Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

『アンシンカブル 襲来』あらすじネタバレと感想。スウェーデン製の侵略サスペンス映画を解説

  • Writer :
  • 映画屋のジョン

世界各国から集めた選りすぐりの危険な映画たちを上映する、「モースト・デンジャラス・シネマ・グランプリ2018[MDGP2018]


(C)2018 Crazy Pictures Productions AB. All rights reserved.

その第3弾となる作品が『アンシンカブル 襲来』

スウェーデンで製作された、未知の勢力からの恐るべき攻撃を描いたパニックアクション映画です。

スポンサーリンク

映画『アンシンカブル 襲来』の作品情報


(C)2018 Crazy Pictures Productions AB. All rights reserved.

【公開】
2018年(スウェーデン映画)

【原題】
The Unthinkable, Den blomstertid nu kommer

【監督】
ヴィクター・ダネル

【キャスト】
クリストファー・ノルデンルート、リサ・ヘンニ、ジェスパー・バークセリウス

【作品概要】

ある日突然、スウェーデンは正体不明の何者かによる攻撃を受ける。混乱の中で運命に翻弄される人々。はたして敵の正体は何者なのか?そして絶望の中で、人々は救われるのだろうか?

ハリウッドで『モールス 』としてリメイクされた、スウェーデン製ホラー映画『ぼくのエリ 200歳の少女』を製作した、ジョン・ノードリングが本格的なスケールで描いた『アンシンカブル 襲来』。

現在の状況を反映させた設定を持つ、かつて無い脅威との戦いが繰り広げられるのだ。

映画『アンシンカブル 襲来』のあらすじとネタバレ


(C)2018 Crazy Pictures Productions AB. All rights reserved.

冒頭、画面には大地に立ち上る黒煙、そして乗り捨てられた乗用車が映し出される。

物語は過去にさかのぼり、2005年の12月から始まる。スウェーデンの地方にある村に暮らす16歳の青年、アレックスは恋人アンナと教会のピアノを二人で演奏するなど、音楽に親しむ日々を送っていた。

またアレックスは父ビョルンの操縦するセスナ機で共に空を飛行し、充実した親子の時間を過ごしてもいた。しかしビョルンは海面に不審な船舶を見つけると、通報の為に機体を引き返えさせるのだった。

国に尽くす事を誇りに思う、同時に気難しくもある父と母クララの関係は冷え切っていた。それでもアレックス一家は、笑顔でクリスマスの日を迎えたのである。

そこでクララはこつこつ貯めた金で買ったギターをアレックスにプレゼントする。しかしそれを見てビョルンの表情は不機嫌になる。実は彼はアレックスの為にギターを自作していたのだ。

この行き違いから夫婦は激しく言い争い、ビョルンはギターを2つとも壊してしまう。そしてクララは家を出てしまうのであった。

その翌朝は、恋人アンナが彼女の母エヴァと共に引っ越す日もあった。

彼女に自作の曲をプレゼントする用意をしていたアレックスだが、前夜の出来事に深く傷付いた彼はアンナに曲を渡す事も声をかける事も出来ず、2人は不幸な別れを遂げてしまう。

やがて横暴な父との暮らしに耐えかねたアレックスも、家を飛び出して首都ストックホルムでの生活を始める。

そして現在、ミュージシャンとして成功を遂げたアレックスは家族とも、アンナとも連絡を絶って1人孤独に暮らしているのであった。

そんなある夜ストックホルム市内で渋滞に巻き込まれた、アレックスは市内で爆発が起きた事を知る。2つの主要な駅や橋などが、突如何者かに爆破されたのだ。

このテロ行為に巻き込まれ母が死んだ事を知るアレックスだが、母の葬儀よりも仕事のスケジュールを優先しようと振る舞う。彼はそんな気難しい人間になっていたのであった。

一方父ビョルンも孤独な生活を送っていた。村にある送電所に勤務し、同僚と今回のテロについて話し合うが、そのテロで別れた妻が死んだ事は知る由もなかった。

ビョルンは送電所の前で不審な人物を見かける。声をかけたが殴られ気を失い、意識を取り戻した時には誰もいなかった。彼は警察など関係各所に通報するが、普段の言動もあって取り合う者はいなかった。

アレックスは母の葬儀のために故郷の村に向かおうとしていた。テロはISの仕業、沈静化の見込みと報道されていたが、電話やネット回線が使用出来なくなるなど、スウェーデン国内のインフラに様々な障害が発生、進行しつつあったのである。

それでも故郷に到着したアレックスは、かつての恋人アンナと再会する。彼女は多忙な母と別れ故郷に戻り、祖母の元へと帰っていたのであった。久々にアンナと一夜を過ごしたアレックスは、久々に笑顔を取り戻す事が出来たのだった。

その頃、スウェーデン政府の閣僚となっていたアンナの母、エヴァは緊急の招集を受けていた。

集められた関係者に対し、今回のテロ行為はISによるものでは無く、もっと大きな背景を持つものであり、スウェーデンは厳戒態勢に入る事が伝えられる。有事に備え政府要人は3つのグループに分かれ行動する事が決定された。

エヴァはこの状況に備えさせる為にアンナに電話をする。しかしその通話も途切れがちとなった。しかしアンナにはこの状況を察する事が身近にあったのだ。

アンナは軍人である夫が、この事態に備え基地に待機させられている事をアレックスに伝えた。

しかしアレックスはアンナに夫、そして娘がいる事を初めて知らされたのだ。彼は今までそれを語らなったアンナをなじり、家を飛び出し車で去るのであった。

ショックの余り路上に車を止め、考え込むアレックス。そこに突然トラックが突っ込んで来る。なんとか車外に逃れた彼の前で次々と車が事故を起こす。そしてトラックの運転手の言動は異様なものであった。

ストックホルムから逃れようとするエヴァも同様の、次々と車が衝突する事故に巻き込まれる。更に彼女の目の前で国会議事堂が爆破されるのだった。

異常な事態に気付いたアレックスはアンナの元に戻り、娘を迎えたいという彼女の意志を無視して、強引にアンナと祖母を連れ避難する。多くの人々と共に、有事の際にシェルターとなる送電所に車で向かうのであった。

一方その送電所でビョルンは、送電網のオーバーロードや監視カメラの切断といった事態に遭遇していた。何者かの侵入に気付いた彼は銃を手に備えるが、現れた敵との銃撃戦となる。

倒したガスマスクを身に付けた敵の遺体をビョルンは探るが、その身元は判明しない。

この事態に送電所に兵士を乗せたスウェーデン軍のヘリコプターが応援に向かうが、彼らの表情には何か異常なものがあった。やがてヘリのパイロットは操縦の意志を失ってしまう。

ヘリコプターはアレックスらを巻き込む様に墜落する。避難民たちは扉を閉じようとする送電所のシェルターに我先と逃げ込むが、その混乱でアレックスは負傷する。

そのアレックスを引きずる様にして、アンナは何とかシェルターに逃げ込む事に成功したのであった。

アンナは意識の無いアレックスを、彼の父ビョルンに引き渡す。そしてビョルンの静止も聞かず、娘を迎える為にシェルターの外に出てしまう。

一方のエヴァも、何とか軍の施設に逃れる事に成功する。多くの政府要人が死亡・行方不明となる中、彼女は指揮官からスウェーデンを混乱に陥れた状況について説明を受けるのであった。

以下、『アンシンカブル 襲来』ネタバレ・結末の記載がございます。『アンシンカブル 襲来』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2018 Crazy Pictures Productions AB. All rights reserved.

指揮官はエヴァに、敵勢力がインフラへの攻撃とともに何らかの生物・科学兵器と思われる物質を使用した事を報告する。

その化学物質の含まれた雨に触れた人間は、急激にアルツハイマー症を発症・悪化させたかの様な状態になってしまうのだ。

この報告で今も多くの人々が危険に晒されている事を知ったエヴァは、基地の無線機能で一般市民向けに警告の放送をする事を提案する。

しかしそれは敵に対し基地を攻撃目標にさせる行為だと指揮官は拒否、やがてエヴァに賛同する兵士と同士討ちの銃撃戦に発展する。

エヴァは賛同する兵士と共に基地を掌握する。行動を共にする兵士の中にはアンナの夫の姿もあった。

一方意識を取り戻したアレックスは、アンナを行かせてしまった父ビョルンと口論となる。そこには過去に受けた仕打ちへの激しい怒りも含まれていた。

そこにエヴァからの、「雨に打たれてはいけない」との警告と、残された人々の団結を訴えるメッセージ放送が流れてくる。これを聞いたアレックスはアンナを探しにシェルターの外へと向かう。

娘を連れて来たアンナと合流できたアレックスは、送電所のシェルターに無事戻る事が出来たが、周囲の状況は刻々と変化していた。

エヴァのいる基地には放送を探知した敵が迫り、皆が脱出を決意する。一方送電所も敵の攻撃目標となり避難民は村の教会へ移動する事となる。

この混乱の中、アレックスは父ビョルンと共に援護を求め軍との連絡を試み、エヴァのいる基地との通信に成功。しかし相手がアンナの夫と知ると通信を遮断してしまう。

更にアレックスは怒りにまかせビョルンに暴力を振るい、父をその場に残して去るのであった。

雨の降る中、防護服に身を包み脱出したエヴァ一行は敵と遭遇、激しい銃撃戦となりエヴァも死亡してしまう。また送電所にも敵が迫り逃げ出した人々が襲撃される。

必死に抵抗し逃げるアレックスは、敵のヘリに追われかつての実家に逃げ込む。その納屋でかつてクリスマスの日に渡そうとしたギターを目にするが、ヘリからの激しい銃撃に受け追い詰められる。

間一髪セスナ機に乗った父ビョルンが現れ、ヘリと衝突する事でアレックスを救うがセスナも地上に墜落、納屋に衝突し激しく炎上する。

アレックスの目の前で炎の中、ギターを手にして述懐する父の姿。それは現実の光景か、それとも雨に含まれる化学物質が引き起こした幻覚だったのだろうか。

アンナら避難民が逃げ込んだ教会に到着したアレックスだが、そこも破壊され雨に曝されていた。そこで彼はアンナに、よりを戻したい為に娘を置いて無理やり逃亡させた事を詫び、彼女に夫から連絡があった事を伝える。

もし2人が別れたあの日にプレゼントを渡していれば、別れた後に連絡をとっていれば、どんな人生があっただろうか。

激しい雨に打たれながら教会のピアノを弾くアレックスの脳裏に、あったかもしれない2人の人生の姿が映し出される。

しかし彼の演奏は一つのキーを叩く単調なものとなり、最後には雨の中虚ろな表情で、呆然と立ちつくすアレックスの姿があるのであった。

物語は終わったが、ニュース映像の形でその後の経過が簡潔に紹介される。

前例の無い攻撃に混乱したスウェーデンだったが、3日後には秩序を取り戻しインフラも徐々に復旧、混乱の回復に他国軍の進駐も始まっていた。

しかしこの民間人に対する化学兵器による攻撃で、80万もの人々が深刻な影響を受けた事が報じられた。

そして映像の最後は、声明を読み上げるロシアのプーチン大統領の姿で締められるのだった。

スポンサーリンク

映画『アンシンカブル 襲来』の感想と評価

(C)2018 Crazy Pictures Productions AB. All rights reserved.

正体不明の脅威に翻弄される人々を描いた映画

『アンシンカブル 襲来』を紹介する文章を目にした方は、その内容に困惑したかもしれません。

宇宙人?テロリスト?一体何が攻撃してくる映画なんだろうと。

あらすじとネタバレで紹介した様に、映画では敵の正体は明確に描かれていません

他国軍でも声明は発表するテロ組織でも無い、大きな勢力を持つ何かに支援された集団が、スウェーデンを混乱に陥れたのです。

映画はこの脅威との対決を正面から描くのではなく、ネットも通信も遮断され状況が見えない状態において、人々を襲う混乱と恐怖に焦点を合わせて描いたものなのです。

あえて例えるなら、姿のない武装集団と化学兵器という“怪獣”に襲われた、『シン・ゴジラ』的なスウェーデン製シミュレーション映画、と言って良いのかもしれません。

スウェーデンの抱える危機意識が見えてくる

敵の正体は不明、と記しましたが、ラストでその背後にいる者が示唆されています。

ひょっとしてこの映画、何らかの意図を持ったプロパガンダ映画ではないかと思った方がいるかもしれません。

そこでこの映画を生んだ、スウェーデンの背景について考えてみましょう。

スウェーデンといえば国民幸福度の高い福祉国家、また年配の方は東西冷戦時代には徴兵制を持ち中立を保った事をご存知でしょう。

映画ファンなら性描写の先進国、フリーセックスの国と呼ばれていた事も…。少々脱線いたしました。

しかし冷戦終結後スウェーデンを取り巻く環境は激変しています。

かつての中立国はEUに加盟、通貨はユーロではなくクローネという独自通貨を所持する、イギリスと良く似た立ち位置の国なのです。

軍事的にも中立を捨て2010年に徴兵制を廃止、NATOには加盟していないものの協力関係を構築しました。

この様なかつての中立国の西側への接近を、東の大国ロシアが快く思う訳がありません。

2014年からクリミア半島・ウクライナで紛争が始まると、ロシアと接するバルト海での緊張が高まります。

そして必要な兵員を確保出来なくなったスウェーデンは2018年、徴兵制を復活させます。

主人公のアレックスの父、ビョルンは冷戦期の徴兵を経験した世代と知れば、彼の言動や、親子の対立として描かれた物の正体が浮かび上がってこないでしょうか。

更にEU諸国共通の問題、移民の増加や極右政党の躍進など、スウェーデンは現在、かつて無かった様々な難問に直面しているのです。

『アンシンカブル 襲来』のクレジットの最後に膨大な数の氏名が記されていますが、本作はクラウドファンディングでも資金を集めて制作されました。

目標額は24時間で達成、スウェーデンではかつて無い金額を集めたそうです。

映画が描いた様々な問題に対する、スウェーデンの人々の高い関心を示しているのではないでしょうか。

化学兵器で攻撃された人々の、新たな描写

化学兵器・細菌兵器で人々が正気を失っていく映画といえば、『ゾンビ』で有名なジョージ・A・ロメロ監督が1973年に製作した『ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖』を思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。

参考映像:『クレイジーズ』(2010)

この映画は2010年に『クレイジーズ』のタイトルでリメイクされており、その際にご覧になった方がいるかもしれません。

共に正気を失った人々が互いに殺し合う、またその人々を軍が殺戮するという終末的な描写で描かれた映画です。

また『ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖』の凶暴化した人々が襲い来る様は、最近の激しい動作で攻撃してくるゾンビ映画の元祖の1本といえる作品かもしれません。

しかし『アンシンカブル 襲来』に登場する化学兵器は、人を殺すものでも凶暴化させるものではなく、無力化させるものです。

結果としてそれが多くの事故を引き起こし、残酷な結果を招くのです

よって映画に描かれた同士討ち・殺し合いは化学兵器によるものではなく、互いの猜疑心やコミュニケーションの不在によって生じたものなのです。

これは国家間、またスウェーデンの人々が政治的に対立している現状への風刺を描いたものです。

敵の攻撃より恐ろしいのは、互いを理解しようとせず対立する姿勢ではないか、との問いかけと考えていいでしょう。

主人公アレックス一家の崩壊も、恋人アンナとの別れも誤解とコミュニケーションの不在が生んだものでした。

劇中のアレックスの行動・目撃したものが、どこまでが化学兵器の影響で、どこまでが自らの心が生んだものかも、決して明確には描かれていません。

ラストで雨の中正気を失ってゆくアレックスの姿に、頑なであった自らの心からの解放が感じられるのは、絶望的状況での詩的な描写といえるのではないでしょうか。

まとめ


(C)2018 Crazy Pictures Productions AB. All rights reserved.
以上紹介で重い映画を想像されたかもしれませんが、『アンシンカブル 襲来』多くの高度なVFXシーンを駆使した破壊描写、先の見えないサスペンス描写もある見応えのある作品に仕上がっています。

また明るい緑に包まれた地であり、暗く霧と雨に包まれた地でもあるスウェーデンを感じさせてくれる映画でもあります。

ド派手なアクションや、宇宙人の襲来を期待していた方には驚きの映画であったかもしれません。

しかし映画の背景に触れてみると、より深いものが読み取れる作品なのです。

同時にそのメッセージは、決して他人事ではない事も、理解させれるものに仕上がっています。

関連記事

SF映画

映画レディ・プレイヤー1の感想。ガンダムなど登場キャラクターを33個調査報告!

ハリウッドきってのヒットメイカーであるスティーブン・スピルバーグ監督が、アーネスト・クラインのベストセラー小説『ゲームウォーズ』を完全映画化。『レディ・プレイヤー1』は、4月20日(金)GW全国ロード …

SF映画

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』あらすじと感想レビュー!

映画『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』は、6月29日(金)より全国ロードショー。 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に続くスター・ウォーズシリーズ公式スピンオフ作品第2弾。 シリ …

SF映画

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス結末ネタバレと感想。キャラクターがラストまで前作以上の大活躍!

銀河一“ヤバい”愛されヤンキー・ヒーロー・チームが再登場! 最強に笑えるSFアクション・アドベンチャー超大作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』をご紹介します。 スポンサーリンク CON …

SF映画

映画『メイズ・ランナー3 最期の迷宮』あらすじとキャスト。前作の内容も合わせて紹介

待望のシリーズ完結作『メイズ・ランナー最期の迷宮』は、6月15日(金)TOHOシネマズほか全国順次公開。 本作は、2014年の『メイズ・ランナー』、2015年の『メイズ・ランナー砂漠の迷宮』に続く第3 …

SF映画

映画ライフ2017とスパイダーマン3の共通点をネタバレ!

ハリウッドの人気俳優ジェイク・ギレンホールやライアン・レイノルズと、真田広之が共演することはネットニュースで知った映画ファンは多いのではないでしょうか。 先日そのSFホラー映画『ライフ』の日本版予告編 …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP