼』に出演した女優シャロン・テートと1968年に結婚します。

しかし、1969年8月にチャールズ・マンソン率いるカルト集団に妻を殺害されてしまいます。

その悲劇を乗り越え、1974年、ジャック・ニコルスンを主演に迎えたハードボイルド探偵映画『チャイナタウン』を監督し、アカデミー賞11部門にノミネートされました。

トマス・ハーディの原作を映画化した文芸大作『テス』(1979)でもアカデミー賞7部門にノミネートされました。

しかし、1977年には、子役モデルへの淫行で有罪判決を受けました。アメリカを脱出し、フランスに移住。今なおアメリカから身柄引き渡しを求められています。

アメリカ脱出後は、ヨーロッパで作品を撮り、『フランティック』(1988)や『赤い航路』(1992)『死と処女(おとめ)』(1995)など、精力的に作品を発表。

2002年に発表した『戦場のピアニスト』は、ナチスドイツ侵攻下のポーランドで生きた実在のユダヤ人ピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの自伝の映画化作品で、ロマン・ポランスキー自身の当時の過酷な体験が反映されています。

作品は絶賛され、カンヌ国際映画祭パルムドール、アカデミー賞・監督賞などを受賞しました。

2010年の作品『ゴーストライター』はベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞しています。

その人生は波乱に満ちており、波瀾万丈の人生を語ったドキュメンタリー『ロマン・ポランスキー 初めての告白』(2012/ロラン・ブーズロー監督)も制作されています。

1989年には本作『告白小説、その結末』の主演女優エマニュエル・セニエと3度目の結婚をしています。

その他の監督作品に『ローズマリーの赤ちゃん』(1968)、『マクベス』(1971)、『ポランスキーの欲望の館』(1972・未)、『テナント/恐怖を借りた男』(1976・未)、『ナインスゲート』(1999)、『おとなのけんか』(2011)、『毛皮のヴィーナス』(2013)などがあります。

スポンサーリンク

映画『告白小説、その結末』のあらすじ


(C)2017 WY Productions, RP Productions, Mars Films, France 2 Cinema, Monolith Films. All Rights Reserved.

心を病んで自殺した母親との生活を綴った私小説がベストセラーとなった後、極度のスランプに陥っているデルフィーヌの前に、ある日、熱狂的なファンだと称する美しい女性エル<彼女>が現れます。

「自分の家族を晒している」と非難する差出人不明の脅迫状にも苦しめられていたデルフィーヌは、本音で語り合え、支えてくれるエルに信頼を寄せていきます。

ふたりは共同生活を始めるほどの仲になりますが、エルは時折、ヒステリックになり、不可解な言動でデルフィーヌを翻弄するのでした。

はたしてエルは何者なのか? なぜデルフィーヌに近づいてきたのか? 次第に彼女に疑問を持ち始めるデルフィーヌ。

そんな中、エルの身の上話に衝撃を受けたデルフィーヌは、彼女の壮絶な人生を小説にしようと決意しますが、その先には想像を絶する「結末」が待ち構えていました…。

本作を上映する劇場情報


(C)2017 WY Productions, RP Productions, Mars Films, France 2 Cinema, Monolith Films. All Rights Reserved.

【北海道地区】
北海道 ディノスシネマズ札幌劇場 6/23~

【東北地区】
青森 シネマディクト ルアール/ルージュ 8/4~8/17
青森 フォーラム八戸 順次公開

岩手 フォーラム盛岡 順次公開

宮城 チネ・ラヴィータ 8/3~

山形 フォーラム山形 順次公開

福島 フォーラム福島 順次公開

【関東地区】
千葉 キネマ旬報シアター 8/18~8/31

東京 ヒューマントラストシネマ有楽町 6/23~
東京 YEBISU GARDEN CINEMA 6/23~

神奈川 シネマジャック&ベティ 6/23~
神奈川 川崎市アートセンター アルテリオ映像館 8/4~

群馬 シネマテークたかさき 順次公開

『中部地区】
長野 長野ロキシー 順次公開
長野 塩尻東座 9/15~9/28

静岡 静岡シネギャラリー 8/18~8/31
静岡 CINEMAe_ra 順次公開

愛知 伏見ミリオン座 6/23~

三重 伊勢進富座本館 9/8~9/21

【近畿地区】
京都 出町座 6/23~

大阪 テアトル梅田 6/23~

兵庫 シネ・リーブル神戸 6/30~

【中国・四国地区】
岡山 シネマクレール丸の内 8/18~

【九州・沖縄地区】
福岡 KBCシネマ 6/30~

熊本 Denkikan 順次公開

宮崎 宮崎キネマ館 9/1~9/14

沖縄 桜坂劇場ホール 7/21~

まとめ

鬼才ロマン・ポランスキー監督が、『毛皮のヴィーナス』以来4年ぶりにメガホンを取りました。

『ゴーストライター』をはじめ、ミステリアスでスリリングな物語は、ポランスキー監督の独壇場であり、本作への期待が高まります。

『パーソナル・ショッパー』(2016)で独特のサスペンスフルな世界を築いてみせたアリヴィエ・アサイヤス監督が、共同脚本を手がけているのにも注目です。

女性作家に近づいたファンの目的は何か?!どのような結末が彼女たちを待ち受けているのか!?

『告白小説、その結末』は6月23日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBIS GARDEN CINEMAほか、順次全国ロードショーされます!

関連記事

サスペンス映画

【ネタバレ】ナイル殺人事件(2022)|あらすじ感想と結末ラストの評価解説。犯人と船上で繰り広げられる殺人推理劇を映画監督としてケネス・ブラナーが見事に描く

愛と欲望が交差するトライアングルミステリー! 『オリエント急行殺人事件』や『アクロイド殺し』など、それまでのミステリ界の常識を何度も覆した推理作家アガサ・クリスティ。 そして2022年、数多くの名著を …

サスペンス映画

Netflix映画『グレイス 消えゆく幸せ』ネタバレあらすじと感想評価。タイラーペリー監督が殺人事件の仕組まれた”罠”を描く

Netflixおすすめ映画『グレイス 消えゆく幸せ』を紹介! 身に覚えのない悪意によって、地位や名誉、財産までも奪われた中年女性が、茫然自失の末に殺人を犯します。その結果、彼女の自供だけで、事件が解決 …

サスペンス映画

映画『愚行録』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ー仕掛けられた3度の衝撃。あなたの日常が壊される。ー 第135回直木賞の候補になった貫井徳郎の小説『愚行録』を映画化! 妻夫木聡主演、日本が誇る戦慄の群像ミステリー『愚行録』を紹介します! スポンサー …

サスペンス映画

『たぶん悪魔が』ネタバレあらすじ感想と結末ラストの評価解説。ロベール・ブレッソン監督がベルリン映画祭で銀熊賞した“死に取り憑かれた美しき青年”

第27回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員特別賞)を受賞した名作映画『たぶん悪魔が』。 1977年に、ひとりの若者の死と生を見つめ、社会への批判を描いたロベール・ブレッソン監督の映画『たぶん悪魔が』。 …

サスペンス映画

映画『天空の蜂』動画無料視聴方法!あらすじネタバレ【原作との違いは?】

ベストセラー作家・東野圭吾の95年の小説が、15年度に映画化されました。 その内容は、まるで最近作られたかのような「原発」をテーマにしたサスペンス作品となっています。 映画はもちろん、東野圭吾の予見的 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学