Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『アンダードッグ』熊谷真実はベテランのデリヘル嬢をコミカルに熱演【演技評価とプロフィール】

  • Writer :
  • YUMIKO

東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」オープニング作品『アンダードッグ』

『銃』『全裸監督』『ホテルローヤル』の武正晴監督が、『百円の恋』以来6年ぶりにボクシングをモチーフに、森山未來、北村匠海、勝地涼をキャストに迎え制作した映画『アンダードッグ』。前・後編の2部で構成された劇場版が2020年11月27日に同日公開されます。

原作・脚本の足立紳をはじめ、多数映画賞を受賞した秀作『百円の恋』の製作チームが再び集結。

主人公の落ちぶれた“通称かませ犬”と呼ばれるボクサーを演じるのは、ダンサーとしても国内外で活躍する演技派俳優・森山未來。ストイックなトレーニングを積み、迫真のボクシングシーンに挑んでいます。

児童養護施設で育った若きボクサー役に若手実力派筆頭の北村匠海、チャラい一方でボクシングに一心に打ち込む崖っぷち芸人のボクサー役に勝地涼。

三人の負け犬らが夢をつかむためにリングで熱き戦いを繰り広げる姿が描かれます。

そのほか、水川あさみ、瀧内公美、冨手麻妙ら実力派女優陣に加え、風間杜夫、柄本明らベテラン勢が豪華共演。

元WBA世界スーパーバンタム級王者の佐藤修、元WBA世界ミドル級王者の竹原慎二、プロボクサーでありトレーナーライセンスも取得しているお笑いトリオ『ロバート』の山本博も出演しています。

この記事ではベテランのデリヘル嬢・新田兼子役の熊谷真実について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『アンダードッグ』の作品情報


(C)2020「アンダードッグ」製作委員会

【上映】
2020年(日本映画)

【監督】
武正晴

【キャスト】
森山未來、北村匠海、勝地涼、瀧内公美、熊谷真実、水川あさみ、冨手麻妙、萩原みのり、二ノ宮隆太郎、風間杜夫、柄本明

【作品情報】

『百円の恋』の監督・武正晴と、原作・脚本の足立紳が再タッグを組んだボクシング映画。

チャンピオンへの夢を諦めきれずにボクシングにしがみつく主人公の〝かませ犬(=アンダードッグ)〟ボクサー・末永晃を、『モテキ』『怒り』の森山未來が演じます。

児童養護施設出身で秘めた過去を持つ若手ボクサー・大村龍太役に人気急上昇中の北村匠海、大物俳優の2世タレントの芸人ボクサー・宮木瞬役に勝地涼。

三者三様の事情を持つボクサーたちの、再起をかけた熱い生き様が描かれます。共演は熊谷真実、水川あさみ、瀧内公美、風間杜夫、柄本明ほか。

映画『アンダードッグ』のあらすじ


(C)2020「アンダードッグ」製作委員会

かつて一度は掴みかけたチャンピオンの夢を諦めきれずにいるプロボクサーの末永晃。

現在も“かませ犬(=アンダードッグ)”としてリングに上がり、ボクシングにしがみつく日々を送っていました。

しかし、息子の太郎に父親としての背中すら見せてやることができないまま、“かませ犬”から“負け犬”に。燃えカスとなった彼は、宿命的な出会いを果たします。

一人は児童養護施設出身で秘密の過去を持つ若き天才ボクサー・大村龍太。

もう一人は面白くないと野次られる芸人ボクサー・宮木瞬。大物俳優の二世タレントで、芸人としても鳴かず飛ばずの宮木は、テレビ企画でボクシングの試合に挑むこととなります。

三者三様の理由を持つ男たちが、再起をかけてリングで拳を交えますが…。

スポンサーリンク

映画『アンダードッグ』新田兼子役は熊谷真実

参考映像:『愛を乞う人』(1998)

映画『アンダードッグ』で新田兼子役を演じる熊谷真実は1960年3月10日生まれ。東京都出身。アワーソングスクリエイティブ所属。

実妹は女優の松田美由紀。俳優の故・松田優作は義弟、松田龍平と松田翔太は甥にあたります。

1978年劇作家・つかこうへい演出のロックオペラ『サロメ』オーディションに合格して芸能界入り。

同年『十字路 第二部』でドラマデビュー。1979年には『俺たちの交響楽』で銀幕デビューしました。

1979年NHK連続テレビ小説『マー姉ちゃん』で主演し国民的人気女優に。

『渡る世間は鬼ばかり』など石井ふく子作品に数多く出演する「石井ファミリー」一員としても知られています。

映画『愛を乞う人』『さよならドビュッシー』、NHk大河ドラマ『功名が辻』など数多くの作品に出演。

私生活ではつかこうへいと1980年に結婚し、1982年に離婚。2012年に18歳年下の書道家・中沢希水と結婚したことでも話題となりました。

映画『アンダードッグ』新田兼子はどんな役?

熊谷真実演じる新田兼子はベテランのデリヘル嬢。

二ノ宮隆太郎演じる木田と店を支えています。実は本作『アンダードッグ』では、二ノ宮演じる木田が頼りにしているのが新田兼子の存在です。

他店舗にデリヘル嬢が引き抜かれて行く際にも、彼女が機転を利かせ木田を支えます。その2人のやり取りが微笑ましくユニークなのも見どころのひとつです。

スポンサーリンク

熊谷真実の演技力の評価は

参考映像:『さよならドビュッシー』(2013)

1979年のNHK連続テレビ小説『マー姉ちゃん』で瑞々しい演技をみせ、一躍全国区で知られる人気女優となった熊谷真実。

漫画家・長谷川町子の姉役で主演し、50%近い視聴率を記録しました。

ミュージカル『サザエさん』などの陽気でコミカルな役をはじめ、映像・舞台と幅広いフィールドで様々な役柄を演じています。

TBS日曜劇場で放送された名作ドラマを舞台した『おんなの家』など数多くの舞台作品でも活躍。

2015年のこまつ座公演『マンザナ、わが町』オトメ天津役で、第50回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。

2020年には、市原悦子、宮本信子、高畑淳子らそうそうたる女優についで4度目上演となる井上ひさし作の舞台『雪やこんこん』で女座長を務めています。

両親を看取った際に喪失感を経験したことから、苦楽の軌跡は演技に反映することを実感し、明るさの裏にある苦悩、試練を乗り越えた人間の輝きを表せるようになった気がすると語る熊谷真実。

本作『アンダードッグ』でのベテランのデリヘル嬢・兼子役で魅せる円熟味あふれる演技に要注目です。

熊谷真実の公式SNSの紹介

熊谷真実の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2020「アンダードッグ」製作委員会

『百円の恋』の監督・武正晴と脚本家・足立紳の最強タッグによる熱きボクシング映画『アンダードッグ』。

ダンサーとしても活躍する高い身体能力を備えた演技派・森山未來と、若手実力派・北村匠海、様々な役を演じてきた勝地涼が、再起をかけ3つ巴で戦う男たちを熱く演じます。

水川あさみ、瀧内公美、風間杜夫、柄本明ら豪華俳優陣派が共演。

女優として長いキャリアを持つ熊谷真実が、ベテランのデリヘル嬢・新田兼子役で深みある演技を魅せています。

注目の映画『アンダードッグ』は、2020年11月27日よりロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

真田幹也映画『ミドリムシの夢』が11月16日より池袋の映画館シネマロサにてレイトショー上映決定!

誰もが街で一度は見たことのある、「駐車監視員」が映画の主人公に!! 2019年7月に開催されたSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019の国内コンペティション正式上映作『ミドリムシの夢』。 日本初の駐禁 …

新作映画ニュース

動画無料配信『カメラを止めるな!リモート大作戦!』短編映画制作に全世界300人が参加

異例づくしの全国一斉配信開始!! この度、短編映画『カメラを止めるな!リモート大作戦!』の緊急制作を2020年4月13日に発表してから、わずか18日間で一気に制作し、5月1日より公開する事となりました …

新作映画ニュース

奥山和由映画『熱狂宣言』あらすじ。松村厚久の今に迫るダイレクトシネマ

日本映画界のレジェンダリープロデューサー奥山和由が苛烈な人生を全身全霊で生きる一人の男に迫った新しいドキュメンタリー映画が誕生! 映画『熱狂宣言』は、2018年11月4日(日)よりTOHOシネマズ六本 …

新作映画ニュース

《動画で見る安川有果監督インタビュー》女優オーディションでのセクハラを描くことは“勇気がいるテーマ”だった【映画『蒲田前奏曲』】

動画で見る安川有果監督インタビュー映画『蒲田前奏曲』 中川龍太郎、穐山茉由、安川有果、渡辺紘文という4人の監督による連作スタイルの長編映画『蒲田前奏曲』。新しいスタイルのこの作品が、2020年9月25 …

新作映画ニュース

映画『薔薇とチューリップ』あらすじとキャスト。2PMジュノのプロフィールと上映劇場情報も

2PMのジュノが日本映画初主演! 人気漫画家・東村アキコが、2PMのジュノのために書き下ろした漫画が映画化されました。 しかも主演はジュノそのひと! 期待の映画『薔薇とチューリップ』は2019年5月3 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP