Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/05/23
Update

ウルトラマントリガー考察予想|ティガ/ダイナ/ガイアとネタバレ比較!“もう一人のウルトラマン”の可能性を探る【邦画特撮大全90】

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第90章

今回の邦画特撮大全は『ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA』を紹介します。

2021年7月10日(土)より放送開始される『ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA』。この作品は誕生から25周年を迎えた人気作『ウルトラマンティガ』(1996~1997)の真髄を継ぐものとして企画されました。

今回は公開されている『ウルトラマントリガー』の情報から『ウルトラマンティガ』や先行作品と共通する要素の紹介、そして『ウルトラマントリガー』の物語の予想をしていきます。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『ウルトラマントリガー』の作品情報


(C)円谷プロ/(C)ウルトラマントリガー製作委員会・テレビ東京

【放送】
2021年

【監督】
坂本浩一

【キャスト】
寺坂頼我、豊田ルナ、金子隼也、水野直、春川芽生、高木勝也

【作品概要】
2021年で誕生から25周年を迎えた『ウルトラマンティガ』のコンセプトを受け継いで企画されたシリーズ最新作『ウルトラマントリガー』。

メイン監督に『ウルトラマンジード』(2017)の坂本浩一監督を迎えた「令和版ウルトラマンティガ」といえる新たな物語が展開されます。

『ティガ』以外に『ダイナ』『ガイア』オマージュも?

ウルトラマン55周年・TDG25周年記念PV第2弾

ウルトラマンティガ』の真髄を継ぐものとして企画されている『ウルトラマントリガー』。3000万年前の光の巨人の力を受け継ぐウルトラマン、マルチタイプ・パワータイプ・スカイタイプという3種類のタイプチェンジ、変身アイテムの“スパークレンス”という名称、そして光と闇の戦いという基本設定は『ティガ』と共通しています。また『ウルトラマントリガー』の主人公はマナカケンゴ(寺坂頼我)で、『ウルトラマンティガ』の主人公マドカ・ダイゴに似た語感の名前です。

しかし公開された作品情報を見ていくと、『ウルトラマンティガ』のみならず『ウルトラマンダイナ』(1997~1998)や『ウルトラマンガイア』(1998~1999)の要素も盛り込まれているのではと考えられます。

『ウルトラマントリガー』の始まりの舞台は、開拓された火星です。火星の街を蹂躙する怪獣を前に、主人公ケンゴが光と出会いウルトラマンとなるのです。この導入部は、宇宙への開拓が進む“ネオ・フロンティア”時代を描いた『ウルトラマンティガ』の続編『ウルトラマンダイナ』第1話と多数の共通点が存在します。

さらに注目したいのがGUTS-SELECTの人物配置です。『トリガー』のヒロインであるシズマユナ(豊田ルナ)は、新入隊員となったケンゴの教育係でもあります。この関係性は新入隊員という設定だった『ダイナ』の主人公アスカ・シンと、その教官であった女性パイロットのユミムラ・リョウの関係性を思わせます。

さらに対怪獣用戦闘艇“ナースデッセイ”のパイロットで体育会系の肉体派で暑苦しい熱血漢のサクマテッシン(水野直)、個性豊かな面々を厳しさと優しさの両面でまとめるタツミセイヤ隊長(高木勝也)も、『ウルトラマンティガ』よりは『ダイナ』の登場人物らを彷彿とさせるキャラクターとなっています。

スポンサーリンク

「もう一人のウルトラマン」が登場する可能性

またGUTS-SELECTの天才エンジニア・ヒジリアキト(金子隼也)は、主人公ケンゴとライバル関係にあるという設定です。ケンゴはもともと植物学者なので、2人は頭脳派同士のライバル関係ということになります。

「お互いに頭脳派同士のライバル関係」で思い起こすのが、TDG三部作の最終作『ウルトラマンガイア』。『ウルトラマンガイア』の主人公・高山我夢/ウルトラマンガイアは若き天才科学者のネットワーク“アルケミー・スターズ”の日本代表であり、ライバルの藤宮博也/ウルトラマンアグルも元アルケミー・スターズで、光量子コンピューター“クリシス”の開発者でした。

2021年1月から放送中の『ウルトラマン クロニクルZ ヒーローオデッセイ』では、ガイアとアグルの激突や『ウルトラマンティガ』におけるもう一人のウルトラマン・イーヴィルティガのエピソードなど、ウルトラマン同士の戦いが重点的に放送されています。これらの点から「アキトもひょっとするとウルトラマンに変身するのでは?」と淡い期待を抱いてしまいます。

そして『ウルトラマンガイア』との共通点で見逃せないのは、ナナセヒマリ(春川芽生)が駆る、GUTS-SELECTの多目的無人可変ドローダー“GUTSファルコン”。黄色いカラーリングは『ウルトラマンティガ』の戦闘機GUTSウィングに倣ったものですが、遠隔操作する無人機という設定は『ウルトラマンガイア』に登場した戦闘機XIGファイターEXを思わせます。

一方でGUTSファルコンは、戦闘機形態の“フライトモード”、地上での戦闘に応じた人型のシルエットの“ハイパーモード”に変形が可能という新機軸の設定も盛り込まれています。

『トリガー』の世界観にはどんな怪獣が出現する?

『ウルトラマントリガー』で気になるポイントは、作品に登場する怪獣たちがどうなるかです。『ウルトラマントリガー』の基となる『ウルトラマンティガ』はこれまでのシリーズと世界観を異にしていたため、過去作品における歴代ウルトラマンや怪獣たちは客演していないのです。

では、『ウルトラマントリガー』の世界観はどうなっているのでしょうか。ウルトラマントリガーに登場する防衛チームは、地球平和同盟TPUによって編成されたエキスパートチームGUTS-SELEGTです。TPUは世界規模の巨大財団“シズマ財団”の創始者シズマミツクニが、闇の勢力が平和を脅かそうとしているのを察知し組織されたものです。

一方『ウルトラマンティガ』に登場した防衛チームは、地球平和連合TPCが編成した特捜チームGUTSでした。防衛チームとその上部組織が共通していない点から、『ウルトラマントリガー』が『ウルトラマンティガ』の純粋な続編ではないことがわかります。

『ウルトラマンギンガ』(2013)から『ウルトラマンタイガ』(2019)までの“ニュージェネレーションシリーズ”では、過去のウルトラマンの客演や人気怪獣の登場が盛り込まれていますが、基本的にそれぞれ独立した世界観でした。この点から考えるに、『ウルトラマントリガー』は『ウルトラマンティガ』をベースにしながらも独立した世界観のパラレルワールドなのでは、と予想されます。

そして次に注目したいのが、GUTS-SELECTの駆る対怪獣用戦闘艇“ナースデッセイ号”です。この戦闘艇は名称から『ウルトラマンティガ』に登場した母艦アートデッセイ号から受け継がれたものだと思われますが、頭には“ナース”という単語があります。これは『ウルトラセブン』に登場した宇宙竜ナースに由来するもので、ナースデッセイ号の艦橋のデザインはナースの頭部を基にしています。

この2点から『ウルトラマントリガー』には、『ウルトラマンティガ』や『ダイナ』以外の作品からも人気怪獣たちが登場するものと予想するのが妥当ではないかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ウルトラマンティガ』をはじめ『ウルトラマンダイナ』『ウルトラマンガイア』を思わせる要素も盛り込まれたウルトラマンシリーズ最新作『ウルトラマントリガー』。

ただ過去作へのリスペクトももちろん大切ですが、『ウルトラマントリガー』そのものはあくまでも独立した作品です。これらの要素が足かせと化すことなく、『トリガー』そのものが新たな作品世界へ飛躍する土台となることを多くのファンは望んでいるはずです。

そして何より、『トリガー』が『ティガ』ならびにTDG三部作同様、人々の記憶に残る素晴らしい作品となることを願っているはずです。

『ウルトラマントリガー』は2021年7月10日(土)より全国テレビ東京系にて放送開始。

次回の『邦画特撮大全』もお楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら






関連記事

連載コラム

映画『アミューズメント・パーク』感想評価と考察解説。ロメロ監督が描いた現代社会への“風刺”|SF恐怖映画という名の観覧車151

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile151 現代の日本で暮らす以上、切っても切り離せない問題となる「少子高齢化」。 2045年には15歳以下の若者がおよそ10%、65歳以上の高齢者 …

連載コラム

【スーパーナチュラル】ドラマ解説とあらすじネタバレ。シーズン1〜13まとめ編|海外ドラマ絞りたて1

『スーパーナチュラル』シーズン1〜13までのあらすじを詳細まとめ 人気海外ドラマ『スーパーナチュラル』がいよいよ最終シーズンを迎えます。 本コラムでは、番組のファンとこれから『スーパーナチュラル』を観 …

連載コラム

映画『樹海村』あらすじ感想と内容解説。実在の心霊スポットと都市伝説をモデルに犬鳴村と異なる“村ホラー”を描く|シニンは映画に生かされて25

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第25回 2021年2月5日(金)より全国ロードショー公開予定のホラー映画『樹海村』。 前作の「犬鳴村」同様、有名な心霊スポットである富士・青木ヶ原樹海にまつわる …

連載コラム

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】11

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】(2020年9月下旬掲載) 【細野辰興の連載小説】『スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~』の一覧はこちら スポンサー …

連載コラム

映画『クレイジーズ42日後』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の解説。リメイク版で刷新したゾンビ化現象を描いたパンデミック・ムービー|未体験ゾーンの映画たち2021見破録26

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第26回 世界の様々な国の、まだ見ぬホラー映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第26回で紹介するのは『クレイジーズ 42日後』。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学