Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

プレゼント応募

Entry 2023/07/24
Update

【映画鑑賞券プレゼント】『いずれあなたが知る話』チケットを抽選で5名様に進呈《2023年9月2日より大阪シアターセブンにて公開》

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

映画『いずれあなたが知る話』の劇場鑑賞券を5名様にプレゼント!

2023年9月9日公開の映画『卍』は谷崎文学の名作小説を基に、新たなる解釈を入れた女性同士の性愛というセンセーショナルものだが、その役どころに挑んだのが演技派の俳優として知られる小原徳子(こはらのりこ)

今、彼女は俳優という職業に充実感を得ていることに留まらない。小原自身が脚本の執筆をしながら完成させた映画が『いずれあなたが知る話』です。

本作では同じく主演俳優を務めながらプロデューサーも兼務する大山大と、脚本家としての小原徳子が制作面からタッグ組み、仲間の俳優たちに声をかけ合い、俳優たちが作品を牽引することで作り上げたサイコ・ノワール映画。

そこで描かれたのは、「家族の絆と犠牲」、そして、過去に受けた「心の傷」についての事柄を探求する作品に仕上がっている。

映画『いずれあなたが知る話』の大阪シアターセブンでの拡大公開を記念して、Cinemarche読者様から抽選で5名様に『いずれあなたが知る話』の劇場鑑賞券をプレゼントを致します。

映画『いずれあなたが知る話』とは?


(C)いずれあなたが知る話/Cinemago

『いずれあなたが知る話』は、アパートの隣人であり、ストーカー男の行為によって明らかになっていくストーリー展開を軸に、あるシングルマザーの母娘の秘密を見出してしまうことになる。

そして、そのシングルマザーと、やがて隣人のストーカー男の運命が交差するなかで、驚きの結末が待ち受けた、どこまでもキッチュでありながら、インディーズ映画ファンのあいだでは、秀作の呼び名で大きな評判となった作品です。

2023年5月に下北沢トリウッドで劇場公開されると、初日から5日間の満席を記録。作品を支持するファンの間では強い人気を博した注目の作品です。

本作で描かれた“秘密と過去の謎”に包まれた登場人物たちの心の葛藤は、脚本家としてのデビューを果たした小原徳子が初めて映画の脚本を書いたとは思えない、人間の心の闇に焦点を当てた作風となっており、また、主人公のストーカー男を演じた大山大の起用は、小原自身がキャラクターにぴったりだと、強く望んで実現したキャスティングとなっています

キャストは大山大と小原徳子のダブル主演のほか、子役の一華が複雑な家庭環境という難しい役どころに挑戦、そして、演技派の大河内健太郎や伴優香などが魅了する演技で脇を固めています。

映画『いずれあなたが知る話』の作品情報


(C)いずれあなたが知る話/Cinemago

【日本公開】
2023年(日本映画)

【プロデューサー】
大山大

【脚本】
小原徳子

【監督】
古澤健

【撮影】
高田祐真

【キャスト】
大山大、小原徳子、一華、大河内健太郎、蓮池桂子、穂泉尚子、蓮田キト、伴優香、はぎの一、オノユリ、小川紘司、久場寿幸、奥江月香、中村成志

【作品概要】
テレビドラマ『鉄オタ道子、2万キロ』(2022)や映画『一礼して、キス』(2017)『走れ!T校バスケット部』(2018)のほか、自主映画も手がける古澤健監督が、日常に潜む孤独と愛情を描いたノワールサスペンス。

主演はテレビドラマなどにも多く出演する大山大と、『窮鼠はチーズの夢を見る』(2020)などで活躍する小原徳子。本作は小原が自ら構想して書き上げたオリジナル脚本作品で、大山がプロデューサーを務めました。

映画『いずれあなたが知る話』のあらすじ


(C)いずれあなたが知る話/Cinemago

ある古びたアパートに、ひとり娘の綾を育てているシングルマザーの靖子がいました。隣の部屋には、自称カメラマンの、しかし実は無職の働く意欲を失くした男が住んでいます。

靖子は弁当屋で働いていましたが、その稼ぎだけではやっていくことができません。生活のため、風俗でも働き始めます。一方、隣人の男は靖子が気になり、ストーカーのようにつけまわして写真を撮りだします。

仕事から疲れて帰って来る靖子は、つい娘の綾にも冷たく当たるようになりました。そんなある日、綾が誘拐されてしまいます。

愛娘のことを心配した靖子は綾を探しに行き、ついにその居場所を突き止めました。しかし靖子は、綾を取り戻そうとはしませんでした。

その日から、靖子は秘密のある行動を始めます。誰にも知られていないはずのその行動を、隣人の男はじっと見つめていました……。

映画『いずれあなたが知る話』の映画鑑賞券プレゼント応募方法


(C)いずれあなたが知る話/Cinemago

【当選者数】
5名様

【応募締切】
2023年8月25日・23時59分まで

【応募先】
たくさんのご応募ありがとうございました。当選は発送をもって代えさせていただきます。

*応募はお1人様1回に限り有効です。複数回の応募は無効となる場合がございますのでご注意ください。

【抽選・当選発表】
・厳正なる抽選のうえ、当選者を決定致します。また当選者の方にはメールにて当選ご案内とさせていただきます。
・その他、メッセージ欄へのコピペでのご応募はご遠慮ください。

【注意事項】
・チケットの転売目的でのご応募は、固くお断り致します。また、金券ショップ・ネットオークションへの売買行為は違法となります。


まとめ


(C)いずれあなたが知る話/Cinemago

キャストの小原徳子が自ら構想して書き上げたオリジナル脚本の作品で、大山大がプロデューサーを務めた『いずれあなたが知る話』。演出はメジャー映画や自主映画も手がける古澤健監督が取りまとめました。

愛娘の愛し方を問う一方、隣人の男の生き方にも問題視を見せる本作。

幸せそうな人が実はそうでなかったり、その反対のこともあったり、また優しく育てられても劣等感を抱いていたりと、人間の心の闇を覗き見しただけではわからない複雑な人間感情が、人生のさまざまな局面にあるが、この映画の大きな見どころになっています。

映画『いずれあなたが知る話』は下北沢トリウッドで封切り後、2023年9月2日(金)より大阪シアターセブンにて拡大公開!

その公開を記念して、映画『いずれあなたが知る話』の劇場鑑賞券5名様にプレゼント致します。

どうぞ、奮ってご応募ください!



関連記事

プレゼント応募

【劇場鑑賞券プレゼント】映画『凪の憂鬱』の全国共通チケットを抽選で2名様に進呈《2023年4月21日よりシモキタエキマエ K2シネマにて公開》

映画『凪の憂鬱』劇場鑑賞券を2名様にプレゼント! インディペンテンド映画界で最注目の俳優・辻凪子と監督・磯部鉄平が、気が向いた時に制作される短編作品「凪の憂鬱」シリーズ長編映画化最新作の『 …

プレゼント応募

【映画劇場鑑賞券プレゼント】『横須賀綺譚』抽選で20名様へ。9月上映は東京・名古屋・京都・福島の各劇場にて順次公開!

大塚信一監督の『横須賀綺譚』劇場鑑賞券20名様にプレゼント! 名匠・長谷川和彦を師とする大塚信一監督は、「世の中を変えるために映画を撮りたい。せめて“今の世の中はクソだ!”ぐらいは言いたい」。インディ …

プレゼント応募

【映画一般試写会プレゼント】『だれもが愛しいチャンピオン』15組30名様ご招待!12月10日(火)東京・千代田区にて

映画『だれもが愛しいチャンピオン』は2019年12月27日(金)より劇場公開。 プロのバスケットボール・コーチとハンディキャップ・チーム“アミーゴス”の出会いと絆を描いた映画『だれもが愛しいチャンピオ …

プレゼント応募

【映画感想レビュー募集】2019年劇場公開された新作映画の解説を書いてプレゼントをゲット!

Cinemarcheにあなたの好きな映画の感想をお寄せください。 日頃から映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」をご利用いただき、ありがとうございます。 Cin …

プレゼント応募

【映画プレゼント応募】劇場公開パンフレット『ファンファーレが鳴り響く』を3名様に!上映は10月17日より

映画『ファンファーレが鳴り響く』は2020年10月17日(土)より全国公開。 2020年9月18日(金)から開催されている「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020」の特別招待作品『ファンファーレ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学