Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/05/12
Update

秋元才加映画『山猫は眠らない8』あらすじ/キャスト。演技力とアクションで魅せるハリウッドデビュー作とは?

  • Writer :
  • 石井夏子

人気シリーズ8作目に秋元才加が出演!

本格的なミリタリー描写とドラマチックな展開を両立させ、映画ファンに根強い人気を誇る戦争アクション長寿シリーズ「山猫は眠らない」。

(C)2020 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc. All Rights Reserved.

第8作目となる『山猫は眠らない8 暗殺者の終幕』(原題/SNIPER: ASSASSINʼS END)が本国アメリカで製作され、本作に、女優の秋元才加が出演、ハリウッド映画デビューを飾りました。

本作の場面写真とともに、秋元才加よりコメントが届きましたのでご紹介します。

映画『山猫は眠らない8 暗殺者の終幕』は2020年8月13日(金)より公開です。

スポンサーリンク

「山猫は眠らない」シリーズとは?

(C) 1993 Sniper Productions. All Rights Reserved.

「山猫は眠らない」は、ベテラン狙撃兵のトーマス・ベケット上級特務曹長(トム・ベレンジャー)を主人公としたシリーズ作品で、第1作は1992年(日本公開は1993年5月)に公開されました。

トーマス・ベケットが米国政府から指令を受け、極秘任務を遂行した第1作目から10年後の2002年に『山猫は眠らない2 狙撃手の掟』が公開。

その後もシリーズは続き、ついに第8作目となる『山猫は眠らない8(仮)』(原題/SNIPER: ASSASSINʼS END)が製作されました。

映画『山猫は眠らない8(仮)』について

(C) 1993 Sniper Productions. All Rights Reserved.

『山猫は眠らない8(仮)』では、米国が重要な貿易協定を交わす前日に外交官が殺害され、その容疑者として米海兵隊前哨狙撃兵のブランドン・ベケット(チャド・マイケル・コリンズ)が追われることとなります。彼を助けるのはもちろん、父親であり伝説の狙撃兵トーマス・ベケット(トム・ベレンジャー)

そこへ、最大の敵となる暗殺者が現れます。その暗殺者を演じるのが、秋元才加です。

監督は、カナダ出身のコミックアーティストでもあるカーレ・アンドリュースが務めます。

スポンサーリンク

秋元才加のコメント

秋元才加が演じるのは、ベケット親子を狙う、CIA、ロシアの傭兵、そしてヤクザの訓練を受けた暗殺者役

ハリウッドデビューを果たした喜びと、ハードなアクションに挑んだ本作について、コメントを寄せてくれました。

海外進出の夢が叶い、お話を頂いた時は飛び上がる程嬉しかったです。
刺激的で、毎日がチャレンジングな現場でした。
撮影前に監督やスタッフとのディスカッションや、実弾でのガントレーニング、アクションリハーサルなど、充実した時間を過ごすことができ、撮影の合間ではトム・ベレンジャーさんと日本滞在時のお話やハリウッド映画についてのお話などもしました。
京都が素晴らしかったとお話して下さり、日本人として誇らしく思えた瞬間でした。
この撮影を終え、海外での現場にまた参加したいという夢が出来ました。
沢山の方に愛されてきたこのシリーズに出演するということで大変緊張しましたが、是非、多くの方々に楽しんで頂けたらと思います。
海外スタッフに料理された秋元才加を沢山の方々に見て頂けたら。
本場のガンアクションにもご期待下さい。

秋元才加のプロフィール

参考:秋元才加のツイッター

本作でハリウッドデビューを果たした秋元才加(あきもとさやか)1988年7月26日生まれ。千葉県出身。B型。

AKB48第2期生として2006年デビューし、2013年同グループを卒業しました。

現在は女優として映画、ドラマ、舞台に出演する他、スポーツ番組のMCを務めるなど幅広く活躍中です。2020年8月にはミュージカルの舞台『スクールオブロック』に出演予定。

映画『山猫は眠らない8(仮)』の作品情報

(C)2020 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc. All Rights Reserved.

【日本公開】
未定(アメリカ映画)

【原題】
SNIPER: ASSASSINʼS END

【監督】
カーレ・アンドリュース

【脚本】
オリバー・トンプソン

【製作】
ヴィッキー・ソーサラン、グレッグ・マルコム

【キャスト】
チャド・マイケル・コリンズ、秋元才加、トム・ベレンジャー

スポンサーリンク

映画『山猫は眠らない8(仮)』のあらすじ

米国が重要な貿易協定を交わす前日に外交官が殺害され、その容疑者として米海兵隊前哨狙撃兵のブランドン・ベケット(チャド・マイケル・コリンズ)が追われることに。

命を狙われているベケットは、政府の中に、この陰謀を操る黒幕のスパイが存在することに気づき、彼が信頼できる唯一の人物である父親、伝説の狙撃兵トーマス・ベケット(トム・ベレンジャー)と協力し、事件解決に動きます。

そこへあらゆる訓練を受けた暗殺者(秋元才加)が近づき…。

まとめ

STAY HOME期間も家で過ごす様子をSNSで発信し、見た者を魅了してくれる天性のエンターテイナー秋元才加

人気シリーズでの活躍にも期待が高まります。

映画『山猫は眠らない8 暗殺者の終幕』は2020年8月13日(金)より公開です。

関連記事

新作映画ニュース

白石和彌映画『凪待ち』あらすじ。香取慎吾をキャストに迎えてロケ地(石巻)を舞台に撮る

人生につまずき落ちぶれた男の再生の物語 2019年6月28日(金)にTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショーの映画『凪待ち』 。 香取慎吾が白石和彌監督と初タッグを組むことでも話題の本作に、西田尚美 …

新作映画ニュース

映画『クシナ』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。特報予告動画で見る女性監督が描いた母娘の愛とは

秘密の共同体の崩れていく日常と、試される母娘の愛。 女だけが暮らす男子禁制の山奥の集落を舞台に、監督自身の過去の体験に根ざした母と娘の物語を描いた映画『クシナ』は、大阪アジアン映画祭2018でJAPA …

新作映画ニュース

韓国映画『めまい 窓越しの想い』あらすじ/キャスト/上映館。大人の“純粋な恋愛”ラブストーリーと“職場の向こう側”の出会いにチョンウヒ主演で贈る

息苦しい日々に揺れ動く30代OLと窓拭きの清掃員が高層ビルの窓越しに出会う……。 優しさに溢れたヒーリング・ロマンス 『哭声/コクソン』のチョン・ウヒ主演で贈る韓国映画『めまい 窓越しの想い』。 (c …

新作映画ニュース

山崎賢人×松岡茉優映画『劇場』あらすじとキャスト。又吉直樹原作を行定勲監督が映像化し2020年公開!

又吉の作家の原点とも言える小説が映画化。 お笑い芸人で芥川賞作家の又吉直樹の小説『劇場』が行定勲監督により映画化され、2020年7月17日(金)より全国公開されます。 映画『劇場』 主演は人気若手俳優 …

新作映画ニュース

中村倫也映画『水曜日が消えた』舞台挨拶配信で笑顔!キャスト深川麻衣・石橋菜津美らと演技力について語る

映画『水曜日が消えた』は2020年6月19日(金)より公開! 曜日によって人格が変わるという一人の男性、「僕」の人生。そんな彼のある日に起きた異変の様と、それに伴う彼の決断を追った映画『水曜日が消えた …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学