Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/10/29
Update

映画『スピリッツ・オブ・ジ・エア』あらすじ。公開日は2020年2月8日と決定のアレックス・プロヤスのデビュー作

  • Writer :
  • 石井夏子

“日本人の心に残り続けた”幻のファンタジー映画。

アレックス・プロヤス監督の“失われた傑作”が30年の時を越えてデジタル・リマスター版で日本に帰ってきます。

©1988 COMPANY BIZARRE PTY LTD.

1988年に製作された映画『スピリッツ・オブ・ジ・エア』が、2020年2月8日(土)より新宿シネマカリテほかにて全国順次公開となることが決定致しました。

また、公開に合わせましてビジュアルも解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『スピリッツ・オブ・ジ・エア』について

参考動画:アレックス・プロヤスの短編『フォボス』(2019)

『クロウ/飛翔伝説』(1994)、『アイ、ロボット』(2004)、『ノウイング』(2009)など近未来SF映画でその名の知られるエジプト出身の監督、アレックス・プロヤスのデビュー作にして最高傑作との呼声が高い『スピリッツ・オブ・ジ・エア』

初公開時オーストラリア・アカデミー賞の最優秀美術賞・最優秀衣装賞にノミネートされるなど本国では高い評価を得るも、プロヤスが無名だったからか、オーストラリア以外ではほとんど公開されませんでした。

ですが海外で本作を評価したのはなんと日本。1990年開催の第1回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて上映され、審査員特別賞を受賞

この際の審査員を務めたのは、ジョン・ヴォイト、アンジェリーナ・ジョリー、ジョゼ・ジョバンニ監督、相米慎二監督、根津甚八、竹中直人という錚々たる映画人たちです。

翌年1991年には正式に劇場公開され、当時の日本人映画ファンの多くが若きプロヤスの才能に驚嘆しました。

その後VHSは発売されたものの、DVDやブルーレイ化はされず、長年に渡って観る事が難しい“失われた作品”として存在感を高めてきた本作。

この度の公開は約30年ぶりであり、16mm撮影ながら2Kスキャンによるデジタル・リマスターでの鮮烈な映像で甦ります。

本作の登場人物はたった3人で、「空を飛ぶこと」への憧れを持つ男を軸に、《絶望》と《希望》、《夢》と《現実》の寓話を幻想的に描き出した、驚くほど詩的な一篇です。

映画『スピリッツ・オブ・ジ・エア』のポスタービジュアル

©1988 COMPANY BIZARRE PTY LTD.

今回、同時に解禁となったポスタービジュアルでは、恐ろしいほどに美しいオープニングシーンの一部が切り取られています。

砂漠の真ん中でベティが真っ赤なドレスを纏って弦楽器を奏でるカットは、圧倒的な空虚さえ感じられる。「夢の着地点」とは一体何なのでしょうか。

なおこの日本再公開をプロヤス監督本人とプロデューサーが最も喜んでおり、さらには今回の日本版ポスタービジュアルを大絶賛、「デザイナーに素晴らしい!と伝えてほしい」「ポスターを早く欲しい」という前のめりな連絡が来ているといいます

スポンサーリンク

映画『スピリッツ・オブ・ジ・エア』の作品情報

【製作年】
1988年(オーストラリア映画)

【日本公開】
2020年

【原題】
SPIRITS OF THE AIR, GREMLINS OF THE CLOUDS 

【監督・脚本】
アレックス・プロヤス

【キャスト】
マイケル・レイク、ザ・ノーム、ライズ・デイヴィス

【作品概要】
監督・脚本はこれが処女作となるオーストラリア出身のアレックス・プロヤス。

監督自身がアンドリュー・マクフェイルと共同で自主製作にこぎつけました。

撮影はデイヴィッド・ナウス、音楽をピーター・ミラーが担当。

映画『スピリッツ・オブ・ジ・エア』のあらすじ

果てしなく広がる荒野に、赤い砂漠と紺碧の空の間に林立する巨大な十字架とぽつんと佇む一軒家。

その小さな家に住む足の不自由なフェリックスは手作りの飛行機によって空を飛ぶという妄想に取り憑かれ、いつかこの場所からの脱出を夢見ていました。

一方、偏執的な気質を持つ妹ベティは、この場所を一生離れてはいけないという父の遺言を忠実に守り、十字架に囲まれて暮らしています。

そんな2人の生活の中に、ある日、スミスと名乗る逃亡者が現れ…。

スポンサーリンク

まとめ

観たくても観れなかった、あの“失われた傑作”が30年越しに蘇ります。

アレックス・プロヤス監督は本作の制作に4年半の月日を費やし、壮大なロマンの物語を完成させました。公開当時、監督は以下のようにコメントを残しています。

『スピリッツ・オブ・ジ・エア』は、目の前に立ちはだかる、時には馬鹿げているとさえ思えるような障害物と戦いながらも、夢を実現させようとする者たちの物語である。この映画に登場する人々は、エキセントリックで弱点も見せる。彼らのシチュエーションはしばしば滑稽であるが、それは実際に我々が経験している日常ほどではない。これは、ある意味での犠牲と失敗についての映画だ。それはただ、笑うしかすべのないものである。

2Kスキャンによるデジタル・リマスター版『スピリッツ・オブ・ジ・エア』は、2020年2月8日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開となります。


関連記事

新作映画ニュース

【大阪アジアン映画祭2020情報】オープニング上映は『夕霧花園』 /クロージングは『蒲田前奏曲』に決定!

第15回大阪アジアン映画祭開催情報 オープニング作品、クロージング作品決定! 2020年3月6日(金)から3月15日(日)まで開催される第15回大阪アジアン映画祭。 (c)大阪アジアン映画祭 オープニ …

新作映画ニュース

【若尾文子映画祭2020情報】日本女優としての代表作から隠れた名作まで劇場公開!鬼才・増村保造監督『刺青』も4K映像にて蘇る

数多の巨匠たちに愛された映画女優・若尾文子の代表作を一挙上映! この度、「若尾文子映画祭」の開催が2020年2月28日(金)より角川シネマ有楽町を皮切りに、全国順次上映を行うことが決定しました。 本映 …

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャストのキッド役は本郷奏多(かなた)。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

新作映画ニュース

『望み』小説ネタバレあらすじと結末。雫井脩介原作の映画化キャストを大胆予想⁈

映画『望み』は2020年10月9日に公開予定。 『クローズド・ノート』『検察側の罪人』の著者・雫井脩介。 雫井脩介が執筆時、最も悩み苦しみ抜いたというサスペンス小説『望み』は、2016年に刊行されるや …

新作映画ニュース

映画『アジアの天使』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。石井裕也最新作は韓国を舞台に家族を描く!

95%以上のスタッフ・キャストが韓国チーム、オール韓国ロケで挑んだ、石井裕也監督最新作。 『舟を編む』で日本アカデミー賞監督賞を最年少で受賞、『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』でアジア・フィルム …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学