Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

ネタバレ【ウルトラマントリガー エピソードZ】映画あらすじ結末感想と評価解説。テーマとメッセージを“光と影の激突する戦い”に込める

  • Writer :
  • 薬師寺源次郎

ウルトラマントリガー最大の戦い!25年の時を経て、最悪の巨人が復活する

2021年に放送された『ウルトラマントリガー』の特別編として製作された本作、『ウルトラマントリガー エピソードZ』。

“光”を受け継いだウルトラマントリガーに対し、“影”を引き継ぐ巨人、イーヴィルトリガーが登場。新たなキャストに中村優一を迎え、壮大なスケールでトリガーの物語が描かれます。

平和を取り戻したはずの地球で再び出現する怪獣たち。地球の危機にウルトラマントリガーが遂に復活を果たし、怪獣たちに立ち向かいます。

時空を超え、ウルトラマンゼットも駆け付けますが、ゼットに邪悪な影が忍び寄ります。

そんな中、遂に最悪の影の巨人、イーヴィルトリガーが登場、光と影の究極の戦いへと発展していきます。

ウルトラマントリガー最大の戦いが幕を挙げる映画『ウルトラマントリガー エピソードZ』をご紹介します。

映画『ウルトラマントリガー エピソードZ』の作品情報


(C)円谷プロ (C)ウルトラマントリガー特別編製作委員会

【公開】
2022年(日本映画)

【監督】
武居正能

【キャスト】
寺坂頼我、豊田ルナ、金子隼也、春川芽生、水野直、高木勝也、細貝圭、平野宏周、安藤彰則、中村優一、宅麻伸、M・A・O、畠中祐、小野友樹

【作品概要】
『ウルトラマントリガー エピソードZ』の監督は『ウルトラマンR/B』(2018)など、多くのウルトラ作品に名を連ねる武居正能が務めます。

キャストは主演の寺坂頼我をはじめテレビシリーズから、豊田ルナ、金子隼也、春川芽生、水野直、高木勝也、細貝圭、M・A・O、が再集結。

テレビシリーズで客演を果たした平野宏周とウルトラマンゼットも登場し、新たに「仮面ライダー電王」シリーズで仮面ライダーゼロノスこと桜井侑斗役を演じた中村優一が、GUTS-SELECT新隊長トキオカにキャスティングされています。

映画『劇場版ウルトラマントリガーエピソードZ』のあらすじとネタバレ


(C)円谷プロ (C)ウルトラマントリガー特別編製作委員会

メガロゾーアとの戦いから2年。

ウルトラマントリガーことマナカケンゴ(寺坂頼我)が暴走するエテニティコアと同化したことで宇宙は救われ、地球も平和を取り戻していました。

しかし、数カ月前から収まっていた怪獣災害が再び発生するようになっていました。

それにより怪獣災害に対応するエキスパート部隊“GUTS-SELECT”のヒジリアキト(金子隼也)、シズマユナ(豊田ルナ)、ナナセヒマリ(春川芽生)、サクマテッシン(水野直)、メトロン星人 マルゥル(声:M・A・O)らは、怪獣災害への対応を余儀なくされていました。

しかし、新隊長トキオカ リュウイチ(中村優一)の手腕もあり事なきを得ていました。そんな中、超古代文明の遺跡に侵入する謎の集団が確認されます。

情報部へ異動したGUTS-SELECTの前隊長、タツミセイヤ(高木勝也)は集団の一人、イブラを拘束、尋問により、その集団が“ライラー”と名乗り、超古代文明を信仰している事が判明します。

一方、超古代文明の巫女であるユザレの記憶と能力を引き継ぐユナは、ユザレの記憶が日に日に薄れていく中、時折ケンゴが苦しむ幻を目にし不安に感じていました。

そんな時、イブラはユナに会う事を条件にすべてを語ります。

「このままでは光が失われる」そう語るイブラは同調するようにエタニティコアの波長が乱れ始め、ユナはケンゴが消えかけていることを感じます。

トキオカはコアの中のケンゴを救出する作戦を立案、タツミ率いる情報部、ライラーの協力で作戦が決行されます。

無事救出されたケンゴですが、ウルトラマントリガーに変身するためのアイテム、ガッツハイパーキーを失ってしまいます。

ケンゴは仲間たちが催した帰還を祝う宴の途中、トキオカから“ウルトラマン”ではなく“人間”として何をしたいのか尋ねられますが、答えることが出来ません。

その頃、イブラを拘束している施設をライラーの面々が襲撃、イブラは逃げ出し、怪獣を呼び寄せる装置を使い、地底怪獣パゴスを呼び出します。

暴れるパゴスに対応するため、ユナやアキトと共に現場に向かったケンゴですが、トリガーに変身できない事に無力感を感じます。

その時、時空を裂き、ウルトラマンゼットが現れ、瞬く間にパゴスを倒します。

ゼットは人間の姿、ナツカワハルキ(平野宏周)に戻り、ケンゴらと久方ぶりの再会を喜び合います。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ウルトラマントリガー エピソードZ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ウルトラマントリガー エピソードZ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)円谷プロ (C)ウルトラマントリガー特別編製作委員会

ハルキは自分たちの世界を消滅させかけ、研究のため管理されていた寄生生物セレブロが逃げ出し、それを追い、ケンゴたちの世界にやってきていました。

ケンゴが変身能力を失ったことを知り、ハルキは協力を申し出ます。

折しも、ガッツハイパーキーらしき信号をGUTS-SELECTが捕らえ、ケンゴとハルキ、ユナ、アキト、トキオカの5人はハイパーキーを探しに向かいます。

しかし、ライラーに襲撃、さらに、イブラは変形怪獣ガゾート、凶暴宇宙鮫ゲネガーグ、破壊暴竜デスドラゴを次々と呼び出します。

ライラーの妨害を受けながら、ハイパーキーを回収したケンゴはトリガーに変身、後からゼットに変身したハルキと共に怪獣たちを撃破します。

しかし、突如、ゼットの様子が豹変し、トリガーを攻撃、その左目は赤く染まっていました。

ハルキは変身前にセレブロに寄生され、体を乗っ取られてしまっていました。

ハルキの抵抗虚しく、トリガーへ攻撃を続けるゼットをトキオカは止めようと、行動を起こします、しかし、ゼットが発した光線の爆発に巻き込まれてしまいます。

成す術がなく、やられてしまうトリガーは変身が解けてしまいます。満身創痍のケンゴの前に現れたのは、セレブロに操られたハルキとイブラでした。

2人は回収したばかりのガッツハイパーキーと、もう一つの変身アイテムガッツスパークレンスを持ち去ります。

動けないケンゴにとどめを刺そうとするイブラですが、そこにイグニス(細貝圭)が現れ、ケンゴを救い、ユナとアキトが駆け付けたことにより、イブラは退却します。

ケンゴは超古代文明の遺跡でライラーが何かの儀式を行おうとしているのを知り、イグニス、ユナ、アキトと共に向かいます。

そこには爆発に巻き込まれたはずのトキオカの姿がありました。ユナはユザレの記憶から、トキオカの正体が超古代人であるザビルだと気が付きます。

超古代文明の研究者であったザビルはかつて思いを寄せていたユザレを守れなかったことから、自身が“光の巨人”になり人々を導くことを渇望し、現在まで生き永らえ。研究を続けていました。

その研究の成果を成就させ、影の巨人、イーヴィルトリガーへ変身します。

同じく、セレブロが操るハルキもゼットに変身、2人を止めるため、イグニスはトリガーダークへ、ケンゴもハイパーキーとガッツスパークレンスを取り戻し、トリガーへ変身します。

しかし、トリガーとトリガーダークは苦戦を強いられます。

一方、何とかセレブロに抗おうとするハルキはケンゴの言葉で仲間への想いを思い出し、セレブロの支配を脱します。

イーヴィルトリガーと対峙するトリガー、ゼット、トリガーダークですが、イーヴィルトリガーの強さに手も足も出ません。

さらに、セレブロは殲滅機甲獣デスドルドスを呼び出し、トリガーたちは窮地に陥ります。その様子を見ていたユナは、エタニティコアへ向かいます。

ユナは自身に残ったユザレの力をすべて使い、トリガーたちへコアからエネルギーを送ります。

エネルギーを受け取ったトリガーはグリッタートリガーエタニティへパワーアップ。ゼットもまた、デルタライズクローへとパワーアップし、瞬く間にデスドルドスを撃破します。

しかし、激高するザビルは力を暴走させ、さらに巨大化します。

圧倒的な力を見せるイーヴィルトリガーですが、トリガーたちの渾身の同時光線により、撃破、勝利を納めます。

元の姿に戻り仲間たちと喜びを分かち合うケンゴですが、力を失ったザビルが現れます。ザビルは悲しい笑みを浮かべると、光となり消えていきます。

そして、ハルキはセレブロを連れ自分の世界へ、トレジャーハンターであるイグニスはお宝を求め宇宙へ旅立っていきます。

改めて、帰還を祝う仲間たちに囲まれケンゴは、ありのままの自分を受け入れてくれる仲間たちに“光”であり“闇”、“ウルトラマン”であり“人間”であることを胸に、生きていく事を決意します。

映画『劇場版ウルトラマントリガーエピソードZ』感想と評価


(C)円谷プロ (C)ウルトラマントリガー特別編製作委員会

本作『ウルトラマントリガー エピソードZ』のテレビシリーズである「ウルトラマントリガー」は“光”と“闇”、“人”と“ウルトラマン”と言う点を強く意識して描かれていました。

それは本作でも変わらず、テレビシリーズ以上にそのテーマが深堀されているうえ、これまで主人公・ケンゴが抱えていた疑問に対して答えを見出す様子まで描いています

そのきっかけとなり、“人間”というテーマが印象的に描かれていたのが、タツミに率いられたGUTS-SELECTがトリガーを助けに駆け付ける場面において各隊員が次々とケンゴへ想いを叫ぶ場面でした。

特にトキオカことザビルが繰り返し口にする“光”や“ウルトラマン”という言葉に対し、アキトはケンゴのことを「“光”でも“ウルトラマン”でもないただの“人間”」と評し自分たちの仲間であることを強調しています。

このセリフをきっかけに、“ウルトラマン”として生きるのか“人間”として生きるのか、答えを見つけ出せずにいたケンゴが、自身を“ウルトラマンに変身できるだけのただの人間”であるとしています。

この回答は一見、変身モノのヒーロー作品としては邪道のように感じられますが、現実において特別なことが出来るから神になれるわけではなく、人間だからこそ誰かに希望を与え、誰かと手を取り合える、そんなメッセージが込められているように感じました

そして、ケンゴもまた、“人間”だからこそアキトたちの言葉に力をもらうことが出来たのではなかったのではないでしょうか。また、本作では“影”というテーマも内包されているようです。

本作で登場したイーヴィルトリガーは公式にも“影の巨人”と表現され、トリガーという強い光により生まれた濃く深い影の権化として描かれています。

あくまで“闇”ではなく“影”であるのは“闇”は光に照らされ消えるのに対し、“影”は光が何かを照らすときに必ず生じ、決して消すことが出来ない存在であるため、トリガーが照らした“光”により生じた“影”がザビルであり、イーヴィルトリガーであると示しているようです。

実際に、“闇の巨人”であったトリガーダークはテレビシリーズにおいて、トリガーの“光”により、邪悪さを失い、いつしか肩を並べて戦うようになりました。

しかし、“影”であるイーヴィルトリガーは、ケンゴがいくら言葉を重ねてもその邪悪さを失うことがありませんでした。

誰しもが忘れてしまうことですが、“光”あるところに人知れず“影”がある。そんなメッセージが描かれているのかもしれません

このように深いテーマが描かれた本作ですが、特撮パートも必見です。

ウルトラシリーズおなじみの特撮セットを爆破したり、近年、クオリティが上がり続けるVFXによる視覚効果をふんだんに使った迫力ある映像もさることながら、細かな撮影技術による臨場感を出す工夫が見事です。

例えば、怪獣とウルトラマンが戦うシーンでは、それぞれの移動や、転倒で生じる振動をわずかにカメラを揺らすことで表現したり、低いアングルから見上げるようなカメラワークなど、その場にいるように感じる演出で臨場感を高め、迫力ある映像を作り出しています。

その他には、戦いの中で発生する衝撃波をCGで表現していたりしますが、同時に電線や街路樹を揺らし、よりリアルに見せる演出も見事でした。

また、本作ではセレブロに操られるウルトラマンゼットが登場しますが、特徴的な赤い左目もさることながら、どこかけだるげな所作であったり、普段とは違う荒っぽい戦い方であったり、表情がわからないスーツ姿のキャラクターを表現するスーツアクターの表現力を垣間見ることが出来ました。

そんな、ストーリーにおいても特撮面においても、非常に濃厚な本作『ウルトラマントリガー エピソードZ』は未だ進化を続ける“ウルトラマン”の一端が垣間見える作品となっています。

まとめ


(C)円谷プロ (C)ウルトラマントリガー特別編製作委員会

1996年に放送された『ウルトラマンティガ』は、“人は誰でも光になれる”と言う名言に乗せ、誰もが誰かの希望になれるというメッセージが込められていました。

しかし、現実世界は目まぐるしく変化する情勢の中、そんなメッセージも時折、忘れてしまいそうになってしまいます。

その中で、劇中でシズマが語った「人は誰でも光になれる…。でも、一人では輝けないのかもしれないな…。」と言う言葉は現代の人々に向けた「苦しい時でも決して一人ではない」というメッセージに感じられました。

このメッセージは25年の時を経て“ティガ”の遺志を引き継ぐというコンセプトを持った『ウルトラマントリガー』が今、この時を生きる私たちに与えてくれる“光”なのかもしれません

そして、2022年7月から新番組『ウルトラマンデッカー』の放送が開始され、新たなウルトラマン「デッカー」の姿が明らかにされました。

かつて、ウルトラマンティガからウルトラマンダイナへ“光”が引き継がれたように、今またトリガーからデッカーへその“光”が引き継がれようとしています。

トリガーが与えてくれた“光”、そして、デッカーが新たに照らす“光”に、強く生きていける希望を見出せることでしょう





関連記事

SF映画

『アフター・ヤン』ネタバレ感想考察と結末あらすじの評価。SFロボット映画を通して見つめたコゴナダ監督による家族愛の在り方

近未来を舞台に家族の絆を紡ぐ 映画『コロンバス』(2017)のコゴナダ監督がアレクサンダー・ワインスタインの短編小説「Saying Goodbye to Yang」を映画化したSFドラマ『アフター・ヤ …

SF映画

映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』あらすじとキャスト紹介

『ジュラシック・パーク』シリーズ最新作となる映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』が2018年7月13日に公開。 『ジュラシック・パーク』生誕25周年を迎える節目となった本作は、火山の大噴火というス …

SF映画

劇場版『アンダー・ザ・ドッグ/ジャンブル』あらすじとキャスト

劇場版『アンダー・ザ・ドッグ/ジャンブル(UNDER THE DOG/Jumbled6)』は、6月23日(土)〜7月6日(金) 2週間限定公開。 舞台は東京オリンピックが大規模テロによって中止に追い込 …

SF映画

映画『夏への扉 』ネタバレ結末の感想とラスト解説レビュー。小説との比較からタイムトラベルの意味を紐解く

諦めなければ失敗じゃない。 幸せな未来に続く扉がきっとある。 1956年の発行以来、これまで多くのSF作品に多大な影響を与え続けてきた、ロバート・A・ハインラインの名作SF小説『夏への扉』が、日本で実 …

SF映画

【テネット考察ネタバレ】逆行・逆再生をめぐる時間の謎と意味を解説・比較分析

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)より全国ロードショー! 難解な映画として評判の、クリストファー・ノーラン監督作『TENET テネット』。 今までの映画に無かった科学的・SF的な …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学